カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

かみしんプラザの「光洋」「キリン堂」相次ぎ撤退 – 旧ダイエー上新庄店

最新の情報はこちら:かみしんプラザ地階、1月12日閉鎖

大阪府大阪市東淀川区にあるショッピングセンター「かみしんプラザ」の核テナント「コーヨー上新庄店(KOHYO)」が12月25日午後7時をもって閉店する。
kohyo_kamishinjo_151203
コーヨー上新庄店。

かみしんプラザはダイエー上新庄店を核とする「レインボープラザ上新庄」として1980年開業。売場面積は約9,600㎡。
2005年にダイエーが撤退した際、施設を保有する青果専門商社「シーオン」が改装を実施したが、同社の経営破綻により、現在は三菱商事系の日本リテールファンドが運営を行っている。

コーヨー上新庄店はイオングループの高品質食品スーパー。フランス最大手ハイパーマーケット「Carrefour」の商品や輸入菓子、バイヤーが独自に仕入れた商品などが並ぶ高品質な売場が特徴だった。
kohyo_kamishinjo_information_heiten
コーヨー上新庄店・閉店のお知らせ。

かみしんプラザの半径1km圏内には「ダイエーグルメシティ」、「関西スーパー」、「イズミヤ」、「ライフ」、「アプロ」、「フレスコ」、「サボイ」、「サンディ」、「業務スーパー」など10店舗を超える競合スーパーマーケットが林立しており、トップバリュ商品を削減し独自商品を更に強化するなどの差別化を目指していたが、閉店に至った。

かみしんプラザでは改装10周年を機にテナントの撤退が相次いでおり、コーヨーの他にもドラッグストア「キリン堂」が12月31日に閉店することを発表している。
kirindo_kamishinjo
同じく閉店を予定しているキリン堂。

外部リンク:KOHYO上新庄店 閉店のお知らせ

ニューヨークストアとみやま門司店、12月3日開店

福岡県北九州市門司区柳町にニューヨーク・エボリューションが運営するスーパー「ニューヨークストア・とみやま門司店」が12月3日に開店した。
s_mojihonten_photo_02
ニューヨークストアとみやま門司店(公式サイトより)

とみやまは1922年、門司にて創業。
かつては商業施設「トミーズタウン」やホームセンター、レストランなどを多角経営していたが、バブル期の過剰投資により経営難に陥り、2004年からは横須賀産業のグループ会社となっている。
現在は都市型高級スーパー「もとまちユニオン」、「ニューヨークストア」などを展開しており、小倉駅前の百貨店「コレット」にも進出している。

ニューヨークストアの店舗。

今回新装開業する「とみやま門司店」は「ニューヨークストア」のノウハウを取り込み、関西の百貨店を中心に展開するサプリスープ専門店「+medi」の惣菜や明太子専門店「ふくや」のツナカンなど高品質な商品展開を行うほか、阪急阪神百貨店系列の100円パン「阪急ベーカリー」が門司に初出店した。

とみやま門司店では12月3日から開店セールを開催中。とみやま東町店・とみやま桜町店・ニューヨークストア貫店でも協賛セールを実施している。

公式サイト:店舗紹介 スーパーとみやま門司店/ニューヨーク・エボリューション株式会社

トキハあけのアクロスタウン、大規模リニューアルオープン

大分市明野の大規模ショッピングセンター「トキハあけのアクロスタウン」が大規模リニューアルし、12月3日にグランドオープンを迎えた。
Across
トキハあけのアクロスタウン一番街(本館)。

トキハあけのアクロスタウンは1970年に東九州最大のニュータウン・住宅団地「明野団地」のタウンセンターとして仮設店舗で開店。
1971年には現在の本館がオープン。当時は九州初の本格的郊外型ショッピングセンターだった。

その後は1979年、1988年、2006年に増床を行い、現在は本館「一番街」、新館「二番街」、温泉やスポーツクラブなどがある「三番街」の3つの街区で構成されている。売場面積は約28,000㎡。
2015年現在、明野地区には約2万4000人が暮らしており、開業当時に併設されたボウリング場、市役所出張所、郵便局、銀行などは現在もアクロスタウン内で営業を続けている。
P1000782
本館の一番街(左)と新館の二番街。

今回の改装では「毎日Happyタウン」をコンセプトに、ファミリー向けの店舗を大きく増やし、しまむら系列の「アベイル」、「バースデイ」や、調理器具と生活雑貨「金山新吉」、喫茶「タリーズコーヒー」などを導入。
「紀伊國屋書店」、「Passport」、「ナムコランド」といった既存テナントの多くも全面リニューアルを実施した。
また、築45年が経過した本館の耐震工事も実施、惣菜バイキングを新たに導入、健康志向に合わせた減塩メニューを提案するなど、直営部分も大幅なリニューアルを行い、近代的な売場となった。
P1010238s
減塩弁当も新たに導入。トキハ他店にも販売を広げる予定。

トキハインダストリーでは、改装後の年商は94億8000万円を見込んでいる。

外部リンク:トキハあけのアクロスタウン

「グーペ」

仙台市営地下鉄東西線、12月6日開業

仙台市営地下鉄東西線が12月6日に開業する。
仙台市営地下鉄東西線は八木山動物公園駅~荒井駅を26分で結ぶ13.9kmの新路線。
仙台市電が廃止された1970年代より長年に亘り計画されていたもので、2007年に着工され工事が進められてきた。
loftsendai
仙台駅前の工事の様子。

東西線の総事業費は約2,300億円。軌間は1435mm、全線複線、最高速度は70km/h。仙台駅でJR線、地下鉄南北線と接続する。
広瀬川と竜の口渓谷附近では地上に出て川を渡るのも特徴となっている。
images2
仙台市営地下鉄東西線路線図(仙台市ウェブサイトより引用)。

touzaisen_kyouryou
広瀬川を渡る橋梁(仙台市ウェブサイトより引用)。

東西線では、トンネル内においてNTTdocomo、KDDI、ソフトバンクの携帯電話を使用することができるのも新しい地下鉄ならではだ。
車両は2000系。伊達正宗の兜に因んだ「三日月」のモチーフがデザインされたのが仙台らしい。
picture1
2000系車両。正面に三日月。(仙台市ウェブサイトより引用)。

仙台市営地下鉄では、東西線開業に合わせて全線の運賃体系も変わる。初乗りは200円、八木山動物公園駅~荒井駅は360円となるほか、仙台駅では両線の運賃が通算されるようになる。
また、東西線開業を機に、全線に亘って「副駅名」としてネーミングライツを導入。例えば、南北線長町駅は「イケア前」、北四番丁駅は「仙台放送前」といったような副駅名が設定されることになり、駅名票や車内放送で用いられる。
^7ECD9EACF8FDB2ACB72D6108594B828EC4E79C9DF07DB2B48B^pimgpsh_fullsize_distr-
「青葉通一番町駅」建設の様子。
ネーミングライツは接続する百貨店が取得、「藤崎前」の副駅名が付く。

12月6日(日)には、荒井駅で開業記念式典が挙行されるほか、地下鉄開業に合わせた記念イベントが沿線各地で実施される。
八木山動物公園駅に隣接する八木山動物公園では、6日を入園無料として「八木山ウインターフェスティバル」を開催。
青葉通一番町駅に隣接する「サンモール一番町商店街」では、大道芸イベントを開催するほか、青葉通一番町駅と地下2階で直結される藤崎百貨店では、地下鉄ICカード「icsca」の広報大使となっているローカルアイドル「アイリス」を招き、開通記念品のプレゼントも行われる。iris
icsca広報大使の「アイリス」(仙台市ウェブサイトより引用)。

そのほか、6日は東北大学や国際センター駅など、沿線各地でイベントが開催される予定となっている。
(イベントの詳細については、各施設ウェブサイトと外部リンクの「まっくる」ウェブサイトを参照)

外部リンク:仙台市交通局
外部リンク:仙台地下鉄東西線沿線ひととまちをつなぐ 情報WEBサイトまっくる

イズミ、スーパー大栄を完全子会社化

スーパーマーケット業界6位の「イズミ」(本社:広島市)は、11月30日に連結子会社の「スーパー大栄」(本社:北九州市)を完全子会社化することを発表した。
P1080558
スーパー大栄。

「スーパー大栄」は福岡県を中心に27店舗を展開する中堅スーパー。
 ショッピングセンター「D&D」、生鮮ディスカウント「フレッシュ8」、「サンディ」、「サンショップ」などを運営しており、最盛期には60店舗近い店舗網を展開していた。
P1080169
サンディ。

しかし、近年は同業競合他社の進出で苦戦を強いられており、2014年1月にイズミが19.9%を出資する業務提携を締結、2015年2月に増資して以降、不採算店の整理や既存店の改装、ゆめドラッグ、ゆめカードの導入を進めている。

今回の子会社化に伴い、スーパー大栄は2016年2月15日をもって福岡証券取引所から上場廃止となる。
(担当記者:H)

外部リンク:株式会社イズミによる株式会社スーパー大栄の簡易株式交換による完全子会社化に関するお知らせ(イズミ)

スカイネットアジア航空、社名を「ソラシドエア」に改称

スカイネットアジア航空株式会社(SNA、宮崎市)は、12月1日より企業名を「株式会社ソラシドエア」に改称した。
ブランド名と社名の統一で、認知度の向上に繋げる狙い。
P1000015-s-
ソラシドエア(B737-800、41247)。

宮崎交通系の「九州の翼」

スカイネットアジア航空は1997年に「パンアジア航空」として設立。1999年に「スカイネットアジア航空」に改称、2002年より就航した羽田-宮崎便をはじめとして、長崎・熊本・大分など、九州・沖縄を拠点に路線展開している。2011年より愛称を「ソラシドエア」としていた。
親会社は、宮崎交通系列の「宮交エアグランドサービス」となっている。

外部リンク:ソラシドエア(12月1日からは新ドメインに転送)

ファミリーマートがココ運営店の大半をミツウロコに譲渡 – ココストア・エブリワン存続へ

コンビニエンスストア業界3位の「ファミリーマート」(本社:東京都豊島区)は、12月1日に経営統合を予定している「ココストア」の約400店舗を、11月30日にエネルギー事業を展開する「ミツウロコ」(本社:東京都中央区)に譲渡すると発表した。
everyone_chuoumachi
エブリワンの店舗。

当初、ファミリーマートは経営統合した旧ココストアの全約600店舗(うちエブリワン・RICは約200店)を1年以内に転換すると発表しており、既存店舗の改装・閉店を進めている最中であった。

ミツウロコに譲渡される事業は、ココストアが管轄するコンビニ「ココストア」に加え、旧「寿屋コンビニエンスシステムズ」運営だった「エブリワン」と「RIC」の一部店舗、同様のココストアリテール(本社:福岡県大野城市)が管轄するボランタリーチェーン「RIC」、「RICマート」などとそれに付随する事業など約400店舗。これらの店舗は、ファミリーマートが近隣にある店舗を中心として大幅な店舗削減が予想されていた。
ミツウロコは旧エブリワンが特徴としていた「店内調理」や「手作りパン」をブランドの中核に定め、新規加盟店の募集や新業態の開発を進めていくと発表している。

今回の事業譲渡でファミリーマートはココストアなどの一部をファミマに転換した上で、旧ココストアから取得した7割近い店舗を手放すことになるものの、ミツウロコとは商品調達などで関係は維持されるものと思われる。
(担当記者:H)

外部リンク:株式会社ココストアリテールの株式譲渡に関する基本合意書締結に関するお知らせ(ファミリーマート)

「あるあるYY劇場」15年12月に閉館-あるあるシティ小倉の改装で

北九州市の複合商業施設「あるあるシティ小倉」の7階にある「あるあるYY劇場」が12月末で閉館する。
劇場を運営する吉本興業と福岡吉本が発表した。

「あるあるシティ小倉」はアパマンショップによって小倉興産21号館ビルに2012年5月に開館した複合商業施設。
当ビルには2007年まではファッションビル「ラフォーレ原宿小倉」が入居していた。
P1060194-
あるあるシティ小倉。

あるあるシティにはアニメイト、ゲーマーズ、メロンブックス、らしんばん、まんだらけなどの大手アニメ・漫画・ホビーショップと、北九州市漫画ミュージアムが核として入居。その後、隣接する小倉興産15号館(ベスト電器小倉本店)の一部にも増床している。
P1040048
あるあるシティ館内。

お笑いファンとアイドルファンに親しまれた劇場

7階にある「あるあるYY劇場」は、2012年のあるあるシティ開館と同時にオープン。
吉本興業やアイドル・声優のライブイベントなどに幅広く活用され、当劇場を本拠地とするアイドルグループ「ぱじゃるー」を生んだほか、福岡吉本所属の「メタルラック」、「グラスプ」、「フーシャオ飯店」などといった人気若手芸人はもちろん、北九州を本拠地とするアイドル「愛◇Dream」、下関を本拠地とするアイドル「10COLOR’S」なども頻繁に公演を行っており、地元の若手芸人やアイドルファンに広く親しまれてきた。
12月25日からは「あるあるYY劇場3年間ありがとうございましたLIVE!~スペシャル公演~」と題して、福岡吉本やぱじゃるー、愛◇Dreamらがライブを開催。ライブは最終日の31日まで行われる。

今回のYY劇場の閉鎖は、あるあるシティの大規模改装によるもの。
各種ライブイベントについては、これからも地階のイベントステージなどを活用して実施される。
今春の改装後には、あるあるシティを訪れる外国人観光客への対応も強化していくという。

外部リンク:あるあるYY劇場閉館に伴う劇場での業務終了のお知らせ(あるあるYY劇場)
外部リンク:あるあるCity

エスパル仙台「東館」、2016年3月開店-東急ハンズが核

新しい記事はこちら:エスパル仙台東館3月18日開店ー東急ハンズ、東北初店舗

JR仙台駅東口に新駅ビル「エスパル仙台東館」が2016年3月18日に開業する。
seidai2
JR仙台駅。

目玉は東北初出店の「東急ハンズ」

「エスパル仙台東館」は、現在の駅ビルから線路を覆う形で建設中。現在の「エスパル仙台」を運営する「仙台ターミナルビル」が運営を行う。
売場面積は約10,000㎡で、現在の「エスパル」「エスパルⅡ」と合わせると約30,000㎡となる。

東館の 開発コンセプトは「+(クロス)CITY SENDAI -街・人がクロスする新たな都市-」
東北初出店となる「東急ハンズ」が核となるほか、「アーバンリサーチ」、「中川政七商店」なども東北初出店となる。
また、3階にはレストラン街が、屋上には庭園が設置される予定。
これに合わせて、現在の駅ビル「エスパル」のリニューアルも行われる。
esuparu
エスパル東館の館内(JR東日本仙台支社ウェブサイトより引用)
※2016年2月記事更新:開業日(3月18日)を追記。
新しい記事はこちら:エスパル仙台東館3月18日開店ー東急ハンズ、東北初店舗

外部リンク:仙台駅東口開発の概要について(JR東日本仙台支社、PDF)

東急ハンズ、アミュプラザ長崎に2016年4月21日開店

東急ハンズがJR長崎駅ビル「アミュプラザ長崎」に2016年4月に出店することを発表した。
P1160799
アミュプラザ長崎・JR長崎駅。

「東急ハンズ」長崎初出店

東急ハンズ長崎店」はアミュプラザ長崎の4階、売場面積は約2,000㎡を予定している。
長崎への出店については、期間限定で出店した「東急ハンズトラックマーケット」が好評だったことも出店を決めた一因だという。

JR九州の駅ビルとしては4店舗目

東急ハンズがJR九州の駅ビル「アミュプラザ」に出店するのは、博多、鹿児島、大分に続き4店目。
東急ハンズ全体では国内40店目の店舗となる予定だ。
(なお、東急ハンズはこの他に上海に1店、シンガポールに2店、台湾に14店出店している) 

追記:開店日は2016年4月21日となることが発表された。

外部リンク:東急ハンズ長崎店(仮称) アミュプラザ長崎に2016年4月オープン! (東急ハンズ)
外部リンク:アミュプラザ長崎