カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

パレマルシェ堀田店、2022年8月20日閉店-名鉄堀田駅前、半世紀の歴史に幕

愛知県名古屋市瑞穂区にある名鉄堀田駅前のUR住宅下層階に出店するスーパー「パレマルシェ堀田店」が2022年8月20日に閉店する。

UR堀田住宅の下層階に出店するパレマルシェ堀田店。

名鉄堀田駅前のスーパー、50年の歴史に幕

パレマルシェ堀田店は、1973年6月に名古屋鉄道グループのスーパーマーケット「名鉄ストアー堀田駅店(名鉄堀田駅ショッピングセンター)」として開店。1987年9月の運営会社再編と1992年3月の社名変更にともない店舗名を「名鉄パレ」としたが、名鉄グループ小売部門の経営不振もあり、2005年9月1日をもってファンド傘下の新会社に運営を移行。同年9月9日に現在の店舗名となった。
その後、2008年6月には運営会社が関西地場大手スーパー「オークワ」(本社:和歌山市)傘下に移行、2012年2月の運営会社再編によりオークワ直営となった。

名鉄ストアーのロゴが残る。

店舗は名鉄堀田駅前にある堀田市街地住宅(公団住宅「UR堀田住宅」)1号棟の下層階に出店。堀田駅名店街および高架下店舗街、堀田駅とも直結されている。
建物は10階建て、店舗部分は1階から2階で、店舗面積は2,066㎡。建物は名鉄グループとUR都市機構が所有する。
2022年春時点では直営の食料品・酒類・住居関連用品売場に加え、1階に旧名鉄パレ系の時計貴金属リサイクル店「ジェムウォッチ」や100円ヘアカット専門店「カットコムズ」、2階に100円ショップ「ダイソー」、喫茶店「カフェ・ド・ジュラーレ」、女性専用フィットネス「カーブス」といった専門店が入居していた。なお、テナントのダイソー等についても8月20日までに閉店する。

ダイソー・ゲームコーナー等も閉店。

UR堀田住宅の建て替えに伴い再開発へ

閉店は店舗が入居するUR堀田住宅が団地建て替えプロジェクト「団地再生事業等着手団地」に指定されたことによるもの。併せて名鉄では鉄道高架の耐震化工事もおこなっており、一体再開発をめざして高架下店舗は一足先の2022年3月31日までに閉店している。

高架下にあった堀田名店街は閉店済み。

UR堀田住宅は4棟すべてを建て替えるとしており、駅から離れた西側部分の棟から工事をすすめる計画。
高架下耐震化工事とUR住宅建て替え後の商業部分のテナントや、再びパレマルシェが出店するかどうかなどについては2022年8月時点では発表されていない。

パレマルシェ堀田店・閉店告知。

関連記事:名鉄レジャック、2023年3月31日閉館-名駅前にあるメルサの複合施設、契約満了と老朽化で再開発へ
関連記事:パレマルシェ神宮、2021年6月20日閉店-駅東口にミュープラット神宮前、7月21日開業

長崎西洋館、2023年5月閉館-長崎電気軌道運営、路面電車資料館も入居する商業ビル

長崎県長崎市の長崎電気軌道原爆資料館電停前にある商業ビル「長崎西洋館」が、2023年5月で閉館する。

長崎西洋館。

線路の上の商業施設、33年の歴史に幕

長崎西洋館は1990年11月開店。
長崎電気軌道の軌道上(一部は駐車場跡)に建設されており、長崎電気軌道が所有。店舗面積は2,269㎡で、アパレルや飲食店など約30店舗が出店していたほか、2010年からは3階に電鉄直営の博物館「長崎路面電車資料館」が開設されている。

長崎路面電車資料館。

資料館の移転先も未発表

閉館はコロナ禍のなか飲食店が多いこともあり空き店舗が増えたため。
跡地の活用方法、資料館の移転先などは発表されていない。
長崎市の中心部近くの好立地にあり、隣接地には2021年にニトリなどが出店する商業施設「プラットモール」が開業したほか、マンションの建設がおこなわれるなど開発は活発であるものの、建物の1階大部分に線路が敷かれているという特殊な構造のため、再開発も難しいものとなろう。

プラットモール。

関連記事:プラットモール長崎、2021年10月29日開業-長崎西洋館となりにJR西日本系モール
関連記事:九州新幹線長崎ルートは「西九州新幹線」に-2022年秋開業予定
関連記事:玉屋マルタマ住吉店、2019年8月31日閉店-かつての九州大手、最後の店舗

伊勢丹新宿本店、2022年4-6月期の売上高「史上最高」に

三越伊勢丹HDは、旗艦店である「伊勢丹新宿本店」(東京都中央区)の2023年3月期第1四半期決算(2022年4~6月期)の売上高が、三越伊勢丹HD誕生(2008年)以降の同期間で史上最高となったことを発表した。

伊勢丹新宿本店。

伊勢丹、インバウンド消えても「過去最高売上」

三越伊勢丹HDによると、2023年3月期第1四半期決算(2022年4月~6月期)の売上高は前年同期比14.7%増の1016億円、営業利益は39億円(前年同期は営業損失60億円)。
なかでも伊勢丹新宿本店の売上高は、前年同期比39.8%増の725億円で、三越伊勢丹の統合以降史上最高となったという。

三越伊勢丹HDは業績を上方修正

三越伊勢丹HDは、都心各店の売り上げが好調なほか、今春に全面開業した豊田・徳島の新店舗も新たな顧客の開拓に繋がっているとしており、2023年3月期(年間)の営業利益予想を上方修正することも発表している。
今期はこのほか、2022年12月頃に子会社を通じて台北市に三越の新店舗の出店を予定している。

名古屋三越栄本店。

関連記事:三越伊勢丹HD、エムアイフードスタイル再取得を2022年4月発表-クイーンズ伊勢丹・二幸など運営、4年ぶり完全子会社化
関連記事:新光三越台北忠孝店(仮称)、2022年後半開業-そごう隣接のタワーマンション下層に

関連記事:SKM PARK、2022年1月開業-三越伊勢丹、郊外型アウトレットモール初参入
関連記事:三越伊勢丹HD、ソシエをTBCに2021年7月売却-買収から僅か4年で、「SOCIE」「TBC」経営統合へ
関連記事:三越伊勢丹、小型百貨店5店舗を2021年2月28日閉店-馬事公苑店・新所沢・成田・MI河辺・セントレア、3月にはMI登米佐沼も

九州物流研究会、2022年8月発足-イオン・トライアル・サンリブ・エレナ・トキハなど「共同物流」検討へ

九州の流通大手13社は、物流分野で起こりうる課題の解決に向け、共同物流に向けた協議などを行うべく「九州物流研究会」を2022年8月2日に福岡県福岡市で立ち上げた。

九州内の「物流効率化」ライバル同士がタッグ

「九州物流研究会」は「物流課題の解決および新たな九州物流ネットワークの構築に向けた検討をおこなう研究会」としており、参加企業は以下の13社。

  • 西友(サニー、東京都北区)

  • イオン九州(福岡県福岡市)

  • トライアルHD(福岡県福岡市)

  • 西鉄ストア(福岡県筑紫野市)

  • サンリブ(マルショク、福岡県北九州市)

  • ハローデイHD(福岡県北九州市)

  • エレナ(長崎県佐世保市)

  • トキハインダストリー(大分県大分市)

  • (そのほか非公表5社)
今後はエリア拡大も-ライバルから協力関係に?

九州物流研究会は、活動内容について
・共同物流の実施に向けた協議、実験取組を行います。
・実験後に順次エリアおよび実験会社数を増やし、本格稼働に繋げてまいります。
・最終的には更に広域での展開へ繋げていきたいと考えております。
としており、今後はこれまでのライバル企業同士による共同物流も行われる可能性もある。

関連記事:プラザモールなかま、2022年4月20日開業-旧ダイエー・イオン跡、トライアル中間店を核に刷新

イトーヨーカドー竹の塚店、2023年3月5日閉店ー東武竹ノ塚エリア最大の商業施設、46年で幕

東京都足立区の東武伊勢崎線(スカイツリーライン)竹ノ塚駅近くにある総合スーパー「イトーヨーカドー竹の塚店」が、2023年3月5日に閉店する。

竹ノ塚のヨーカドー、最盛期は年商約80億円以上

イトーヨーカドー竹の塚店は竹ノ塚センター通りと舎人公園通りの交差点の角に立地。建物は5階建てで店舗面積は12,662㎡。1階から3階は売場、4・5階は駐車場として用いられており、テナントとして家電量販店「デンキチ」、ファストフード「マクドナルド」「ポッポ」、100円ショップ「キャンドゥ」などが入居する。

イトーヨーカドー竹の塚店(公式サイトより)

竹の塚店は1977年6月に開店。開店時の店舗面積は約6,900㎡だったが、1990年代後半に大幅に増床。最盛期の2000年代初頭は約80億円を超える売上高があり、ヨーカドーの東京都東北部地区における中核店であった。

開店から約46年が経過、老朽化も

ヨーカドー竹の塚店は開店から約46年が経過。建物が老朽化しているほか「アリオ西新井」(2007年開業)など、自社を含む周辺の商業施設との競争激化も背景とみられる。
閉店後の再活用等については2022年8月現在、発表されていない。

関連記事:ドン・キホーテ北千住西口店、2021年7月2日開店-北千住駅前通りに
関連記事:カノン千住/千住ザ・タワー、2021年1月完成-トポス跡を再開発、東武ストア北千住店は2月11日開店
関連記事:サミット五反野店、2020年12月9日開店-旧店を建替えし「野菜工場」導入
関連記事:イトーヨーカドー食品館千住店、2019年3月15日開店-約3年ぶりの1号店復活、限定商品も展開

イオンタウン豊中庄内、2022年冬開業-阪急バス本社跡地に

大阪府豊中市の阪急宝塚線庄内駅近くに、イオングループのショッピングセンター「イオンタウン豊中庄内」が2022年冬に開業する。

阪急バス本社跡地にイオンタウン

イオンタウン豊中庄内予定地には長らく、阪急阪神HD系のバス事業者「阪急バス」が本社兼豊中営業所を置いていたが、大阪府が主導する「都市計画道路三国塚口線街路整備事業」に伴い、2020年12月に豊中営業所(現大阪営業所)を大阪市淀川区十三本町に移転、2021年3月に本社を豊中市岡上の町(阪急宝塚線豊中駅・岡町駅間高架下)に移転していた。

ワンストップ型ショッピングセンターに

イオンタウン豊中庄内の建物は地上2階建で敷地面積は約8,827㎡、総賃貸面積は約5,769㎡、延床面積は約9,661㎡。駐車場台数は188台、駐輪場台数は約300台。同社施設は大阪府内では2021年3月開業の茨木太田に次ぎ9施設目、豊中市内では2006年11月開業の豊中緑丘に次ぎ2施設目となる。
イオンタウン豊中庄内と阪急バス(2022年7月)

イオンタウン豊中庄内はコンセプトに「食・サービスのワンストップSC(ショッピングセンター)」を掲げ、スーパーやドラッグストアを核に約15店舗を導入するなど、地域住民のデイリーユースに対応した施設となる見込み。
イオンタウン豊中庄内(完成イメージ)

施設近隣にはエディオングループの大型複合家電量販店「エディオン豊中店」(旧MIDORI豊中/ライフ・パレット・トイザらスなど入居)やイオン系の総合スーパー「ダイエー庄内店」、阪急阪神HD(H2Oリテイリング)系の食品スーパー「デイリーカナートイズミヤ庄内店」、トーホーの業務用食品スーパー「Aプライス庄内店」、スギ薬局のディスカウントストア「豊中庄内ジャパン」といった大型小売店が多数営業しており、差別化が鍵となりそうだ。

イオンタウン豊中庄内

住所:大阪府豊中市庄内西町5丁目18-2

関連記事:イオン東淀川豊新、2022年秋開業-名鉄運輸跡地に「イオンスタイル東淀川」核、かみしんプラザも改装で対抗
関連記事:イズミヤ上新庄店、2021年8月29日閉店-かまいたち濱家も惜別、47年の歴史に幕
関連記事:ドン・キホーテ十三店、2019年12月6日開店-今年2月に閉店したドンキ、50mほどの距離に復活
関連記事:バロー淡路店、2019年7月19日開店-大阪市内初のバロー、淀川キリスト教病院跡地に

関連記事:千里セルシー、2019年5月31日閉館-47年の歴史に幕、千里阪急とともに再開発検討へ
関連記事:ライフ新大阪店、2019年5月31日閉店-旧ライフ大阪本社・ラヴィーレ新大阪

マックスバリュ本城店、2022年8月31日閉店-ミスターマックスメルクス本城の旧丸和跡

福岡県北九州市八幡西区の国道199号線沿いにある大型ショッピングセンター「ハイパーモールメルクス本城」の食品核、イオン九州の食品スーパー「マックスバリュ本城店」が2022年8月31日午後7時をもって閉店する。

ミスターマックス業容拡大の契機となったメルクス1号店

ハイパーモールメルクス本城は1994年12月に開業。建物は平屋建で店舗面積は11,250㎡。
メルクス本城は九州地盤の大手ディスカウントストア「ミスターマックス」による自社開発ショッピングセンター1号店として、開業当初は同社直営ディスカウント「ミスターマックス本城店」を核に、百貨店「井筒屋本城店」(後にイオン若松SCに移転)や食品スーパー「丸和ビックマート本城店」(現マックスバリュ)、各種飲食サービス系店舗を展開するなど、同社業容拡大の契機となる施設であった。
2022年現在も八幡西区内ではイオンタウン黒崎、北九州プリンスホテルペペ跡地(DCMダイキ・ハローデイなど)、ミスターマックス八幡西ショッピングセンター(旧メルクス木屋瀬真名子 )に次ぐ規模の大型店となっている。

丸和跡のマックスバリュ、11年ほどで撤退

マックスバリュ本城店の事実上の前身となる食品ディスカウント「丸和ビックマート本城店」は1994年12月に開店。建物は平屋建で店舗面積は1,540㎡。
丸和ビックマート本城店は開店当初、ミスターマックスとの相乗効果を背景に食品ディスカウント業態を採っていたが、2003年夏の大規模改装後は、2005年9月に高級食品スーパー業態「純正食品館ラ・パレット本城店」に転換、2006年11月には標準業態「丸和本城店」に転換するなど、迷走が顕著となっていた。

丸和本城店。

丸和本城店では2007年の同社CI導入にあわせて店舗看板を「maruwa」に刷新し、同年4月からは24時間営業を開始したが、2010年6月に同社が実施した事業再生ADR申請の一環により同年12月をもって閉店していた。

その後、イオングループのマックスバリュ九州(現イオン九州)がミスターマックス系商業施設内丸和跡2店舗への出店を打ち出し、2011年4月に「マックスバリュ本城店」として開店することとなった。マックスバリュ本城店は丸和時代から24時間営業を継続する一方、店舗内外装から什器まで設備を全面刷新することで新たな顧客の取込みを図ったが、11年ほどで閉店することとなった。

マックスバリュ本城店。

マックスバリュ本城店の後継店舗は決まっていないが、施設を運営するミスターマックスは主力業態のスーパーセンター化(ディスカウントストア+生鮮食品化)を進めており、同社主導のもと直営・テナント問わず新たな食品スーパーの導入が図られるとみられる。

関連記事:カウボーイ家族、2022年6月30日までに全店閉店-ロイホのステーキ専門店、”ロイホ1号店”だった青山店閉店で消滅
関連記事:ドン・キホーテ小倉魚町店、2022年6月17日開店-小倉唯一「都市型ドンキ」、焼うどんをデザイン
関連記事:ジ・アウトレット北九州、2022年4月28日開業-スペースワールド跡、イオンモール八幡東・科学館など一体化で「日本最大級イオン」に
関連記事:イオン若松ショッピングセンター、2022年3月までにリニューアル開業-「ホームワイド」準核に韓国スーパー「イエスマート」など出店
関連記事:JR折尾駅新駅舎、2021年1月2日開業-大正時代の旧駅舎外観を復元、改札口は1ヶ所に
関連記事:ザ・ビッグ八幡西店、2020年8月1日開店-イオン九州ホームワイド永犬丸店跡、食品ディスカウントストアに
関連記事:黒崎井筒屋、2020年8月17日閉店-旧・黒崎そごう、クロサキメイトは全館空き店舗に

岡島百貨店、再開発のため2023年2月一旦閉店-ココリ甲府に3月移転・縮小再開店へ

山梨県甲府市の中心部・紅梅通りにある県内唯一の老舗百貨店「岡島百貨店」が老朽化による再開発のため2023年2月に一旦閉店し、ほぼ空き店舗となっている再開発ビル「ココリ」(正式名:紅梅地区再開発ビル)の商業床内に2023年3月に移転する。

岡島百貨店。

甲府市唯一の百貨店・岡島

岡島百貨店は1843年に創業。現店舗は1938年に移転開業したもので、1988年の増床リニューアルにより現在の姿となった。
館内はフルラインの百貨店であり、三越と提携。建物は8階から地階、店舗面積は29,520㎡となっている。

岡島百貨店1階。

なお、岡島百貨店はかつて東京都八王子市、長野県茅野市にも出店していたがいずれも閉店しており、甲府本店が唯一の店舗となっている。
現在は百貨店のほかケーズデンキ、カインズなどをFCで運営している。

空き店舗が多かった再開発ビル、岡島が全館に出店

ココリは再開発ビルとして2010年8月に開店。総事業費約107億円のうち半分を甲府市と山梨県、国がそれぞれ補助金として負担しており、高層階は(大京のタワーマンション「ライオンズマンション」)、中層階は専門学校、下層階は商業施設で構成される。

ココリ甲府。

開店当初のココリは地元の宝石産業をアピールするために「アウトレットジュエリーモール」が核となっており、不振を極めた。そのため、2011年12月には2階を「アニメイト」などが出店する「ホビータウン甲府」に改装することで活性化を図ったが、ホビータウンの来客がビル全体の集客不振を解消するには至らず、ジュエリーモールを核店舗に決めた行政の責任が問われる事態となっていた。

ホビータウン甲府。

その後「イオンモール」が「イオンモール甲府昭和」の増床に合わせて2014年末にココリのプロパティマネジメント契約を締結。下層階にスーパー「イオン」を核にイオンリカー、未来屋書店などのイオン系店舗が出店したが、コロナ禍のなか地方のイオンとしては非常に狭小店舗であったことを理由に2020年11月までにこれらは閉店。その後も店舗の撤退が相次ぎ、2022年7月には2階「ホビータウン」の店舗が移転していた。
一方で、徒歩圏にある岡島百貨店の建物は北側の一部を除いて築50年以上が経過している部分が多く老朽化が進行。地元メディアでは再開発が検討されていることが報道されていた。そのため、ココリから一気に店舗が移転したことは再開発などへの布石ではないかともいわれていた。

岡島百貨店、現店舗を売却してタワマンに

岡島は、現店舗を大手ディベロッパー「タカラレーベン」(東京都千代田区)に売却、現店舗を解体して再開発をおこなう。総事業費は約220億円。

岡島跡のタワーマンション。

再開発後に建てられる建物は地上28階建てで、約360世帯規模のタワーマンションを核に、立体駐車場と商業施設となる。オリオン通り側と低層部屋上には広場も設置。2028年7月の完成をめざして工事がすすめられる。
新たな建物に岡島百貨店が出店するかどうかは、7月時点は発表されていない。

一部は商業施設となる。

ココリ、岡島百貨店がほぼ全館に入居

岡島百貨店は2023年3月にココリに移転する。ココリの商業施設面積は4,500㎡であり、岡島は現店舗の7分の1の面積となる。
コンセプトは「地域共創型上質スペシャリティストア」で、フロア構成は以下のとおりとする計画。

岡島百貨店・新店舗。

2階 新しいライフスタイルのフロア リビング・服飾・催事場など
1階 上質ファッションのフロア デパコス・服飾など
地階 上質な日常を提供する食のフロア 生鮮・明治屋など

一方で、飲食店や淳久堂書店などの再出店計画は発表されていないほか、先述したとおりココリに出店していた「アニメイト」などの人気チェーン店も郊外へと移転しているため、どれだけの集客力を維持することができるのかは未知数だ。

ココリ甲府・岡島1階。

ココリのテナントの移転先
  • アニメイト:イオンモール甲府昭和(8月5日開店)
  • らしんばん:イオンモール甲府昭和(8月5日開店)
  • カードラボ:閉店
  • スタジオプリモ:近隣のトラストワンビル(プリ機のみ)

イメージ画像はタカラレーベン・岡島HPより。

関連記事:ヨドバシカメラ マルチメディア甲府が開店-2021年4月28日、店内は「ゆるキャン△」推し
店舗の概要:ヨドバシカメラ マルチメディア甲府、2021年4月28日開店-山交百貨店跡に
関連記事:イオン甲府ココリ店、2020年11月30日閉店-再開発ビルの核店舗、僅か4年で
関連記事:ビバモール甲斐敷島、2020年2月26日開業-「スーパービバホーム」「オギノ」核、古河電工産業電線甲府工場跡地に
関連記事:MEGAドン・キホーテ甲府店、2019年1月23日開店-山梨初「メガドンキ」

ダイレックス中間店、2022年7月28日開店-ダイソー中間岩瀬店と共同出店、旧ダイエー近くに

福岡県中間市のJR筑豊本線(福北ゆたか線)中間駅近く、ふれあい大通り沿いに、サンドラッググループの大型ディスカウント食品スーパー「ダイレックス中間店」が2022年7月28日に開店した。

中間駅近くにデイリーユースの商業施設

ダイレックス中間店は「(仮称)中間市岩瀬一丁目商業施設」として建設が進められていたショッピングセンターに出店するもので、建物は平屋建2棟、売場面積は4,112㎡、延床面積は13,306㎡。中間店の開店により同社店舗は339店舗体制となる。
設置者は田代建設系のエイチエスコーポレーション。

開店準備中のダイレックス中間店。

同店は「生鮮導入店舗」として、青果部門に北九州地場の野菜果物店「太陽の果実Sw-eat」、水産部門に福岡地場の鮮魚店「壱竜水産」、精肉部門に九州地盤の大手精肉店「大三ミート産業」、惣菜部門に九州地盤の大手弁当惣菜店「イーティーズ(むすんでひらいて)」を導入。
グロサリーや酒、日用品、衣料品、家電製品、家庭用品、カー用品、ペット用品、文具、インテリア用品の取扱いに加え、親会社の強みを活かした医薬品の取扱いを行う。

ダイソー中間店のフロアマップ。

同店別棟には100円ショップ「ダイソー中間岩瀬店」も同日開店しており、ディスカウントを核とするデイリーユース志向のショッピングセンターとなった。

ダイレックス中間店とダイソー中間岩瀬店。

施設周辺では2022年4月の「プラザモールなかま(メガセンタートライアル中間店)」開業に加え、2023年春を目処に「イオン中間ショッピングセンター」が開業する予定。
ロードサイドの各種量販店や飲食店、パチンコ店でも新規出店やリニューアルが目立っており、中間市中心部は姿をを大きく変えることとなりそうだ。

近隣にあるイオンなかま店西館跡のトライアル。

ダイレックス中間店 

住所:福岡県中間市岩瀬1-10-1
営業時間:午前9時~午後10時 

関連記事:プラザモールなかま、2022年4月20日10時開業-先行開店のトライアルと賑わう開業日、イオン跡地もリニューアルへ
関連記事:イオンなかま店、2021年9月30日閉館-旧ダイエーの旗艦店「ショッパーズモール」、跡地に新施設建設へ
関連記事:
JR折尾駅新駅舎、2021年1月2日開業-大正時代の旧駅舎外観を復元、改札口は1ヶ所に
関連記事:ザ・ビッグ八幡西店、2020年8月1日開店-イオン九州ホームワイド永犬丸店跡、食品ディスカウントストアに
関連記事:オリオンプラザ、2020年4月28日閉館-丸和折尾店核の複合商業施設、5月から解体開始

関連記事:黒崎井筒屋、2020年8月17日閉店-旧・黒崎そごう、クロサキメイトは全館空き店舗に

フレスポ仙台東照宮、2022年7月29日から順次開業-核店舗のヨークベニマル、青葉区ドミナント強化

宮城県仙台市青葉区のJR仙山線東照宮駅近くに大和ハウスグループのショッピングセンター「Frespo仙台東照宮(フレスポ仙台東照宮)」が2022年7月29日午前9時から順次開業する。

ENEOS系社宅跡地に大和ハウスの商業施設

フレスポ仙台東照宮は、 JX日鉱日石エネルギー高松社宅跡地で「(仮称)仙台東照宮商業施設」として建設工事が進められていた商業施設。
施設の核となるセブン&アイHD系食品スーパー「ヨークベニマル仙台東照宮店」と整骨院「どんぐり整骨院」を皮切りに、美容室「HAIR SALON Agu lucir」、歯科医院「東照宮さくらファミリー歯科」、コインランドリー「ぐるぐるランド」、クリーニング店「pino」、フィットネスクラブ「ANYTIME FITNESS」といった専門店が9月中旬までに順次開店する予定。

フレスポの正面ではジョイフルも営業する。

ベニマルは青葉区内での店舗展開強化

ヨークベニマル仙台東照宮店の建物は平屋建で売場面積は971㎡。目標年商は12億円。同店開店により同社店舗は241店舗(実質稼働239店舗)体制となる。
仙台東照宮店では「簡便」「個食」「健康」をテーマに掲げ、青果売場ではカットフルーツ・カットサラダなど簡便即食商品を拡充、鮮魚売場では単身世帯に適した量目の刺身・生切身を拡充、精肉売場では植物由来原料トレー・ノントレーパッケージ・使い切りサイズといった環境保護や家庭ごみ減量に結び付く商品提案を行う。
そのほか、惣菜売場では昼食メニュー、寿司売場では生寿司・巻物・海鮮丼など品揃えの幅を広げ“選べる売場”を提供。あわせて、インストアベーカリーを併設するなど、小規模ながら品揃えの拡充を打ち出す。

ヨークベニマル仙台東照宮。

同社は2021年12月にも仙台市青葉区内に近郊型ショッピングセンター「ヨークタウン仙台小松島(ヨークベニマル仙台小松島店)」を出店しており、青葉区では5店舗目。これまで手薄だった青葉区でドミナント化を進めることとなった。

フレスポ仙台東照宮

住所:宮城県仙台市青葉区高松1丁目18番1号
営業時間:午前9時30分~午後9時30分
(ヨークベニマル/通常営業時間)

関連記事:イオン仙台晩翠通店、2022年4月13日開店-東北地方整備局二日町庁舎跡地のプラウドタワーに
関連記事:ヨークタウン仙台小松島、2021年12月3日開業-ヨークベニマルの近郊型ショッピングセンター、東北医薬大近くに

関連記事:ヨドバシカメラ仙台第1ビル、2023年春開業-仙台駅とデッキで直結
関連記事:プラウドタワー仙台晩翠通、2022年3月開業-東北地方整備局二日町庁舎跡、商業施設はイオン
関連記事:イオン仙台宮町店、2020年11月11日開店-東照宮駅近くのイオンエクスプレス、事実上の増床移転
関連記事:イオン仙台一番町店、2020年11月25日開店-宮城県内初「レジゴー」導入、高級スーパー「明治屋」同居