ミズノオオサカ茶屋町、4月20日開店-ミズノの「世界旗艦店」

スポーツ用品国内大手「ミズノ」(大阪市住之江区)の世界旗艦店「MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI」(ミズノオオサカ茶屋町、大阪市北区)が4月20日に開店した。

MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI。

大規模開発が続く大阪・茶屋町にミズノの世界旗艦店誕生

ミズノオオサカ茶屋町は地上7階建。かつてこの場所には薬局、携帯電話店(au)などが入居する雑居ビルがあった。
同店はコンセプトに「BE STRONG」を掲げており、売上目標(1年間)は12億円。
直営店初となる「野球VR体験ブース」や、オーダーメイドのインソール(靴中敷)が製作できる「フット・ケア・ステーション」を設置。
また、スポーツアパレルブランド「MIZUNO SPORTS STYLE」の展開や、女性を対象とした「ヨガ教室」の開催、スポーツウエアのレンタルサービスを実施するなど、スポーツをするだけではなく、日常にスポーツを取り入れたライフスタイルを発信していく「体験型」の店舗を目指すという。
茶屋町エリアは以前からスポーツ用品店が集積していることで知られており、ミズノオオサカ茶屋町の近隣にも、総合スポーツ用品店「ムラサキスポーツ」(NU茶屋町内)やサッカー用品を取扱う「サッカーショップKAMO」(2013年12月開店)、靴専門店「ABC-MART Grand Stage梅田」(阪急イングス館跡、2013年4月開店)、靴大手の「ステップ」、「ABC-MART」、「オニヅカタイガー」など、スポーツ分野に関連した店舗が数多く出店している。
茶屋町エリアでは老朽化した建物の建替えが相次いでおり、さらなるスポーツ用品店の集積が起きる可能性もある。

淀屋橋本店は縮小-分野特化型店舗として営業継続

ミズノ(美津濃)は1927年から淀屋橋駅前に旗艦店「ミズノ淀屋橋本店」(現店舗は地上8階建)を出店しているが、茶屋町店の開店に伴い、3月より縮小して営業している。
同店は、今後はゴルフやランニング用品販売などの分野に特化した店舗として営業を続ける。

ヘテムル

外部リンク:「MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI」オープン | ミズノ
関連記事:ウメダフードホール、3月28日開業-阪急三番街北館地下2階を全面改装
関連記事:バルチカ、12月19日増床リニューアル-ルクア地下2階、2018年春に「阪急オアシス」も出店へ
関連記事:うめきた地下道、12月19日閉鎖-梅田のレトロ地下道、90年の歴史に幕
関連記事:ヨドバシ梅田とJR大阪駅、「架橋」で6月30日接続-愛称は「淀橋」
関連記事:タイトーステーション梅三小路店、5月26日開店-ソフマップ跡に歴代”電車でGO”集結
関連記事:阪急梅田駅高架下「阪急三番街」4月27日リニューアル-古書のまちも移転
関連記事:アシックス、品川に「新感覚」直営店、8月9日開店-ネット×リアル融合、常に”期間限定”で集客

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【2018サマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加