うめきた地下道、12月19日閉鎖-梅田のレトロ地下道、90年の歴史に幕

旧・梅田貨物駅の下をくぐる地下道「梅北地下道」の大部分が12月19日に閉鎖された。

最終日の梅北地下道。

貨物駅をくぐる「名物地下道」-2006年に大幅短縮

梅北地下道は、旧・梅田貨物駅の東西を結ぶために1928年に開通。
以降、約90年に亘って多くの人に利用されてきた。
かつては阪急梅田駅近くから新梅田シティまでの約500mを結んでいたが、旧・梅田貨物駅の再開発が進み、2006年には大部分が地上の道路に統合され、約200mにまで短縮されていた。いち早く地上化された部分には、2013年に再開発ビル「グランフロント大阪」も誕生している。

12月19日10時に歩道の切替が行われた。

新たに新設された地上の仮設歩道周辺は、まだ再開発工事の真っただなか。今後、地下道は暫定的に梅田貨物線をくぐる部分のみ(約50mほど)が存続するが、その部分も同線の地下化により2024年ごろに撤去され、仮設歩道とともに地上の道路と統合される予定となっている。

12月19日10時から使用開始となった仮設歩道。

関連記事:ヨドバシ梅田とJR大阪駅、「架橋」で6月30日接続-愛称は「淀橋」
関連記事:阪急梅田駅高架下「阪急三番街」4月27日リニューアル-古書のまちも移転

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加