MEGAドン・キホーテ甲府店、2019年1月23日開店-山梨初「メガドンキ」

山梨県甲府市の国道20号線(甲府バイパス)沿いに、ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテ甲府店」が1月23日午前9時に開店する。

MEGAドン・キホーテ甲府店。

山梨初の「MEGAドンキ」

MEGAドン・キホーテ甲府店の建物は地上2階建、売場面積は3,453㎡。(ドンキの営業フロアは1階のみ)
甲府市が所有する土地「甲府市地方卸売市場場外公有地」(約8,808㎡、管理事務所跡地など)を、官民協働事業(PPP)の一環としてドン・キホーテグループ「日本アセットマーケティング」が公募型プロポーザルにより借り受け、定期借地方式(事業期間20年以内)により開発する。
ドンキは山梨県内3店舗目だが、MEGA業態としては県内初となる。「県内最大面積の店舗」として、食品や日用雑貨品に加え、コスメ、ブランド品、アパレル、バラエティグッズを強化、地元企業の雑穀・玄米食品、甲州ワインなど約7万点の商品を取扱う。


メガでも「契約上の理由」で生鮮品は取扱いせず

同店はMEGAドンキ業態であるが、公募型プロポーザルの条件として「市場関係者と競合する物販等を行う施設(スーパーマーケット等)の建設は不可」とされているため、生鮮食料品の販売はおこなわれない。
店舗近隣には、地元では高級路線の食品スーパーとして知られる「アマノパークス」運営の「甲府生鮮市場」が立地しているが、大型ディスカウント店は少ないため、山梨県南部の幅広いエリアからの集客が期待される。

MEGAドン・キホーテ甲府店

住所:山梨県甲府市国母6-5-2
営業時間:午前9時~翌午前2時

関連記事:ユニー・アピタ田富店、2018年9月9日閉店-増床「イオン」の影響大きく
関連記事:オギノ湯村ショッピングセンター、2018年夏閉店-旧・山交ダイエー、老朽化で
関連記事:イオンモール甲府昭和、11月23日増床リニューアル-全館の8割を刷新

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加