カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

ジーンズメイト、店舗整理すすむ-路面店から商業ビル内にシフトへ

カジュアル衣料大手「ジーンズメイト」の店舗整理が進んでいる。
同社が運営するアウトレット専門店「ワケあり本舗」が2017年12月の草加マルイ店閉店をもって全店閉鎖となったほか路面店の閉鎖も進めており、ショッピングセンターやファッションビルを中心とした「商業ビル内シフト」を強めている。

営業当時のワケあり本舗(写真はカトレヤプラザ伊勢佐木店)。

ライザップ傘下で経営改革、ワケあり本舗は”全店閉鎖”

ジーンズメイトは1960年に西脇被服本店としてジーンズの街として知られる倉敷市児島で創業。1978年にジーンズメイト1号店を出店させた。その後、東京都心で24時間営業をおこなうなどして知名度を大きく上げた。
ワケあり本舗はカジュアル衣料大手「ジーンズメイト」のアウトレット新業態として、ミーナ町田(町田市)とPAT稲毛(千葉市)に1号店を2010年10月オープン。同社が得意とするカジュアル衣料に加え、生活雑貨や化粧品、靴など幅広い商品を低価格で販売することで、最盛期には三大都市圏と福岡県のファッションビル、ショッピングセンターに20店舗以上展開するなど、ジーンズメイトに次ぐ主力業態として成長しつつあった。

ワケあり本舗として最後まで営業していた草加マルイ店。
現在はジーンズメイト草加マルイ店となった。

ジーンズメイトは2017年2月にライザップグループの連結子会社となっており、それ以降は「ジーンズメイト」「OUTDOOR PRODUCTS」の2ブランドに経営資源を集中すべく、店舗のスクラップ&ビルドを実施。
ワケあり本舗やジーンズメイト路面店は縮小傾向にあった。そして、2017年末を以てワケあり本舗は全店閉鎖・業態消滅するに至っており、残存する店舗はジーンズメイトへと転換された。

路面店の多くを閉店-ハピンズと提携で女性向け拡充も

ジーンズメイトはかつて「24時間営業」の店舗が多かったことでも知られるが、ライザップ傘下となって以降、24時間営業廃止、不採算店を閉鎖するなどの経営改革をおこなっている。

路面店の閉鎖を進めるジーンズメイト。
写真の草加店は旧ワケあり本舗草加マルイ店に統合された。

これに並行して、ファッションビルやショッピングセンターなど商業ビル内の店舗に経営資源を集中させる取り組みもおこなっており、路面店のジーンスメイトの閉鎖を進めている。
また、最近はライザップグループとなった雑貨店「ハピンズ(旧・パスポート)」との協力関係を強めており、同社との提携により女性向け商品の拡充も図られている。
ライザップ傘下で不採算事業からの撤退を進めるジーンズメイト。かつての「路面店」「24時間営業」「ワケあり業態」という個性が失われていくなか、果たして「業績にコミット」することができるのであろうか。

外部リンク:ワケあり本舗 | アウトレット 欲しいモノにはワケがある(現在は更新休止中)
外部リンク:ワケあり本舗 草加マルイ店 正面入口で完全閉店カウントダウン特別セール開催中! | JEANS MATE
関連記事:アーバンリサーチストア渋谷店、12月11日閉店-都内1号店、15年の歴史に幕
関連記事:FOREVER21原宿店、10月15日閉店-日本1号店の旗艦店、僅か8年の歴史に幕
関連記事:ライザップ、ジーンズメイトを子会社化

スーパー大栄、旧「丸和」と経営統合へ-2019年3月を目処に

イズミ傘下の食品スーパー「ユアーズ」(広島市東区)は、九州・山口北西部地区の全店舗(旧・丸和の運営店舗、飯塚店を除く)の会社分割と、同じイズミグループに属する「スーパー大栄」への事業承継、店舗運営の移管を2019年3月を目処に行うことを発表した。P1020275-1-1
ユアーズの店舗(広島県)。

イズミ、九州・山口の食品スーパー2社を地域で整理

ユアーズ」は1979年5月に広島県で設立。
2005年には日本初の24時間営業スーパーとして知られた「丸和」(北九州市小倉北区)を、2007年には「アパンダ」を運営していた「石原商事」(北九州市小倉南区、旧スーパーなかのなど)を傘下に収め、最盛期にはグループ全体で100店舗超を展開していたが、2015年にイズミの傘下となった。イズミ傘下となる前から行われていた不採算店の閉鎖により、2018年11月現在は全屋号を併せても40店舗にまで減少している。
イズミ傘下となって以降は、一部丸和店舗の「ゆめマート」ブランド化や販売商品、物流、ポイントサービスの共通化を進めている。
P1030974-
丸和小倉本店。日本初の24時間営業スーパー。

スーパー大栄」は1962年7月創業。最盛期にはショッピングセンター「D&D」、生鮮ディスカウント「フレッシュ8」など60店舗近く展開していたが、2014年1月にイズミの傘下となった。イズミ傘下となる前から行われていた不採算店の閉鎖により、2018年11月現在の店舗数は20店舗まで減少している。
イズミ傘下となって以降は、「ゆめドラッグ」の導入や販売商品、物流、ポイントサービスの共通化を進め、2016年6月には運営する全店舗を「ゆめマート」に転換している。
1462879999873-
ゆめマートに転換したスーパー大栄D&D田川大任店。

今回の「スーパー大栄」と旧「丸和」の分離統合によって、イズミ傘下のスーパーマーケット事業運営会社はイズミ本体の運営店舗を除くと、

  • スーパー大栄」(山口県・福岡県)
  • ユアーズ」(広島県・岡山県)
  • ゆめマート」(熊本県)
  • デイリーマート」(徳島県)

の4社となり、県単位でほぼ「一本化」されることとなる。

関連記事:イズミ、セブンアイと業務提携でイトーヨーカドー福山店を「ゆめタウン」に-ヨーカドー、加古川以西から姿消す
関連記事:西友リヴィン・ザ・モール姫路、2018年5月から7月にかけて閉店-イズミが取得、「ゆめタウン姫路」秋ごろ開店
関連記事:西友・ザ・モール周南、2018年5月から7月にかけて閉店-イズミが取得、「ゆめタウン下松」秋ごろ開店
関連記事:フジ、イオンと資本業務提携-フジはマックスバリュ西日本株を取得、更なる「関係の深化」検討
関連記事:イオン、九州のスーパー3社を2019年9月に経営統合

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業、2019年3月着工-旧・郵政省本庁舎跡に「日本一高いビル」建設へ

東京都港区の東京メトロ神谷町駅から六本木一丁目駅周辺の大規模再開発「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」が2019年3月に着工されることとなった。
再開発エリアの中心には歴史的建造物「日本郵政グループ飯倉ビル」があったが、メインテナントであった麻布郵便局は2018年11月19日に移転している。

旧・郵政省本庁舎の日本郵政グループ飯倉ビル。

旧・郵政省本庁舎、90年近い歴史に幕へ

日本郵政グループ飯倉ビルは1930年に逓信省貯金局として竣工。
1943年に運輸逓信省逓信院本庁舎に、省庁再編で1946年に逓信省本庁舎に、そして1949年に郵政省本庁舎となった。また、1945年には東京大空襲で焼失した麻布郵便局も入居している。
その後、郵政省本庁舎としては1969年まで使われた。

スクラッチタイルが美しい。

この地域では1990年代に一度再開発計画が持ち上がったものの、バブル崩壊後の景気の後退により計画は進まなかった。
旧郵政省本庁舎の建物は歴史的建造物として綺麗に保たれており、一部は補強工事も行われているようであったが、景気の底上げとともにふたたび再開発が検討されるようになり、2018年3月に日本郵政と森ビルにより虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発組合が設立された。再開発エリアは都市再生特別地区、国家戦略特区にも指定されている。
なお、周辺一帯も再開発区域となるが、隣接する外務省飯倉公館、外交史料館、麻布小学校、西久保八幡神社などは再開発区域に含まれない(詳細は本文下部「各棟の配置図」を参照)。

再開発エリアを東京タワーより俯瞰。

2018年現在、館内は日本郵便東京支社、麻布郵便局などが使っていたが、麻布郵便局は11月19日に閉館している。

日本最高層・高さ323mのビルを建設へ

再開発工事は2019年3月に着工される予定で、事業主は森ビル、日本郵政。
再開発エリアはA街区、B-1街区、B-2街区、C街区の3つに別けられる。

再開発完成予想パース(国家戦略特区HPより)。

そのうち、本再開発のメインとなるA街区には旧郵政省跡の飯倉ビルを解体して地上65階、地下6階、塔屋2階建てのビルが建設される。高さは約323mで、竣工時には「日本一高いビル」となる。
(なお東京駅北側で三菱地所が高さ390mのビルを建設中だが、こちらは2027年竣工予定)
A街区棟の館内には、オフィス、インターナショナルスクール、スーパーマーケットを中心とした商業施設などが入居する。出店するテナントなどについては現時点では未定。
B街区はA街区の北側、南北線の六本木一丁目駅東側にあたり、そのうちB-1街区には地上64階、地下6階、塔屋2階、高さ約263mの、B-2街区には地上53階、地下6階、塔屋2階、高さ約233mの超高層タワーマンションが建設される。総戸数は約1,300戸。
また、C街区は神谷町駅西側にあたり、店舗、寺院など8階建て以下の低層4棟が建てられる。

各棟の配置図(国家戦略特区HPより)。

各棟は地下通路で東京メトロ日比谷線神谷町駅東京メトロ南北線六本木一丁目駅と直結される。開発後は両駅の乗り換えも便利なものとなる。
また、地上部分には6,000㎡の中央広場を中心とした公園、歩道なども設置される。
なお、再開発後の名称については未定だが、森ビルグループが都心地域の再開発で用いている「○○ヒルズ」形式となる可能性が高いであろう。

麻布台は東京タワーの西側に位置し、外交関連施設が多いことでも知られるが「わざわざ用事が無いと訪問しない街」でもあった。
再開発後は新たな都心のランドマークとして多くの人で賑わう「目的地」へと生まれ変わるかも知れない。

外部リンク:「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」市街地再開発組合設立認可のお知らせ(森ビル)
外部リンク:都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区) 都市計画(素案)の概要(首相官邸・国家戦略特区)
関連記事:新駅名は「虎ノ門ヒルズ」ー日比谷線新駅、2020年開業
関連記事:新駅名は「高輪ゲートウェイ」ー山手線新駅、2020年春開業
関連記事:もとまちユニオン新橋店、11月12日開店-改装進める京急ウィング、2019年春の全面開業めざす

九段会館、解体工事はじまる-外壁保存し高層オフィスに、2022年竣工

東京都千代田区の靖國通り・九段下駅前にある歴史的建造物「九段会館」(軍人会館)の解体工事が本格化し、11月より建物全体が防音壁に覆われている。

九段会館。

旧・軍人會館、歴史の舞台として知られる

九段会館は1934年に「軍人會館」として竣工。
洋風の建物に瓦屋根を乗せた「帝冠様式」が特徴で、屋上には靖國神社を分神した神社も設けられた。
1936年には二・二六事件の戒厳司令部が設けられている。
1945年にGHQにより進駐軍の宿舎となったのち、1953年に日本遺族会が運営する「九段会館」となった。
しかし、2011年の東日本大震災で天井が崩落。2名の死者を出して閉館。土地と建物が国に返還されていた。

17階建てオフィスに-建物の一部を保存へ

建て替えをおこなうのは東急不動産と鹿島建設が共同出資する「ノーヴェルグランデ」。
2018年3月に国との間で合意書を締結し、春から70年間の定期借地による再開発に着手。11月からは建物が完全に覆われることとなった。
再開発後は地上17階、地下3階の建物が建設される。

新たな建物の完成予想パース(東急不動産リリースより)。

そのうち、外壁と一部内装は九段会館のものが再活用され、宴会場、カンファレンスセンター、シェアオフィス、店舗などとして活用される。
また、新築される高層棟はオフィスとなる。
2022年7月の竣工を目指して工事が進められる。

関連記事:神田鐵道倶楽部、9月29日閉店-「走らない食堂車」、僅か1年で
関連記事:神田明神ホール、2018年12月開館-創建1300年記念で、境内に大型イベント・ライブホール

大塚家具「創業の地」の春日部店跡を売却へ-EC事業者に

iDC大塚家具(東京都江東区)は、同社創業の地である埼玉県春日部市の固定資産(旧・大塚家具春日部ショールーム)を売却したことを12月6日に発表した。
iDC大塚家具春日部ショールーム。

大塚家具「創業の地」の旗艦店、売却へ

iDC大塚家具春日部店は1997年4月開店。春日部市中心部に立地し、建物は地上4階建てで店舗面積は10,722㎡。1996年より隣接地に移転した「イトーヨーカドー春日部店(初代)」の建物を居抜きで活用していた。

イトーヨーカドー春日部店(サトーココノカドー)。

春日部市は大塚家具の創業地として知られる。春日部駅東口には旧会長・大塚勝久氏が退社後に設立した新会社の旗艦店「匠大塚 春日部本店」(旧西武百貨店春日部店)が立地しており、娘・久美子氏が社長を務めるiDC大塚家具の春日部店とは「親子対決」の象徴として語られることも多かった。

EC事業者が取得-将来的には再開発か

旧・大塚家具春日部店を取得したのは、インターネット通販事業をおこなう「マキコーポレーション」(埼玉県越谷市)で、大塚家具の譲渡益は2億1800万円。
旧・大塚家具春日部店は春日部市中心部にあるため跡地活用が注目される一方で、同地区では2014年5月に再開発準備組合が設立されていることから今後の動向が注目される。

関連記事:IDC大塚家具春日部ショールーム、5月27日閉店-創業地・春日部の大型店、再開発検討地域に
関連記事:埼玉県、イトーヨーカドー春日部店に「アニメだ!埼玉 発信スタジオ」7月21日開設-「あの花」など参加のスタンプラリーも

ニトリ太宰府店、12月16日閉店-旧・ニコニコドーのニトリ九州1号店、隣接地に移転へ

福岡県太宰府市大佐野のショッピングセンター「ビッグウェイシティモール生活館」に出店する家具・インテリア専門店「ニトリ太宰府店」が、12月16日に閉店する。

ビッグウェイシティモール生活館・ニトリ太宰府店

ニトリの九州1号店-建替え後は大幅縮小

ニトリの出店するビッグウェイシティモールは、九州地場大手スーパー(当時)「ニコニコドー」の旗艦店として1995年に開業。建物は生活館、食品館、酒販売店、立体駐車場の4館体制で、売場面積は11,478㎡。
開業当初、ニコニコドーの大型ディスカウント「ビッグウェイ」を核に、明治屋産業の高級食品スーパー「タベルト」1号店、家電量販店「Joshin」、アミューズメント施設「namco」、「びっくり酒屋」、「マクドナルド」など複数の専門店が出店していたが、運営会社の業績不振や複雑な施設構造、競合施設との競争激化もあり、2000年5月をもって全館閉店していた。
その後、ニコニコドーは売場を食品館1館に集約(2002年閉店)、生活館を提携関係にあった「ニトリ」に運営移管していた。

ニトリ九州最大の店舗、隣接地に縮小移転へ

ニトリ太宰府店は、同社九州1号店として2000年6月に開店。
開店当初は2フロアのみでの営業であったが、2010年代に3階を「家具アウトレット売場」として常設化しており、現在は同社九州最大規模の店舗として営業を行っている。
ニトリは現店舗の隣に新店舗を建設中であるが、売場面積は約5,293㎡と現状より縮小される。

現店舗の隣接地で建設中のニトリ太宰府店新店舗

ニトリは2017年7月、隣接する福岡県筑紫野市に「ニトリゆめタウン筑紫野店」を出店、2018年10月には福岡県糟屋町に「ニトリデコホームイオンモール福岡店」、佐賀県鳥栖市に「ニトリフレスポ鳥栖店」を出店するなど、福岡都市圏での店舗網拡充を進めており、築20年が経過し老朽化が進んでいた現店舗からの縮小移転に至ったとみられる。

ニトリ跡地の活用方法は未定

ビッグウェイシティモール内で営業する地場大手ディスカウント「ルミエール太宰府店」(三角商事運営、本部併設、旧・ロヂャース)とグループの児童書専門店「あっぷっぷ」、酒販売店「豊島屋」は営業を継続する見通し。
ニトリ現店舗跡の活用方法については決まっていないが、老朽化のため解体される可能性もある。

関連記事:イオン下大利店、2019年3月31日閉店-閉店危機を乗り越えた旧・ダイエー、建替えめざす
関連記事:イオン乙金ショッピングセンター、7月29日開店

ヤマサンセンター、2018年12月9日に事業停止-全店閉店、自己破産か

愛媛県西条市に本社を置く地場スーパー「ヤマサンセンター」が12月9日付で事業を停止した。一部メディアでは自己破産の準備に入ったことが報じられている。

ヤマサンセンター小松店(本店)。

西条市小松町のスーパー、事業停止-今後は未定

ヤマサンセンターは1960年に創業。愛媛県西条市小松町に本社を置き、愛媛県内に総合スーパーと食品スーパーを合わせて4店舗展開。最盛期には7店舗体制であったものの、近年は事業を縮小していた。
12月現在で営業していたのは小松本店(西条市)、丹原店(西条市)、氷見店(西条市)、川内店(東温市)の4店舗。
いずれも営業休止中であるという。今後の店舗の処遇などは12月10日時点では発表されていない。

本店・旗艦店であったヤマサンセンター小松店の売場面積は3,284㎡。2階建ての総合スーパー業態で、小松町随一の大型店だった。

小松店店内。

愛媛県では近年ドラッグコスモス、ダイレックス、ディオ(大黒天物産)など県外資本のディスカウントドラッグやディスカウントスーパーが店舗網を広げており、6月には松山市に本店を置く「サニー椿」も経営破綻していた。
(撮影:全国スーパーめぐりさん

関連記事:ゆめマート木太、11月20日開店-四国初のゆめマート、高松市に
関連記事:フジ、イオンと資本業務提携-フジはマックスバリュ西日本株を取得、更なる「関係の深化」検討
関連記事:サニーTSUBAKI、6月27日に本店以外営業できず-商品券販売直後で市民殺到

アスティ新富士、11月21日開業-JR新富士駅、駅前整備も完了して脱”不便な駅”に

静岡県富士市の東海道新幹線JR新富士駅ビルに、ジェイアール東海静岡開発が運営する商業施設「ASTY新富士」(アスティ新富士)が11月21日に開業した。

ASTY新富士。

不便な新富士駅に「駅併設の商業施設」誕生

前身となる富士市新富士駅都市施設「ステーションプラザFUJI」は1988年、JR新富士駅の開設に合わせて開業。一般社団法人富士山観光交流ビューローにより、展示室、会議室などが運営されていたが、2018年6月30日をもって閉鎖されていた。

今回開店する「ASTY新富士」の延床面積は1,446㎡。
海鮮レストラン「まるごと駿河湾」、静岡地盤の焼肉チェーン「焼肉飯店 京昌園」、洋風居酒屋「丸鶏ハコザキ」、「エイトリッチーズカフェ」、地元製紙会社「紺屋製紙」プロデュースの紙バンド手芸が楽しめる雑貨店「カミレオン58」、「近藤薬局」の6店舗が出店し、セブン銀行ATMも併設する。

まるごと駿河湾。

また、大階段や内装の一部に地元産の「富士ひのき」を使用するなど、富士市の玄関口として相応しい環境づくりを目指すとしている。

館内イメージ。


館内イメージ。

「富士山口」整備も完了-利便性向上に

新富士駅では、富士市がおこなっていた「富士山口(北口)駅前広場整備事業」が11月1日に完成。バス乗降場のロータリー化、一般駐車場の増設などが行われた。

富士山口(北口)整備イメージ。

新富士駅は東海道新幹線の駅では唯一、在来線・他社鉄道路線が接続されておらず、富士市の中心部からも2kmほど離れているため利便性が高いとは言いがたかった。
駅周辺には東芝グループや王子製紙グループ、日本製紙の工場、富士市産業交流展示場「ふじさんめっせ」が立地するにもかかわらず、駅前にはディスカウントストア1店舗しかなく、飲食店の出店も僅かなものであったため、今回のASTY新富士開業は出張客のの満足度向上にも繋がるであろう。

外部リンク:ASTY静岡 | ASTY新富士
関連記事:沼津ステーションビル・アントレ、10月19日全面リニューアル-JR沼津駅
関連記事:ミチドンキNEOPASA清水店、10月6日開店-ドンキ新業態、伊勢丹跡に
関連記事:三島駅南口東街区、ミサワホームなどが超高層ビル建設-西街区は東急グループのホテルに
関連記事:ららぽーと沼津、2019年秋開業-静岡2店舗目のららぽーと、国道1号沿いに

イトーヨーカドー釧路店、2019年1月20日閉店

北海道釧路市の総合スーパー「イトーヨーカドー釧路店」が2019年1月20日に閉店する。

イトーヨーカドー釧路店。

日本最東端のヨーカドー、38年の歴史に幕

イトーヨーカドー釧路店は1981年7月に開店。
売場は地上3階・地下1階で、売場面積は9,664㎡。建物はサトービルが所有する。

テナントとしてはダイソー、六花亭、釧路市の子育て支援施設などが出店する。かつてはファミールも出店していた。

イトーヨーカドー釧路店・エントランス。

イトーヨーカドー釧路店はイトーヨーカドー全店舗のなかで最も東に位置する店舗であった。
閉店セールは12月7日から開催される。店舗跡地の活用方法などについては12月時点では発表されていない。
同店の閉店により、道内のイトーヨーカドーは札幌都市圏を除くと旭川、北見、帯広、函館に各1店舗のみとなるが、いずれも分散しているうえに、一度移転した帯広店を除く3店は築30年以上が経過しているため今後の動向が注目される。
(撮影:全国スーパーめぐりさん

関連記事:アベニュークシロ、2016年8月末閉館-旧長崎屋釧路店
関連記事:さっぽろ創世スクエア、2018年10月竣工-北海道テレビが入居、平岸の“聖地”見納めに
関連記事:北海道日本ハム、本拠地を「北広島」に移転へ-2023年開場目指す

イコットニコット、12月7日開業-旧ダイエー岡山店・ドレミの街、丸井系運営に

岡山県岡山市のJR岡山駅前にあるショッピングセンター「ドレミの街(旧・ダイエー岡山店)」がリニューアルされ、丸井系の複合商業施設「イコットニコット」(ICOTNICOT)として12月7日にリニューアルオープンする。

ICOTNICOT

岡山駅前に丸井系の商業施設が誕生

「イコットニコット」となる岡山駅前第一ビルは、「ダイエーショッパーズ岡山店」を核店舗、専門店街を「ドレミの街」として1978年11月に開業。
ダイエーの経営再建に伴い2005年に一旦閉店し、2006年3月に全館が「ドレミの街」となり営業を再開していたが、耐震補強と全面リニューアルのため2016年9月30日に一旦閉店していた。
建物は地上7階地下2階建て、売場面積は18,157㎡。(地下2階部分は駐車場)。

ドレミの街。

イコットニコットは、丸井グループ傘下でモディなどの運営をおこなう「エイムクリエイツ」が運営を手掛ける。そのため、同店はモディにとって姉妹的存在となる。
施設名称の由来は、“明るく元気に出かけたくなる場所”「行こっと、ニコ(笑顔)っと」をイメージしたもので、ロゴマークは「LIBRO」「KEYUCA」「moony」のロゴを手掛けた花田太郎氏によりデザイン、「Family Mart」「FUJITSU」「MEGMILK」などのロゴを手掛けた原田進氏により監修されたものとなっている。

ICOTNICOTロゴマーク。

なお、同ビルのシンボル的存在であったシースルーエレベーターは廃止されている。

天満屋ストア、ツタヤ、ラーメンテーマパークなど出店

商業ゾーン(地下1階~地上5階)は、コンセプトに「毎日を便利に楽しく」を掲げ、テナントとして29店舗が出店。
地下1階には、改装前と同様に天満屋ストアの「天満屋ハピーズ」(売場面積1,099㎡)が食品核として営業、ネットカフェ「コミックバスター」やトレーディングカード専門店「カードボックス」など5店舗が出店する。

天満屋ハピーズ岡山駅前店(イメージ)。

1階には、全国のラーメン専門店4店舗が入居するプロジェクションマッピングを活かしたラーメンテーマパーク「岡山ラーメンマッピングランド まぴらん」(MAPiLAN)や堂島ロールで知られるモンシェールのカフェ&ダイニング新業態「MERCI MONCHER」など食物販系の10店舗が出店。
岡山ラーメンマッピングランドまぴらんには第一弾として、博多の「新風」、仙台の「麺屋正宗」、札幌の「みそのマルエス」、東京北千住の「マタドール」が出店する。
エポスカードカウンターも設置されるほか、16日まで丸井の「ラクチンきれいシューズ体験ストア」も期間限定で営業する。

1階から地階へと直接アクセスも可。

2階には中四国TSUTAYA運営のライフスタイル提案型書店「TSUTAYA BOOK STORE」、TSUTAYAとコラボしたカフェ併設旅行代理店「H.I.S.」「cafe Gateway」、岡山初となるベーカリーカフェ「R Baker」、アクサスグループの雑貨店「ALEX COMFORT」、1時間400円で利用可能なWi-Fi・コンセント完備のコワーキングスペース「ワンダーウォール」など9店舗が出店する。cafe Gatewayは、ロボットが本格ドリップコーヒーを提供する「変なカフェ」として12月11日まで営業する予定。

TSUTAYA BOOK STOREとH.I.S.(イメージ)。


変なカフェ。

3階にはマックハウスの大型カジュアル衣料品店「マックハウスS.S.F」、手芸専門店「手芸センタードリーム」、100円ショップ「ダイソー」の3店舗が出店。4階は空きフロアで、5階にはサービス系店舗2店舗が出店する。

6階・7階にはビジネスホテルとキャビンホテルが融合した「ホテルアベストグランデ岡山」が出店、大浴場「なごみの湯」やサウナ、フィットネスジム、バーカウンターも併設される。
屋上はJ2ファジアーノ岡山FC運営のフットサルコート「ファジアーノ岡山フットサルパーク」が整備される。(受付は5階)

主なテナント。

岡山駅周辺では、ファッションビル「岡山VIVRE」「岡山OPA」、大型総合スーパー「イトーヨーカドー岡山店」など、長らく街の象徴の1つとして営業を続けてきた大型店が相次ぎ姿を消している一方で、イオンモールの出店以降は天満屋、両備グループ、ストライプインターナショナルなど地場大手企業による施設の再開発、リニューアル計画が発表されるなど、駅周辺の賑わい再生に向けた動きが進みつつある。
岡山駅前への丸井グループ進出は、こうした動きへの「追い風」となるだろう。

ICOTNICOT(イコットニコット)

住所:岡山市北区駅前町1丁目8番18号
営業時間:10時~22時(天満屋・蔦屋)など

外部リンク:イコットニコット
関連記事:セガ・岡山ジョイポリス、9月2日閉館-「杜の街づくりプロジェクト」本格始動
関連記事:問屋町テラス、10月6日開業-オレンジホール跡地、天満屋系商業施設に
関連記事:ドレミの街(旧ダイエー岡山店)、2016年9月30日閉店-2017年度の再生目指す