カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

そごう広島店新館、2023年夏閉店-NTTクレド基町ビルの核店舗、本館は営業継続

広島県広島市中区基町の広島電鉄紙屋町西電停近くにある百貨店「そごう広島店新館」が2023年夏に閉店する。

そごう広島店新館。

西日本唯一となった「そごう」、建物は築50年

そごう広島店本館は、1974年10月に複合商業施設「広島センタービル(広島バスセンター/広島センター街)」の核店舗「広島そごう」として開業。本館の建物は地上10階・地下3階建で営業フロアは地上10階~地下2階、売場面積は32,000㎡。旧そごうグループとしては全国7店舗目だった。

そごう広島店本館。

そごう広島店新館は、1994年4月に複合商業施設「NTTクレド基町ビル」商業棟の核店舗「広島そごう新館(廣島そごう新館)」として開業。新館の建物は地上11階建地下1階建で営業フロアは1~9階、売場面積は23,000㎡。90年代の開業であるため、豪華な内装を特徴としている。広島そごうは新館開業以降、本館と新館を別法人とする運営体制を敷いていたが、そごうグループ民事再生法適用による運営会社再編を機に「そごう(現そごう・西武)」運営となった。
2004年3月には運営会社再編にあわせ、新たなコンセプト「「自分」発見専門館」を掲げ、生活雑貨店「ロフト」や家電量販店「ベスト電器」(現そごうインテリアスタジオ・エディオン・山野楽器)の導入を目玉とする総額47億円規模の全館リニューアルを実施。2020年8月の「そごう西神店(現エキソアレ西神中央)」閉店後は西日本唯一のそごうとなった。

そごう本館は2023年秋までに全面改装

そごう広島店新館の閉鎖は契約満了によるもの。
そごう広島店全館の売場面積は55,000㎡(2022年6月現在、本館32,000㎡、新館23,000㎡)であり、開業直後を除き50年近く市内最大の百貨店という地位を貫いているが、2023年夏の新館閉鎖により売場面積を従来の6割ほどに減床することとなる。
同店では新館閉鎖にあわせ、新たなコンセプト「豊かな広島の暮らしを体験できる百貨店」を掲げ、2022年末頃より順次リニューアル開始。2023年秋までに本館1階2階の増床(4,000㎡)を行いリニューアル開業する予定となっている。
一方、同店のリニューアル後の売場面積は36,000㎡であり、市内最大の百貨店という地位を「福屋広島駅前店」(エールエールA館/40,825㎡)に明け渡すこととなった。

福屋広島駅前店。

本館への売場集約を打ち出したそごう広島店であるが、本館が入居する広島センタービルは築50年と老朽化が進んでおり、「そごう・西武」「NTTアーバンソリューションズ」「広島バスセンター」など数社が参加する研究会はセンタービルを「更新時期を迎えつつある」と指摘していいる。また、そごう・西武は外資系ファンドへの売却が視野に入っており、依然として長期的な運営方針は不透明となっている。
ss-u-bu1
本館は築50年を迎える。

新館跡に関しても、所有者のNTT都市開発は2022年6月現在、活用方法を明らかにしておらず、隣接する専門店フロア「パセーラ」の増床や新たなテナントの誘致を含め未定となっている。

関連記事:広島アルパーク西棟、2022年4月リニューアル開業-旧天満屋跡「世界最大の無印良品」核に
関連記事:天満屋広島緑井店、2022年6月30日閉店-跡地をフジが購入、隣接地はフジグラン緑井
関連記事:天満屋広島アルパーク店、2020年1月31日閉店-三井不動産系から大和ハウスに施設売却
関連記事:フタバ図書GIGA広島駅前店、2021年9月30日閉店-旧イズミ→広島最大級の複合書店、老朽化で

本店タカハシ本店、2022年6月閉店-北関東の地場大手衣料スーパー本店、老朽化で

群馬県高崎市のさくら橋通りにある衣料品スーパー「本店タカハシ本店」が、2022年6月中に閉店する。

高崎にあった本店タカハシの本店が閉店

本店タカハシは1875年に創業した衣料品店で、現在は北関東から埼玉県にかけてディスカウント衣料品店等を11店舗を展開する。
本店タカハシ本店の現在の建物は1972年に建てられたもの。建物は5階建てで、現在の売場は1階と2階、店舗面積は1,458㎡。
近隣にはアーケード商店街があり、高崎の中心商業地における核店舗の1つとして永年親しまれてきた。

本店タカハシ本店。

閉店は建物の老朽化によるもの。また、複数の地元メディアによると、商品が無くなり次第閉店するといい、また店舗は建て替えなどを行わず、土地と建物は売却されるとしている。
周辺ではスズラン百貨店高崎店が建て替えを発表しているなど、複数の開発計画が進行しており、高崎市の中心商業地は大きく姿を変えることとなる。

関連記事:ココルンシティまえばし、2022年4月7日から順次開業-朝日町の日赤跡地、病院核にフレッセイ・無印良品など出店
関連記事:イトーヨーカドー伊勢崎店、2021年2月21日閉店-ヨーカドー、群馬県から完全撤退
関連記事:ツルヤ前橋南ショッピングパーク、2020年11月12日開業-長野の高級スーパー、関東初出店
関連記事:イオンモール高崎、2020年6月26日増床リニューアル-H&Mなど「群馬県初」テナントも
関連記事:ニトリ高崎倉賀野ショッピングセンター、2019年9月20日開業-「ニトリ+とりせん」初コラボ
関連記事:前橋ロフト、2019年3月15日開店-群馬県初出店、けやきウォーク前橋のリニューアルで

ヨークタウン鹿沼千渡、2022年6月17日開業-ヨークベニマルを核にダイソーなど出店

栃木県鹿沼市の県道4号線バイパス沿いにセブン&アイ系の近隣型ショッピングセンター「ヨークタウン鹿沼千渡」が、2022年6月17日に開業する。

ヨークタウン鹿沼千渡・ヨークベニマル鹿沼千渡店。

ベニマル、鹿沼市4店目-ダイソーなども出店

ヨークタウン鹿沼千渡が出店するのは、2021年に開通したばかりの県道バイパス沿いの農地跡。建物は平屋で、店舗面積は 2,247㎡となる。
核店舗は「ヨークベニマル鹿沼千渡店」で、ベニマルの鹿沼市への出店は4店目、店舗面積は1,623㎡。特徴として精肉売場では地元のおいしい牛肉「かぬま和牛」を新規導入する。

このほか、テナントとして100円ショップ「ダイソー」とクリーニング店、セブン銀行ATMが設けられる。

ヨークベニマル鹿沼千渡店

住所:栃木県鹿沼市千渡1842
営業時間:9時30分~21時30分

関連記事:かましんカルナ駅東店、2021年11月4日再開業-JR宇都宮駅東口近くのLRT電停そばに、本部機能も移転
関連記事:アークスとオータニ、経営統合に向け2020年11月17日に合意書締結-北海道大手、栃木のスーパーを傘下に収め「首都圏初進出」
関連記事:ドン・キホーテ アピタ宇都宮店、2020年7月17日開店-アピタも存続する「ハイブリッド型」に

マックスバリュJU米子高島屋店、2022年6月18日開店ーマックスバリュ鳥取1号店、デパ地下に

西日本鳥取県米子市にある高島屋のフランチャイズ百貨店「JU米子高島屋」地下1階の食料品売場に、イオングループの「マックスバリュ西日本」(広島市南区)が食品スーパー「マックスバリュJU米子高島屋店」が2022年6月18日に開店する。米子高島屋。

米子高島屋、2020年から地元企業が運営するFC店

米子高島屋は1964年4月に開店。山陰唯一の高島屋として鳥取・島根両県から広域的な集客がある一方、近年は郊外店との競争激化などにより客足が伸び悩んでいた。米子高島屋東館は2017年に米子市に無償譲渡され、島根県安来市に本社を置く「トイボックス」の子会社「ジョイアーバン」(JU)が2019年11月に「グッドブレスガーデン」として再生。 2020年3月にはJU社が米子高島屋の全株式を取得し、JU社の運営の下で高島屋のフランチャイズ店舗「JU米子高島屋」として再スタートを切ることになった。旧・米子高島屋東館。

JU米子高島屋地下1階には直営食料品売場やグロサリー「明治屋」があったが2022年2月20日をもって閉鎖、2022年3月25日には米子高島屋本館隣のロッテリア跡(2020年1月閉店)に「フードスタジオカクバン」が開店、一部食品テナントは本館1階の宝飾売場跡に移転するなど改装が続いていた。

高島屋地階に鳥取初マックスバリュ、開店記念フェアも

マックスバリュJU米子高島屋店」は米子高島屋本館地下1階に出店。売場面積は約1,689㎡。
運営する「マックスバリュ西日本」は2019年に鳥取県初の店舗として「ザ・ビッグ境港店」を出店しており、
JU米子高島屋店はマックスバリュ西日本の店舗として鳥取県2店舗目、「マックスバリュ」ブランドでは鳥取県初の店舗となる。マックスバリュJU米子高島屋店。

鮮魚売場では境港から直送された新鮮な魚を使用した寿司を販売。総菜売場では郷土料理の「いただき(ののこめし)」や「大山おこわ」などの郷土料理も扱う。また、地元商材や地元ブランド、伝統商品を取り揃えるほか、焼き立てパン売場では店内で粉から製造した「ホテルブレッド」を販売する。
マックスバリュ西日本が展開しているセルフスキャンシステム「マイピスキャン」も導入するという。なお、6月18日から6月30日までの間、「マックスバリュ×フードスタジオカクバン オープン記念フェア」を実施する。

スーパーが閉店した地域で「デパ地下をスーパー転換」

イオングループの「マックスバリュ」が、大手百貨店の食料品売場跡に出店する事例は初めてのこととみられる。
高島屋には隣接してスーパー「やよいデパート」があったものの、こちらは2016年に倒産。一方の高島屋は18時閉店(現在は延長)である期間が長かったため、営業時間が延長されることで地域住民の利便性が向上することとなる。
厳しい経営環境にあえぐ地方百貨店にとって集客策の1つになるのか、今後に注目していきたい。

マックスバリュJU米子高島屋店

住所:鳥取県米子市角盤町1ー30 JU米子高島屋地下1階
営業時間:9時~20時

関連記事:ホープタウン、2022年1月31日閉店ー旧米子サティ、40年の歴史に幕
関連記事:ガイナックスシアター、2021年2月28日閉館-旧・サティ東宝、イオン米子駅前店のサブカルイベント施設
関連記事:JR米子駅ビル、2020年9月4日閉館-建替えで橋上化・南北自由通路設置へ
関連記事:グッドブレスガーデン、2019年11月22日開業-米子高島屋東館をジョイアーバン社が複合施設化、本館も同社運営に
関連記事:鳥取大丸、2022年8月31日閉店-9月3日から「丸由百貨店」に新装開業、呉服店時代の屋号で原点回帰

亜州太陽市場千歳船橋店、2022年7月8日開店ーラオックス傘下となったシャディ運営のアジア食品店2号店

東京都世田谷区の小田急線千歳船橋駅前にギフト用品大手「シャディ」(東京都港区)が運営するアジア食品専門店「亜州太陽市場千歳船橋店」が、2022年7月8日に開店する。亜州太陽市場千歳船橋店。

ラオックスが開発した新業態、子会社に譲渡していた

亜州太陽市場は免税店大手の「ラオックス」(東京都港区)が開発したアジア食品専門店業態で2021年11月に東京都武蔵野市・吉祥寺に1号店を開店した。2022年5月に売り上げ・コストでのシナジー効果を理由に「亜州太陽市場」事業などをラオックス傘下のギフト用品大手「シャディ」に譲渡していた。亜州太陽市場吉祥寺店(東京都武蔵野市)。

14カ国・2000種類の品揃え、新たに生鮮食品も導入

亜州太陽市場千歳船橋店は吉祥寺店に続く2号店となる。売場面積は約256㎡と吉祥寺店の2倍ほどの面積となる。
店内では従来扱っていた中国・韓国・台湾・タイ・ベトナムなどの食品に加え、新たにスリランカやミャンマーなどの食品を導入。計14カ国・約2,000種類の商品を取り揃える。取り扱い商品はインスタント麺・調味料・菓子・ソフトドリンク・アルコール・冷凍食品・レトルト食品など。吉祥寺店で人気だった茶葉・紅茶・コーヒー・冷凍食品のカテゴリーは品揃えを強化するほか、新商品としてフルーツやハーブなど生鮮食品を導入する。また、米・飲料・冷凍食品など店頭で購入した重たいもの・かさばるものを自宅へ当日配送するサービスも開始する。
亜州太陽市場千歳船橋店の店舗内部。

なお、シャディの飯田社長によると「半導体不足の影響から冷蔵庫・冷蔵庫の設置が開店までに間に合わない」といい、冷凍食品などは後日販売を開始するとみられる。

亜州太陽市場千歳船橋店

住所:東京都世田谷区桜丘2-29-16
営業時間:10時~20時30分

関連記事:サミットストア世田谷船橋店、2022年4月6日開店-朝日新聞生産技術研究所跡地の旭化成アトラスシティに
関連記事:小田急百貨店新宿本店本館、2022年10月2日閉店-新宿駅西口再開発で「48階建て超高層ビル」に
関連記事:北欧トーキョー、2022年2月28日までに全店閉店-小田急HOKUO首都圏撤退、一部はドンクに

ラオックス秋葉原本店、2022年6月10日休店-リニューアルめざすも再開未定

東京都千代田区のJR秋葉原駅近く・万世橋交差点前にある商業ビル「ラオックス秋葉原本店」が、2022年6月10日の営業を以て長期休業となる。

閉店セールを行っているラオックス。

コロナ禍で免税店から「アソビット」に改装したが…。

ラオックスは新型コロナウイルスの感染拡大により多くの店舗を閉鎖。そうしたなか、ラオックス秋葉原本店は2020年よりホビーを中心にしたアソビットシティ業態を中心とした売場に改装するとともに最近はアジアンコスメ・食材の販売、傘下となっているカタログギフト「シャディ」商品のアウトレット販売などもおこなっていた。

「改装をおこなう」としているも詳細未発表

今回の長期休業は店舗リニューアルのためとしており、店内では売り尽くしセールが行われている。
ラオックスは秋ごろを目途に店舗をリニューアルするとしているが、具体的な営業再開時期や業態などについては、2022年6月時点では発表されていない。
秋葉原本店は2020年のリニューアル以降、ホビー商品やアジアンコスメ・食材に舵を切ったのちは一定の集客力があったものの、再びの閉店となってしまったラオックス。果たして今後はどういった業態となるのであろうか。
ラオックス秋葉原本店の休業により、日本国内で「ラオックス」として営業中の店舗はラオックス河原町オーパ店のみとなる。(傘下の食材店・コスメ店など除く)

関連記事:ソフマップAKIBA駅前館、2022年4月29日開店-秋葉原駅前のサトームセン・ヤマダ跡に
関連記事:オリンピック外神田店、2021年9月17日開店-秋葉原駅・AKIBAカルチャーズZONE近くに
関連記事:とらのあな秋葉原店B館・C館、2021年4月6日までに閉店-同社旗艦店、女性向け同人誌は秋葉原での取扱終了
関連記事:ボークス秋葉原ホビー天国1、2021年5月16日閉店-6月5日全館開業の「ホビー天国2」に統合で
関連記事:ジーストア・アキバ、オノデンビルに2020年11月28日移転-キュアメイドカフェ・コスパなども
関連記事:ツクモ秋葉原駅前店、2020年8月30日閉店-ヤマダ、旧サトームセン1号館から完全撤退

ダイレックス延岡店、2022年9月開店-延岡駅チカ唯一のスーパーに、寿屋百貨店跡地のさわべUFO店→むしか跡

宮崎県延岡市のJR延岡駅近くの大型店跡に、駅チカ唯一となるスーパー「ダイレックス延岡店」が、2022年9月中旬ごろに開店する。

ダイレックスが出店する旧サンフレッシュむしか えびす店。

寿屋跡のUFO→むしか、空き店舗になっていた

サンフレッシュむしかえびす店の前身となる「さわべ ビックマートUFO店」は、倒産により2002年1月31日に休業(閉店)した「延岡寿屋百貨店」(9階建て)の敷地跡に2005年3月開店。
運営は市内に本社を置く地場スーパー「さわべ」で、建物は平屋、店舗面積は1,403㎡だった。
当時の延岡市中心部は寿屋のほか「ダイエー」「アヅマヤ百貨店」が相次いで閉店したこともあり、中心商業地にスーパーマーケットが存在しない状態となっていた。そのため、さわべ(UFO)の開業は買い物難民の解消に寄与するものとなった。

延岡駅近くの中心商店街に立地していた。

一方で、商店街立地でありながら店舗に「駐車場に車を置いたまま、よそに行くことを固く禁止します」という看板がいくつも掲出されていることも特徴であった。

さわべ ビッグマートUFO。

さわべは2015年4月に本店を、2016年11月にUFOを閉店。その後、2016年12月にさわべの親族が経営する市内の地場スーパー「サンフレッシュむしかえびす店」となった。
しかし、むしかえびす店も2022年4月8日に閉店。むしかの店舗は本店のみとなった。

店舗跡近く・ココレッタ前。

むしかは延岡駅近くの商店街で唯一の食品スーパーであったため(駅から1kmほどの場所には「マックスバリュ」と「コープ宮崎」(ダイエー跡地)がある)、買い物難民の再発生が懸念されていた。

「駅前にダイレックス」で買い物難民の解消へ

むしか跡に出店するのはディスカウントスーパー・ドラッグストア「ダイレックス」。延岡市内では、6月時点では南延岡店(開店当初はこちらの店名が「ダイレックス延岡店」だった)が営業している。
ダイレックスは一部店舗で生鮮品の販売をおこなっているが、求人情報によると延岡店でも生鮮をフルラインで扱うものとみられる。
そのほかダイレックスが取り扱う薬・家電・衣料品なども販売するとみられ、買い物難民の解消・地域の活性化に一役買うこととなりそうだ。

ダイレックス延岡店

住所:延岡市栄町2-5

関連記事:コープみやざき北小路店、2020年10月31日開店-ダイエー延岡店跡地、20年ぶりスーパーに
関連記事:ディスカウントドラッグコスモス薬局広尾駅店、2019年4月17日開店-コスモス、東京初出店は「狭小店」
関連記事:トライアル日向店、2020年4月12日閉店-アスティ日向、33年の歴史に幕【追記:8月営業再開】
関連記事:MEGAドン・キホーテ延岡店、2017年11月28日開店-ドンキ、宮崎県北初出店

イオンタウン毛呂山、2022年6月30日開業-地域密着掲げコメリなど13店出店

埼玉県入間郡毛呂山町の東武越生線武州長瀬駅近くに、イオン系ショッピングセンター「イオンタウン毛呂山」が2022年6月30日午前9時に開業する。イオンタウン毛呂山全景。

入間郡毛呂山町にイオンタウン出店

イオンタウン毛呂山が出店するのは武州長瀬駅から北へ500mの農地跡で毛呂山町道15号線、埼玉県道39号線に面している。
建物は平屋建てで敷地面積34,178㎡、延床面積11,794㎡、総賃貸面積10,908㎡。「今日もわくわくもろやま 活気・賑わいあふれる『つながる・ひろがる・かがやく』くらし拠点」をコンセプトに地域に密着した拠点となることを目指す。

地元の商品を多数品揃え、冷凍食品も強化

イオンタウン毛呂山の核店舗は食品スーパー「イオンスタイル毛呂山」。店舗面積は約2,900㎡で、地元の入間郡毛呂山町・越生町の商品を豊富に取り揃える。
とくに入口正面の地場コーナーでは「JAいるま野」(本店:埼玉県川越市)の生産者50名が出荷する、特産のゆずや梅など年間30~40種類の野菜を揃える。他にもゆずを使ったジャムや七味、飲料や毛呂山町の地酒、毛呂山町に工場を構える「関越物産」(東京都豊島区)のこんにゃくやもつ煮なども品揃えする。イオンスタイル毛呂山食品売場。

また、イオンスタイル毛呂山では冷凍食品コーナーを強化。商品数は800種類とイオンリテール北関東カンパニーの店舗では最大規模で大型店並みの品揃えとなる。
さらに毛呂山町内には「埼玉医科大学病院」が立地することから肌着や介護用品などの入院準備用品を充実させるほか、調剤薬局「イオン薬局」も店内に入居する。イオンスタイル毛呂山日用品売場・イオン薬局。

専門店としてコメリ・ダイソーなど出店

専門店はイオンスタイル含め13店舗が入居。イオンタウン毛呂山の商圏は農業従事者の比率が高いことから入間郡初出店のホームセンター「コメリハード&グリーン毛呂山店」が出店。他にも、毛呂山町内に工場を構える中華料理チェーン「福しん」やメガネ店「アイメガネ」、100円ショップ「ダイソー」、フィットネスジム「エニタイムフィットネス」や歯科医院、クリニックなどが入居する。

イオンタウン毛呂山

住所:埼玉県入間郡毛呂山町川角58ー1
営業時間:8時~22時(イオンスタイル)、10時~21時(専門店)

関連記事:イオンタウンふじみ野、2020年11月21日開業-日本無線跡、近隣のヨーカドー跡はヤオコー出店
関連記事:丸広百貨店日高店、2021年2月14日閉店-JR高麗川駅前、「ファミリーまるひろ」冠する最後の店舗
関連記事:ヤオコー川越藤間店、2021年7月6日開店-サミット跡に
関連記事:ドン・キホーテ川越東口店、2020年8月21日開店-丸井川越モディ跡、「アニメイト」「らしんばん」「ダイソー」など出店
関連記事:アクロスプラザ坂戸、2018年3月30日開業-マルエツ坂戸初出店、イトーヨーカドー坂戸店跡地

ドン・キホーテ小倉魚町店、2022年6月17日開店-小倉唯一「都市型ドンキ」、焼うどんをデザイン

北九州市小倉北区の商店街「魚町銀天街」にパン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH、ドンキ)が運営する新業態ディスカウントストア「ドン・キホーテ小倉魚町店」が2022年6月17日に開店する。

ドン・キホーテ小倉魚町店。

北九州エリア初・小倉唯一となる「都市型ドンキ」に

ドン・キホーテが出店するのは、モノレール平和通駅近くのアーケード内。丸源ビル跡に建てられた11階建てマンションの下層階への出店で、売場は1~3階、店舗面積は923.3㎡。
小倉北区では2店舗目のドンキとなるが、小倉エリアを含めて北九州エリアのドンキは全て郊外型店舗であったため、地域で唯一となる商店街立地の都市型ドンキとなる。

内装は「焼きうどん」-飲食店向け業務用商品も

ドン・キホーテ小倉魚町店では内装に地元名物の「焼うどん」を店内装飾へ施し、ワクワク・ドキドキ感のある空間演出を実施するという。
店内ではアジアンコスメやアジアン食材など嗜好性の高いアミューズメント感あふれる商品を展開するほか、商店街立地の長時間営業店であるため、近隣の飲食店向けに食器などの業務用商品や洗剤などの大容量商品の取り扱いも予定するとしている。

ドン・キホーテ小倉魚町店

住所:福岡県北九州市小倉北区魚町3丁目3-10
営業時間:9時~翌3時

関連記事:ジ・アウトレット北九州、2022年4月28日開業-スペースワールド跡、イオンモール八幡東・科学館など一体化で「日本最大級イオン」に
関連記事:イオン若松ショッピングセンター、2022年3月までにリニューアル開業-「ホームワイド」準核に韓国スーパー「イエスマート」など出店
関連記事:JR折尾駅新駅舎、2021年1月2日開業-大正時代の旧駅舎外観を復元、改札口は1ヶ所に
関連記事:ザ・ビッグ八幡西店、2020年8月1日開店-イオン九州ホームワイド永犬丸店跡、食品ディスカウントストアに
関連記事:黒崎井筒屋、2020年8月17日閉店-旧・黒崎そごう、クロサキメイトは全館空き店舗に

関連記事:アミュプラザ小倉、2018年9月14日リニューアルオープン-小倉駅ビル開業20周年で

深谷テラス、2022年5月28日開業-目玉はキユーピーの観光農業施設「ヤサイな仲間たちファーム」

埼玉県深谷市の秩父鉄道ふかや花園駅前に、複合都市公園「深谷テラス」が2022年5月28日に開業した。

深谷テラス。

アウトレット隣接地に市営の大型観光パーク整備

深谷テラスは埼玉県深谷市が進める花園IC拠点整備プロジェクトの一環で、隣接地にはふかや花園プレミアム・アウトレット」の建設が2022年秋の開業を目指して進められている。

ふかや花園プレミアム・アウトレット。

中核施設の観光農場はキユーピー運営

「深谷テラス」の総面積は約6万8000㎡。中核施設として、5月29日に農業観光施設「キユーピー 深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」がグランドオープンする。

「深谷テラス」位置図。

ヤサイな仲間たちファームはキユーピーの運営で、地元野菜を販売するマルシェやレストラン、野菜教室、体験農園なども設けられる予定となっている。

キユーピー 深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム。

また、5月28日にグランドオープンした都市公園「深谷テラスパーク」には、地元で採れる野菜や市花「チューリップ」などをモチーフにした大型遊具やイベント広場を設置。両施設ともに入場は無料となっている。

キユーピー 深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム

住所:埼玉県深谷市黒田54
営業時間:平日9時〜19時半(土日祝日は20時半迄)
※施設により異なる

プレミアム・アウトレット計画地図より。
画像はプレミアム・アウトレット公式/深谷市ウェブサイトより。

関連記事:ふかや花園プレミアム・アウトレット、2022年秋開業-秩父鉄道の駅直結、農業観光施設を併設
関連記事:スイートデコレーション本庄店、2021年2月11日開店-北海道のインテリア大手「スイデコ」、首都圏初出店
関連記事:西友行田佐間店、2020年10月26日閉店-旧・与野フードセンターYバリュー行田店、わずか8年で
関連記事:西友籠原店、2020年10月25日閉店-熊谷市の旧・とりせん、わずか7年で