カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

イズミ、ニチリウに2024年2月14日再加盟-共同仕入れ約4年ぶり復活、「くらしモア」「セブンプレミアム」併売も

大手流通グループ「イズミ」(本社:広島市東区)は、日本流通産業(本社:大阪市福島区)が主導する共同仕入機構「ニチリウグループ」に2024年2月14日付で正式加盟(再加盟)したこと2月15日に発表した。

イズミも設立に参画した共同仕入機構「ニチリウ」

日本流通産業は、1974年6月に地場大手スーパー「ライフ」「ヤオハン(現マックスバリュ東海)」「グランドタマコシ」「平和堂」「オークワ」「さとう」「イズミ」出資による商品資材の仕入調達・共同開発を目的に設立。
1980年代からはチェーンストア志向の強い生協(コープさっぽろ・コープこうべ)や鉄道系スーパー(近商ストア・両備ストア)、2000年代以降にはドラッグストア(クリエイトSD・サッポロドラッグストアー)の加盟もみられ、最盛期となる2018年11月には20社3生協まで規模を拡大した。
一方、以前から加盟企業の倒産や他大手流通グループとの資本業務提携によるグループ離脱も目立っており、2024年1月時点では15社3生協まで規模を縮小していた。

背景にはセブン&アイのヨーカドー地方店全面撤退も

イズミは1974年6月のニチリウグループ設立当初からの主要加盟企業であったが、2018年4月に流通大手「セブン&アイHD」と業務提携を締結し、2019年5月の取締役会でニチリウグループ退会を決議、2020年2月20日をもってニチリウとの45年の提携関係を解消していた。

イズミ本社。

イズミはニチリウとの提携解消を機に、2020年3月にはニチリウPB商品「くらしモア」の代替となるセブン&アイPB商品「セブンプレミアム」を導入するなど、セブン&アイとの連携強化を図ったが、2024年2月にセブン&アイが総合スーパー「イトーヨーカドー」地方店舗(北海道・東北・甲信越)全面撤退を打ち出すなど、今後の提携関係の維持が不透明な状態となった。
こうした背景もあり、2020年2月の退会から約4年ぶりに再加盟に至ったものとみられる。

「セブンプレミアム」「くらしモア」併売も

イズミはニチリウグループへの再加盟に際し「顧客ニーズの多様化を背景に、スケールメリットを共有し相互に調達力・収益力を高め、お客さまのご要望にお応えしていくこと」を理由として挙げている。一方、2020年2月のニチリウ退会時とは異なり、セブン&アイとの提携は維持される方針であり、イズミの店頭にセブンプレミアム商品とくらしモア商品が併売されることとなりそうだ。

関連記事:イトーヨーカドー、アリオ札幌・屯田・琴似・帯広・青森・弘前・五所川原・花巻・サンエー石巻あけぼの・丸大新潟・アリオ上田の各店を2024年から2025年にかけて閉店・ロピアなど他社に承継
関連記事:イズミ、スーパー「サンライフ」子会社化を2024年1月9日発表-大分県でトマト・メロン・アップル・オレンジ運営

西友高田馬場店、2024年1月25日再開店-最古参店舗、食品スーパーとして2年ぶり復活

東京都新宿区のJR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線高田馬場駅近くのUR都市機構戸塚三丁目市街地住宅跡地に、西友の食品スーパー「西友高田馬場店」が2024年1月25日に開店した。

西友発足の礎となった最古参店舗

西友高田馬場店は1962年9月に「西武ストアー高田馬場店」として開店。店舗面積は1,157㎡。

建て替え前の西友高田馬場店。

高田馬場店は西武ストアー初のアメリカ式チェックアウト設置店であり、1963年に発足した「西友ストアー(現在の西友)」の基礎となる事実上の創業店であった。一方、同店が入居する「UR都市機構戸塚三丁目市街地住宅」は築60年近い老朽施設であったため、2021年11月30日をもって「契約期間満了」を理由に閉店していた。
西友は高田馬場店の閉店当初、再出店の方針を未定としていたが、同店跡地で2022年12月に「(仮称)高田馬場建替え計画」が始動。2024年1月に跡地への再出店が正式発表となった。

24時間営業の都市型食品スーパーに

西友高田馬場店の新店舗は地上2階地下1階建、営業フロアは1~2階、敷地面積は約988㎡、店舗面積は880㎡、延床面積は約1,495㎡。
旧店舗時代は公団住宅の低層階に入居する形態の総合スーパー(衣料品取扱店舗)であったが、新店舗は建物全館を西友が食品スーパーとして営業する。
新店舗では高田馬場という地域特性・商圏特性を考慮し、1階は惣菜や飲料・冷凍食品、2階は生鮮品・調味料・日用品中心の構成とする。また、旧店舗時代を上回る24時間営業の実施やセルフレジ(スグレジ)の導入など、単身世帯や20代~30代を意識した時短・簡便・利便性を重視した取組みを打ち出す。
西友高田馬場店。

西友高田馬場店

住所:東京都新宿区高田馬場3-3-8
営業時間:24時間営業

関連記事:ダイエー四谷荒木町店、2023年11月11日開店-曙橋駅前に新宿区2号店
関連記事:ダイエーイオンフードスタイル西新宿店、2023年4月15日開店-住友不動産の再開発ビルに
関連記事:JR飯田橋駅、2020年7月12日移設リニューアル-「エキュートエディション飯田橋」は8月25日開業

関連記事:西友高田馬場店、2021年11月30日閉店-西友現存最古の店舗、59年の歴史に幕
関連記事:小田急百貨店新宿本店本館、2022年9月末閉店-新宿駅西口再開発で「48階建て超高層ビル」に
関連記事:イケア新宿、2021年5月1日開店-「フォーエバー21」跡、IKEAに

サンリブマルショク昭代店、2024年1月25日開店-旧サトー食品館西新昭代店跡、異例の居抜きで福岡都市圏強化

福岡県福岡市早良区の旧サトー食鮮館西新昭代店跡に、九州地場流通大手「サンリブグループ」の大型食品スーパー「マルショク昭代店」が2024年1月25日に開店した。

定借契約終了で閉店したサトー食鮮館

サトー食鮮館昭代店は、2002年に「サトー食鮮館西新昭代店」として開店。建物は平屋建で店舗面積は1,685㎡。
同店の運営主体である「佐藤」は、1962年7月に精肉店「佐藤精肉店」として創業、1975年10月に「佐藤食肉」として法人化、1985年には自社直営工場を活かしたハム・ソーセージブランド「筑前ハム」を関連会社として立ち上げるなど、創業以来精肉の取扱いに強みをもっていた。
サトー食鮮館昭代店では、食肉・水産部門で対面販売を実施、グロサリーにおいても九州有数の高級住宅街・文教地区を擁する早良区という立地特性を背景にグレードの高い商品構成を打ち出したが、2023年6月30日をもって「事業用定期借地権契約終了」を理由に閉店していた。

シンプルなマルショクに

マルショク昭代店では「地域のお客様にお買物の楽しさを提供する店舗」「最も身近で信頼される店舗」を掲げ、サトー食鮮館時代の建物は活かしつつ、売場構造や内装デザインを全面刷新。シンプルな店舗となった。

サンリブマルショク昭代店。

異例の居抜きで福岡都市圏での店舗展開強化

サンリブグループは近年、食品スーパー業態の新規出店(深町・山王・新守恒・三次・近見・BUONO原)や老朽店舗の建替え(流川通り・東駅・旭)、既存食品スーパーの業態転換(リブホール)など積極的なスクラップ&ビルドに取組んでいるが、商品供給など提携関係にない同業他社跡への居抜きは長らく目立たなかった。
福岡市内ではイオングループが「マックスバリュ」「ウエルシアプラス」、西友が「サニー」の出店強化を打ち出しており、サンリブグループも異例ともいえる居抜き出店で地盤強化を図る狙いがあるとみられる。

サンリブマルショク昭代店

住所:福岡市早良区昭代2-10-20
営業時間:9時~21時

関連記事:サンリブBUONO原、2022年9月21日開店-スパイシーモール予定地跡に産直強化の新業態、ダイソー等も出店
関連記事:イオン原店、2020年11月19日開業-ダイエー・サティ跡、大和ハウス系の新店舗に再出店
関連記事:イオン野芥店、2020年10月10日リニューアル開業-「便利さ楽しさ1.5倍のショッピングセンター」掲げる
関連記事:MEGAドン・キホーテ福岡福重店、2019年6月27日開店-九州最大級のドンキ、「長崎屋」九州再進出

ロヂャース加須店、2024年1月24日開店-島忠ホームセンター跡、食品ディスカウントスーパーに

埼玉県加須市の国道125号加須羽生バイパス沿いにあるニトリグループのホームセンター「島忠ホームセンター加須店」跡に、北辰商事の地場大手食品ディスカウントスーパー「ロヂャース加須店」が2024年1月24日に開店した。

加須市役所そばの「シマホ」、2021年末に閉店していた

島忠ホームセンター加須店は1989年12月に開店。建物は平屋建で店舗面積は3,934㎡。
同店は加須市中心部唯一のホームセンターであったが、2006年10月にスーパービバホーム加須店、2009年9月にカインズ大利根店、2016年11月にホームプラザナフコ北加須店といった同業が市内10km圏内に相次ぎ開店するなど競争が激化していた。
あわせて、建物の老朽化に加え、大型家具インテリア雑貨複合業態「島忠ホームズ」への経営資源集中や「ニトリ」傘下入りもあり、2021年12月31日をもって閉店していた。

食品主体のディスカウントストアに

ロヂャース加須店では、島忠ホームセンター時代の躯体を活かしつつ全面改修工事を実施。同社同業態の他店舗と比べ小規模な生鮮主体の食品スーパーとなるもの、小売創業以来の強みである非食品分野(日用雑貨・ペット用品・家庭用品・文具など)の取扱いを行うなど、利便性の高い店舗となった。

ロヂャース加須店。

加須駅前には東武ストアかぞマイン、イトーヨーカドー跡地にはヤオコー加須店といった大型店があるもの、両店舗とも加須市役所から1km徒歩15分ほどの距離があるため、既存大型店と異なるディスカウント路線のロヂャースは地元住民を中心に重宝されることとなりそうだ。

ロヂャース加須店

住所:埼玉県加須市三俣2-4-10
営業時間:午前9時30分~午後9時30分
※日曜祝日は午前9時開店

関連記事:イオンスタイル南栗橋、2022年5月28日開業-東武南栗橋駅前「ブリッジライフプラットフォーム」街びらきに合わせて
関連記事:イオン東鷲宮店、2022年4月10日閉店-旧ダイエー、パルモール専門店街の一部テナントは営業継続
関連記事:あかやまJOY、2020年7月30日開業-イトーヨーカドー古河店跡、TAIRAYAは9月開店

関連記事:加須カタクラパーク・イトーヨーカドー加須店、2021年1月11日閉店
関連記事:ドン・キホーテUNY大桑店、2019年10月1日開店-埼玉県内初となるダブルネーム店舗、加須市のピアゴ跡に

かみしんプラザ、2024年春新装開業-大型専門店「GU」「パレット」「手芸の丸十」など撤退、全面リニューアルめざす

大阪府大阪市東淀川区の野村不動産系商業施設「かみしんプラザ」が2024年春に新装開業する。

東淀川区内最大のショッピングモール

かみしんプラザは関西地場大手不動産ディベロッパー「三津富」のショッピングセンター「レインボープラザ上新庄」として1980年5月に開業。売場面積は9,519㎡。
レインボープラザ上新庄は2004年に三津富が経営破綻、2005年にダイエーが撤退したため、施設を保有する青果専門商社が「シーオンプラザ」として全面改装を図ったが、2008年にはシーオン自身も経営破綻したため、2009年より三菱商事系SPC「ブライトムーン上新庄」による所有と野村不動産系商業不動産会社「ジオ・アカマツ」による管理運営に基づく「かみしんプラザ」となった。

かみしんプラザ

かみしんプラザは2013年の三菱商事UBS系投資法人「日本リテールファンド」による施設取得を経て、2024年2月現在は同投資法人の後継となるKKR系投資法人「日本都市ファンド(JMF)」が所有、ジオ・アカマツの後継となる商業不動産会社「野村不動産コマース」が管理運営を担う運営体制を採っている。

2022年に3度目の全面刷新図ったが…

かみしんプラザは現体制による新装開業当初、レインボープラザ及びシーオンプラザ時代の専門店や営業方針を踏襲した施設づくりを行っていたが、2016年6月の地階全面刷新にあわせてコンセプトを「Kamishin Natural Style」に設定。大型食品スーパー「平和堂フレンドマート」を食品核とする現代的な商業施設となった。
その後も2017年9月に1階を中心に全面刷新、2022年10月には東淀川区内初となるライフスタイルストア「無印良品」や食物販店舗「ジョニーのからあげgourmet deli」「寿司一番地」導入を中心とする現体制3度目の全面刷新を行った。

ライフフーズの持ち帰り寿司店「寿司一番地」。
同業態の事業縮小にともない2024年1月28日に閉店した。

コロナ禍で生じた“歯抜け”状態解消へ

三菱商事UBSと野村不動産グループによる盤石な運営体制を敷いていた同施設であったが、2021年2月に経営破綻した300円ショップ「ミカヅキモモコ」や不採算店整理の対象となったラーメン甘味処店「スガキヤ」跡といった集客性のあった専門店区画跡を携帯電話販売店の常設サテライトショップやカプセルトイコーナー、近隣私立大学によるイベントスペースとして転用するなど、コロナ禍を経てフロアの疲弊が顕著にみられていた。
また、施設利用者からもフードコートの復活を始め専門店の入替えを期待する声が数多く聞かれていた。

「ニトリデコホーム」導入、専門店入替再構築も

かみしんプラザでは2024年春の新装開業に先駆けて、1月までに1階のファストリ系ファストファッションブランド「GU」や関西地場大手手芸用品店「手芸の丸十」、2階の大型衣料スーパー「パレット」や関西地場子供服・子供用品店「ママフル」、ナムコ系屋内型アミューズメント施設「アミューズパーク」といった専門店が完全閉店した。また、地階のライフフーズ系持ち帰り寿司店「寿司一番地」もセントラルキッチン廃止をともなう事業規模大幅縮小にともない閉店した

デイリーファッションパレットかみしんプラザ店。
同店閉店後はイズミヤ淡路店に後継店を新規開店予定。

また、2月からはイオン系靴量販店「ASBee fam.」が一時休業、携帯電話キャリアショップなど各種サービス系店舗が移転準備を進めている。(1階中央催事フロアなどで仮設営業中)
春の新装開業ではニトリの家具インテリア雑貨店「デコホーム」を始め、集客力・知名度ともに高い専門店の導入が決まっており、東淀川区内最大のショッピングモールとしての座を盤石なものとするとみられる。

関連記事:寿司一番地茨木セントラルキッチン、2024年1月31日閉店-ライフフーズの持ち帰り寿司店、コロナ禍で多店舗化するも消滅へ
関連記事:イオンスタイル東淀川、2022年11月22日9時開業-開店当日「900人行列」で好調な滑り出し

関連記事:ライフ守口滝井店、2022年7月9日開店-太子橋今市駅近く「さつき小学校」跡地再開発、衣食住揃う総合スーパーに
関連記事:イズミヤ上新庄店、2021年8月29日閉店-かまいたち濱家も惜別、47年の歴史に幕
関連記事:フレスコ寺方店、2020年4月29日閉店-ニチイ新業態1号店跡、40年の歴史に幕

関連記事:サボイ豊里味道館、2020年2月20日閉店-旧・豊里センター、57年の歴史に幕
関連記事:バロー淡路店、2019年7月19日開店-大阪市内初のバロー、淀川キリスト教病院跡地に
関連記事:ライフ新大阪店、2019年5月31日閉店-旧ライフ大阪本社・ラヴィーレ新大阪
関連記事:かみしんプラザ、2017年9月15日改装オープン-西松屋、アスビーなど出店

よどばしデイズ、2024年2月15日全店閉店-富士宮の地場スーパー、売上激減でクスリのアオキが譲受へ

静岡県富士宮市のヒバリヤグループ系地場食品スーパー「よどばしデイズ」が2024年2月15日までに全店閉店する。

ヒバリヤ傘下で再建図っていた「よどばし」

スーパーよどばし(店名:よどばしデイズ)は1924年に現在の静岡県富士宮市で創業。1969年3月の食品スーパー「よどばしフードセンター淀川店」開店にあわせて法人化した。
同社は1994年に食品ディスカウント新業態1号店「よどばしデイズ万野原店」を開店するなど富士宮市内での多店舗化を図ったが、業績不振を背景に、古参店だった「スーパーよどばし東店(マツモトキヨシ富士宮元城店を経て解体)」と最新店だった「よどばしデイズ石坂店(現ウエルシア富士広見店)」を閉店し、静岡地場大手食品スーパー「ヒバリヤ」完全子会社として再生を図ることとなった。

よどばしデイズ1号店「よどばしデイズ万野原店」。

同社はヒバリヤグループ傘下入りを機に、静岡県浜松市浜北区での「よどばしデイズ浜北店」(ヒバリヤ新鮮市場やまと浜北店の転換扱い)開店や既存店のヒバリヤモデル化など、グループのノウハウを活かした事業展開を打ち出すが、2023年2月期の同社売上高はわずか9,400万円(クスリのアオキ発表による)となっていた。

クスリのアオキが譲受、ドラッグストア化めざす

スーパーよどばしの全店閉店は、ヒバリヤによる大手ドラッグストア「クスリのアオキ」への事業譲渡によるもの。2024年1月5日の両社グループ間による事業譲渡契約締結後、2月8日に「よどばしデイズ三園平店」を閉店、2月12日に「よどばしデイズ田中町店」を閉店、2月15日に「よどばしデイズ万野原店」を閉店し、スーパーよどばしは事業を終了する見込み。

よどばしデイズ田中町店。

クスリのアオキは、よどばしデイズ3店舗跡に関して、生鮮食品とドラッグストア・調剤薬局の複合店舗としてリニューアルする方針を示しているが、事業譲渡契約締結時点では計画段階であり、アオキとしての再開時期や取扱商品の存廃は未発表となっている。
(画像は同社公式より)

関連記事:パワースーパーピアゴ富士宮店、2021年3月31日開店-ユニーのドンキ流スーパーセンター型新業態に

東大和リビングテラス、2024年2月14日先行開業-ヤオコー東大和清原店を核に今春全面開業、東京街道団地再開発で

東京都東大和市の都営東京街道団地跡地に、複合商業施設 「東大和リビングテラス」が2024年2月14日から段階的に開業、2024年春を目処に全面開業する。

老朽団地再生の起爆剤めざす複合施設計画

東大和リビングテラスは、東京都が都営東京街道団地(東京街道アパート)一帯で進める公募型プロポーザル事業「東大和市東京街道団地地区まちづくりプロジェクト」の一環として、地場不動産会社「HONJO」を代表企業とするグループが整備予定の複合商業施設で、敷地面積は約12,859㎡、北敷地延床面積は約3,379㎡、南敷地延床面積は約2,907㎡。

東大和リビングテラス・鳥瞰イメージ。(東大和市資料より)

施設名と共通のコンセプト「東大和リビングテラス」を掲げ、商業(スーパー・コンビニ・地産マルシェ)や医療福祉施設(診療所・訪問介護施設・フィットネススタジオ)といった生活利便施設、そして公園と連携する市民交流施設を展開することで、老朽団地跡地に新たな「生活の中心地」の形成をめざすとしている。

ヤオコーが2月14日先行開業、春目処に全面開業めざす

東大和リビングテラスの核となる食品スーパー「ヤオコー東大和清原店」の建物は平屋建で敷地面積は約6,062㎡、店舗面積は約1,848㎡、延床面積は約2,985㎡。
ヤオコー東大和清原店は、東大和リビングテラス南敷地の全面を活かし、ストアコンセプトを「お客様に『新たな幸せ』を届けるお店 ~「美味しさ」「安さ」「楽しさ」をメンバー全員で伝え、 「東大和ドミナントの進化」で「幸せ」を届ける ~」に設定する。
一環として、青果では地元野菜フェアの定期開催やカットフルーツの強化、鮮魚では対面販売やバラ・ザル売りによるシズル感の提案、精肉では黒毛和牛や厚切り肉・特殊部位商品の展開、デリカ(惣菜・寿司・インストアベーカリー)ではライブ感ある鉄板商品や時間帯ごとのニーズに対応した売場の実現といった施策を打ち出すとしている。

ヤオコー東大和清原店。

東大和リビングテラス周辺は、Olympicグループの地場中堅食品スーパー「あまいけ」が地盤として複数店舗(東大和店・小川店)を展開しているが、両店舗とも1,000㎡未満と規模は決して大きくなく、リビングテラス同様の商業施設や医療関連施設も乏しい環境にある。
リビングテラスは2024年春を目処に全面開業するとしており、地域の利便性や魅力向上に結び付くような拠点となることが期待される。

東大和リビングテラス南敷地(ヤオコー東大和清原店)

住所:東京都東大和市清原3丁目1番地の8
営業時間:午前9時~午後9時30分

関連記事:オリンピック、あまいけを2023年11月完全子会社化-東京多摩地場中堅の買収で食品スーパー事業強化
関連記事:イトーヨーカドー・ザ・プライス滝山店、2018年2月25日閉店-マンモス団地・滝山を代表するスーパー

ラッキー発寒店、2024年2月12日閉店-発寒駅近くの大型総合スーパー、20年の歴史に幕

北海道札幌市西区のJR函館本線発寒駅近くにある道内地場流通大手「北雄ラッキー」の総合スーパー「ラッキー発寒店」が2024年2月12日午後6時をもって閉店した。

発寒駅近くのラッキー、20年の歴史に幕

ラッキー発寒店は2003年10月に開店。建物は平屋建で店舗面積は3,638㎡。同社店舗としては札幌市内最大級の直営売場面積を誇る店舗として、フルラインの直営食料品・衣料品に加えて100円ショップ「キャンドゥ」を展開。至近距離にあるイオン札幌発寒店(イオンモール札幌発寒)や北海市場発寒店、トライアルスマート新発寒店といった競合店との差別化を図っていた。

ラッキー発寒店。

ラッキー発寒店では2023年11月より閉店セールを開催していたが、跡地の活用方法など今後に関しては2024年2月現時点において未発表となっている。

関連記事:ココノススキノ、2023年11月30日から順次開業-松坂屋・ロビンソン・ラフィラ跡地、ダイイチ・TOHOシネマズ核の東急系施設に
関連記事:BiVi新さっぽろ、2023年11月30日開業-新札幌駅前マールクの商業核にロフトなど、開店記念イベントも
関連記事:ユニクロ・ジーユー札幌三越店、2023年11月17日開店-GUは国内の三越初出店、札幌市交通局グッズ販売も
関連記事:札幌エスタ、2023年8月31日21時閉店-騒がしく賑やかな営業最終日、そごうから45年の歴史に幕
関連記事:コープさっぽろそうえん店、2022年10月27日全館開店-無印良品を併設、札幌市桑園の二十四軒駅近くに
関連記事:札幌駅パセオ、2022年9月30日閉店-「北海道新幹線」関連工事で33年の歴史に幕
関連記事:スーパーアークス平岸店、2022年9月23日新装開店-ラルズ旧本社お膝元、主力業態に刷新
関連記事:イケウチゾーン、2022年5月29日閉店ー札幌の丸ヨ池内、建替中のイケウチゲートは2022年秋再開業

イオン津ショッピングセンター、2024年2月12日閉店-前身の「ジャスコ+ニチイ→サティ」から45年の歴史に一旦幕、建替えめざす

三重県津市の県道114号線沿いにある流通大手「イオングループ」の総合スーパー事業会社「イオンリテール」が運営する商業施設「イオン津ショッピングセンター」が建替えのため、2024年2月12日18時をもって閉店した。

最終営業日を迎えたイオン津ショッピングセンター。
写真:HEY エレ鉄!!さん

日本初「ジャスコ+ニチイ」異色の大型SCとして誕生

イオン津ショッピングセンターは、中央毛織工場跡地の再開発にともない、1978年9月に流通大手系スーパー「ジャスコ津北店」「ニチイ津店」を核とする商業施設「津ショッピングセンターエル」として開業。開業当初の建物は地上2階建で中央毛織(後の中央コーポレーション/双日→ゼクス傘下を経て経営破綻)が所有していた。ジャスコとニチイという、ライバルであった流通大手2社の両方が核となる大型ショッピングセンターは日本初であった。
津ショッピングセンターエルは、流通大手と地場大手による商業施設の共同展開(鈴鹿ハンター、日永エコー、旧津南サンバレーなど)が多数みられた三重県内でも異色であり、開業当初はジャスコが食品、ニチイが衣料品を中心に取扱う運営方式を採っていた。
しかしその後は、施設間競争の激化を背景とした増床リニューアルの一環として、1994年1月にジャスコが撤退することとなった。

1994年に東海初のサティ、2011年3月にイオンに転換

津ショッピングセンターエルは、1994年4月の新装開業にあわせてニチイ(後のマイカル)の生活百貨店「津サティ」として全面刷新を図った。

サティ時代のデザインが残る看板。(写真:HEY エレ鉄!!さん

津サティは東海地方で初となるマイカルグループの生活百貨店業態であり、2000年12月には別棟に複合映画館「ワーナーマイカルシネマズ津」を新設するなど、グループの同地域における旗艦店としての役割をめざしたが、2001年9月に同社が民事再生法を申請し経営破綻したことで状況が一変。マイカルの支援企業として、前身施設(津ショッピングセンターエル)の食品核を担ったイオン(ジャスコ)が再び運営に参画することとなった。
津サティでは2003年1月からイオンの支援を受けつつリニューアルを実施。2011年3月にはイオングループ総合スーパー事業再編の一環として核店舗名を「イオン津店」、施設名を「イオン津ショッピングセンター」に変更した。

イオン津ショッピングセンター・全景。
かつてはジャスコとニチイの看板が並んでいた。

地域密着・集客力向上の取組み図るも老朽化で一時休業

イオン津ショッピングセンターは、2013年10月にイオンリテールからグループの不動産ディベロッパー「イオンモール」による管理運営に移行するなど、津市内唯一(当時)のモール運営施設として集客力向上に取組んだ。(現在はリテール運営に再び移行)

一時はイオンモールが運営していた。(写真:HEY エレ鉄!!さん

また、2021年2月に建替えのため閉店した「イオン白子店(白子ショッピングタウンサンズ)」(鈴鹿市)の受け皿として、白子店のシンボル「からくり人形」を核に据えたメモリアルゾーンや広大な学習スペースを新設するなど、地域密着の姿勢を打ち出した。(現在「イオンスタイル鈴鹿白子」として建替え中)

イオン津の「イオン白子店」メモリアルゾーン。

一方、同施設は県内の系列施設と比べ老朽化が進んでいたこと、足元商圏内においてもPPIHグループの総合ディスカウント「MEGAドン・キホーテ津桜橋店」や地場大手食品スーパー「マルヤスベーシック島崎店(旧マルヤスコスモス島崎店)」を核とする施設が開店したことを背景として、2023年12月14日に現施設を2024年2月12日付で閉店する方針を発表していた。

「心の片隅に思い出として」…45年の歴史に幕

閉店当日となった2月12日は開店時間から多くの客が訪れ、来店客には花が配られた。また、店内では店舗の歴史をしのぶ展示もおこなわれた。

数奇な運命を辿った店舗の思い出。(写真:HEY エレ鉄!!さん

閉店時間の18時にはセレモニーが開催された。
専門店街理事長が「最後のこの時間まで暖かく見守って頂きありがとうございます。(中略)我々専門店が45年続けてこられたのは皆さまのおかげです。」と挨拶。続いてイオン津店の奥田忠司店長が、店舗での思い出に触れつつ「お寒いなかありがとうございます。(中略)お店が、心の片隅に思い出となって残ってくれたら本当に幸せです。」と締めくくり、イオン津ショッピングセンターはエル・ジャスコ・ニチイ、サティ、イオンと移り変わった45年の歴史に幕を下ろした。

多くの人が集まった閉店セレモニー。
写真:HEY エレ鉄!!さん

跡地には新施設検討、イオンシネマは営業継続

イオンリテールは2024年2月現在、イオン津ショッピングセンター跡地の具体的な活用方法、新店舗の概要(業態・規模・再開時期)などを明らかにしていない。
一方で、別棟の「イオンシネマ津(旧ワーナーマイカルシネマズ津)」は施設一時休業後も営業継続する方針を打ち出しており、2024年春に建替新装開業を予定している「イオンスタイル鈴鹿白子/そよら鈴鹿白子」同様に「地域の商業核を担う商業施設」として再生する方針としている。
なお、イオン津店休業期間中の代替店舗はイオンスタイル津南(イオンモール津南/旧津南サンバレー)となっている。

 

関連記事:ホテル津センターパレス、2022年4月25日開業-都ホテル跡、ホテルパコなど運営のリオホテルズ系に
関連記事:松阪ショッピングセンターマーム・イオン松阪店、2022年1月31日閉店-30年の歴史に幕
関連記事:イオン白子ショッピングタウンサンズ、2021年2月20日閉店-建替えめざして45年の歴史に一旦幕
関連記事:ヴィソン、2021年7月20日全面開業-4月29日1期開業、多気にイオンなど参画の複合商業リゾート
関連記事:JR亀山駅前の再開発事業、2020年7月1日着工-商業施設・図書館・マンションなど整備
関連記事:近鉄四日市スターアイランド、2020年2月29日閉店-近鉄百貨店の専門店街、今後は公共施設に?
関連記事:イオンタウン四日市泊、2019年11月16日建替え再開業-イオンタウン最大級、旧店の1.6倍に
関連記事:MEGAドン・キホーテUNY鈴鹿店、2019年6月25日開店-旧マイカルサティ・アピタ跡に、ドンキ初となる「ユニー直営衣料」導入

イトーヨーカドー、アリオ札幌・屯田・琴似・帯広・青森・弘前・五所川原・花巻・サンエー石巻あけぼの・丸大新潟・アリオ上田の各店を2024年から2025年にかけて閉店・ロピアなど他社に承継

セブン&アイグループの大手スーパー「イトーヨーカドー」と、同社の店舗が入居する商業施設運営者などは、北海道・青森県・岩手県・宮城県・新潟県・長野県にある多くの店舗について、「ロピア」を運営する「OICグループ」(神奈川県)、セブン&アイグループの「ヨークベニマル」(福島県)、同じくグループの「ダイイチ」(北海道)と事業承継に関する契約を締結したと発表した。

閉店するイトーヨーカドー丸大新潟店。ロピアが出店予定。

イトーヨーカドー、北日本中心に大規模閉店を発表

今回の閉店は、イトーヨーカドーを運営するセブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区)が2023年9月に発表した傘下でありグループ中核企業の総合スーパー「イトーヨーカ堂」が運営するイトーヨーカドーの店舗削減と衣料品縮小などの合理化計画に基づくもの。

閉店するイトーヨーカドー弘前店。ロピアが出店予定。

このほかにもイトーヨーカドーは北見店拝島店などの閉店を、郡山店をヨークベニマルへと承継・転換することを発表しているほか、さらなる閉店予定店舗があるとみられる。
(日付は特記以外は引き渡し予定日)

閉店後「ロピア」出店(OIC承継)
北海道
  • イトーヨーカドー 屯田店:2024年8月頃
  • イトーヨーカドー 琴似店:2025年1月頃
青森県
  • イトーヨーカドー 青森店:2024年8月頃
  • イトーヨーカドー 弘前店:2024年10月頃
  • イトーヨーカドー 五所川原店:2024年夏に新装開業予定
    :五所川原街づくり株式会社(エルム)の発表による。
岩手県
  • イトーヨーカドー 花巻店:2025年2月頃
新潟県
  • イトーヨーカドー 丸大新潟店:2025年3月頃
    :丸大(イトーヨーカドー丸大)の株式譲渡
長野県
  • イトーヨーカドー アリオ上田店:2025年2月頃
    :「アリオ」SCとしては営業継続
閉店後「ヨークベニマル」出店
宮城県
  • イトーヨーカドー(サンエー)石巻あけぼの店:2025年3月頃
    :サンエーの株式譲渡
閉店後「ダイイチ」出店
北海道
  • イトーヨーカドー アリオ札幌店:2025年3月頃
    :「アリオ」SCとしては営業継続
  • イトーヨーカドー 帯広店:2024年夏ごろ新装開業予定
    :2024年1月に先行発表済み

関連記事:イトーヨーカドー、地方店を中心に大規模閉店へ-2026年2月期までに93店舗体制めざす