カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

かるかや、2024年6月30日閉店-漫画「孤独のグルメ」舞台の老舗うどん店、西武池袋本店リニューアルで

東京都豊島区の百貨店「西武池袋本店」9階屋上にある老舗うどん店「かるかや」が2024年6月30日をもって閉店する。

西武池袋本店の老舗うどん店

かるかやは東京都墨田区向島で創業。1968年に現在の西武池袋本店に移転、2024年5月現在は地下1階に製麺所「直営店かるかや」、9階屋上に「手打ちうどんかるかや」を展開する。

孤独のグルメにも登場、数度のリニューアル乗り越えたが

手打ちうどんかるかやは、人気漫画「孤独のグルメ」(原作:久住昌之/作画:谷口ジロー)に登場する老舗で、武蔵野うどんの名店として知られていた。

手打ちうどんかるかや。

かるかやは2011年11月の店舗リニューアル、2015年4月の屋上庭園「食と緑の空中庭園」新装開業にあわせて姿を変えたもの、西武池袋本店屋上唯一の軽食店として営業を継続。西武池袋本店利用客を中心に長年親しまれていたが、ファンド主導での家電量販店「ヨドバシカメラ」の導入を目玉とする百貨店フロアの集約もあり、地下のリニューアルのため製麺所が確保できないとして歴史に幕をおろすこととなった。

追記:営業終了は未定となったとの情報もあるため、閉店が近づいた6月ごろ取材などができたならば最新情報を追記いたします。
但し、改装に伴い地階店舗の閉店・移転等は避けられない見込みです。

関連記事:オッシュマンズ池袋店、2024年5月7日閉店-セブン&アイによる日本法人創業25周年記念新業態、西武池袋本店リニューアルで
関連記事:そごう・西武、2023年9月4日に新人事発表-親会社の 劉 勁氏が代表に、投資ファンド色が強まる
関連記事:ヨドバシHD、西武池袋本店の土地など約3000億円で取得へ-2023年9月1日にそごう・西武の親会社となった米ファンドから
関連記事:西武池袋本店、2023年8月31日にストライキ決行・休業-店頭でデモ「売却反対」「雇用維持」訴える

関連記事:セブンアイ、「そごう・西武」を2023年9月1日付で売却-西武池袋本店、8月31日にスト決行
関連記事:セブン&アイ・ホールディングスの伊藤雅俊名誉会長、2023年3月10日死去-イトーヨーカ堂の創業者

関連記事:セブンアイ、傘下の「そごう・西武」売却を2022年11月11日発表-米ファンド・ヨドバシ連合に
関連記事:セブンアイ、「そごう・西武」売却検討と「ヨーカドー」縮小堅持を2022年4月発表-売上「流通首位」返り咲くも合理化へ

 

東映会館、2025年夏閉館-東映最後の直営劇場「丸の内TOEI」営業終了、本社は京橋エドグランに

東京都中央区にある大手映画配給会社「東映」系複合施設「東映会館」が2025年夏をもって閉館する。

国内最大の直営劇場網敷いた東映の本社兼旗艦劇場

東映会館は1960年9月に開業。開業以来、東映本社と東映直営館「丸の内TOEI①(旧丸の内東映)」「丸の内TOEI②(旧丸の内東映パラス)」を核とする複合施設であった。
東映は高度経済成長期、国内最大の直営劇場網を展開。グループ会社を通じ、大都市圏を中心に劇場を核とする東映会館を展開していたが、映画興行の主流が郊外型のシネマコンプレックスに移行したことで、直営館は丸の内TOEIのみとなった。

東映主導で再開発

東映会館の閉館と再開発は、建物設備老朽化によるもので「継続使用した場合は多額の修繕費用および改修費用が見込まれるため、収益不動産として再開発を行い、最大限の有効活用」を決定したとしている。

東映会館。

全国の主要東映直営劇場のうち、新宿東映会館跡地は「新宿三丁目イーストビル(新宿マルイアネックス・新宿バルト9)」、名古屋東映会館跡地は「京楽産業サンシャインサカエ」、梅田東映会館跡地は「御堂筋フロントタワー(WeWork御堂筋フロンティア)」、小倉東映会館跡地は高級賃貸マンションとなったが、丸の内の東映会館は「ホテル・店舗を中心とした商業施設」として自社主導で再開発をめざすとしている。

本社機能は京橋エドグラン、興行はTジョイに

東映会館閉館により、東映の興行機能はグループのシネマコンプレックス「ティ・ジョイ」に一本化、本社機能は「京橋エドグラン」に移転する。

関連記事:オーケー日本橋久松町店、2024年3月開業-東日本橋駅近く「JR西日本」マンション下層に
関連記事:コレド室町テラス、2019年9月27日開業-日本橋室町三井タワーに「誠品生活日本橋」など30以上が出店
関連記事:日本橋三越本店、2018年10月24日第1期リニューアル開業-コンシェルジュによる「おもてなし」も
関連記事:日本橋高島屋S.C.、2018年9月25日グランドオープン-4館体制の「都市型ショッピングセンター」に
関連記事:オヴォール日本橋ビル、2018年9月13日開業-三井のお膝元・日本橋で初の三井ガーデンホテル
関連記事:パーツクラブ本店、2018年11月1日開店-浅草橋駅前の新本社ビルに

BiVi二条、2024年7月閉館-TOHOシネマズは営業継続、京都市との契約更新で2025年春新装開業めざす

京都府京都市中京区の二条駅前にある大和ハウス系複合商業施設「BiVi二条」が2024年7月をもって閉館する。

二条駅貨物ヤード跡地に誕生した「文化施設」

BiVi二条は、2005年6月25日に開業。建物は地上5階建で店舗面積は㎡。
同施設は京都市が1990年度より「二条駅貨物ヤード跡地」周辺一帯で整備を進めた「二条駅地区土地区画整理事業」の目玉として、西陣の映画館集中地域を受け継ぐ「二条駅地区文化施設」として、京都市有地を不動産大手「大和工商リース(現大和リース)」が再開発した施設だった。

契約満了で2024年7月閉館、シネコンは営業継続

BiVi二条は開業以来、東宝グループの複合映画館「TOHOシネマズ二条」を核に、京都地場大手書店「大垣書店」やアミューズメント施設「THE 3RD PLANET(現サープラ京都あそびタウン)」といった大型専門店、飲食・サービス系店舗が営業を続けていたが、京都市と大和リースによる「20年間の事業用借地権設定契約」満了にともない、2024年7月をもって施設の大部分(シネコンを除く部分)を閉館する

BiVi二条。

再契約で2025年春新装開業・営業再開めざす

京都市は現契約満了後も、大和リースのこれまでの実績や次期運営計画、外部有識者からの意見を踏まえ、引続き契約を締結する方針を示している。
方針に基づき、両者間で2024年7月に「文化施設整備・運営事業に関する協定書」を締結、同年9月以降に「事業用定期借地権設定契約」を締結する見込み。(2023年12月発表時点)
2025年春開業予定の新施設では、BiVi二条が従来担ってきた役割に加えて「京都文化の発信・創造拠点としての機能」を導入。庇の意匠をフロア全体に、みやこ杣木を館内案内サインに採用するなど、館内回遊を促す統一感あるデザインのもと、新たな賑わい・交流拠点の構築をめざすとしている。

関連記事:京都高島屋S.C.、2023年秋増床開業-ショッピングセンター化で蔦屋書店など出店
関連記事:ツジトミ、2022年9月30日全店閉店-京阪沿線地盤の食品スーパー、破産手続開始で自社電子マネーも使用不可に
関連記事:ライフ四条大宮店、2022年9月28日開店-ダイエーグルメシティ跡地、京都で「洛中ドミナント化」めざす
関連記事:ソフマップイオンモールKYOTO店、2022年7月31日閉店-「アニメガ」との複合店、前身はプラッツ京都近鉄百貨店のメガストア
関連記事:イオンモール北大路、2022年6月24日開業-ビブレ全面刷新で賑わう開業日、KOHYO・無印良品など長蛇の列も
関連記事:ライフ堀川北山店、2022年4月27日開店-京都市北区初出店、カウボーイ家族上賀茂店跡地に
関連記事:ビックカメラセレクト京都四条河原町店、2022年3月31日閉店-酒強化店、家電回帰も僅か4年で

関連記事:熱烈観光夜市、2021年9月13日開店-京都・四条烏丸に「アジアの夜市街」、台湾料理など提供
関連記事:ライフ四条烏丸店、2021年9月15日開店-ヤサカタクシー創業地「JR西日本不動産開発ヤサカビル」に
関連記事:新風館 SHOPS&RESTAURANTS、2020年6月11日開業-旧・京都中央電話局跡、高層階はエースホテル

八百鮮魚崎南店、2024年5月17日開店-バロー八百鮮のトーホーストア承継1号店として兵庫県内初出店

兵庫県神戸市東灘区の六甲アイランド線南魚崎駅近くに、バローグループの生鮮食品スーパー「八百鮮魚崎南店」が2024年5月17日に開店する。

八百鮮、トーホー跡に新型店舗

八百鮮魚崎南店の建物は、2024年1月25日に閉店した「トーホーストア魚崎南店」跡の平屋建で建築面積は約1,318㎡、売場面積は約554㎡、延床面積は約1,224㎡。
八百鮮魚崎南店は同社兵庫県内初、ロードサイド初の店舗として、コンセプトに「生鮮市場」を掲げ、生鮮3品(青果・鮮魚・畜産)の想定売上構成比率85%に設定。
同社が強みとする日曜定休、在庫回転率重視という販売スタイルを構築し、折込チラシを原則配布しないEDLP型の販売促進策を採用する。

八百鮮魚崎南店。

八百鮮魚崎南店

住所:兵庫県神戸市東灘区魚崎南町4丁目2-18 
営業時間:午前10時~午後6時
※日曜日定休日

関連記事:ユニクロ神戸三宮店、2024年3月29日開店-兵庫県内最大「UNIQLO KOBE」、ユーハイムや三宮一貫楼とのコラボも
関連記事:六甲アイパーク、2024年3月1日より順次開業-六甲アイランド「神戸ファッションプラザ」に新商業施設
関連記事:ドン・キホーテ三宮オーパセンター街店、2023年6月30日開店-旧ビブレ地階に
関連記事:三井アウトレットパーク マリンピア神戸、2024年度リニューアル開業-現店舗は2023年1月15日閉店
関連記事:ソフマップ三宮センタープラザ店、2022年7月31日閉店-文教堂アニメガ跡を転換した異色の店舗、 神戸ハーバーランド店と統廃合
関連記事:神戸ロフト、2022年4月1日縮小リニューアル-神戸阪急新館、紀伊國屋書店も5月8日閉店

マリノアシティ福岡、2024年8月18日閉館-跡地は三井アウトレットパーク視野、三井不動産・福岡地所の共同再開発事業に

福岡県福岡市西区小戸にある福岡地所系アウトレットモール「マリノアシティ福岡」が2024年8月18日をもって閉館する。

九州初の本格的アウトレットモール

マリノアシティ福岡は2000年10月に開業。敷地面積は85,200㎡、延床面積は81,400㎡。
開業当初は「九州初の本格的アウトレットモール」として、ディスカウントストア「ミスターマックス」を核に、食品スーパー「極東ファディ」やスポーツ用品店「スポーツデポ」といった大型専門店、アウトレット約40店舗を展開。シンボル施設として巨大観覧車を2機配置するなど、アウトレットモールながら日常利用を意識した複合的な館づくりをめざした。

マリノアシティ福岡マリナサイド棟。(大型専門店棟)

マリノアシティ福岡では、核店舗撤退や競合進出を意識し、2004年7月と2007年9月にアウトレット棟(地上2階建)を増築、2009年9月には日本最大の観覧車「Sky Dream Fukuoka」を台湾長栄集団(エバーグリーングループ)に売却するなど、軌道修正を図りつつリニューアルを進めた。

マリノアシティ福岡アウトレット棟。

直近では2017年7月に南棟1階の大規模リニューアルを実施、2019年9月にはタイトーの国内最大級屋内型スポーツアスレチック施設「ノボルト」(4,000㎡)を導入するなど、集客力向上を図ったもの、開業から24年が経過するなどアウトレットモールとしては老朽化が進んでいた。

福岡地所と三井不動産の共同再開発案件に

福岡地所とともに建替計画に参画する大手不動産ディベロッパー「三井不動産」は、2022年4月に開業した「ららぽーと福岡」を始め、国内外で「三井ショッピングパーク」「三井アウトレットパーク」を展開している。
マリノアシティ福岡の建替えでは、福岡地所がキャナルシティ博多を始めとする自社グループ系商業施設で培った運営開発実績に加え、「三井不動産のノウハウを最大限発揮することで、今後の消費者ニーズや社会トレンドの変化を的確に捉えた、新たな時代に相応しい商業施設の検討」を進めるとしている。

関連記事:キャナルシティ博多イーストビル、2023年春閉館-博多駅近くの別館、開業11年半で
関連記事:めいのはまマルシェ、2020年7月16日開業-地下鉄姪浜駅にJR九州フードサービス初の商業施設

関連記事:太陽家具、福岡西店・福岡筑紫野店を2020年6月30日までに閉店-福岡都市圏から完全撤退
関連記事:MEGAドン・キホーテ福岡福重店、2019年6月27日開店-九州最大級のドンキ、「長崎屋」九州再進出

流通業界大手3団体、生成AIで「カスハラ防止ポスター」作成-2024年5月13日発表

日本国内や台湾などの多くのスーパーマーケットが加盟する「オール日本スーパーマーケット協会」(AJS:サミット、関西スーパー、近商ストア、全聯福利中心など)、「全国スーパーマーケット協会」(NSA:イトーヨーカドー、西友、成城石井、イズミヤ、アークスなど)、「日本スーパーマーケット協会」(JSA:サミット、西友、オークワ、イズミゆめタウン、サンリブマルショク、サンエーなど)の、流通業界団体・大手3団体は、店員に対する顧客からの嫌がらせ・カスタマーハラスメント防止のため「カスタマーハラスメント防止・啓発ポスター」を作成したことを2024年5月13日に発表した。

AI作成のカスハラ防止ポスター。

生成AIでユニークな「カスハラ防止」ポスター完成

カスタマーハラスメント防止・啓発ポスター」は画像生成AIで作成。AI作成ならではのユニークな商品が並び、後方には森のようなものが広がる売場となっている。
キャッチコピーなどについては、顧客・従業員の互いの尊重を重視したマイルドな表現を用いたとしている。

関連記事:イズミ、ニチリウに2024年2月14日再加盟-共同仕入れ約4年ぶり復活、「くらしモア」「セブンプレミアム」併売も
関連記事:スタイルワン、2024年3月までに終売-ユニーはPPIH(ドンキ)開発商品の取扱開始

関連記事:九州物流研究会、2022年8月発足-イオン・トライアル・サンリブ・エレナ・トキハなど「共同物流」検討へ

H2Oリテイリング、関西フードマーケットを2024年7月完全子会社化-阪急阪神百貨店系とイズミヤ・阪急オアシス・関西スーパー連携強化めざす

阪急阪神東宝グループの「エイチ・ツー・オーリテイリング」(H2O/本社:大阪市北区)は、傘下の食品スーパー持株会社「関西フードマーケット」(本社:兵庫県伊丹市)を2024年7月31日に完全子会社化する方針を同年5月15日に発表した。
hankyu2
阪急阪神百貨店 阪急うめだ本店。(大阪市北区)

両社間が株式交換契約を2024年5月15日に締結したことにより、関西フードマーケットは同年7月29日をもって上場廃止となる。

2022年にH2O系中間持株会社となった関西スーパー

関西フードマーケットは1959年7月に大阪市東淀川区で「相互産業」として設立。同年11月に兵庫県伊丹市で食品スーパー1号店「関西スーパーマーケット伊丹店(現中央店)」を開店。1974年8月に「関西スーパーマーケット」に社名変更した。
同社は創業当初、食品スーパーの共同仕入機構「オール日本スーパーマーケット協会(AJS)」立ち上げに参画したこともあり、AJSの中核企業としてPB商品「くらし良好」(生活良好)を販売、自社指定牧場「720牧場グループ」ブランド牛の全国展開に大きな役割を担っていた。

関西スーパー。(大阪市東淀川区)

同社は2016年10月にH2Oリテイリングと資本業務提携を締結し、H2O子会社商品(阪急阪神百貨店中元・歳暮商品など)や阪急阪神グループ共通ポイント「Sポイント(旧STACIA)」の取扱いやレジスターの共同開発に取組んでいた。
2021年12月にはH2O系食品スーパー「イズミヤ(食品販売事業)」「阪急オアシス」との経営統合を実施し、2022年2月1日に「関西フードマーケット」として持株会社化。2023年4月に旧H2O系食品スーパー2社を完全統合し「イズミヤ・阪急オアシス」として完全統合するなど、経営効率化を図っていた。

阪急オアシス。(大阪市福島区)

H2Oによる完全子会社化で連携強化

H2Oリテイリングによる関西フードマーケットの完全子会社化は、小売市場縮小や競合進出といった「事業環境の変化に対する迅速な対応」を目的としたもの。
両社間での資本関係強化により、従来は親子上場関係によるコーポレートガバナンス(利益相反)の課題から困難だった人材設備共有・物流統合による効率化、購買・ITシステムの共通化によるコスト削減、H2O系食品製造子会社と共同でのPB開発を含む取引活発化、共通顧客データベース構築解析による囲い込みといった施策が可能になるとしている。

関連記事:H2Oリテイリング(阪急阪神)、関西スーパーを2021年12月に子会社化
関連記事:アズナス、2021年中にもローソンに転換-H2O傘下の阪急エキナカコンビニ

マルエツ上井草駅前店、2024年5月17日開店-自社ブランド強化、ダイソーコーナーも

東京都杉並区の西武新宿線上井草駅前に、イオングループの食品スーパー「マルエツ上井草駅前店」が2024年5月17日午前9時に開店する。

高鮮度商品・自社ブランド強化

マルエツ上井草駅前店の建物は地上2階建で売場面積は866㎡。「リアル店舗ならではの強みを活かしたお店」として、青果売場では東京都産地元野菜コーナー「農家さんの直売所」やオーガニック商品、鮮魚売場では鮪・サーモンの刺身、精肉売場では自社オリジナル「優夢牛」「桜もち豚」「みちのく森林鶏」や肉惣菜「お肉屋さんのオードブル」「おつまMEAT」、惣菜売場では2024年3月に発売した草加デリカセンター活用による惣菜新ブランド「まいごころ」「うまごころ」を取り揃えるなど「当社(=マルエツ)にしかない魅力的な商品」を訴求する。

マルエツ上井草駅前店。

「ダイソー」「クリスピークリーム」コーナーも

また、日配品売場では「クリスピークリームドーナツ」「太っちょマカロン」「伍魚福」、生活用品売場では100円ショップ「ダイソー」コーナーを設けるなど、1,000㎡未満の小型店舗ながら話題性の高いスイーツ商品や人気の高い生活用品を拡充する。

マルエツ上井草駅前店

住所:東京都杉並区井草五丁目5番20号
営業時間:午前9時~午後10時

関連記事:オリンピック、三浦屋を完全子会社化-三菱商事系ファンド「丸の内キャピタル」傘下の高級食品スーパー
関連記事:ライフ西荻窪店、2022年7月23日開店-杉並区内初出店、東京ガス跡地に総合スーパー

ザ・マーケットプレイス武蔵浦和、2024年5月15日開業-ヤオコー旗艦店、野村不動産プラウドシティの商業フロアに

埼玉県さいたま市の武蔵浦和駅にペデストリアンデッキを介して直結するヤオコー系商業施設「ザ・マーケットプレイス武蔵浦和」が2024年5月15日午前9時に開業する。

駅直結複合施設、ヤオコー核にトモズ、パリミキなど

ザ・マーケットプレイス武蔵浦和は、野村不動産とJR東日本都市開発による「プラウドシティ武蔵浦和ステーションアリーナ」との住商複合開発プロジェクトの一環として開業するもので、商業棟の営業フロアは1~4階、敷地面積は約5,597㎡、延床面積は約7,331㎡。
開発主体である埼玉地盤の首都圏地場大手食品スーパー「ヤオコー」を核に、住友商事系ドラッグストア「Tomod’s」や100円ショップ「Seria」、眼鏡店「パリミキ」といった物販店、コンタクト「アイシティ」や各種クリニックといったサービス系店舗など専門店16店舗が入居する。

the market Place武蔵浦和。

ヤオコー埼玉県100店舗体制に

ザ・マーケットプレイス武蔵浦和の核店舗「ヤオコー武蔵浦和店」の営業フロアは1階で店舗面積は約2,119㎡。同店の開店により埼玉県内100店舗体制となる。初年度売上目標は26億円。
ストアコンセプトに「『美味しさ』『楽しさ』を変化で伝え、豊かな食生活を届けよう~常に発見と驚きがあり、毎日来たくなるお店づくり~」を掲げ、地元野菜や珍しい魚種、黒毛和牛の極厚ステーキや自社製造のローストビーフ切り落としなどを品揃えする。
また、デリカに関しては冷惣菜「CREATIVE y’s DELI」やライブ感あるオープンキッチンによる鉄板料理、インストアベーカリーを展開。グロッサリーでは素材・産地にこだわった特殊豆腐やナチュラルチーズ、スパイス・シーズニングを拡充。部門間連携による提案型の売場づくりを打ち出す。

ザ・マーケットプレイス武蔵浦和

住所:埼玉県さいたま市南区沼影1丁目8番18号
営業時間:午前9時~午後9時45分(ヤオコー)

関連記事:フタバ図書TSUTAYA GIGA武蔵浦和店、2024年5月26日閉店-首都圏旗艦店、スーパーソフトボックス本店から約20年で
関連記事:ザ・ガーデン自由が丘大宮大門店、2024年3月31日閉店-大宮中央デパート跡地「大宮門街」の食品核、わずか2年で
関連記事:西友南浦和店、2022年10月27日閉店-武蔵浦和駅近くの老舗スーパー
関連記事:MEGAドン・キホーテ武蔵浦和店、2021年3月26日開店-武蔵浦和駅高架下のビバホーム跡、自転車・ベランピング強化
関連記事:ビバモール蕨錦町、2021年3月10日から順次開業-イトーヨーカドー跡、「ビバホーム」「ヤオコー」核に

センチュリーロイヤルホテル、2024年5月31日閉館-札幌駅前「道内唯一回転展望レストラン」も51年の歴史に幕

北海道札幌市中央区の札幌駅に地下通路を介して直結する複合施設「住友生命札幌ビル」の核店舗「センチュリーロイヤルホテル」が2024年5月31日の朝食・チェックアウトをもって閉館する。

道内唯一の回転展望レストラン備える名門ホテル

センチュリーロイヤルホテルは、1973年5月に住友生命札幌ビルの核店舗「札幌センチュリーローヤルホテル」として開業。建物は地上23階地下3階建で高さ78m、客室数は300室。
開業当初は札幌駅周辺に同様の高層ビルは少なく、シンボリックな「回転展望レストラン」(2024年5月現在は道内唯一)や大規模宴会場を備える高級シティホテルとしての地位を確立した。

札幌センチュリーロイヤルホテル。

一方、1962年11月設立の運営会社「札幌国際観光」は道外資本の相次ぐ進出を受け、2007年8月に民事再生法手続を開始、同年11月にはゴルフ場経営「恵庭開発」子会社、2010年8月には釧路地場クリーニング「マルセンクリーニング」子会社となるなど、厳しい経営状態に置かれた。

老朽化で解体、全館閉館後の跡地活用は未発表

センチュリーロイヤルホテルの閉館は、施設の老朽化と住友生命札幌ビルとの賃貸借契約満了によるもの。
札幌国際観光はセンチュリーロイヤルホテルを「フラッグシップホテル」と位置づけているが、2024年5月時点において同館の後継施設や住友生命札幌ビルの再開発計画に関しては未定となっている。

ホテル低層階にはファミマやアイカフェ、飲食店街もあった。

ホテル閉館に先駆け、インターネットカフェ「アイ・カフェ」を始めとする低層商業フロアの飲食・サービス系店舗が順次閉店しており、全館閉館後は解体となる見込み。

51周年の歴史を締めくくる記念イベントも

センチュリーロイヤルホテルでは閉館を迎えるにあたり、2024年2月より「グランドフィナーレ企画」として、カウントダウンボードや51thヒストリーパネルを展示。
これらの企画に加え、4月17日より回転展望レストラン「ロンド」名物商品のレトルト食品を同館と道内大手ドラッグストア「サツドラ」(一部店舗)で販売開始、5月17日より地元私立大学「札幌国際大学」(2016年包括連携協定締結)にウェディングドレス4着を寄贈するなど、同館の歴史を次世代につなぐ取組みを打ち出している。

札幌国際観光のホテルは函館・釧路・利尻島の3館に

札幌国際観光の運営ホテルはセンチュリーロイヤルホテル閉館により、1987年12月開業の「釧路センチュリーキャッスルホテル」(毛綱穀曠設計)、2015年5月取得・再開業の「アイランド イン リシリ」、2019年5月開業の「センチュリーマリーナ函館」の3館のみとなる。

関連記事:イオン北郷店、2024年5月31日開店-NBSショッピングセンター跡地、ジョイ・マックスバリュからイオンに
関連記事:ラッキー発寒店、2024年2月12日閉店-発寒駅近くの大型総合スーパー、20年の歴史に幕
関連記事:ココノススキノ、2023年11月30日から順次開業-松坂屋・ロビンソン・ラフィラ跡地、ダイイチ・TOHOシネマズ核の東急系施設に
関連記事:BiVi新さっぽろ、2023年11月30日開業-新札幌駅前マールクの商業核にロフトなど、開店記念イベントも
関連記事:ユニクロ・ジーユー札幌三越店、2023年11月17日開店-GUは国内の三越初出店、札幌市交通局グッズ販売も
関連記事:札幌エスタ、2023年8月31日21時閉店-騒がしく賑やかな営業最終日、そごうから45年の歴史に幕
関連記事:コープさっぽろそうえん店、2022年10月27日全館開店-無印良品を併設、札幌市桑園の二十四軒駅近くに
関連記事:札幌駅パセオ、2022年9月30日閉店-「北海道新幹線」関連工事で33年の歴史に幕
関連記事:スーパーアークス平岸店、2022年9月23日新装開店-ラルズ旧本社お膝元、主力業態に刷新
関連記事:イケウチゾーン、2022年5月29日閉店ー札幌の丸ヨ池内、建替中のイケウチゲートは2022年秋再開業