イオンタウン豊中庄内、2022年冬開業-阪急バス本社跡地に

大阪府豊中市の阪急宝塚線庄内駅近くに、イオングループのショッピングセンター「イオンタウン豊中庄内」が2022年冬に開業する。

阪急バス本社跡地にイオンタウン

イオンタウン豊中庄内予定地には長らく、阪急阪神HD系のバス事業者「阪急バス」が本社兼豊中営業所を置いていたが、大阪府が主導する「都市計画道路三国塚口線街路整備事業」に伴い、2020年12月に豊中営業所(現大阪営業所)を大阪市淀川区十三本町に移転、2021年3月に本社を豊中市岡上の町(阪急宝塚線豊中駅・岡町駅間高架下)に移転していた。

ワンストップ型ショッピングセンターに

イオンタウン豊中庄内の建物は地上2階建で敷地面積は約8,827㎡、総賃貸面積は約5,769㎡、延床面積は約9,661㎡。駐車場台数は188台、駐輪場台数は約300台。同社施設は大阪府内では2021年3月開業の茨木太田に次ぎ9施設目、豊中市内では2006年11月開業の豊中緑丘に次ぎ2施設目となる。
イオンタウン豊中庄内と阪急バス(2022年7月)

イオンタウン豊中庄内はコンセプトに「食・サービスのワンストップSC(ショッピングセンター)」を掲げ、スーパーやドラッグストアを核に約15店舗を導入するなど、地域住民のデイリーユースに対応した施設となる見込み。
イオンタウン豊中庄内(完成イメージ)

施設近隣にはエディオングループの大型複合家電量販店「エディオン豊中店」(旧MIDORI豊中/ライフ・パレット・トイザらスなど入居)やイオン系の総合スーパー「ダイエー庄内店」、阪急阪神HD(H2Oリテイリング)系の食品スーパー「デイリーカナートイズミヤ庄内店」、トーホーの業務用食品スーパー「Aプライス庄内店」、スギ薬局のディスカウントストア「豊中庄内ジャパン」といった大型小売店が多数営業しており、差別化が鍵となりそうだ。

イオンタウン豊中庄内

住所:大阪府豊中市庄内西町5丁目18-2

関連記事:イオン東淀川豊新、2022年秋開業-名鉄運輸跡地に「イオンスタイル東淀川」核、かみしんプラザも改装で対抗
関連記事:イズミヤ上新庄店、2021年8月29日閉店-かまいたち濱家も惜別、47年の歴史に幕
関連記事:ドン・キホーテ十三店、2019年12月6日開店-今年2月に閉店したドンキ、50mほどの距離に復活
関連記事:バロー淡路店、2019年7月19日開店-大阪市内初のバロー、淀川キリスト教病院跡地に

関連記事:千里セルシー、2019年5月31日閉館-47年の歴史に幕、千里阪急とともに再開発検討へ
関連記事:ライフ新大阪店、2019年5月31日閉店-旧ライフ大阪本社・ラヴィーレ新大阪

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加