カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

HKT48劇場、ヤフオクドーム前に2020年「復活」-ソフトバンクが建設する新ビルに

福岡ヤフオク!ドーム前(福岡市中央区)にソフトバンクグループが新たなビルを建設し、核テナントとして「HKT48劇場」が2020年春に再開業することが11月26日に発表された。
同劇場は約4年ぶりの復活となる。

再開発で閉館した「HKT48劇場」4年ぶりの”復活”

「HKT48劇場」(運営:AKS、劇場支配人:指原莉乃)は2011年11月開館。かつてダイエー系だったショッピングセンター 「ホークスタウン」のフットサルコート跡への進出で、数十億円とも言われる巨費を投じた48グループ最大の専用劇場として話題を呼んだ。
HKT48
旧・HKT48劇場。

しかし、当時ホークスタウンを管理していた三菱地所は、再開発のためにホークスタウンを2016年3月に閉鎖。その後、HKT48の公演は西鉄福岡駅ビル「ソラリアステージ」にある「西鉄ホール」で行われていた。
nishitetsuh2-
現在HKT48の公演が行われている「西鉄ホール」。

西鉄ホールは駅ビルということもあり交通の便が非常に良かったものの、HKT48専用ではないため新たな専用劇場の開設を求める声が多くあった。
その後、ホークスタウン跡地には2018年11月に三菱地所のショッピングセンター「マークイズ福岡ももち」が開業している。

マークイズ福岡ももち。

ヤフオクドーム前の新ビルに―古巣「百道」に返り咲き

新たなHKT48劇場の開設は、HKT48の7周年記念公演で発表されたもの。同公演では合わせて5期研究生のお披露目、ドラフト3期生5名の昇格発表などもおこなわれた。

新・HKT48劇場はヤフオクドーム隣接地にソフトバンクグループによって建設されるエンターテイメントビル(仮称)の1階に設けられる。
建物は7階建てとなり、ヤフオクドーム3階デッキと直結されるという。館内には西日本初となる「MLB Cafe」などの飲食店、「王貞治ベースボールミュージアム」などが出店する予定だというが、新たな劇場の具体的な内容などについては発表されていない。
今後、2020年春の開業を目指して工事が進められる計画だという。

またまた「博多」じゃない…!?

HKT48の名前の由来は言うまでもなく「博多」であるが、元々劇場があったホークスタウンは博多地区ではなく、西鉄ホールも同様であった。一時、博多駅周辺の再開発に伴いHKT48劇場が駅周辺へと移転するのではないかと言われたこともあったが、結局は古巣である「ヤフオク!ドーム」前での”復活”となった。
最初の劇場開設の際にも、そして天神移転の際にも聞かれた「全然博多やないやん…」というツッコミはまだまだ続きそうだ。

関連記事:マークイズ福岡ももち、11月21日開業-旧・ホークスタウン跡地
関連記事:天神TOIRO、9月28日開業-西鉄福岡駅北口改札外コンコースに
関連記事:HKT48劇場、天神「西鉄ホール」に移転へ-西鉄福岡駅直結

MEGAドン・キホーテ八代店、12月7日開店-パチンコ店跡に

熊本県八代市の国道3号線沿いに、ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテ八代店」が12月7日午前9時に開店する。

MEGAドン・キホーテ八代店。

熊本南部初のドンキ、実際に触って試せるスペースも設置

MEGAドン・キホーテ八代店は、パチンコ店「アミューズパークDo八代店」跡に出店。建物は地上4階建、売場面積は2,906㎡。(ドンキの営業フロアは1階のみ)
ドンキは熊本県内6店舗目だが、熊本都市圏エリア外では初出店となる。
熊本県南部エリア初の“驚安の殿堂”」を標榜し、食品や日用消耗品、化粧品に加え、ファミリー層向けの駄菓子や玩具、バラエティグッズを取扱うほか、対戦ゲームやトレーニングマシンといった商品を実際に触って試すことができるスペースを設けるなど、他店と差別化を図ることで幅広い客層に支持される店舗づくりを目指す。

近隣には「ゆめマート八代高田店」(旧・ニコニコドー八代店)や「スーパーキッド八代高田店」「ディスカウントドラッグコスモス八代高田店」など数多くのスーパー、ディスカウントストアが営業しており競合が予想されるが、同社は「同エリア内での相互送客をはかるなど、他企業さまとも連携を深め、地域の活性化に寄与するとともに、地域の皆さまの生活に密着し末永くご愛顧いただける店舗の創造に努めてまいります。」としている。

MEGAドン・キホーテ八代店

住所:熊本県八代市本野町2050
営業時間:午前9時~翌午前2時

関連記事:ドン・キホーテ熊本下通り店、11月30日開店-ZARA跡、近隣の既存店もリニューアル
関連記事:JR肥薩線の大畑駅保線詰所、矢岳駅官舎を再活用へ-1909年築、レストランとホテルに
関連記事:鶴屋百貨店八代生活彩館が閉店-倒壊の恐れ

2025年の万国博覧会、大阪での開催が決定する

2025年の万国博覧会(国際博覧会)の開催地が大阪市に決定した。

開催地となる大阪市・夢洲。
(※写真の利用についてはご相談ください。無断転載はおやめ下さい)

55年ぶり”大阪万博”

国内での万国博覧会開催は2005年の愛知万博(愛・地球博)以来。大阪では1970年の大阪万博以来のこととなる。

トナリエ大和高田、11月23日開業-近鉄大和高田駅前のオークタウン跡地に

奈良県大和高田市の近鉄大和高田駅前に、日本エスコンのショッピングセンター「トナリエ大和高田」(tonarie大和高田)が11月23日に開業した。

トナリエ大和高田。

オークタウン跡地、「ライフ」など約100テナント

トナリエは、日本エスコンが2017年5月から展開を始めた、コンセプトに「まちに寄り添いながら、まちとともに発展していく。いつもあなたの暮らしのとなりへ。」を掲げた地域密着型商業施設ブランド。2018年10月時点で、大阪府吹田市と兵庫県川西市に2施設を展開しているが、いずれも旧・ミキシングが開発を手掛けた「ガーデンモール」のリブランド施設で、大和高田はトナリエ初となる新設物件となる。

トナリエ大和高田が出店するのは「オークタウン大和高田センターモール ヤンプラ」跡地。建物は地上3階建、店舗面積は14,402㎡。設計は、2020年ドバイ万国博覧会日本館の建築家として採択された永山祐子氏が手掛ける。

館内のようす。

コンセプトは「地域とつながる立体公園」で、テナントとして三菱商事グループの食品スーパー「ライフ」を核に、各種生鮮テナントにより構成される「マルシェ」、東海地方地盤の大型衣料品店「あかのれん」、カジュアル衣料品店「マックハウス S.S.F」、レディスファッションブランド「Green Parks topic」、ベビー・子供用品店「西松屋」、靴量販店「ABC-MART」、100円ショップ「ダイソー」、文具・雑貨店「コンパス」、眼鏡店「T.G.C. Tokyo Glass Company」、ゲームセンター「namco」、「宮脇書店」、「タリーズコーヒー」、クリニックモール、保育園など100近い店舗が出店する。

ライフトナリエ大和高田店。

旧・ダイエー部分も解体へ

オークタウン大和高田跡地では、日本エスコンによる「大和高田再開発事業」が進められており、今後は隣接する「オークタウン大和高田くらし館」(旧・ダイエー大和高田店)も解体され、大型店やマンションとして再整備される予定。

オークタウン大和高田くらし館。

同社は、大阪府堺市のガーデンシティ栂・ダイエー栂店跡地でも「トナリエ栂・美木多」の開発を進めており、今後もトナリエブランドでの新規出店が見込まれる。

トナリエ大和高田

住所:奈良県大和高田市幸町3-18
営業時間:10:00~21:00

外部リンク:トナリエ大和高田【公式】-近鉄大阪線「大和高田」駅前に新しく誕生する大型ショッピングモール
関連記事:ミ・ナーラ、4月24日開業-賑わう開業日、AKB48奈良県代表や「忍者アイドル」も登場
関連記事:ミグランス、2月15日開業-全国初「市役所+ホテル」の複合施設

三ツ境ライフ、11月22日リニューアルオープン-瀬谷区初のスタバも

相鉄アーバンクリアイトと相鉄ビルマネジメントがおこなっていた神奈川県横浜市瀬谷区の相鉄三ツ境駅ビル「三ツ境ライフ」(相鉄ライフ三ツ境)の全面リニューアルが完了し、11月22日にグランドオープンを迎えた。

改装された三ツ境ライフ。

相鉄ローゼン1号店だった三ツ境店

三ツ境ライフの前身の相鉄ストア三ツ境店(現:そうてつローゼン三ツ境店)は1963年11月に開店。同社の1号店であった。
現在の三ツ境ライフの建物は1986年10月に開店したもので、相鉄グループの商業ビルの旗艦店となっている。
本館であるA棟の建物は1階から4階までで、売場面積は10,603㎡。このほか、別館として三井住友銀行、文化教室などが入居するB棟がある。

363台収容の立体駐車場も備える。

2階を食関連中心に再編、3階に瀬谷区初のスタバも

今回の改装は三ツ境ライフの開業以来初となる大規模改装で、改装のため2018年7月29日から大部分が一時休業していた。
リニューアルのキャッチフレーズは「デイリーアップステーションSC~日常生活に豊かさをプラスするモノ・コトの提案」。全60店舗のうち、27店舗が新店舗となっている。改装に合わせて正式名称も「三ツ境ショッピングプラザ 相鉄ライフ」から「相鉄ライフ 三ツ境」へと改名された。

館内吹き抜け。

エントランスである改札口に繋がる2階では、これまでの「ファッション中心」から飲食店や食関連店舗、雑貨店舗の充実が図られ、カフェ「ワイヤードカフェwithフタバフルーツパーラー」、食品雑貨「カルディーコーヒーファーム」などが新たに出店。

ワイヤードカフェ。

また、3階には大型書店「TSUTAYA BOOK STORE」が新たに出店。同店は精文館書店(豊橋市)がFCとして運営するもので、店内には瀬谷区初となる「スターバックスコーヒー」も併設された。

TSUTAYA BOOK STORE。スタバを併設。

4階は以前と変わらずレストラン街となるが、多くの店舗が刷新された。相鉄ローゼンの直営売場跡に新たに「眼鏡市場」「ABC-MART」「ダイソー」などといった全国チェーンが新規出店している。

飲食店街は多くの店が入れ替わった(リンガーハット)。

核テナントとなる「相鉄ローゼン」(1階、3階)は一足先に10月13日に大部分がリニューアルオープンしている。1階食品売場には厚木市のベーカリー「YOKOHAMAブンブン」などが新規出店。同店は2階にもコッペパンサンドをウリとしたカフェを出店させる。

相鉄本線三ツ境駅は特急停車駅ではないものの、1日6万人近い乗降客がある同線の主要駅だ。
相模鉄道はJRとの相互乗り入れを控えて沿線開発を進めており、あわせて沿線の既存商業施設の改装も進むと思われる。
三ツ境ライフでは、11月24日まで開店記念セール、各種イベントなどが開催される。

外部リンク:相鉄ライフ三ツ境
関連記事:フード&タイム・イセタン・ヨコハマ、3月20日開店-相鉄ジョイナスに
関連記事:ダイエー横浜西口店、近く閉店へ-「サンコー」から51年の歴史に幕

ゆめマート木太、11月20日開店-四国初のゆめマート、高松市に

香川県高松市の国道11号線(志度街道)沿いに、イズミの食品スーパー「ゆめマート木太」が11月20日に開店した。
ゆめマート木太。

国道11号線沿いのパチンコ店跡にイズミ

ゆめマート木太はパチンコプラス高松木太店(2018年2月閉店)跡地に出店。建物は平屋建で店舗面積は約1,880㎡。
四国初となる「ゆめマート」ブランドの店舗として、対面販売の鮮魚コーナーや店内調理の惣菜など、鮮度と価格にこだわった直営食品売場や日用品コーナーを展開、イートインコーナー(24席)も併設する。
また、公共料金・各種料金の支払が可能な収納窓口代行サービス(MMK)にも対応する。

四国初となる「ゆめマート」、多店舗化なるか

イズミは1998年に「ゆめタウン高松」を出店して以降、香川県内にゆめタウン3店舗、徳島県内にゆめタウン1店舗を展開し、地域住民の支持を獲得しているが、2015年の「デイリーマート」(徳島県美馬市)買収まで、四国で食品スーパーを展開しておらず、競合するイオングループと比べ多店舗化に出遅れていた。
イオンは2010年に「マルナカ」(香川県高松市)と資本業務提携を締結(のちに完全子会社化)、2018年10月に「フジ」(愛媛県松山市)と資本業務提携を締結するなど、四国での攻勢を強めており、イズミも「ゆめ」ブランドの食品スーパーを新規出店することで、四国での店舗網拡充を本格化させるものとみられる。

ゆめマート木太

住所:香川県高松市木太町字西浜2442-1
営業時間:9時~22時

関連記事:イズミ、セブンアイと業務提携でイトーヨーカドー福山店を「ゆめタウン」に-ヨーカドー、加古川以西から姿消す
関連記事:フジ、イオンと資本業務提携-フジはマックスバリュ西日本株を取得、更なる「関係の深化」検討
関連記事:マルナカ、マックスバリュ西日本に2019年3月合併へ-一部店舗はダイエーが継承

ドン・キホーテ須賀川店、11月30日開店-ウルトラマンコラボの須賀川市に

福島県須賀川市の国道4号線沿いに、ディスカウントストア「ドン・キホーテ須賀川店」が11月30日午前9時に開店する。

ドン・キホーテ須賀川店。

ヨネヤボウル跡、ドンキに

ドン・キホーテ須賀川店は、須賀川駅から徒歩11分ほどの距離にあるボウリング場「ヨネヤボウル」(2006年閉店)の跡地に出店。建物は平屋建、売場面積は2,064㎡。

ドンキは福島県3店舗目、長崎屋から業態転換した「MEGAドン・キホーテ ラパークいわき店」(2009年3月開店、長崎屋運営)以来、9年ぶりの新規出店となる。
“驚安感”を追求した「地域密着型アミューズメント店舗」として、化粧品やブランド品、カジュアル衣料やバラエティ雑貨といったドン・キホーテならではの商品に加え、冷凍食品・日配品などの加工食品、日用消耗品、地場の調味料、酒など約5万アイテムを取扱うほか、通路幅約1.8mの買い回りしやすいレイアウトを展開するなど、幅広い客層に支持される店舗づくりを目指す。

ウルトラマン故郷「M78星雲 光の国」をイメージ

また、ドンキが立地する須賀川市が円谷英二監督の出身地であるという縁から、2013年に「ウルトラマン」の故郷「M78星雲 光の国」と姉妹都市連携を締結、円谷プロ作品を起用した地域活性化を進めている。
そのため、同店でも内装に「M78星雲 光の国」をイメージした宇宙の装飾や照明演出を施すという。

ドン・キホーテ須賀川店

住所:福島県須賀川市山寺道76番
営業時間:午前9時~翌午前2時

関連記事:ヨークベニマル小名浜リスポ店、7月27日開店-タウンモールリスポ跡地、小名浜で愛された“先代”の名を継ぐ
関連記事:イオンモールいわき小名浜、6月15日開業-津波被災地発の「防災モール」
関連記事:ヨークタウン那須塩原上厚崎店、10月15日開業-ヨークベニマル黒磯店は10月7日閉店・建替えへ

ドン・キホーテ熊本下通り店、11月30日開店-ZARA跡、近隣の既存店もリニューアル

熊本市中央区・下通商店街の「ZARA熊本店」跡に、ディスカウントストア「ドン・キホーテ熊本下通り店」が11月30日に開店する。

ドン・キホーテ熊本下通り店。

イオンへの移転で閉店したZARA、3ヶ月でドンキに

ドン・キホーテ熊本下通り店は、地上4階建(営業フロアは1~3階部分)で、売場面積は996㎡。熊本市の不動産会社「松藤産経」(マツフジビル)が所有する。

ドンキは熊本県内5店舗目。元々このビルには「ZARA熊本店」(2010年11月開店)が出店していたが、イオンモール熊本への事実上の移転に伴い8月15日をもって閉店していた。

ZARA熊本店。

熊本下通り店は「熊本市の繁華街に多様なニーズにお応えする“利便性強化型店舗”」として、1階に九州初となる「焼き芋」「タピオカスイーツ」などを提供するモバイルフードコーナー「tapi-mo」(タピモ)を導入、免税カウンターや菓子、飲料売場を設け、2階・3階には化粧品やカラーコンタクト、スマホパーツなどドン・キホーテならでは商品を展開するとしている。

至近距離にある熊本中央店もリニューアル

今回のドン・キホーテ熊本下通り店の開店により、徒歩3分ほどの距離にある「ドン・キホーテ熊本中央店」の今後が注目されていたが、同店は11月26日から28日まで一時休業を実施。11月29日から「ドン・キホーテ熊本西銀座通り店」に店名を変更。営業時間を短縮、リニューアルオープンすることを発表しており、熊本のドンキは「2店体制」となる。

ドン・キホーテ熊本下通り店

住所:熊本県熊本市安政町5-27
営業時間:午前9時~翌午前2時

関連記事:鶴屋ラン・マルシェ、9月2日閉店-下通の高級食品館、近隣のZARAも閉店に
関連記事:イオンモール熊本、2018年7月20日増床リニューアル-地震後2年ぶり全面復旧
関連記事:マクドナルド熊本新市街店、4月19日全面再開へ-通称「角マック」、3月31日に一部営業再開
関連記事:ココサ下通、4月27日開業-ダイエー跡に大型ファッションビル誕生

MEGAドン・キホーテ港山下総本店、11月22日開店-旧店跡に「総本店」

横浜市中区の元町・中華街駅近くに、ドン・キホーテグループの総本店「MEGAドン・キホーテ港山下総本店」が11月22日に開店する。
MEGAドン・キホーテ港山下総本店。

2000年開店の山下公園店を建替え

前身となる「ドン・キホーテ港山下店」は、1929年創業の「バンドホテル」跡地に2000年4月開店。2009年には横浜市内初のMEGAドンキ業態「MEGAドン・キホーテ山下公園店」にリニューアルしたが、建替えのため2016年9月をもって閉店していた。

ドンキ初の「総本店」、生鮮や豊富な飲食テナントも導入

MEGAドン・キホーテ港山下総本店は、同社が旧店舗と隣接する国家公務員宿舎の跡地に建設した「港山下ナナイロ」(地上4階地下1階建、売場面積約6,088㎡)の地上1階・地下1階部分に出店する。
みなとみらい線元町・中華街駅の徒歩圏内にあり、横浜中華街や山下公園に近接することから、近隣住民向けに生鮮4品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)を展開。国内外からの観光客向けに多言語対応の免税カウンターに加え、観光案内所やシェアサイクル「ベイバイク」のサイクルポートを設置するなど、グループのノウハウを集結させた店舗を目指すとしている。
店内イメージ。

そのほか、アミューズメント施設「アピナ」や長崎ちゃんぽん「リンガーハット」、讃岐うどん専門店「はなまるうどん」、回転寿司「くら寿司」、クレープ・タピオカ専門店「MOMI&TOY’S」、「サンマルクカフェ」など、飲食・サービス系テナントを中心に21店舗が出店する。

11月22日に開店記念セレモニーを開催

11月22日には湘南乃風HAN-KUNやIMALUによるオープニングセレモニーも開催。横浜出身のボーカルグループ「Firstplace」によるミニライブなども行われる。

MEGAドン・キホーテ港山下総本店

住所:神奈川県横浜市中区新山下1-2-8
営業時間:24時間営業

関連記事:ダイエー横浜西口店、近く閉店へ-「サンコー」から51年の歴史に幕
関連記事:みなとみらいに大型複合ビル、2021年夏開業-鹿島など、目玉は「最先端プラネタリウム」
関連記事:旧・横浜ブリッツ北側に「みなとみらい最大」大型オフィス着工-清水建設、2020年2月完成めざす
関連記事:みなとみらいに大型音楽アリーナ、2020年春開業-ぴあ運営、1万人級

イオンタウン川西、11月23日開業-ダイエーから「移転」

兵庫県川西市の能勢電鉄鼓滝駅前に「イオンタウン川西」が11月23日午前9時にグランドオープンする。

イオンタウン川西。

フードスタイルが核の「食」中心のショッピングセンター

イオンタウン川西は、ダイエー川西店駐車場及びフォルクス川西店の跡地に出店。建物は地上2階建で、総賃貸面積は約8,290㎡。
毎日便利に、食と健康をテーマとしたショッピングセンター」を掲げ、ダイエーが運営する「イオンフードスタイル川西店」を核に、イオングループのドラッグストア「ウエルシア薬局」、「眼鏡市場」、家電量販店「ジョーシン」、100円ショップ「キャンドゥ」、24時間営業のスポーツクラブ「エニタイムフィットネス」、サンマルクの本格珈琲店「倉式珈琲店」、定食屋「大戸や」、たこ焼・お好み焼・焼そば専門店「じゃんぼ總本店」、「カレーハウスCoCo壱番屋」、「職・パン屋&廣永洋菓子店」など22の専門店が出店する。

22テナントが出店。

ダイエー運営ながら「ダイエー」の名前捨てる

核となる「イオンフードスタイル川西店」は、隣接する「ダイエー川西店」(11月17日閉店)からの移転。
「イオンタウン」の核としてダイエーが出店するのは関西初であり、兵庫県初となる「by daiei」を冠さない「イオンフードスタイル」の屋号となる。

同店では、地域最大規模の簡便・時短商品の展開、料理レシピの提案と試食を提供するキッチンサポートコーナー、イートインの設置が行われるなど、「健康的な暮らしを支える店舗」を目指すとしている。

ダイエー川西店閉店の記事はこちら

テナント一覧(22店舗)
一部店舗は11月21日に先行オープン(ソフトオープン)する
  • イオンフードスタイル(スーパーマーケット)
  • 職・パン屋&廣永洋菓子店(パン・洋菓子)
  • ナチュアプラス(スムージー・ドーナツ)
  • じゃんぼ總本店(たこ焼・お好み焼・焼そば)
  • ウエルシア薬局(ドラッグ)
  • 眼鏡市場(メガネ・補聴器・コンタクト)
  • ソフトバンク(携帯電話)
  • チャンスセンター(宝くじ)
  • Joshin(家電・リフォーム・おもちゃ)
  • キャンドゥ(100円ショップ)
  • 三菱UFJ銀行(ATM)
  • クリーニングコーヨー(クリーニング)
  • Lucky Hair(美容室)
  • インザバーバー(理容室)
  • ぷらす整骨院(整骨院・鍼灸院)
  • 個別指導塾スタンダード(個別学習塾)
  • さくらい歯科(歯科)
  • アートチャイルドケアSEDスクール(児童発達支援サービス)
    (2019 年1 月オープン予定、11~12 月中は仮オープン)
  • エニタイムフィットネス(スポーツクラブ)
  • カレーハウスCoCo壱番屋(カレー)
  • 大戸屋(和定食)
  • 倉式珈琲店(カフェ)

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】
 

イオンタウン川西

住所:兵庫県川西市多田桜木1丁目4番1号
営業時間:9時~22時(イオンフードスタイル川西店)
営業時間:10時~21時(物販・サービス・飲食専門店)

外部リンク:イオンタウン川西 | イオンタウン株式会社
関連記事:ダイエー川西店、11月17日閉店
関連記事:コロワ甲子園、4月26日開業-旧・ダイエー甲子園跡、再び「イオン」核店舗に
関連記事:ダイエー塚口店3番館、2017年秋閉店-塚口さんさんタウンの核店舗、ダイエーは1番館に集約
関連記事:SENRITOよみうり・イオン専門館、4月21日開業-千里中央、イオンの寡占進む