ユニー・アピタ田富店、2018年秋閉店-増床「イオン」の影響大きく

ユニー・ファミリーマートHDは、山梨県中央市のショッピングセンター「アピタ田富店」を2018年秋に閉店する。地元放送局のテレビ山梨が報じた。

アピタ田富店。

旧・田富町最大の商業施設

アピタ田富店は1998年10月開業。建物は2階建てで、売場面積は18,967㎡。建物は県内大手の不動産・リゾート開発会社「富士観光開発」が所有する。
テナントとしてはユニー直営の総合スーパーに加え、「ニトリ」、「ザ・ダイソー」、「コムサイズム」、「タカキュー」などが入居している。
旧・田富町(2006年中央市に合併)最大の商業施設で、東隣にある地元スーパー・オギノ(甲府市)運営の「オギノリバーシティショッピングセンター」(1987年開業)と共に、現在も市内屈指の商業集積を形成している。

アピタの東隣にあるオギノリバーシティ。

開業20年目に閉店-イオンなど大型店との競争激化で

テレビ山梨の報道によると、北東に約1.5㎞離れた昭和町の大型商業施設「イオンモール甲府昭和」 (2011年開業)など、近隣大型店との競争激化がアピタ閉店の原因だという。
イオンモール甲府昭和は2017年11月に増床リニューアルオープンを果たしており、店舗数と駐車場の大幅増加、有名ファッションテナントの誘致などで求心力を高めていた。

2017年秋に増床開業したイオンモール甲府昭和。

なお、アピタを運営するユニー・ファミリーマートHDは、総合スーパーを除く25の専門店について、施設の管理会社と今後の対応を検討していくといい、築19年半と建物も比較的新しいため、将来的には新たな商業施設として再生されることも考えられる。

外部リンク:アピタ田富店
関連記事:イオンモール甲府昭和、11月23日増床リニューアル-全館の8割を刷新
関連記事:オギノ湯村ショッピングセンター、2018年夏閉店-旧・山交ダイエー、老朽化で

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加