(仮称)梅田曽根崎計画、2022年完成-大阪北小跡、梅田最高層の複合ビルに

住友不動産(新宿区)は、大阪市北区曽根崎に地上56階建て大規模複合タワー「(仮称)梅田曽根崎計画」を2022年3月に開業させる。

(仮称)梅田曽根崎計画のイメージ。

大阪北小学校跡地、高さ191mの高層タワーに

(仮称)梅田曽根崎計画はの建物地上56階建てで、敷地面積は約6,837㎡、延床面積は約107,560㎡。高さは梅田地区最高層となる191m。
事業コンセプトに「曽根崎LinkCity」を掲げ、低層部分(1~3階)にはオープンモール型商業施設「リンクモール」や交流広場「リンクプラザ」、文化・交流施設、駐輪場、屋上庭園などを整備する。
低層部分の外観は「大阪北小学校(旧曽根崎小学校)外観の面影を感じるデザイン」が意識されており、大阪北小学校の記念碑(石碑・銅像など5種類)も1階外構部、2階屋上に再設置される。

(仮称)梅田曽根崎計画リンクプラザ。

再開発予定地は、大阪・梅田エリアを代表する歓楽街として数多くの飲食店が立ち並ぶ「お初天神通り商店街」に面しており、火災による延焼対策など防災機能強化が課題として挙げられていたことから、大阪市管理の防災拠点「収容避難所施設コミュニティセンター」も導入される。
なお、当初は一部小学校の建物を残して公共施設として活用する方針が示されていたが、利便性の高い土地であるため全てのエリアが開発されることとなった。

現在のお初天神通り商店街と(仮称)梅田曽根崎計画予定地。

ヘテムル

高層部はホテルとマンションに

高層部分(4階~56階)には、共同住宅(836戸)やグループの「住友不動産ヴィラフォンテーヌ」が運営するホテル(202室)も設けられる。
住友不動産は、大阪の国際観光力強化、梅田地区の都市機能強化に繋がる施設を目指すとしており、将来的には大阪・梅田エリアを代表する歓楽街「曽根崎」の風景が一変することになるかも知れない。
(イメージ画像は住友不動産より)

ニュースリリース:大阪市中心部に誕生する地上 56 階建て大規模複合タワー「(仮称)梅田曽根崎計画」 着工
関連記事:ザ・パントリールクア大阪店、5月31日閉店-高級食品スーパー間の競争激化続く梅田

関連記事:阪神梅田本店「建て替え第1期棟」6月1日開業-「食」の阪神、スナックパークも復活
関連記事:ミズノオオサカ茶屋町、4月20日開店-ミズノの「世界旗艦店」
関連記事:ウメダフードホール、3月28日開業-阪急三番街北館地下2階を全面改装

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【2018サマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加