ホワイティうめだ・泉の広場、2019年度中に撤去へ-「泉の広場で最後にしたいこと」を募集

梅田地下街・ホワイティうめだのシンボル的存在であった「泉の広場」(大阪府大阪市北区)が2019年度中に撤去されることになり、それに合わせて「泉の広場で最後にしたいこと」の募集が行われている。

ホワイティうめだ「泉の広場」。

約50年に亘って親しまれた「泉の広場」撤去へ

泉の広場は地下鉄・大阪メトロ東梅田駅から東側の地点に立地。
梅田地下街は1962年に整備され、泉の広場は1度目の大阪万博が開催された1970年に設置された。
現在のヨーロッパ調の外観が特徴の噴水は三代目で、大阪市の姉妹都市であるミラノ市の彫刻家が設計に関わっているという。
噴水の撤去は地下街の全面改装のため。改装・撤去工事は2019年中に開始され、旧・噴水の周辺は新たな飲食店街に生まれ変わるという。

「梅田ダンジョンのセーブポイント」惜しむ声も

梅田の地下街といえば「梅田ダンジョン」と呼ばれるほど複雑であり、一度では覚えられない複雑な構造が特徴だった。そのため、噴水は「ダンジョンのセーブポイント」と呼ばれることもあり、また「心霊現象」などの都市伝説もあった。
それだけ大阪市民に親しまれてきた噴水であったがゆえ、撤去を惜しむ声は非常に多い。


「泉の広場で最後にしたいこと」を募集

現在、梅田地下街「ホワイティうめだ」では「泉の広場で最後にしたいこと」を募集中。

「したいこと」の募集告知。

応募方法は、ホワイティうめだのSNSアカウントをフォローしハッシュタグ「#泉の広場で最後にしたいこと」をつけてSNSへ投稿するか、ホワイティうめだ内に設置された応募箱に投函するだけ。応募締め切りは1月31日となっている。

関連記事:元祖大阪梅田ミックスジュース、2019年春移転-閉店危機の日本初「駅ナカジューススタンド」存続へ
関連記事:ヨドバシ梅田タワー、2020年春全面開業-高層階に阪急阪神ホテルズ進出

関連記事:「うめきた2期」概要を発表-梅田貨物駅跡に「巨大な公園」、「北梅田駅」も
関連記事:(仮称)梅田曽根崎計画、2022年完成-大阪北小跡、梅田最高層の複合ビルに
関連記事:ザ・パントリールクア大阪店、5月31日閉店-高級食品スーパー間の競争激化続く梅田

関連記事:阪神梅田本店「建て替え第1期棟」6月1日開業-「食」の阪神、スナックパークも復活
関連記事:ウメダフードホール、3月28日開業-阪急三番街北館地下2階を全面改装

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成最後の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加