ライフ新大阪店、2019年5月31日閉店-旧ライフ大阪本社・ラヴィーレ新大阪

大阪府大阪市淀川区の新大阪駅、東三国駅近くに位置する総合スーパー「ライフ新大阪店」が、2019年5月31日18時をもって閉店する。

かつてのライフ関西旗艦店、38年の歴史に幕

ライフ新大阪店は1980年5月に同社大阪本社を併設する総合スーパー「ライフ三国店」として開店。
1991年には本社機能の新大阪駅東口への移転に合わせて、高級総合スーパー業態1号店「ラヴィーレ新大阪」に転換されたが、1996年には総合スーパー業態「ライフ新大阪店」に転換。現在の店名で約22年間営業していた。

2018年秋には大規模改修を終えたばかりだったが

ライフ新大阪店の建物は地上4階建で売場面積は5,000㎡。地元不動産会社が所有する。
2019年現在、同社直営売場のほか、眼鏡店「メガネの愛眼」、喫茶店「ホリーズカフェ」などがテナントとして出店する。

ライフ新大阪店。関西地区の旗艦店だった。


ライフ新大阪店は長らく同社の旗艦店として位置付けられていたが、2013年11月に新大阪センイシティー2号館跡地再開発の一環として新たな旗艦店「ライフセントラルスクエア西宮原店」が開店。店舗間の距離が約750mほどしかないことから新大阪店の営業継続が危惧されていたが、2018年秋に建物の大規模改修が行われたこともあり、当面は営業を継続するものとみられていた。
ライフは新大阪エリアにドミナント出店を行っており、近隣にダイエーの食品スーパー「イオンフードスタイル」、関西スーパー傘下の「スーパーナショナル」、佐竹食品の「業務スーパーTAKENOKO」が出店しているため地域に与える影響は軽微とみられる。
建物は改修を終えたばかりであるが、今後の活用方法については5月現在は発表されていない。
(写真:浅葱さん

関連記事:WeWork御堂筋フロンティア、2019年6月3日開業-長期放置の御堂筋フロントタワー、大規模シェアオフィスに
関連記事:ダイソー梅田OPA店、2019年4月12日開店-ダイソー「新ロゴ」採用1号店、関西最大級
関連記事:ホワイティうめだ・泉の広場、2019年度中に撤去へ-「泉の広場で最後にしたいこと」を募集
関連記事:元祖大阪梅田ミックスジュース、2019年春移転-閉店危機の日本初「駅ナカジューススタンド」存続へ
関連記事:ヨドバシ梅田タワー、2020年春全面開業-高層階に阪急阪神ホテルズ進出
関連記事:「うめきた2期」概要を発表-梅田貨物駅跡に「巨大な公園」、「北梅田駅」も
関連記事:(仮称)梅田曽根崎計画、2022年完成-大阪北小跡、梅田最高層の複合ビルに

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加