カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

キャンドゥ、イオンが買収へ-2021年10月14日発表、TOBにより子会社化めざす

イオン」(本社:千葉市美浜区)は、100円ショップ大手「キャンドゥCan☆Do)」(東京都新宿区)に対し、子会社化をめざして株式の公開買付け(TOB)を開始することを2021年10月14日に発表した。

キャンドゥの店舗。(熊本市)

100円ショップ業界4位「キャンドゥ」

キャンドゥは1993年に埼玉県戸田市で創業。2007年に100円ショップ「クリスタル」(のち「ル・プリュ」)を買収するなどして経営規模を拡大した。

キャンドゥ・旧ロゴ(鎌倉市、この店舗は現在新CIに変更)。

かつてはダイエーとの関係が強く、ダイエーの大型店舗に数多く出店していたほか、2018年からはDCMグループとFC契約を締結することで、ホーマックなどDCM系列の多くの大型ホームセンターに出店している。
2020年11月期の連結決算によると年商は約730億3400万円、2021年9月末現在は1,155店舗を展開。国内の100円ショップ業界4位(ダイソー・セリア・ワッツに次ぐ)であり、タイ・モンゴルにも店舗を構える。

イオン、TOBで子会社化-上場は維持

イオンは代表取締役社長・筆頭株主である城戸一弥氏らから株式を取得するほか、TOBを実施。約210億円を投じて株式の51%以上を取得し、キャンドゥを連結子会社とする計画。
子会社化後も東京証券取引所市場第一部上場と現在の役員体制は維持する方針としている。

関連記事:フジ、マックスバリュ西日本と2022年3月に経営統合-四国最大手スーパー、イオンの傘下に

CCプラザ、2022年3月31日閉館-三次ショッピングセンター、解体後に大和リースと新施設建設

広島県三次市のJR三次駅近くにある大型ショッピングセンター「CCプラザ」が、2022年3月31日に閉館する。

CCプラザ(三次ショッピングセンター)。

広島県北部の老舗ショッピングセンターだった

CCプラザは1972年3月に広島県北部で初の大型ショッピングセンターとして開業。1995年に増築がおこなわれているほか、別棟として飲食テナント棟(マクドナルド→すき家)がある。店舗本館は3階建てで、店舗面積は10,769㎡。
CCは「コミュニティ&カルチャー」の略で、協同組合三次ショッピングセンターが運営する。

館内吹き抜け。

2021年現在、館内にはマルショク三次店を核に不二家、リトルマーメイドベーカリー、ハニーズ、手芸の丸十、USランドなどが出店している。

50年の歴史に幕-大和リースが新施設建設へ

閉館は建物の老朽化による耐震性不足のため。
店舗は解体され、跡地に不動産大手「大和リース」が三次ショッピングセンターと共同で新たな商業施設を建設する計画で、2023年秋の新施設開業をめざすとしている。大和リースは「フレスポ」など複数の建物が並んだ近隣型ショッピングセンターを得意としているため、同様の形式になる可能性が高い。
現在のテナントが再出店するかなどは10月時点では発表されていない。

関連記事:MEGAドン・キホーテ松永店、2021年8月31日開店-ゆめタウン松永跡、中四国最大のドンキに
関連記事:ププレひまわり、ウエルシアが2021年12月付で子会社化ースーパードラッグひまわり、イオングループに

ザ・マーケットプレイス和光、2021年10月14日開業-写研跡地、ヤオコー和光丸山台店を核に無印良品など出店

埼玉県和光市の和光市駅近く・東京と埼玉の県境そばに、ヤオコー運営のショッピングセンター「ザ・マーケットプレイス和光the market Place 和光)」が、2021年10月14日に開業する。

「写研」跡、ヤオコー運営のショッピングセンターに

ザ・マーケットプレイスはヤオコー運営のショッピングセンターブランド。
「ザ・マーケットプレイス和光」が出店するのは、2020年に解体された文字フォント・植字システム大手「写研」の埼玉工場跡地。
敷地面積は約1万㎡で、店舗は1階から3階、延床面積は11,853㎡、店舗面積は4,422㎡。平面駐車場と立体駐車場(屋上)が設けられる。

the market Place 和光。

ヤオコーは「若年世帯ターゲット」の旗艦店

1階の核店舗は「ヤオコー和光丸山台店」。ヤオコーは埼玉県95店舗目となる。
ヤオコー和光丸山台店の店舗面積は2,728㎡で、ストアコンセプトは「未来に向けて、新たな楽しさ、豊かな食生活を提案するお店」。目標年商は28億円。
周辺は人口増加地区であり、20~40歳代がボリュームゾーンであることからヤングファミリー層に特化させた旗艦店として、その世代に人気・需要が高い「サーモン」や自社ブランド「ミゲールさんのあぼかど」、冷凍ミールキットなどを強化。
自社運営のインストアベーカリーでは自社製造のオリジナルソースを使った「店内手作り!プルドポークバーガー」「店内手作り!プルドポークバゲットサンド」を販売する。
また、店内製造ベビーカステラやフルーツどら焼き、きな粉ドーナツといった新たなおやつ商品やワイン売場も導入することで、幅広い世代が楽しめる売場づくりに取り組むとしている。
このほかロッテ傘下の大手ケーキ・洋菓子店「銀座コージーコーナー」、クリーニング店などが出店する。

2階には「無印良品」が出店

2階の核店舗は「無印良品」(11月13日開店予定)。和光市内では初出店となり、店内には一部大型店に設置されている無料給水機も備える。
最上階の核店舗はゴルフスクール「ZEN GOLF RANGE」となる。

ヤオコー和光丸山台店

住所:埼玉県和光市丸山台3 丁目13 番1 号
営業時間:9:00~21:45(ヤオコー)

関連記事:エキアプレミエ和光、2020年3月26日全面開業-東武和光市駅ビル、25店舗が出店
関連記事:ダイエー成増店、2019年12月31日閉店
関連記事:くみまちモールにいざ、2018年11月23日開業-新座駅北の新たな街の中核に

鮮選寿司OP Mall店、2021年10月29日開店ードンキ、香港で「回転寿司」初参入

香港・港鉄MTR西鉄線荃湾西駅直結の商業施設「OP Mall(海之戀商場」内にある「DON DON DONKI OP Mall本店」に、パン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH、ドンキ)の回転寿司1号店となる「鮮選寿司  OP Mall店」が、2021年10月29日午前11時(香港時間)に開店する。

鮮選寿司   OP Mall店。

香港のドンキ旗艦店の中に出店

「DON DON DONKI OP Mall本店」は2019年12月12日に開店。
同年7月に開店した香港1号店の約2倍の売り場面積を持ち、店舗名に「本店」の名称がつく旗艦店で、売場面積は2,479㎡。先述した「海之恋」の3階に出店している。
「鮮選寿司」はこの香港ドンキ本店内に店舗面積380㎡、客席数181席で出店する。
donki seisen op no.3
店内の様子。

寿司、店内ともに「ドンキの強み」生かす

鮮選寿司の提供する寿司は「日本らしさ」を出すためにネタはバイヤーが世界中を探して見つけた「赤身と脂身のバランスが酢飯にベストマッチした本マグロ」に加えて、「生のまま仕入れた旨味と甘味が強い鮮度の高いサーモン」、「北海道産の大粒ホタテ貝柱の生・炙り」など多彩な種類を取り揃える。
donki seisen op no.2
ネタの一例。

また、シャリの酢飯は自社で精米した「北海道産ななつぼし」と純米大吟醸使用酢と2種類の赤酢をブレンドしたものに利尻昆布、鹿児島産鰹節を合わせた寿司赤酢を使用。
様々なネタとそれらに合ったシャリで日本に対する関心が高い香港のニーズに応えるとしている。

新業態でさらなるシェア獲得めざす-今後世界展開も?

ドンキは新型コロナウイルス流行による厳しい情勢にも関わらず、東南アジアを中心に新規出店を続けており、2021年9月にはマカオにも初進出を果たしている。
そうしたなかでの新業態の展開は高いシェアと人気を持っているドンキの更なる業容拡大につながると見込まれており、今後は同社の流通網を活かすかたちで全世界に寿司店を展開することとなるのかどうかにも注目される。

DON DON DONKI OPモール本店

住所:2/F OP Mall,100 Tai Ho Road, Tsuen Wan, New Territory, HongKong
地址:香港新界荃灣區荃灣大河道100號 海之戀商場 3F
営業時間:午前10時〜午後11時(ラストオーダー 午後10時15分)
donki seisen op no.3

関連記事:DONDONDONKI TMT PLAZA店、2021年7月20日開店ー屯門市廣場に香港最大級ドンキ、テーマは「日本電車旅」
関連記事:DONDONDONKI アイランドリゾートモール店、2021年2月4日開店-ドンキ、イオン・百佳が出店する香港島有数の複合施設に
関連記事:イオンものもの香港仔店、2020年12月19日開店-イオンの「生活提案型」新業態、イオン+ダイソー商品展開
関連記事:一田KONBINI便利ストア小瀝源店、2020年9月6日開店-一田デパート(旧・香港西友)コンビニ初参入、セコマと提携

イオンタウン幕張西、2021年10月21日開業-核店舗は新業態「スーパー型ウエルシア」

千葉県千葉市美浜区幕張西に、ウエルシアの新業態店舗を核としたショッピングセンター「イオンタウン幕張西」が2021年10月21日に開業する。

イオンタウン幕張西。

10年以上計画中だったイオン

イオンタウン幕張西はかつて「そごう物流センター」等があった場所に10年以上前から建設計画が発表されていたもの。
同店が出店するのは、国道14号線沿いのドン・キホーテやニトリ近くで、「海浜ニュータウン幕張地区」として計画的に整備された多くの公園と閑静な住宅街が広がる地域となる。

核店舗は「ウエルシア新業態」-生鮮も導入

イオンタウン幕張西のコンセプトは「ウエルネスタウン MAKUHARI」。病院を核としたクリニックモールとなる。
ショッピングセンター棟は2階建てで、総賃貸面積は3,108㎡。
核店舗は当初「アコレ」と発表されていたが、アコレに変わって「ウエルシア」の新業態が出店する。

イオンタウン幕張西・コンセプト。

イオンタウンの核店舗がウエルシアとなるのは初のこと。
売場面積は約1,401㎡で、親会社であるイオングループと協力するかたちで食品を強化した新業態となる。
保険調剤機能に加えて生鮮品売場や総菜売場も設けられ、ほぼスーパーマーケットに近い業態となるほか、花王との提携により洗剤の量り売り売場を設置。地域住民のためのコミュニティースペース「ウエルカフェ」も併設される。同店の成否によってはウエルシアへの生鮮導入が進む可能性もあり、今後の動きが注目される。
(追記:弁当・総菜はイオングループの「オリジン弁当」が担当する。)
そのほか、商業テナントとしては花店「LACA」が出店。サービステナントとして24時間営業のジム「エニタイムフィットネス」、24時間営業のコインランドリー「Hare365」が出店する。
医療施設としては内科や歯科など5院が出店。
また、病院棟は6階建てで、2022年に医療法人白百合会(本部:千葉県大多喜町)が総合病院「幕張病院」を開設。地域の新たな医療拠点を目指すとしている。

イオンタウン幕張西

住所:千葉県千葉市美浜区幕張西4丁目7800番2
営業時間:24時間(ウエルシアは9時~24時)

関連記事:イオンスタイル千葉みなと、2021年4月16日開業-新決済システム導入の食品スーパー
関連記事:イオン、ビッグ・エーとアコレを2021年3月1日経営統合-2025年度に500店舗体制めざす

関連記事:イコアス千城台、2020年7月6日開業-旧・長崎屋ラパーク千城台、ロピア核の新施設に
関連記事:イオンスタイル幕張ベイパーク、2019年4月13日開店-「幕張ベイパーク」街びらき

松坂屋豊田店が閉店、三河から百貨店が消滅-2021年9月30日、旧豊田そごう後継も僅か19年間で

愛知県豊田市の豊田市駅・新豊田駅前の豊田市駅西口市街地再開発ビル「t-face」にあるJ・フロントリテイリング傘下の百貨店「松坂屋豊田店」が2021年9月30日19時30分過ぎに閉店し、約19年間の歴史に幕を閉じた。

最終営業日の松坂屋豊田店。

旧・豊田そごうの後継店として開店、20周年を手前に閉店

松坂屋豊田店の前身である「豊田そごう」は豊田市駅西口市街地再開発ビル「t-face」の核店舗として1988年10月に開店。t-face全館の店舗面積は39,477㎡。そごうの経営破綻により2000年12月に閉店し、その後はA館7階から9階はt-face専門店街が増床された。

豊田松坂屋・t-face A館(手前)、B館(右)。

松坂屋豊田店は2001年10月25日に「t-face A館」に開店。松坂屋の店舗面積は18,220㎡。現在はA館1階から6階まで(+催事場8階)に出店しており、そごう時代の百貨店面積よりも狭かった。

黒字店でも閉店、近隣商業施設との競争激化が原因か

松坂屋豊田店は豊田そごうの後継店として、食品などの日用品と婦人衣料を主力の品ぞろえにした地域密着型の百貨店として営業していた。また、2020年3月のほの国百貨店2020年8月の西武岡崎店の閉店後は、三河地区唯一の百貨店として営業してきた。

ほの国百貨店。

大丸松坂屋百貨店によると、ピーク時の2007年1月期の売上高は101億円を計上。その後は近隣の商業施設との競争激化と主力商品である衣料品の販売不振が影響し、2020年2月期の売上高は約69億円まで減少した。営業利益約200万円の黒字運営だったが、黒字幅も年々減少傾向にあったため、2020年4月に営業終了を発表していた。

多くの人が訪れ賑わった最終営業日、売り場毎に格差も

営業最終日ととなった9月30日は平日にも関わらず、19年間の歴史と別れに名残惜しむように老若男女問わず幅広い客が訪れていた。特に2階の服飾雑貨売場は一日中途切れる事無く客が訪れ、会計待ちの行列が続いていた。

最終営業日、閉店が近づく豊田松坂屋。

一方で、3階・4階の婦人服売場や5階の紳士服売場は、営業最終日にも関わらず非常に閑散としており、百貨店アパレルの不調の深刻さを表すような様相であった。

比較的閑散としていたアパレルフロア。

2階の正面玄関前では刈谷市出身のアーティストであるITOKiN(イトキン)と多くの地元住民が共同で製作した壁画が展示されていたほか、寄せ書きコーナーが設けられ、別れを惜しんだり、感謝を述べたメッセージが多数掲出された。

地元住民らによる壁画。


寄せ書き。

営業終了間近が近づいた17時半以降は、店内の混雑も徐々に激化。1階の食料品売場は通路が客でごった返している状態であり、歩行が困難になるくらいの混雑ぶりとなった。

下層階は混雑を見せた。

特にベーカリーのドンクは焼き上がりを待つ客で行列が続いていた。また、6階の家庭雑貨売場では、グラス類の最終値下げを行うワゴン周りに客が集まっていた。

多くの客が並んだドンク。豊田撤退となった。

営業終了の30分前から正面玄関前には閉店の瞬間を見ようと多くの買物客が集まり始めた。
19時の閉店時刻を過ぎても多くの客が館内に残留しており、19時20分過ぎに最後の客の送り出しを終えた。

閉店直前、商品が殆ど無くなった食品館。

送り出しを終えた後、渡辺智邦松坂屋豊田店店長を始めとする従業員による閉店式典が2階正面玄関で開始。閉店式典では店長が「19年9か月も豊田の街で営業を続けられたのは地域、行政、財界の皆さまの支えがあったおかげである。」「こんな温かで素晴らしい豊田市で商売をさせて頂いたことは、私達従業員にとっても何よりの宝になる」と述べ、最後に「この素晴らしき豊田市、そして皆様のご発展とご多幸を祈念して私の御挨拶とさせて頂きたい。皆さま本当にありがとうございました。」との言葉で締めくくった。

閉店の挨拶をおこなう渡辺智邦松坂屋豊田店店長ら。

19時30分過ぎに正面玄関のシャッターが締まって以降も、買物客による感謝の言葉や拍手は鳴り止まず、玄関や閉店セール案内前で記念撮影を行う買物客が数多くみられた。

シャッターが下ろされた。

跡地は専門店街の増床予定、三越の出店計画も

閉店後の活用については、2022年春を目途にt-FACE専門店街としての増床が決まっており、三越伊勢丹グループの「名古屋三越」も出店を計画している。
なお、1階食品売場の惣菜店「うなぎの杉政」など、一部店舗は来年春に再出店が決まっている店舗や、t-FACEのB館に移転して営業するテナントも存在する。(詳しくは下記参照)
一時期、核テナントの撤退で豊田市駅前随一の大型商業施設の今後が危ぶまれる状態となったが、今回のリニューアルオープンのニュースは市民にとっても、中心市街地の活性化の観点でも吉報であろう。

松坂屋豊田店からt-FACE等へ移転するテナント一覧
(2021年9月30日現在)

  • ラ・コレクション(婦人服、3階)→10月1日よりt-FACEB館2階に移転
  • フューネ(仏具、6階)→10月16日よりt-FACEA館7階に移転
  • レリアン(婦人服、4階)→10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • ピエッサ(婦人服、3階)→10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • ヌーベルスポーツ&ドンナベロ(小さいサイズの婦人服、4階)→「SO SMART」として10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • ローズティアラ、ピサーノ、リリアンビューティ(大きいサイズの婦人服、4階)→「サイズセレクションバイジュニア―」として10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • エムズグレイシー(婦人服、3階)→10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • フォンテーヌ(かつら、2階)→10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • ラフィネ(リラクゼーション、4階)→10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • ハウスオブローゼ(化粧品、6階)→10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • ダンディボーイ(婦人靴、3階)→10月8日よりt-FACEA館8階に移転
  • たこ八(飲食店、1階)→10月27日よりメグリアセントレ1階へ移転

関連記事:豊田そごう・松坂屋跡、2022年春ごろリニューアル-「三越」「t-face専門店街」出店計画
関連記事:松坂屋豊田店、2021年9月30日閉店-旧・豊田そごう
関連記事:クロスモール豊田陣中、2019年10月11日開業-ヤマナカ豊田フランテ館跡地に
関連記事:MEGAドン・キホーテ豊田本店、2018年9月19日増床リニューアルオープン
関連記事:イオンスタイル豊田、2017年9月7日開業-旧「ジャスコシティ豊田」、建て替えで再出発

豊田そごう・松坂屋跡、2022年春ごろリニューアル-「三越」「t-face専門店街」出店計画

愛知県豊田市の豊田市駅・新豊田駅前の豊田市駅西口市街地再開発ビル「t-face」にあった百貨店「豊田そごう」「松坂屋豊田店」跡の2階などに「名古屋三越」の店舗が、他のフロアに「t-face専門店街」が増床し、2022年春までにリニューアルオープンする方針であることが都商研の取材で分かった。

松坂屋豊田店・t-face。

2021年9月30日に閉店していた豊田松坂屋

松坂屋豊田店の前身である「豊田そごう」は豊田市駅西口市街地再開発ビル「t-face」の核店舗として1988年10月に開店。t-face全館の店舗面積は39,477㎡。そごうの経営破綻により2000年12月に一旦閉店し、その後はt-face専門店街が増床された。

豊田松坂屋・エントランス。

松坂屋豊田店は2001年10月25日に「t-face A館」に開店。松坂屋の店舗面積は18,000㎡。4月現在はA館1階から6階まで(+催事場8階)に出店しており、そごう時代の百貨店面積よりも狭かった。
しかし、業績の悪化などを理由に2021年9月30日を以て閉店した。

一部に三越が出店、残りは専門店街とする計画

都商研が関係者におこなった取材によると、豊田そごう→松坂屋豊田店跡の2階を中心に核テナントとして「名古屋三越」の中規模支店が出店する方針。また食品売場を含め、多くの売場はB館に出店する「t-face専門店街」が増床される計画だという。

名古屋三越 栄本店。

食品売場では既に「うなぎの杉政」をはじめ一部の専門店が残留・再出店することを決めている。

最終営業日の松坂屋食品館。
t-face専門店街・食品館とするべく改装が行われる予定。

百貨店としての面積は縮小されるものの、松坂屋の閉店後も豊田の百貨店の灯は守られることとなりそうだ。

追記:t-faceビルが10月1日に行った発表によると、名古屋三越のほかに成城石井GU丸善なども出店する。

三越豊田

住所:愛知県豊田市西町六丁目85-1 t-face A館 2階

関連記事:松坂屋豊田店、2021年9月30日閉店-旧・豊田そごう
関連記事:クロスモール豊田陣中、2019年10月11日開業-ヤマナカ豊田フランテ館跡地に
関連記事:MEGAドン・キホーテ豊田本店、2018年9月19日増床リニューアルオープン
関連記事:イオンスタイル豊田、2017年9月7日開業-旧「ジャスコシティ豊田」、建て替えで再出発

仁恒伊勢丹、2021年9月30日1期開業-中国・天津3号店、全館開業は12月

中国・天津市南開区の地下鉄東南角駅に直結する複合施設「天津仁恒置地広場」に、日系百貨店「仁恒伊勢丹」が2021年9月30日に1期開業・12月中に全館開業する。

伊勢丹、中国6号店

仁恒伊勢丹は複合施設「天津仁恒置地広場」の下層階に出店。伊勢丹としては中国で6店目、天津市で3号店となる。

仁恒伊勢丹。

仁恒伊勢丹の出資比率は、中国企業の「上海仁恒」51%、「天津伊勢丹」49%。
建物はA館・B館・C館の3館体制で、商業エリアの延床面積は約10万㎡。A館・B館の高層階はマンション、C館の高層階となる。
そのうち、B館・C館は12月に開業する。

伊勢丹にツタヤやローソン新業態も

仁恒伊勢丹のコンセプトは「ショッピングミュージアム Value Up Your Moment」。
そのうち、9月30日に開業するA館(本館にあたる)の店舗面積は約5万8000㎡。
地下2階には食品売場、フードホールに加えて中国華北地域では初となる蔦屋書店「TSUTAYA BOOK STORE」が出店する。
また、生活雑貨や美容家電を販売する地下1階には「ローソン」の新業態店舗も出店。カフェ併設型で、ローソン内で無印良品の商品も販売する。
1階は化粧品売場となり自主編集ショップ「ISETAN BEAUTY」を、2階のトレンドファッションフロアでは日本人デザイナーズブランドを展開。
3階は子供関連の売場となり、プレイランドを併設する。
4階にはレストラン街、5階にはシネコン「ACE CINEMA」が出店する。

仁恒伊勢丹

住所:中華人民共和国 天津市南開区東馬路137号、139号
営業時間:10時~22時

関連記事:ファッションセンターしむら、2020年末までに全店閉店-しまむらの中国店舗、コロナ後の再進出めざす
関連記事:ローソン、中国で「プレハブ」「激セマ」新業態を2020年7月31日から展開-1号店はローソン南京玄武公園店

ミツウロコグローサリー(MG)、2021年春よりYショップと提携-旧ココストア・エブリワン、ベーカリー・弁当などは変わらず

エネルギー大手「ミツウロコグループHD」(東京都中央区)の傘下となっているコンビニエンストア「ミツウロコ・グローサリー(MG)」が、2021年2月より順次「ヤマザキYショップ」とのダブルネーム店舗「ヤマザキYショップMG」にリニューアルされている。

ヤマザキYショップMG(三重県)。

ココストア・エブリワンの商品を販売する「MG」

中堅コンビニ「ココストア」(本社:愛知県名古屋市)と、2001年よりココストア傘下となっていた中堅コンビニ「エブリワン」(本社:熊本県熊本市、末期は「ココストアウエスト」運営)は、2015年12月に大手コンビニ「ファミリーマート」に買収されたことにより、殆どの店舗を2016年上旬までに通常の「ファミリーマート」へと転換。これにより特徴であったベーカリーと厨房設備は殆どの店舗で撤去されることとなった。
yvKuYPo_1-
名物の「ばくだんおにぎり」。
「MG」では現在も販売される人気商品だ。

「MG」はもともとココストアとエブリワンの店舗のうち「ファミリーマートが引き継がなかった店舗」をミツウロコグループが継承したことに端を発しており、2018年からは屋号を「MG(ミツウロコ・グローサリー)」と改め、ポプラグループとの提携のもとでココストアとエブリワンが特徴としていた「焼き立てパン」「出来立て弁当」などのメニューをほぼそのまま引き継いだコンビニの運営をおこなっていた。
店内ではかつてのココストア・エブリワンのメニューのほか、ミツウロコと提携関係・もしくは傘下にある「麻布十番モンタボー」や「おめで鯛焼き本舗」の商品の販売も実施。また、24時間営業は中止されており、夕方からは「フードエコタイム」として商品の値引きがおこなわれている(割引内容については各店舗に要確認のこと)。

ポプラMGからYショップMGに-全国6店舗

今回のリニューアルはポプラグループの事業縮小によるものとみられ、各店舗の屋号と看板は2021年2月より山崎製パンとの提携により順次「ヤマザキYショップ」とのダブルネーム店舗「ヤマザキYショップMG」にリニューアルされている。

モンタボーと提携した店内ベーカリー。

また、合わせてミツウロコグループが運営する「ポプラ水戸鯉淵店」「RICストア辻久保店」もMGに編入されており、これによりMGは全国6店舗体制となった。

「YショップMG」店舗一覧(2021年9月)
  • YショップMG水戸鯉淵店(水戸市):元ココストア
  • YショップMG桑名木曽三川公園店(桑名市):元ココストア
  • YショップMG辻久保店(合志市):元ココストア
  • YショップMG大空団地店(大分市):元エブリワン
  • YショップMG下徳丸店(大分市):元エブリワン
  • YショップMG荘園店(別府市):元エブリワン

関連記事:RICストア(旧エブリワン、ココストア)、2016年秋より残存店舗を整理してポプラと提携へ

阪神梅田本店、2021年10月8日増床開店-「食の阪神」強化、食品館は2022年春に全面開業

大阪市北区梅田にある阪神百貨店の本店「阪神梅田本店」の建て替え第2期棟が2021年10月8日に開業し、2022年春までに各売場が順次開店・グランドオープンする。

阪神梅田本店。

「食」の阪神百貨店、7年に及ぶ建替工事が完成

阪神百貨店は1933年に阪神マートとして創業、1940年に現在地に移転。1951年にターミナル百貨店「阪神百貨店」として開店した。当初は地上2階建てであったが、1957年、1963年に大規模な増築工事を行い、地上8階建てとなった。

旧・阪神百貨店、大阪神ビル。

同店は西日本一のデパ地下とも称される地階食品売場を持つことで知られており、建て替え前は200を超える和・洋菓子、総菜、ベーカリーブランドの集積に加えてフードコート「スナックパーク」が人気を集めたが、老朽化のため2014年から建て替え工事を実施。2018年6月にはリニューアル1期開業を迎えていた。

新装・阪神、売場面積は53,000㎡に

新装・阪神梅田本店のストアコンセプトは「毎日が幸せになる百貨店 live in clover everyday」。
建て替え後の総売り場面積は約53,000㎡。そのうち、10月8日には約47,000㎡が営業を開始。2022年春までに8階の催事場、地下1階の食料品売場などが順次開業し、グランドオープンを迎える。
なお、10階以上は最高部高さ187メートルの高層オフィスとなる。

梅田阪神本店・フロア構成。

リニューアルに際して特に力が入れられたのが「食関連」の売場で、地下2階・地下1階・1階・9階の4フロアに展開。新たに地下2階を設けるなどしたことで建て替え前と比べて約38%も広くなり、全体の売上の6割を占める計画。
また、増床開業に合わせてショッピングバッグのリニューアルをおこなう。

新装するショッピングバッグ。

「食」を4フロアで展開-1階に「食祭テラス」

食関連売場のうち、1階「シンボルフロア」には主導線の真ん中に食のイベントスペース「食祭テラス」(330㎡)を設け、阪神百貨店を象徴する場として体験型のグルメ催事を開催する。この1階は「パンとおやつと、食祭テラス」と命名されており、ベーカリーやスイーツの売場も設けられる。

食祭テラス。

また、地下2階には「阪神バル横丁」が、9階にはレストラン街のほか、フードホール形式の「阪神大食堂」(1850㎡)が設けられる。
阪神バル横丁には約20店舗が、レストラン街には7店舗が、阪神大食堂には8店舗が出店する予定。

阪神バル横丁・バルゾーン。


地下1階・阪神食品館は2022年に全面開業予定。
「スナックパーク」が併設される。

このほか、7階には「無印良品」が復活。8階には「阪神タイガースショップ」も新装開店するほか、アート&カルチャーの売場が設けられ、クリエイターによるワークショップなどが開催される。

阪神タイガースショップ。

ネット・SNSでの情報発信を強化

館内には「コミュニティスタジオ」「サロン」「イベントスペース」を合わせて50か所展開する。

50タイプのスペースで情報発信をおこなう。

そのうち「イベントスペース」「サロン」では体験型のイベントを開催するほか「コミュニティスタジオ」はSNSを用いて双方向コミュニケーションできるスタジオとなる。
これらをネットでも発信することで、同社が推進するOMO(Online Merges with Offline=オンラインとオフラインの融合)に取り組んでいくとしており、店員によるSNS等を活用した情報発信も強化していく考えだ。

情報発信を通じてファンコミュニティの創造に挑む。

阪神は、こうした「グルメ」「体験型売場」「情報発信」などを通じてグループである阪急との差別化を図るとしており、全館開業後の2022年度の売上目標を730億円(2020年度は278億円)と設定する。

阪神梅田本店

住所:大阪市北区梅田1丁目13番13号
営業時間:10時~20時(飲食店などは異なる)

関連記事:アズナス、2021年中にもローソンに転換-H2O傘下の阪急エキナカコンビニ
関連記事:阪急阪神第一ホテルグループ、6ホテルの営業終了を2021年3月31日に発表-大阪新阪急ホテル、再開発へ
関連記事:EST FOODHALL(エストフードホール)、2020年2月19日開業-大阪駅東側高架下の梅田エストに
関連記事:H2Oリテイリング(阪急阪神)、関西スーパーを2021年12月に子会社化