カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

JR飯田橋駅、2020年7月12日移設リニューアル-「エキュートエディション飯田橋」は8月25日開業

東京都千代田区のJR中央本線(中央・総武線)「飯田橋駅」が移設リニューアルし、2020年7月12日に開業を迎えた。
西口の新駅舎内には商業施設「エキュートエディション飯田橋(ecute edition 飯田橋)」が8月25日に開業する。

生まれ変わった飯田橋駅・西口新駅舎。

飯田橋駅、ホームの隙間を埋めるために移設

JR飯田橋駅は1894年に甲武鐵道の牛込駅として開業。関東大震災後の整備によって1928年に現在地に移設され、飯田町駅(1895年開業)・牛込駅が統合された。
しかし、駅が曲線半径300mのカーブ地点にあるため電車とホームの隙間が広い部分があり、危険性があるとして、ホームの移設工事と西口新駅舎の建設工事が進められていた。

飯田橋駅東口とホーム(2019年)。

新宿寄りに移設・改良

新たな飯田橋駅は従来の駅より約200メートル新宿側に移設。この場所は関東大震災まで旧牛込駅があった場所の近くとなる。
直線に近い場所(曲線半径900m)へと移設されたことで、電車とホームの間の隙間は狭くなり、安全性が向上することとなった。
今後はホームドアの設置も進められる予定となっている。

飯田橋駅の新ホーム。

これに合わせて、早稲田通りに面する西口には新駅舎が設置された。
なお、これまであった東口側の2つの階段のうち、東京寄りの階段・エスカレーターは閉鎖されている。

飯田橋駅の構内図(JR東日本)。

エキュートエディション飯田橋、8月25日開業

8月25日には西口新駅舎の商業施設が開業する。新駅舎は鉄骨造・2階建てで、延床面積は約2,200㎡。
商業施設名は「エキュートエディション飯田橋」で、ベーカリー「Le Grenier à Pain」(ル・グルニエ・ア・パン)など5店舗が出店、2階には展望スペースも設けられる予定。
そのうち、7月12日には1階の「NewDays」が、8月25日までに1階部分全体(合計3店舗)が開業する。

飯田橋駅・西口新駅舎の改札前。

JR飯田橋駅西口附近では再開発計画も進められており、近い将来、駅周辺は大きく姿を変えることとなる。
(写真提供:れめさん

関連記事:シークベース アキオカ マニュファクチュア、2019年12月12日第1期開業-秋葉原・御徒町駅間の高架下に
関連記事:ツクモ、2020年6月中までに首都圏店舗の大半を閉店-ヤマダ内は全店閉鎖、都内は秋葉原各店のみに
関連記事:コモレ四谷、2020年開業-四ツ谷駅前再開発で

かましんカルナ駒生店、2020年7月17日全面開業-サンユー跡地、かましん核のショッピングセンターに

栃木県宇都宮市駒生の栃木県道70号線(大谷街道)沿いに、かましんのショッピングセンター「カルナ駒生」が2020年7月17日に全面開業する。

かましんカルナ駒生店。

関東自動車のショッピングセンターだった

カルナ駒生の前身となる関東自動車グループの「関東キングボウル」は1973年に開業。ボウリング場閉鎖後は、1986年5月に宇都宮市地盤の食品スーパー「サンユー駒生店」を核とする関東自動車のショッピングセンター(1,475㎡)としてリニューアルし、テナントとしてハーマンやサトーカメラが出店していたが、老朽化のため2018年をもって閉店していた。

かましん核の地域密着型ショッピングセンターに

カルナ駒生は2020年4月に竣工。敷地面積は約12,596㎡、店舗面積は3,856㎡、建築面積は5,539㎡、延床面積は5,441㎡。かましんの店舗としては20店舗目、カルナとしては4店舗となる。
カルナ駒生では、7月9日に核店舗の直営食品スーパー「かましんカルナ駒生店」とインストアベーカリー「ボンヌフ」、クリーニング「サンドライ」が先行して営業を開始している。
7月16日にはドラッグストア「マツモトキヨシ」、7月17日には100円ショップ「Seria」も開店し、地域密着型ショッピングセンターとして全面開業することとなる。

かましんカルナ駒生店

住所:栃木県宇都宮市駒生町1288-1
関連記事:午前9時30分~午後10時

関連記事:アピタ宇都宮店、2020年6月11日先行リニューアル開業-ドン・キホーテとのハイブリッド型店舗に
関連記事:アクロスプラザ宝木、2020年3月4日開業-とりせん核のショッピングセンターに
関連記事:トナリエ宇都宮、2020年2月1日開業-ララスクエア跡、日本エスコンが取得

関連記事:宇都宮パルコ、2019年5月閉店-22年の歴史に幕
関連記事:JR宇都宮駅東口再開発、公民8棟を整備へ-野村不動産らが開発、LRT開業に向けて
関連記事:宇都宮オリオンスクエア、全天候型広場に改修へ-109跡地、2020年度までの完成目指す

沼津新仲見世商店街のアーケード撤去、2020年6月開始-街路リニューアルへ向けてSNSで情報発信

静岡県沼津市の「沼津新仲見世商店街」で、アーケードの撤去作業とそれに伴うリニューアル工事が2020年6月から開始された。

沼津新仲見世商店街。

沼津仲見世の南側、アーケード撤去でリニューアルへ

新仲見世商店街は駅に近い仲見世商店街の南側にある商店街。
アーケードは1969年に設置されたもので、老朽化が進んでいたという。
アーケード撤去後は、それに合わせて街路や照明のリニューアルがおこなわれるとみられる。
新仲見世アーケード。老朽化していた。

アーケード解体に際し、新仲見世商店街会長・井草呉服店の井草雅彦氏は「#100日後位に無くなるアーケード屋根」と題してツイッターでアーケード解体と商店街リニューアルのようすを発信している。
また、商店街ではリニューアルに向けた記念グッズの販売などもおこなわれている。

関連記事:ミトワみしま、2020年6月30日開業-三島駅前再開発、東急グループの複合商業施設に
関連記事:富士急百貨店沼津店、2019年12月に解体はじまる-11月18日に最後のテナント撤退で
関連記事:ららぽーと沼津、2019年10月4日開業-「ライブモール」コンセプトに「ラブライブ!」コラボも
関連記事:サントムーン柿田川オアシス館、2020年3月開業-大東紡織三島100年記念事業、3館を「連絡通路で接続」
関連記事:沼津ステーションビル・アントレ、2018年10月19日全面リニューアル-JR沼津駅

戸田書店静岡本店、2020年7月26日閉店-静岡最大の書店、葵タワーの核店舗

静岡県静岡市のJR静岡駅前にある複合施設「葵タワー」の核店舗である「戸田書店静岡本店」が、2020年7月26日に閉店する。

戸田書店静岡本店(公式FBより)。

丸善ジュンク堂と提携、店舗整理すすめていた

戸田書店は1923年に静岡県清水町(現・清水区)で創業。永年静岡県を中心に展開していたが、1980年代からは本州各地への展開を開始、その後も鍋倉修六社長の出身地である宮崎県、そして沖縄県など遠隔地にも出店し、2000年代中盤には全国約70店舗・売上高130億円へと成長した。
しかし、2010年代からはネット通販の台頭などにより経営規模を縮小。2016年8月には大手書店グループ「丸善ジュンク堂書店」と業務提携を締結し、書籍の仕入調達や一部のシステムを丸善ジュンク堂系に移行した。
2020年に入るとさらなる事業整理を進め、1月には沖縄県最大の郊外型書店だった「豊見城店」を閉店、2月には自社ポイントサービスを廃止、3月には丸善ジュンク堂書店に「富士店」「富士川店」「長岡店」「桐生店」「三川店」4店の運営を移管。2020年5月現在の店舗数は18店舗、売上高は約60億円ほどとなっている。(丸善ジュンク堂運営の5店舗除く)

戸田書店本店閉店、ジュンク堂との競合も影響か

戸田書店静岡本店は2002年12月に総合スーパー「長崎屋静岡店」(同年2月閉店)跡に開店。建物は地上5階地下1階建、営業フロアは地上4階~地下1階、売場面積は約2,975㎡で、県内随一の大型複合書店として50万冊超の在庫を取揃えていたが「静岡駅前紺屋町地区第一種市街地再開発事業」の一環により2007年1月をもって閉店、同年2月に「戸田書店呉服町店」として移転した。
現在の戸田書店静岡本店は、再開発事業に伴い開業した葵タワー(地上25階地下2階建)の商業フロアの核店舗として2010年4月に開店。呉服町店は同店の出店に伴い閉店した。

葵タワー。

戸田書店静岡本店の営業フロアは地上2階~地下1階、店舗面積は4,478㎡。静岡県内一の規模の書店であり、3階の静岡市美術館などとともに静岡市の文化発信拠点として親しまれた。
閉店は近年のネット通販の台頭などの影響によるもの。また、葵タワーの徒歩圏の新静岡セノバには同社と提携する丸善ジュンク堂書店が運営する「MARUZEN & ジュンク堂書店 新静岡店」があり、競合関係にあったことも大きいであろう。
なお、同社が永年本店としていた清水区中心部にある清水本店についても2011年に閉店(現在は本社事務所として使用)しており、今後は清水区郊外にある江尻台店を新本店と位置づけるという。

葵タワー、後継店舗は未定

葵タワーの商業床では、戸田書店の閉店後も飲食街やセブン-イレブンなどはそのまま営業を続けるとみられる。
一方で、商業フロアの大部分を占める戸田書店の後継店舗などに関しては2020年6月現在まだ発表されていない。

関連記事:プラザアピア静岡、2020年5月28日建替リニューアル開業-マルハン旗艦店、ショッピングセンター併設に
関連記事:アネックス静岡伊勢丹、2020年2月16日閉店

米・MUJI USA、2020年7月9日倒産-米国で無印良品を展開する良品計画子会社、再建めざす

大手雑貨・アパレル店「無印良品」を展開する良品計画(本社:豊島区)の米国子会社「MUJI U.S.A. Limited」(以下、MUJI USA)は日本の民事再生法に相当する連邦破産法11条の適用を申請し、2020年7月9日に経営破綻した。

アメリカの無印良品、経営再建めざす

MUJI USAは良品計画の完全子会社として2006年10月に設立。2007年にニューヨーク・SOHOに実店舗1号店を出店した。当初は東海岸周辺のみで店舗展開していたが、2012年には西海岸へも進出するなど店舗網を拡大し、2020年現在は18店舗を展開する。
経営破綻の大きな要因は、米国での新型コロナウイルス感染拡大にともない全ての実店舗が営業をおこなえなかったこと。
近年は経営規模の拡大などにより3年間に亘って赤字決算が続いており、2020年3月31日時点の負債総額6400万ドル(約69億円)となっていた。
今後は事業を継続しつつ、経営再建を図る方針だという。

関連記事:米・JCペニー、2020年5月15日倒産-米国の大手大衆百貨店、新型コロナ影響でさらなる店舗閉鎖も
関連記事:米・ニーマン・マーカス、2020年5月7日倒産-米国大手高級百貨店初となる新型コロナ関連破綻
関連記事:米・Jクルー、2020年5月4日倒産-米大手小売初となる新型コロナ関連破綻

高島屋東別館コミュニティーフードホール 大阪・日本橋、2020年7月10日開業-関西に特化した飲食・食物販施設に

大阪府大阪市浪速区日本橋の高島屋東別館1階に、食主体の商業施設「高島屋東別館コミュニティーフードホール大阪・日本橋」が2020年7月10日午前11時に開業する。

高島屋東別館コミュニティーフードホール大阪・日本橋。

今年複合商業施設として生まれ変わったばかりの東別館

高島屋東別館は、1928年に名古屋地盤の百貨店「松坂屋大阪店」(移転のため1966年に閉店)として建設されたもので、建物は地上7階地下2階建、設計は建築家・鈴木禎次が担当した。
建物は1968年に高島屋大阪店の東別館として全面リニューアルを実施して以来、1970年には高島屋の「株式会社設立50周年事業」の一環として同社の歴史資料・美術品を展示する「高島屋史料館」が開館、2005年10月にはテナントとして結婚式場「チャペルグリーンベルなんば」が出店するなど、事務所やサービス系店舗中心の施設となっていたが、2016年10月からは耐震工事を伴う改装のため施設を段階的に閉鎖し、改装を進めた。

改装工事前の高島屋東別館。

高島屋東別館は2019年に躯体及び外壁補修工事を完了、国指定有形文化財の指定を受け、2020年1月にリニューアル開業。
従来からの高島屋史料館(約1,500㎡)や事務所機能(約2,100㎡)に加え、滞在型ホテル「シタディーン」(約17,000㎡)が出店した。

新たにフードホールが整備される「高島屋東別館」。

関西の食にこだわった「フードホール」に

高島屋東別館コミュニティーフードホール大阪・日本橋は、「高島屋東別館のリノベーション第2弾 」として新たに開業するもので、賃貸面積は約1,350㎡、座席数は264席。高島屋グループの東神開発がマスターリースを行い、神谷太陽ランドマークグループの豊富商事が運営を担う。

高島屋東別館コミュニティーフードホール大阪・日本橋。

食物販・飲食店主体の商業施設として、テーマに「食べる」「楽しむ」「出会う」「繫がる」を掲げ、京都・伏見桃山の日本酒テーマパーク「伏水酒蔵小路(ふしみさかぐらこうじ/Fushimi sake village)」大阪初の店舗や大阪市内唯一の養豚場が手掛けるラーメン・とんかつ・中華料理・韓国チーズハットグ店「大山畜産noodle」「大山畜産pork」「中華料理大山畜産」、海老バル「シュリンプバ^ーオルタンシア」、難波・大国町発祥の自家製蕎麦店「NEXT 黒豆蕎麦hanako」、、門真に本店を構える「大阪たこ焼き本舗 夢蛸」、海鮮丼・海鮮焼店「市場直送海鮮問屋」、バナナジュースキッチンカーの「8710LOVE」、オーガニックハンバーガーショップ「GASTRO 29 ORGANIC」、スペシャリティコーヒーカフェ「タリーズコーヒー」など、大阪・京都に縁の深い14店舗(期間限定4店舗含む)が出店。
プロジェクションマッピングの投影や日替わりエンタメショーといった各種イベントを開催するなど、食のまち・大阪ミナミにふさわしい「食事」と「エンターテイメント」を融合した魅力あふれる憩いの空間を提供するとしている。

高島屋東別館コミュニティー・フード・ホール大阪日本橋

住所:大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目5-25
営業時間:午前10時~午後10時
(一部店舗は午前8時開店、ラストオーダーは午後9時30分)

関連記事:ジョーシンスーパーでんでんランド、2020年4月30日閉店-日本橋の上新電機「免税旗艦店」新型コロナの影響か
関連記事:高島屋東別館・ホテルシタディーンなんば大阪、2020年1月20日開業-「高島屋史料館」も復活
関連記事:ホテルロイヤルクラシック大阪、2019年12月1日開業-新歌舞伎座跡に
関連記事:大丸心斎橋店本館、2019年9月20日13時開業-86年ぶりの本館建替え、新業態・関西初を含む368ブランド出店
関連記事:WeWork御堂筋フロンティア、2019年6月3日開業-長期放置の御堂筋フロントタワー、大規模シェアオフィスに
関連記事:ドン・キホーテ道頓堀北館、2019年4月18日開店-ドンキ初「インバウンド強化店」

ミュープラット大曽根、2020年7月15日開業-名鉄大曽根駅の新商業施設

愛知県名古屋市東区の名鉄大曽根駅に新商業施設「ミュープラット大曽根(μPLAT 大曽根)」が2020年7月15日に開業する。

ミュープラット大曽根。

大曽根駅の高架下に新商業施設

名鉄大曽根駅は1906年に瀬戸電の駅として開業、1983年に高架化された。ミュープラット大曽根はこの高架下を中心に開発された商業施設で、館内は2層建て、店舗面積は約2,200㎡。
なお、当初は2020年春の開業を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により開業が延期されていた。
工事中の大曽根駅。

1階には「ツルハドラッグ」「ダイソー」「ファミリーマート」「京樽」など、物販店、スイーツ、弁当などを中心に13店舗が出店。

館内1階のイメージ。

2階は飲食街「大曽根キッチン-ゾネキチ-」となり、和食居酒屋「海鮮・名古屋めし 嘉文」、焼きとん「大黒」、ラーメン「ふくろう食堂」、蕎麦「十割蕎麦 美濃味匠」の4店舗が出店する。

館内2階・ゾネキチのイメージ。

また、シンボルとして施設内に瀬戸市出身の作家である深田涼氏が手掛けたタイルアートが設置される。

タイルアート。

大曽根駅にはこのほかにJR東海グループが運営する「アスティ大曽根」があり、こちらには成城石井、TSUTAYA、スターバックスコーヒーなどが出店しているため、ミュープラットとの相乗効果が期待される。

アスティとミュープラットの工事案内看板。

尼ケ坂にSAKUMACHI商店街も-商業開発進める名鉄

近年、名鉄は鉄道高架下の活用を進めており、大曽根駅の近隣では尼ケ坂駅付近の高架下に2018年に「SAKUMACHI商店街」が開業。順次出店店舗数(営業区画)を増やしている。
名鉄はこのほかにも神宮前駅、一宮駅などでも新たな商業施設の開発を進めている。

μPLAT 大曽根のテナント一覧(17店舗)

  店舗名 業種・業態
1 Family Mart Estacio コンビニエンスストア
2 OSOZAi KiTCHEN mino misho 惣菜
3 京樽 寿司
4 BAKERY PICASSO ベーカリー
5 CAFÉ   ZARAME カフェ
6 J’OUVRE パティスリー
7 芋花恋 さつまいもスイーツ
8 澤屋 和風甘味
9 HoGoo! リラクゼーション
10 Station Clinic NEUZONE 美容クリニック
11 asian tea house ティースタンド
12 ダイソー バラエティ雑貨
13 ツルハドラッグ 薬局
14 海鮮・名古屋めし  嘉文 和食居酒屋
15 大黒 焼きとん
16 ふくろう食堂 ラーメン
17 十割蕎麦  美濃味匠 蕎麦
μPLAT 大曽根

住所:愛知県名古屋市東区矢田南 5 丁目 203
営業時間:多くは 10:00~21:00、ファミマは24時間

関連記事:名古屋モゾオーパ、2019年10月18日開店-ワンダーシティビブレ跡
関連記事:ヨリマチFUSHIMI、2019年12月11日開業-名古屋市営地下鉄に初の「エキナカ商業施設」

伊藤忠、ファミマを完全子会社化-2020年7月発表

大手商社「伊藤忠商事」(本社:大阪府大阪市北区/東京都港区)が、TOBにより傘下のコンビニエンスストア大手「ファミリーマート」(東京都豊島区)を完全子会社化することが2020年7月8日に判明した。

伊藤忠商事本社がある大阪駅ノースゲートビル。

ファミマ、伊藤忠の完全子会社に-TOBで

ファミリーマート」は1972年に西友の子会社として設立されたが、西武セゾングループ崩壊により1998年から伊藤忠商事が筆頭株主となっていた。
2020年現在、伊藤忠商事は同社株式の約50.1%を保有する。

ファミリーマート。

伊藤忠商事はTOB(株式公開買い付け)により、ファミリーマートを完全子会社化する。
ファミリーマート側も、7月8日に伊藤忠商事から公開買い付けの提案を受けていることは事実であると発表している。買い付け総額は約5,000億円以上になるとみられる。
大手コンビニエンスストアを巡っては、かつてダイエー傘下として創業した「ローソン」が2017年に三菱商事の子会社となるなど(株式の約50%を保有)、経営規模の拡大にともない大手総合商社との連携を強めている。

関連記事:ファミリーマートbyドン・キホーテ、2020年2月29日営業終了-ファミマとドンキのコラボ店「通常のファミマ」に
関連記事:ユニー、ドン・キホーテ電子マネー「majica(マジカ)」の取扱いを2020年4月6日開始-ユニー・ファミマHD共通電子マネー「uniko(ユニコ)」は廃止
関連記事:ファミマ、ドンキ(PPIH)株を追加取得-2021年8月迄に1000億円以上を投じ持分法適用会社化
関連記事:ファミペイ、2019年7月開始-ファミマ独自の電子マネー、カード無しで「Tポイント」「dポイント」「楽天ポイント」付与へ
関連記事:ユニー・ファミマHD、2019年9月に「ファミリーマート」に社名変更-統合から3年で「ユニー色一掃」
関連記事:ドン・キホーテHD、ユニーを完全子会社化-ファミマが売却、進むユニーの「ドンキ転換」
関連記事:三菱商事、2017年にローソンを子会社化へ

台湾博物館鉄道部園区、2020年7月7日開館-台湾総督府鉄道部、鉄道博物館に

台湾・台北市大同区延平北路(旧・台北市泉町)にある旧「台湾総督府鉄道部」の本庁舎が、「国立台湾博物館」の別館である鉄道博物館エリア「台湾博物館鉄道部園区」(台灣博物館鐵道部園區)として、2020年7月7日に開館する。

台湾総督府鉄道部の本庁舎。博物館となる。

整備が進められていた旧・台湾総督府交通局鉄道部

台湾総督府交通局鉄道部は清朝が敷設した鉄道設備を引き継ぐかたちで1899年に設立。現在ある庁舎は1918年に建築されたもので、1990年まで台湾鉄路局の庁舎として使われた。
その後、いったん未活用となったのち、2005年に古蹟に指定され、鉄道博物館とすべく整備が進められていた。

台湾の鉄道の歴史が学べる施設に

台湾総督府鉄道部の庁舎は国立台湾博物館の別館として「台湾博物館鉄道部園区」の一部となる。
国立台湾博物館は1908年に開館した台湾総督府博物館を前身とするもので、本館は台北駅南側に位置する。

1908年に開館した台湾博物館。

台湾博物館鉄道部園区の区域内には、旧総督府鉄道部の本庁舎のほか、大きく分けて食堂、八角楼、電気室、工務室、戦時作戦指揮センター(以上、国指定古蹟)、鉄道部台北工場、清朝の機械局跡(以上、市指定古蹟)の8つの文化財がある。

展示室となる総督府鉄道部本庁舎は築102年。

展示場はおもに本庁舎内が使われており、実車輌として「莒光号」で使われた客車が展示されるほか、1970年代の台北駅周辺を再現した大型ジオラマや鉄道部品の展示、近隣にありアメリカ軍の空襲によって焼失した台北鉄道ホテルについてなどの歴史紹介がおこなわれる。
また、防空壕を活用した「戦時作戦指揮センター」など、園区内の各施設を見学することもできる。

戦時作戦指揮センター。防空壕を利用したもの。

鉄道博物館の整備すすむ台北-今後は車両基地も

台北市では、台北市松山区にあった車輌基地・旧台北機廠(総督府鉄道部松山工廠、一部のみ公開中)についても鉄道博物館として開放する計画があり、すでに日本の寝台特急電車である583系の輸入などがおこなわれるなど準備が進められている。

旧・台北機廠。

これまで台湾には苗栗市、彰化市、高雄市、台東市、花蓮市など全国各地に鉄道展示施設があった一方で、国内最大の都市である台北市内にはそうした施設が少なかった。

台湾博物館鉄道部園区に加え、旧・台北機廠の整備が完成すれば、台北が台湾最大の「鉄道ファンの聖地」となるかも知れない。

台湾博物館鉄道部園区

住所(地址):台北市大同區延平北路一段2號
開館時間:9時半~17時
料金:100元/台湾博物館4館共通券は130元
/6歳~12歳・65歳以上半額

関連記事:台北三井倉庫、2018年11月1日移築・復原完成-築100年超の大型倉庫
関連記事:微風南山アトレ、2019年1月10日開業-アトレ台湾初進出、台北南山廣場に
関連記事:TSUTAYA BOOKSTORE 南港店、2019年12月6日開業-ツタヤ「台湾最大」の大型旗艦店

スーパーマーケットバロー領下店、2020年7月10日建替リニューアル開店-ロープライス型店舗に

岐阜県岐阜市領下の「スーパーマーケットバロー領下店」が2020年7月10日午前9時に建替リニューアルオープンする。

岐阜市内初となるのバローSCとして開業した領下店

バロー領下店は、同社岐阜市内初となる大型ショッピングセンターとして1992年4月に開業。スーパー棟(SMバロー)の店舗面積は3,454㎡、ホームセンター棟(HCバロー)の店舗面積は2,655㎡。
スーパー棟は、2001年に総合衣料品店「あかのれん」と100円ショップ「meets.」が出店するなど、衣食住を幅広く揃える大型店であったが、建替えのため2020年3月をもって一時閉店していた。

建替えを機にEDLP型店舗に

スーパーマーケットバロー領下店(スーパー棟新店舗)の建築面積は約3,422㎡、売場面積は約2,245㎡、延床面積は3,529㎡。
バロー領下店。

同社としては25店舗目となる「エブリデイ・ロープライス(EDLP)型店舗」として運営、建替前と同様に北欧倶楽部のインストアベーカリーを導入する。
同社は新店舗について「建て替えにより売場面積が約200 坪拡大した同店では、生鮮部門を中心に特徴を際立たせたカテゴリーを連続的に配置し、魅力ある店づくりを目指してまいります」と述べており、今後とも隣接するホームセンターバローやVドラッグ(2015年5月開店)とともに、ショッピングセンターとして高い集客力を発揮するものとみられる。

スーパーマーケットバロー領下店

住所:岐阜県岐阜市領下4-55
営業時間:午前10時~午後8時
※7月10日~12日は営業時間を「午前9時~午後8時」
※毎週日曜日の営業時間は「午前9時30分~午後8時」

関連記事:MEGAドン・キホーテUNY恵那店、2020年5月12日開店-アクロスプラザそばのピアゴ跡に
関連記事:MEGAドン・キホーテUNY岐阜店、2020年3月3日開店-アルド・ロッシ設計のアピタ岐阜店跡に
関連記事:イオンタウン各務原鵜沼、2019年11月22日開業-鵜沼宿駅前に
関連記事:MEGAドン・キホーテUNY美濃加茂店、2019年10月29日開店-アピタ旗艦店級の大型店、ドンキに転換