カテゴリー別アーカイブ: 新店舗レポート

遠東百貨店信義A13、2019年12月25日開業-信義地区「12店目」のデパート

台湾・台北市信義区に遠東百貨店(台北市)の新店舗「遠東百貨 信義A13(遠百信義A13)」が、2019年12月25日午前11時(現地時間)に開業した。
(「遠東百貨 信義A13」2019年12月25日開幕。)

Far Eastern Department Store Xinyi A13。

世界有数のデパート密集地に「遠東」も

遠百信義A13は地上14階地下5階建、営業面積は約13,000㎡。
設計は誠品書店などの設計で知られる台北の建築家・姚仁喜氏がおこなった。
信義地区には「統一時代百貨(旧・統一阪急)」、「新光三越」4店舗、「微風南山(アトレ)」、「誠品生活」、「BELLAVITA」、「台北101」、「ATT 4 FUN」など10以上の百貨店・ファッションビルがひしめき合っており、世界でも有数のデパート密集地帯となる。

新光三越・信義新天地。

テーマは「煥然一心」-別館には「Apple Store」

遠東信義店のキャッチフレーズは「煥然一心 Refresh Your Experience」。遠東百貨店は台湾各地にあるが、徒歩圏に既存の百貨店が複数あることから、最新技術の充実に力を入れるなど「智慧型」の百貨店を目指したという。
その象徴的存在であるのが、1階の広場部分(別棟)に出店した「Apple Store」の旗艦店だ(6月に開業済)。信義区のアップルストアは台北101店に続き2店舗目で、遠東百貨の地階にも売場が設けられる。
同店ではオリジナルロゴをあしらった限定商品も販売されている。

開業当日の朝。400人近い買物客が列を作った。

古い街並みを模したレストラン街、シネコンも

本館の建物のうち、地下4階から5階は駐車場、地下1階はオートバイ駐車場となる。
地下3階「淘點新食界」には、遠東系列の生鮮食品スーパー「city’ super」や「辻利茶舗」(暖簾分けである北九州の小倉辻利系)、「ミスタードーナツ」、「アントステラ」、「杉養蜂園」、「不二家」など国内外の銘菓銘店が出店するほか、フードコート「美食街」が設けられる。

city’super。


辻利茶舗。

地下2階「美潮裳頻道」には、英国発の「極度乾燥(しなさい)」やカナダ発のカジュアルブランド「Roots」、agnes b.(アニエスベー)のカジュアルライン「SPORT b.」、ARMANIのカジュアルライン「A|X ARMANI EXCHANGE」など国内外のファッションブランドや大手ドラッグストア「日薬本舗」が出店。高級チョコレートブランド「ゴディバ」もカフェ併設店舗を展開する。

GODIVA CAFE。


極度乾燥(しなさい)。

1階「極緻精品廊」には、「Dior」「クロエ」「GUCCI」などのラグジュアリーブランドや「資生堂」「SK-Ⅱ」などの化粧品ブランド、台湾発祥の人気中華料理店「鼎泰豊」、ニューヨーク発祥のスイーツ店「Lady M」が出店する。鼎泰豊は徒歩圏の新光三越、台北101にも店舗を構えているが、混雑することが多くあった。

鼎泰豊。


LADY M。

2階「輕奢名品閣」には、「Samantha Thavasa」「POLO RALPH LAUREN」など国内外のファッションブランドや宝飾品、香水ブランドが出店する。

Samantha Thavasa。

3階「優雅風尚間」には、ブロックの「レゴ®ショップ」や宝飾品ブランド、カフェが出店する。

LEGO Certified Store。


平溪線をレゴブロックで。

4階「懷舊食光埕」は、台湾の老街(日本統治時代からの古い街並み)をテーマとしたレストラン街「懐旧台湾餐庁街」となり、「度小月」「春水堂」など台湾の人気レストランや「ハーゲンダッツ」のスイーツ店などが出店する。

懐旧台湾餐庁街。

5階は大型玩具量販店「funbox」や子供服・インナー、6階・7階はスポーツ用品など、8階は家電など。7階には「しゃぶ葉」、8階には「SONYストア」も出店する。
9階・14階はレストラン街、10階から13階は「威秀影城」のシネマコンプレックス(12月31日開業)となる。

HOOTERS。

レストラン街のうち、9階は和風居食屋「旭集 和食集錦」が出店。14階は午前2時まで営業となり、アメリカ大手レストラン「フーターズ」、火鍋チェーン「新馬辣Plus+」など7店が出店する。

遠東百貨 信義A13

住所(地址):台北市信義區松仁路58號
営業時間:11時~22時
4階レストラン街:24時まで
14階レストラン街:26時まで

関連記事:京華城ショッピングセンター、2019年11月30日閉館-球体の商業施設、19年の歴史に幕
関連記事:微風南山アトレ、2019年1月10日開業-アトレ台湾初進出、台北南山廣場に

関連記事:台北三井倉庫、2018年11月1日移築・復原完成-築100年超の大型倉庫

ビバモール本庄、2019年12月4日開業-「スーパービバホーム」「ヤオコー」核、本庄市役所前に

埼玉県本庄市の本庄市役所前に、LIXILビバのショッピングセンター「ビバモール本庄」が2019年12月4日に開業する。

ビバモール本庄。

地域最大級、ホームセンター核のショッピングセンター

ビバモール本庄の建物は地上2階建、売場面積は24,684㎡、駐車台数は約1,500台。本庄市内で営業するベイシアグループの旗艦店「ベイシアゲート本庄早稲田」(2013年6月開業)を上回る市内最大の商業施設となる。
ビバモール本庄はコンセプトに「生活に密着した新しい商店街」を掲げ、2019年11月30日に先行開店したLIXILビバの大型ホームセンター「スーパービバホーム本庄店」(売場面積12,231㎡)を核店舗、食品スーパー「ヤオコー本庄中央店」(売場面積約1,976㎡)を準核店舗とする。

スーパービバホーム本庄店。


ガーデンセンターは吹抜けで明るい雰囲気。


ヤオコー本庄中央店。

そのほか、産直市場「わくわく広場」、ドラッグストア「スギドラッグ」、カジュアル衣料「マックハウス」、靴量販店「シュープラザ」、眼鏡店「ビジョンメガネ」、100円ショップ「ダイソー」、書籍・文具店「文真堂書店」、ファストフード店「バーガーキング」、カフェ「ドトールコーヒー」、タピオカクレープ店「フードポートカフェ」、イタリアンレストラン「サイゼリヤ」、イオングループのアミューズメント施設「モーリーファンタジー」、時間制屋内遊園地「Kid’s US.LAND」、郵便局「ビバモール本庄郵便局」など約30店舗が出店する。

2階・専門店街の飲食ゾーン。サイゼリヤなど。


2階・専門店街のサービスゾーン。


1階には郵便局も。

埼玉県本庄市公式マスコットキャラクター(ゆるキャラ)をあしらった子供向けプレイランド「はにぽん広場」や休憩所「お待ち広場」、足湯の設置も行う。

はにぽん広場。


お待ち広場。


足湯。

(撮影:たいせさん

ビバモール本庄のテナント一覧
店舗名 業種
スーパービバホーム ホームセンター
ヤオコー 食品スーパー
ラックラック オフプライスストア
プチテンテ ファッション雑貨
カンガルー堂 バッグ・財布
シュープラザ
ビジョンメガネ 眼鏡
マックハウス ファミリーカジュアル
誠美堂 ジュエリー 時計
AVENUE 婦人服ブティック
文真堂書店 書籍・文具
フードボールカフェ タピオカ・クレープ
登利平 お持ち帰り弁当・惣菜販売
米乃家 和菓子・焼き物
ほけん選科 保険代理店
浜町整骨院/セラピック浜町 整骨院
カーサカラー ヘアカラー
クイックカットBB ヘアカット専門店(理容室)
めばえ教室 幼児教室
モーリーファンタジー アミューズメント
りらくる リラクゼーション
カーブス 女性専用フィットネスクラブ
ドゥ・スマート トレーニングジム
ステップゴルフ ゴルフスクール
USキッズランド サービス
セルフ洗車機 サービス
宝くじ サービス
ビバモール本庄 郵便局 郵便局
ドトールコーヒー カフェ
サイゼリヤ 飲食
アリィエハコ 飲食
武蔵野うどん竹國 うどん
ジャンクガレッジ ラーメン まぜそば
バーガーキング ハンバーガー
ビバモール本庄

住所:埼玉県本庄市中央2丁目4番60号
営業時間:6:30~21:00(スーパービバホーム資材館)
営業時間:9:00~21:00(スーパービバホーム生活館)
営業時間:(専門店街)

関連記事:ニトリ高崎倉賀野ショッピングセンター、2019年9月20日開業-「ニトリ+とりせん」初コラボ
関連記事:ドン・キホーテUNY藤岡店、2019年7月30日開店-ピアゴ跡、生鮮売場は廃止
関連記事:MEGAドン・キホーテUNY伊勢崎東店、2019年6月25日開店-アピタ跡に
関連記事:前橋ロフト、2019年3月15日開店-群馬県初出店、けやきウォーク前橋のリニューアルで
関連記事:ローソン伊勢崎緑町店、セーブオンの「焼きまんじゅう」販売-サークルサインも設置

相模鉄道・西谷駅-羽沢横浜国大駅、2019年11月30日開通-相鉄初の「都内乗入」、2022年度に新横浜まで延伸へ

相模鉄道(本社:神奈川県横浜市)の新線「新横浜線」のうち「西谷-羽沢横浜国大」間が2019年11月30日に開通し、JRとの直通運転が開始された。

羽沢横浜国大駅。

相鉄、新線で初の「都内乗り入れ」

今回の直通運転開始は、相鉄が西谷駅から北東に分岐する約2.7キロメートルの新路線「相鉄新横浜線」(計画時名称:神奈川東部方面線)を新設したことによるもの。
新たに設けられた羽沢横浜国大駅(相鉄が管理)からJR東海道本線貨物線、横須賀線を経由し、埼京線・川越線に乗り入れる。

乗り入れに用いられる相鉄12000系。
2019年4月にデビューした新型車輌。


羽沢横浜国大駅の構内。余裕を持った造りだが混雑した。

乗り入れ本数は1日46本で、多くは新宿止まりだが、一部列車(1日5本)は大宮、もしくは川越まで乗り入れる。二俣川から新宿の所要時間は最速44分となる。

主要駅間の所要時間。

相模鉄道の電車が営業運転で東京都内・埼玉県内へと乗り入れるのは初のことになる。

直通一番列車。

2022年度には新横浜乗り入れ-東急と直通運転へ

2022年度には新横浜線が羽沢横浜国大から「新横浜」まで約3.6キロメートル延伸され、同じく新設される「東急電鉄新横浜線」を経て東急東横線・目黒線、そして東京メトロ等との直通運転が開始される予定となっており、新横浜エリアの利便性向上に加え、さらなる相鉄沿線開発の進展が期待される。

相模鉄道・新線路線図。
(撮影:GORONEXさん

関連記事:アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉、2019年9月20日開業-国内最大のビジネスホテル、万国橋ビル跡に
関連記事:阪急・阪神、梅田駅・河原町駅など5駅を2019年10月1日改称-「大阪・京都のターミナル」明確化

久留米岩田屋、2019年11月29日リニューアル開業-高層階は専門店街「BJガーデン」に

福岡県久留米市の西鉄久留米駅に直結する百貨店「久留米岩田屋」(岩田屋久留米店)の改装リニューアルが2019年11月29日に完成し、6階・7階・8階は岩田屋が入居する「米城ビルディング」(べいじょうビル)が運営する専門店街「BJガーデン」(BJ garden)となる。

久留米岩田屋。

筑後唯一の大型百貨店となった久留米岩田屋

岩田屋久留米店(久留米岩田屋)は西鉄久留米駅東口に竣工した「米城ビル」(地上11階、地下1階)に1972年5月開業。ビル全体の店舗面積は16,849㎡。1983年8月に隣接する第三セクターの再開発ビル「千歳プラザ」(西鉄久留米駅東口再開発A棟、専門店街を含む売場面積6,002㎡、岩田屋部分は約5,000㎡)に新館を増床した。その後、岩田屋は経営再建により2005年より伊勢丹の子会社に、2010年に福岡三越と経営統合されて「岩田屋三越」の運営となっている。
現在、久留米岩田屋は福岡県において福岡市・北九州市の両政令指定都市以外に立地する唯一の大型百貨店となっている一方、売上の低下に歯止めがかからないため2018年に減床を発表。営業フロアを本館の地階~5階・9階・10階レストラン街までに順次縮小し、新館は2019年3月に閉館、本館の6階~8階は改装のため2019年夏までに一時閉館していた。

旧・久留米岩田屋新館。

ピークであった1993年度の年商は334億円、2018年度の年商は115億円となっている

ロクシタン、北野エースなど新規出店

久留米岩田屋は減床に合わせて2018年度末より改装を実施。百貨店部分には新館から一部店舗が移転したほか、新たにグロサリー「キタノエース」、化粧品「ロクシタン」、美容室「air」(12月18日開店)などが出店した。
これら下層階は9月4日までに大部分のリニューアルを終え、すでに営業を開始している。

地階、北野エースとキョーワズ珈琲。


1階、化粧品。


3階、新装した「POLOラルフローレン」「MIKIHOUSE」。

食品売場は1階の一部にも拡大されており「フードガーデン」と名付けられ、スイーツ店「光玉園×湯布院ジェラート専門店テラート」、文具店「かがし屋」が運営するベーカリー「428(ヨツバ)ベーカリー」などが新たに出店したほか、地階から「南国フルーツTOKIO」が、新館から「ユーハイム」などが移転した。

1階、フードガーデン・南国フルーツ。

また、6階・7階・8階までは専門店「BJガーデン」となり「アヴェニュー」「儀右ヱ門」「シンプルライフ」「バジエ」「詩仙堂」「マリークレス」「リリアン」「メゾピアノ」など、主に岩田屋店内に出店していたブランドが改めて出店することとなり「婦人服・洋品が8フロアにも亘って展開される」という状況は継続することとなる。
米城ビルは今回の改装に合わせてほぼ全館をLED化するなど、建物施設の全面刷新もおこなった。さらに、地元信販会社「モデルクレジット」と提携したクレジットカード「JCB BJ CARD」を発行し、カード所有者にはBJガーデンでの各種割引サービスが提供される。

「専門店街も百貨店ブランド」という異例の減床

売上が低下しつつある久留米岩田屋であったが、同規模の都市には殆ど出店していないロクシタンが新規出店するなど「百貨店としての充実」が図られることとなり、今回の改装はこの地で今後も末永く営業を続けたいという意気込みが見えるものとなった。

1階エントランスに出店した「ロクシタン」「428ベーカリー」。
地方でロクシタンが県庁所在地以外に出店することは珍しい。

また、米城ビルが直接管理することとなった「BJガーデン」のテナントの殆どは「百貨店ブランド」であり、以前と変わらない「百貨店らしい品揃え」が維持されることとなったほか、米城ビルは数年間をかけて屋上の公園化、トイレの洋式・ウォシュレット化、照明のLED化、耐震補強なども行なっている。
屋上「SORAIRO広場」。喫茶店も併設される。


屋上からの眺め。

一方で、駅ビルとの差別化も出来ると言えども新設された専門店街が新たな客層の取り込みに繋がるラインナップとはならなかったことは残念であるともいえ、また岩田屋とクレジットカードや駐車場割引のサービスが分離されるなど、利便性も低下することとなった。
今回のように百貨店の減床に伴い一部が専門店街化される事例は全国各地で見られる一方、専門店化されたとしても百貨店向けテナントが維持される事例は非常に珍しく、百貨店向けアパレル各社が店舗整理に取り組むなかで今後もこのラインナップを維持したまま営業を続けることができるのかどうかが注目される。

岩田屋の隣接地には2018年にドンキが出店。

久留米岩田屋/BJガーデン・フロア概要
11階/屋上 専門店 SORAIRO広場(遊具・ステージ)・喫茶
10階 岩田屋 レストラン街(11月現在1店のみ)
9階 岩田屋 催事場(11月末までBJガーデン仮店舗)
8階 専門店 婦人服・婦人雑貨・リビング
7階 専門店 婦人服・紳士服
6階 専門店 婦人服・紳士服
5階 岩田屋 婦人服・紳士服・宝飾・商品券・友の会など
4階 岩田屋 婦人服・寝具・タオル
3階 岩田屋 婦人服・紳士服・レザー・子供服など
2階 岩田屋 婦人雑貨・紳士雑貨・美容院・駅連絡通路
1階 岩田屋 化粧品・フードガーデン・案内所
地階 岩田屋 生鮮・銘菓・グロサリー(北野エース)

 

久留米岩田屋/BJガーデン(岩田屋三越岩田屋久留米店)

住所:福岡県久留米市天神町1-1
営業時間:10時~19時
(一部店舗除く・10階から屋上は17時まで)

関連記事:岩田屋久留米店新館、2019年3月21日閉店-本館「米城ビル」に売場集約
関連記事:ドン・キホーテ西鉄久留米店、2018年10月26日開店-西鉄久留米に久々の”新規大型店”
関連記事:井筒屋、コレット井筒屋・黒崎井筒屋・宇部井筒屋・飯塚井筒屋の4店を閉店-2019年5月までに
関連記事:久留米キムラヤ、2017年1月31日廃業-銀座・木村屋の暖簾分けベーカリー
関連記事:イオン上峰店、2019年2月28日閉店-旧・上峰サティ、かつての「地域一番店」

ヨドバシ梅田タワーリンクス梅田、2019年11月16日開業-ヨドバシの新商業施設ブランド「LINKS」1号店、大阪・梅田の新たな結節点に

大阪府大阪市北区のJR大阪駅前にペデストリアンデッキを通して直結する複合商業施設「ヨドバシ梅田タワー」の低層階(地下1階~地上8階)に、ヨドバシホールディングスの商業施設「LINKS UMEDA(リンクス梅田)」が2019年11月16日午前9時30分に開業する。

ヨドバシ梅田タワー「LINKS UMEDA」。

ヨドバシカメラ最大の店舗「ヨドバシ梅田」

ヨドバシ梅田ビル(既存館)は2001年11月に、旧・国鉄大阪鉄道管理局跡地再開発の一環として「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」を核に開業。地上13階地下2階建、売場面積は50,093㎡。
開業発表当時、同社は西日本に店舗を持っておらず、同店が西日本1号店であった。
詳細は過去記事を参照
ヨドバシ梅田ビル(ヨドバシカメラマルチメディア梅田)。

35階建の新ビル-商業施設ブランド「リンクス」1号店に

今回全館開業する「ヨドバシ梅田タワー」は地上35階地下4階・塔屋2階建、延床面積は約110,100㎡、初年度売上目標は約1,700億円、初年度来場客目標は約7,700万人、想定商圏は半径100km。
低層階(地下1階~地上8階)が商業フロア「リンクス梅田」、高層階(地上9階~35階)が阪急阪神ホテルズの宿泊主体型ホテル1号店「ホテル阪急レスパイア大阪」(11月27日開業予定)となる。
リンクスの施設名称は「たくさんの“LINK”が生まれる場所」という意味が込められたもので、リンクス梅田はヨドバシHDが更なる展開を目指す商業施設ブランドの1号店となる。
コンセプトに「つながる、ひろがる。ヨドバシカメラ&LINKSが巻き起こす新梅田ライフスタイル革命」を掲げ、日本初8店舗、関西初24店舗、大阪初13店舗を含む約200店舗が出店する。
LINKS UMEDA Key Visual.

フロア概要
8F ビジネスと食の豊かさが生まれる、イノベーションとレストランフロア
7F 家のこと何でも。大型インテリアショップと通うことが習慣となるサービスのフロア
6F 総合スポーツに加え地域最大のアウトドア、キャンプコーナーとアウトドアアパレルが出現!スポーツとアウトドア売場約7000㎡(約2100坪)が誕生
5F ヨドバシカメラのキッズフロアと合わせて約9900㎡(約3000坪)!! 待望の「キッズコンシャス・スポット」が梅田に誕生!
4F BRAND NEW LIFE!自分らしく装う、揃える、整える、デイリーなショッピングフロア
3F BRAND NEW LIFE!自分らしく装う、揃える、整える、デイリーなショッピングフロア
2F LIVE ACTIVE!今をアクティブに生きる人のライフスタイルをカタチにする、ファッション × スポーツ ×ビューティのフロア
1F 人々が行き来し、賑わいと旅の拠点となるグランドフロア
B1F あらゆる梅田人の胃袋を満たす、梅田の新名所・食のエンターテイメントフロア

 

約200店舗が出店、高速バスターミナルや食物販フロアも

地下1階「あらゆる梅田人の胃袋を満たす、梅田の新名所・食のエンターテイメントフロア」には、「LINKS MARCHE Eat&Walk」「オイシイもの横丁」と名付けられた2つの食品関連フロアを展開、37店舗が出店する。LINKS MARCHE Eat&Walkには近鉄グループの近商ストアが運営する「食品専門館ハーベス」や明治屋の体験型飲食物販店舗「明治屋PROVISIONS & WINES LINKS UMEDA」といった高級食品スーパー2店舗に加え、ドラッグストア「スギ薬局」、関西初となるアマノフーズ直営店「アマノフリーズドライステーション」、沖縄物産店「わしたショップ」、横浜・元町発祥のベーカリー「ポンパドウル」、「マクドナルド」のバリスタ併設業態など食物販13店舗が出店する。
近商ストア食品専門館Harves LINKS UMEDA店。


アマノフリーズドライステーション LINKS UMEDA店。

オイシイもの横丁には、博多もつ鍋焼酎居酒屋「もつ焼 もつ福」や「函館 立ち食い寿司 函太郎」など関西初出店となる飲食店、スペインバル「LA BODEGA」の新業態「Bar Español PEQUEÑO」、福岡の長浜鮮魚卸直営店「博多魚助」が手掛けるビストロ新業態「BISTORO UOSUKE」、ミシュランガイドにも掲載された鶏白湯泡系ラーメン店「ふく流らーめん轍」、英国風パブ「HUB」など約20店舗が出店。台湾タピオカカフェ「貢茶(GongCha)」や「スターバックスコーヒー」も出店する。
ヨドバシカメラは開業当初、本館地下2階に大手鮮魚店「魚喜」が運営する食品フロア「グルメディア食品館」を導入、北野エースの前身となる「テルミニ」を中心とした生鮮食品売場を形成していたが、魚喜子会社の債務超過を理由に2005年6月をもって閉鎖、ヨドバシ直営の家電売場に転換していたため、ヨドバシ梅田に食品フロアが約14年ぶりに復活することとなる。
オイシイもの横丁。


函館 立ち食い寿司 函太郎 LINKS UMEDA店。

1階「人々が行き来し、賑わいと旅の拠点となるグランドフロア」には、ファストファッション「ユニクロ」の大型店(本館7階から移転、約2,300㎡)や関西初となる台湾ティー・タピオカ専門店「呷茶(JIATE)×永福茶堂」、スイーツパーラー&ブレッド専門店「SEASON No.1」、ロールアイス専門店「マンハッタンロールアイスクリーム」、スクウェア・エニックスのテーマカフェ「SQUARE ENIX CAFÉ OSAKA」など11店舗が出店。高速バスや観光バスが発着可能なさくら高速バスのバスターミナルさくらバススクエア」も併設される。
ユニクロLINKS UMEDA店。

2階「LIVE ACTIVE!今をアクティブに生きる人のライフスタイルをカタチにする、ファッション × スポーツ ×ビューティのフロア」には、ヨドバシ傘下となったランニング用品店「アートスポーツ」が大阪初出店するほか、セブン&アイHD傘下のトータルビューティー専門店「アインズ&トルペ」、アーバンリサーチが手掛けるアメリカ西海岸テイストのコンセプトショップ「URBAN RESEARCH Sonny Label」、アシックスの旗艦店「ASICS OSAKA」、ジーンズブランド「EDWIN」など18店舗が出店。JR大阪駅や阪急大阪梅田駅、グランフロント大阪とはペデストリアンデッキを通して接続する。

ART SPORTS LINKS UMEDA店。


アインズ&トルペ LINKS UMEDA店。

3階・4階「BRAND NEW LIFE!自分らしく装う、揃える、整える、デイリーなショッピングフロア」には、靴量販店「ABC-MART GRAND STAGE」やアダストリアの「GLOBAL WORK」、RIZAPグループ傘下のカジュアル衣料品店・アウトドアブランド「JEANS MATE」「OUTDOOR PRODUCTS」、「coen」など本館5階から移転した店舗に加え、宇宙ステーションにあるショップをイメージした雑貨店「U.F.O. by Francfranc」やストライプの「earth music&ecology」「Green Parks topic」「AMERICAN HOLIC」、米国マンハッタンビーチ発祥のシューズブランド「SKECHERS」、台湾タピオカカフェ「貢茶(GongCha)」など41店舗が出店。(3階24店舗、4階17店舗)

U.F.O. by Francfranc。


貢茶(GongCha)LINKS UMEDA店。

5階は「ヨドバシカメラのキッズフロアと合わせて約9900㎡(約3000坪)!! 待望の「キッズコンシャス・スポット」が梅田に誕生!」を謳い、ヨドバシ直営の玩具・ホビー売場(本館専門店フロア跡、約5,300㎡)を核に、ミキハウスの姉妹ブランド「HOT BISCUITS」全国初となるテナントショップやベビー用品ブランド専門店「DAD WAY」、100円ショップ「ダイソー」、国内最大規模の「モーリーファンタジー」(約1,170㎡)など10店舗が出店する。
モーリーファンタジーLINKS UMEDA店は「リブランディング1号店」として店舗ロゴを刷新。同社初となるキャッシュレス対応やインドアプレイグラウンド「スキッズガーデン」の併設、西日本初となるミニストップのスイーツ専門店「Softcream Time by MINISTOP」の導入など外部出店戦略のモデル店舗とする。
スキッズガーデンでは、ソニーとの連携のもとプログラミングイベント「Kidstone Study Labo」を開催するなど、遊びと学びを取り入れたプログラムを開催する。
モーリーファンタジーLINKS UMEDA店。

6階は「総合スポーツに加え地域最大のアウトドア、キャンプコーナーとアウトドアアパレルが出現!スポーツとアウトドア売場約7000㎡(約2100坪)が誕生」を謳い、総合スポーツ用品店「スーパースポーツゼビオ」(フロア内移転増床)やヨドバシ傘下となったアウトドア用品店「Mt.石井スポーツ」の旗艦店(大阪駅前第2ビルから移転)など18店舗が出店。
Mt.石井スポーツLINKS UMEDA店は、2019年4月にヨドバシ傘下となって以降初となる新店舗で、アウトドア業界を牽引してきた7ブランドを「ショップinショップ形式」で展開、ビギナーから使えるアウトドア・キャンプ用品の要素を取り入れたMDを取り入れる。

Mt.石井スポーツLINKS UMEDA店。

7階「家のこと何でも。大型インテリアショップと通うことが習慣となるサービスのフロア」には、セルフエステ、整体・骨盤調整の健康総合サロン、ネイルサロンなどが集まった「SALON de LINKS」を新たに展開。大型家具・インテリア雑貨専門店「ニトリ」 “西日本のハイパーフラッグ”となる生活提案型店舗(約2,600㎡)など19店舗が出店する。
ニトリLINKS UMEDA店では、業界初となる中国阿里巴巴(Alibaba)の技術を活用した商品検索サービス「カメラdeサーチ(ニトリアプリ)」への対応や関西初となる「3Dシミュレーター」によるトータルコーディネート提案サービスを実施。新製品取扱比率を高めるなど若年層(10代後半~20代)やミドルアッパー層の取り込みを目指し、同社売上首位の新宿タカシマヤタイムズスクエア店(東京都渋谷区)を超える売上を狙うという。

ニトリLINKS UMEDA店。

8階「ビジネスと食の豊かさが生まれる、イノベーションとレストランフロア」には、コミュニティ型ワークスペースを称するソフトバンク傘下の大規模シェアオフィス「WeWork LINKS UMEDA」が新設、旧来からの飲食店街も拡大リニューアルし38店舗が出店する。

WeWork LINKS UMEDA。

LINKS UMEDAでは、今回のオープンを記念して、11月16日から12月25日まで2階を東西に貫く通路にて「クリスマスマーケット&イルミネーション」を開催する。

リンクス、大阪・梅田の新たな結節点に

ヨドバシ梅田は今回のタワー棟開業を機に、大規模専門店街や宿泊施設、バスターミナルを備えた大規模複合商業施設として「全面開業」を迎えることとなる。
ヨドバシ梅田周辺では将来的に、既存のペデストリアンデッキを建物外周全体に拡張し、「グランフロント大阪方面」「阪急大阪梅田駅方面」「芝田町方面」3方向5ヶ所に整備する計画もあり、大阪・梅田のハブとしての機能をより高めていくことが期待される。

LINKS UMEDAのテナント一覧
店舗名 業態
B1F Harves 生鮮・グロッサリー
B1F ニッポンスタンダード ご当地物産展
B1F タイ&ベトナム レモングラス タイ料理・ベトナム料理
B1F 生花青果 花・野菜・食料品
B1F さち福やCAFÉ 和惣菜定食と和カフェ
B1F スギ薬局 ドラッグストア・調剤
B1F マクドナルド ファーストフード
B1F アマノ フリーズドライステーション フリーズドライ食品
B1F わしたショップ 沖縄物産品
B1F MAKE MY フルーツジュース・クレープ
B1F World Wine Lounge by Pieroth ワインショップ・ワインバー
B1F 明治屋 PROVISIONS&WINES グロッサリー
B1F 海鮮と串焼のお店 鈴音 居酒屋
B1F タヴェルナすぱじろう イタリアンバール
B1F SHIBUYA PARLOR 幸せのフルーツ フルーツパーラー
B1F 焼肉ジャパン 焼肉
B1F ポンパドウル ベーカリー
B1F 大阪 焼小籠包 浪曼路 焼小籠包
B1F 肉屋の餃子バル Yamato 餃子
B1F Bar Español PEQUEÑO スペインバル
B1F 焼鳥 ボトルバード 炭火焼鳥
B1F 焼きはまぐりstand はまぐりバル
B1F かきカツオ 牡蠣バル
B1F 蕎麦 石寅 蕎麦
B1F HUB 英国風パブ
B1F もつ焼 もつ福 もつ焼き
B1F 難波千日前 釜たけうどん 明石焼 うどん
B1F 酒と魚とオトコマエ食堂 海鮮居酒屋
B1F 函館 立喰い寿司 函太郎 寿司
B1F たこ酒場くれおーる たこやき酒場
B1F 天ぷらと地酒 海老勝 天ぷら・地酒
B1F 福岡鮮魚卸直営店 ビストロ酒場 ウオスケ 海鮮居酒屋
B1F 小皿中華 桃天 中華料理
B1F ゴンチャ 台湾ティーカフェ
B1F スターバックスコーヒー スペシャリティコーヒーストア
B1F 京のお肉処弘 ステーキ弁当・惣菜
B1F 青山フラワーマーケット 生花・ギフト
1F SAKURA BUS SQUARE バス待合所
1F ファミリーマート コンビニエンスストア
1F マンハッタンロールアイスクリーム アイスクリーム
1F ユニクロ メンズ・レディス・キッズ
1F Fruits Parlor & Bakery “Season &co.” フルーツパーラー
1F SQUARE ENIX CAFÉ OSAKA テーマカフェ
1F 茶処 よしふじ スイーツ&ドリンク
1F ジャパンカレーライススリーエイト カレー
1F ローズガーデンカフェ カフェ
1F JIATE ✕ 永福茶堂 台湾ティーカフェ
1F 金のおにぎり専門店 ぼんたぼんた おにぎり
2F スターバックスコーヒー スペシャリティコーヒーストア
2F AINZ&TULPE コスメ・ドラッグ
2F anello® 服飾雑貨
2F アーバンリサーチサニーレーベル レディス・メンズ
2F ジャカディ キッズ・ベビー
2F TRANSCONTINENTS メンズ・レディス
2F SWANS STORE スポーツアイウェア
2F エドウイン レディス・メンズ
2F アートスポーツ スポーツ
2F THE KISS アクセサリー雑貨
2F les mille feuilles de liberte 生花・ギフト
2F Otto FABIA レディス
2F BONbazaar レディス・メンズ・キッズ
2F JIKKO / 實光刃物 包丁・キッチン用品
2F HIPSHOP アンダーウェア
2F GO•HO•U•BI PARLOR フルーツパーラー
2F Maker’s Watch Knot 時計
2F ASICS OSAKA シューズ・ウェア
3F 貴和製作所 アクセサリーパーツ
3F BEAU ATOUT アクセサリー・雑貨・バッグ
3F CIAOPANIC TYPY レディス・メンズ・キッズ
3F 3COINS 生活雑貨
3F JINS 眼鏡・サングラス
3F earth music&ecology レディス
3F Green Parks topic レディス
3F スケッチャーズ シューズ
3F AMERICAN HOLIC レディス
3F frames RAY CASSIN レディス
3F フララニハワイ レディス・メンズ
3F intimissimi ランジェリー
3F ビジョンスタイル コンタクトレンズ
3F アインソフ 服飾雑貨
3F HIRAMEKI. 服飾雑貨
3F DHC直営店 化粧品・健康食品
3F une nana cool インナー
3F un paseo 靴下・服飾雑貨
3F SM2 keittio レディス
3F Wonder Fruits フルーツジュースバー
3F ATRENA 帽子・バッグ・小物
3F お直しラボ 洋服・バッグのお直し
3F Ludic Park レディス
3F U.F.O by Francfranc バラエティ雑貨
4F グローバルワーク レディス・メンズ・キッズ
4F fucca レディスシューズ
4F IKKA LOUNGE レディス・メンズ
4F ゴンチャ 台湾ティーカフェ
4F coen レディス・メンズ・雑貨
4F PET PARADISE ペット衣類・雑貨
4F CRAFT STANDARD BOUTIQUE レディス・メンズ・雑貨
4F AZULBY MOUSSY レディス・メンズ
4F JAMHOUSE バッグ・雑貨
4F NAUGHTIAM 財布・バッグ・時計
4F BODYMAKER スポーツアパレル
4F Flava Hat 帽子
4F Discoat レディス・メンズ・キッズ
4F OUTDOOR PRODUCTS バッグ・アパレル・雑貨
4F ジーンズメイト レディス・メンズ・雑貨
4F KOMUGI STONE 天然石アクセサリー
4F ABC-MART GRAND STAGE シューズ・アスレジャー
5F DAISO 100円ショップ
5F My Gym 子ども英語フィットネス
5F DADWAY ベビー・キッズ
5F キャラコレ キャラクター雑貨
5F 北極星 オムライスカフェ
5F FUNLIFE STORE キャラクターストリート
5F ミキハウス ホットビスケッツ キッズ・ベビー
5F モーリーファンタジー アミューズメント・ソフトクリーム
  Softcream Time by MINISTOP  
5F アートスポーツ Baby&Kids キッズ・ベビー スポーツ用品
6F 石井スポーツ 登山・スキー・キャンプ・アウトドア
6F Right-on メンズ・レディス・キッズ
6F セマンティック デザイン メンズ
6F コンファーム メンズ
6F SHIRTS PLAZA メンズ・レディスシャツ
6F 眼鏡市場 眼鏡・サングラス・補聴器
6F クラウデッドクローゼット メンズ
6F NYS Collection by Flava サングラス
6F GEARSJAM 鞄・雑貨
6F HIDEAWAYS メンズ
6F レイジブルー メンズ
6F THE SHOP TK メンズ
6F フィットネスショップ トレーニング&ジム
6F スーパースポーツゼビオ スポーツ用品
6F ヴィクトリアゴルフ ゴルフ用品
6F エルブレス トレッキング用品
6F グランサックス バッグ
6F リーバイス®ストア メンズ・レディス
7F ニトリ インテリア・生活雑貨
7F 整体×骨盤 カ・ラ・ダ ファクトリー 整体サロン
7F Bodysh アロマリラクゼーションサロン
7F ネイルステーション ネイルサロン
7F BODY ARCHI セルフエステスタジオ
7F エクササイズコーチ パーソナルトレーニングジム
7F 洋服の青山 メンズ・レディス
7F THE SUIT COMPANY メンズ・レディス
7F メガネのアイガン 眼鏡・サングラス・補聴器
7F ハートアップ コンタクトレンズ・眼鏡
7F こばやし眼科 眼科
7F つり具のブンブン 釣具
7F ほけんの窓口 保険ショップ
7F スワロウテイル まゆ・まつ毛サロン
7F Hanayumeウェディングデスク ウエディングデスク
7F H.I.S. 旅行代理店
7F Clarks シューズ
7F REGAL SHOES シューズ
7F アシックスウォーキング シューズ
8F WeWork コミュニティー型ワークスペース
8F World Wine Bar by Pieroth ワインバー
8F 神戸牛すてーきIshida. ステーキ
8F スターバックスコーヒー スペシャリティコーヒーストア
8F 鳥料理 藤よし 焼鶏・釜飯
8F 博多もつ鍋おおやま もつ鍋
8F 紅虎餃子房 中国料理
8F 酒房 うおまん 海鮮居酒屋
8F クラフトビールタップ グリル&キッチン ダイニングバー・バル
8F 焼肉の牛太 本陣 焼肉
8F 香港蒸籠 飲茶バイキング
8F 東京ガパオ タイ料理
8F ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺 CHABUTON ラーメン
8F イタリア料理カプリチョーザ イタリア料理
8F 天麩羅えびのや 天丼
8F そばよし 蕎麦
8F おひつごはん四六時中 和食
8F 回転寿司日本一 回転寿司
8F 鶴橋風月 お好み焼き
8F 伝説のすた丼屋 どんぶり・定食
8F 串家物語 串揚げビュッフェ
8F 肉屋のビストロ TAJIMAYA ビストロ
8F とんかつ薩摩 とんかつ
8F わいわい酒屋 楽 居酒屋
8F 名物もも焼き 大山 炭火焼鳥居酒屋
8F 博多天神ホルモン 鉄板焼
8F BLA diner アメリカンダイナー
8F ピッツェリア ポルケッタ イタリアン
8F 先斗入ル 京風スパゲティ
8F 但馬屋 しゃぶしゃぶ食べ放題
8F らーめん おちゃらん屋 ラーメン
8F MEAT RUSH ステーキ・ハンバーグ
8F 花旬庵 和食・蕎麦・うどん
8F 純韓国料理 チャンチ 韓国料理
8F ポムの樹 創作オムライス
8F BAQET ベーカリーレストラン
8F ハワイアンパンケーキファクトリー パンケーキカフェ
8F 開運館E&E 占い
ヨドバシ梅田タワー「LINKS UMEDA」

住所:大阪府大阪市北区大深町1-1
営業時間:9:30~22:00

関連記事:阪急・阪神、梅田駅・河原町駅など5駅を2019年10月1日改称-「大阪・京都のターミナル」明確化
関連記事:淀屋橋駅前にツインタワー建設へー大阪市が都市計画発表、2025年の完成めざす
関連記事:大阪・福島ふくまる通り57、2019年5月15日開業-JR西日本と阪神電鉄、複合商業施設で初コラボ
関連記事:ホテル阪急レスパイア大阪、2019年11月開業-阪急阪神ホテルズの新ブランド1号店、ヨドバシ梅田タワーに
関連記事:ダイソー梅田OPA店、2019年4月12日開店-ダイソー「新ロゴ」採用1号店、関西最大級
関連記事:「うめきた2期」概要を発表-梅田貨物駅跡に「巨大な公園」、「北梅田駅」も
関連記事:(仮称)梅田曽根崎計画、2022年完成-大阪北小跡、梅田最高層の複合ビルに

シモキタエキウエ、2019年11月1日開業-小田急下北線路街、2020年12月までに12施設を開業

小田急電鉄は、東京都世田谷区の小田急小田原線東北沢駅から世田谷代田駅間において新たな都市開発プロジェクト「下北線路街」をおこなうことを発表し、商業施設としての1期部分「シモキタエキウエ」が2019年11月1日に開業した。

シモキタエキウエ・小田急下北沢駅。

地下化された小田急小田原線跡地に12施設を新規開設

下北線路街は小田急小田原線代々木上原駅・梅ヶ丘駅間の連続立体交差事業及び複々線化事業により、地下化された鉄道跡地再開発の一環で整備されるもので、敷地面積は約27,500㎡。

開発予定エリア。

開発テーマに「“支援型開発”「変える」のではなく、街への「支援」を目指して。」、開発コンセプトに「BE YOU. シモキタらしく。ジブンらしく。」を掲げ、2019年4月までに開業済の複合施設「世田谷代田キャンパス(核:東京農業大学オープンカレッジ)」(②)、小田急不動産の賃貸住宅「リージア代田テラス」(①)に加えて、11月1日に開業する下北沢駅構内商業施設「シモキタエキウエ」(⑨、約1,500㎡)や住居併設商業施設「BONUS TRACK」(⑥、約900㎡)、大手コーヒー・グロサリー専門店「カルディ」のテストキッチン&カフェ「KALDINO」(③、約300㎡)、エンタメカフェレストラン(⑫)、社会福祉法人仁慈保幼園の保育園(⑤)、学生寮(⑦)、箱根からお湯を運ぶ温泉旅館(④)、宿泊施設(⑬)など13施設(うち1つは期間限定イベントスペース、⑩)を、2020年12月までに順次開設させる。

シモキタエキウエ、2019年11月1日開業

11月1日に開業する「シモキタエキウエ」は小田急下北沢駅の上層部分の改札内外に開業する商業施設。
施設のコンセプトは「UP!(シモキタアガル)」で、毎日の暮らしの楽しさや利便性が「アガル」、訪れた人の気持ちが「アガル」施設を目指すという。

シモキタエキウエ。

テナントとしては、改札内外に2店舗出店するコンビニエンスストア「セブンイレブン」、生活雑貨「SOCO thinking GORILLA」、時計「タイムランド」のほか「スターバックスコーヒー」など飲食店を中心に16店舗が出店する。
なお、主な飲食店の営業時間は

スターバックスなどが出店。
館内各所にある長場雄氏のイラストも見える。

シモキタエキウエのテナント一覧
  • セブンイレブン(改札外)
  • SOCO thinking GORILLA
  • タイムランド
  • ターバックスコーヒー
  • 立呑み天ぷら KIKU
  • ヤキトリてっちゃん thinking GORILLA
  • シュマッツベーカリー&ビア
  • ルコネル
  • グラニフ
  • 極上担担麺香家
  • コーヒースタイルUCC
  • タイ料理研究所
  • ザ・ギャザーストア
  • セブンイレブン(改札内)
  • HOKUO(改札内)
  • 箱根そば(改札内)
小田急、イベントスペースを開設

今回の開発プロジェクトに合わせて、小田急は下北線路街のコンセプトを体現する常設カフェスタンド併設のイベントスペース「下北線路街 空き地」を2019年9月24日から約1年半の期間限定で開設、公式ホームページ上にWEBメディア「下北沢、線路と街」を開設する。
小田急電鉄は「下北線路街では、街をつなぎ、ひとをつなぐまちづくりの基盤の構築を通じて、特に地域の方々が楽しく参加できる仕掛けを行うことで、下北沢エリアの発展に貢献していきます。 」とコメントしており、鉄道地下化に伴う再開発で姿を変えつつある下北沢の新たなまちづくりに貢献するような開発が期待される。

関連記事:東急プラザ渋谷、2019年12月開業―10月竣工の「渋谷フクラス」に
関連記事:ライフ桜新町店、2019年2月6日開店-新時代の「旗艦店」に
関連記事:八百幸成城店、2017年11月7日開店-ヤオコー、初の都市型小型店

大丸心斎橋店本館、2019年9月20日13時開業-86年ぶりの本館建替え、新業態・関西初を含む368ブランド出店

大阪府大阪市中央区心斎橋筋の百貨店「大丸心斎橋店(しんさいばしみせ)本館」が、約3年半の建替工事期間を終え、2019年9月20日13時に開業した。

大丸心斎橋店本館。

心斎橋の象徴、約3年半ぶりに復活

大丸心斎橋店は1726年に呉服店として開店。
旧本館は1922年から1933年にかけて建設された。アメリカ人著名建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」により設計されたもので、商業都市・大阪を代表する繁華街「心斎橋」のシンボルとなっていたが、2015年7月に再開発計画が正式発表され、同年12月30日をもって営業を終了。2016年2月から建替工事が進められていた。
建物は地上8階地下2階建、高さ40m、売場面積は約31,000㎡、延床面積は約49,000㎡だった。
daimaruss
大丸心斎橋店本館。

86年ぶりに本館建替え、テナントとの融合で368店出店

建替え後の大丸心斎橋店本館は地上11階地下3階建、営業フロアは地上10階~地下2階、高さ60m、売場面積は約40,000㎡、延床面積は約66,000㎡。

エントランス。

ストアコンセプトに「Delight the World「世界が憧れる、心斎橋へ。」」を掲げ、新業態47店舗、関西初出店41店舗を含む368店舗を導入。
従来、百貨店が特徴としていた「買取」「消化仕入」主体の取引形態、契約に加え、一般的な商業施設と同様の「定期賃貸借契約」によるブランド導入を推進。全売場面積のうち、約3分の2をテナントに貸し出すという運営モデルを採り、百貨店と専門店の融合を目指した構成となる。

商店街側エントランスのピーコック像。以前のままの雰囲気。

大丸は、同店独自の「5つの提供価値「フィロソフィ」」を策定するなど「世界と未来にむけて進化する百貨店」を目指すとしている。

エントランスにはシンボルのステンドグラスが。

地下部分には「フードホール」登場

地下2階では生鮮食品やグロサリー専門店に加え、NYスタイルのライブキッチンを取り入れたフードホール「心斎橋フードホール」を展開。
心斎橋フードホール(約350席)では「五感が刺激されるライブキッチン」を掲げ、トリュフ専門店「Artisan DE LA Truffe PARIS」、不二製油グループが手掛ける植物性フード専門店「UPGRADE Plant based kitchen」、日本橋・黒門市場に本店を構えミシュラン1つ星を獲得する「六覺燈」のグルテンフリー串揚げ専門店「あげもんや 六覺燈」など新業態11店舗を含む13店舗が出店。スマートフォン端末を活用する事前オーダーシステムなど西日本の百貨店では初となるサービスも導入される。
心斎橋フードホール。

地下1階では和洋菓子や惣菜、婦人洋品雑貨売場を展開。
食品売場では「ここにしかないNEWが凝縮されたデパチカ」を掲げ、ハウス食品の「クワエル スパイス」、味富士の発酵バター専門店「BUTTER ROUEN(バタールーアン)」、船場吉兆を前身に持つ大阪・北新地の「日本料理 湯木」など新業態12店舗、石屋製菓の“北海道では手に入らないスイーツ”を取扱う「イシヤ心斎橋」、東京・恵比寿の日本料理店「賛否両論」が手掛けるスイーツ専門店、BAKEのガトーショコラ専門店「Chocolaphil(ショコラフィル)」、仙台銘菓「萩の月」や「ずんだシェイク」で知られる「菓匠三全」の「HONMIDO(本実堂)」、フランス料理シェフのデザートサロン「ル・ショコラ・アランデュカス」(カフェ併設)など関西初9店舗を含む62ブランドが出店。ウィリアム・メレル・ヴォーリズが洋菓子部門設立に携わった「たねや」(滋賀県近江八幡市)では、「ヴォーリズ建築の意匠を象った香川県産和三盆のお干菓子」も販売する。
たねや心斎橋大丸店「お干菓子ヴォーリズ」。

また、地下1階では大阪メトロ心斎橋駅とも直結される。

駅直結となる。ここにもヴォーリズのモチーフが。

1階ではシャンデリアなどの内装も復原

1階では「圧倒的な美の空間」を掲げ、関西初となるディオールの新フレグランスコレクション「MAISON CHRISTIAN DIOR(メゾン クリスチャン ディオール)」など、化粧品やアクセサリーを中心とした45ブランドが出店。サードウェーブ系グルメバーガー「シェイクシャック」も心斎橋初となる店舗を出店する。
なお、同店は日本国内では「アフタヌーンティールーム」などと同じ「サザビリーグ」が展開している。

シェイクシャック。


店内の壁画には「大阪のモチーフ」も。

フロアには大丸心斎橋店の象徴ともいえるウィリアム・メレル・ヴォーリズによる装飾が保存されていることから、「ヴォーリズ建築を復原したクラシカルな内装と、ウルトラモダンな鏡面天井を組み合わせ、物語の中に入り込んだような世界観を生み出す」としており、戦時中ごろに撤去されたシャンデリアなど失われていた内装も一部が復原されている。

1階・化粧品内装。シャンデリアも復原された。


1階・エレベーターホール。以前のままの雰囲気。

また、エントランスには名和晃平氏によるプラチナとゴールドの鳳凰像が飾られ、華やかさを演出する。

鳳凰像。もともと大丸のシンボルは「ピーコック」ではなく「フェニックス」となる予定だったという逸話もある。 

2階では「世界最高水準のラグジュアリーブランドの伝統と今が体感できるフロア」を掲げ、西日本最大級のVIPルームを備えた「Cartier(カルティエ)」やフルラインナップの「Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)」など20のラグジュアリーファッション・ジュエリーブランドが出店。NY発のチョコレートレストラン「MARIEBELLE」も新ブランド「MARIEBELLE the LOUNGE(マリベル・ザ・ラウンジ)」を出店する。

3階では「世界最旬のコンテンポラリーデザイナーズの魅力を体感できるフロア」を掲げ、「Christian Louboutin(ク
リスチャン・ルブタン)
」の西日本旗艦店や「CELINE(セリーヌ)」など、ラグジュアリーファッション、シューズを中心とした26のブランドが出店。大丸松坂屋百貨店が手掛けるGINZA SIX発の生活提案型自主編集コンセプトストア「SIXIÈME GINZA(シジェームギンザ)」も導入する。
SIXIÈME GINZA。

4階では「世界最新のファッションカルチャーを提案するフロア」を掲げ、国内3店舗目の直営店かつ大阪エリアの百貨店内初となるNY近代美術館の「MoMA Design Store」(ロフト運営)、ジェイソン・デンハムが手掛けるデニム専門店「DENHAM」の工房併設型店舗など20ブランドが出店する。
DENHAM.

5階では「自分らしさ・自然体を大切に上質なライフスタイルを提案するフロア」を掲げ、オンワード樫山の旗艦店「23区 SHINSAIBASHI」など新業態2店舗、ワールドのコンセプトショップ「UNTITLED salon(アンタイトル サロン)」、3Dボディスキャナや接客AIを導入した下着専門店「ワコール 3D smart & try」など関西初4店舗を含む26のブランドが出店する。
6階では「Art & Craftsmanshipが体感できるフロア」を掲げ、西日本初となるバーバー併設のアメリカントラッドファッションの旗艦店「FREEMANS SPORTING CLUB」、タキヒヨーのライフスタイル提案型セレクトショップ「BOB for Melangetop」、AKMのデザイナーとして知られた小澤智弘が手掛ける「1PIU1UGUALE3(1PIU1UGUALE3 )」、大丸が1959年に立ち上げた既製スーツブランド「TROJAN(トロージャン)」、ドイツの名門カメラブランド「Leica(ライカ)」のギャラリー併設店舗など45ブランドが出店。
FREEMANS SPORTING CLUB DAIMARU SHINSAIBASHI.

かつて中2階にあった喫茶「サロン・ド・デ・ヴォーリズ」も5階に設けられる。

サロン・ド・デ・ヴォーリズ。

7階「心斎橋ひとときテラス」では「心斎橋エリアのオアシスとなるフロア」を掲げ、伊藤園の新業態カフェ「Four Green Leaves ITOEN」、国内初となる常設カスタムコーナーを併設したベビー用品ブランド「familiar(ファミリア)」、化粧品・健康食品「DHC」、BBQやパーティも可能なテラスレストラン「TUFFE TERACCE EAT」(店内82席、テラス48席、全130席)など31ブランドが出店。

かつての屋上部分はテラスに。


ひとときテラス。

8階では「これからの日本のくらしのヒントがみつかるフロア」を掲げ、「中川政七商店・茶論」初の一体型店舗などライフスタイル雑貨、美術・呉服・宝飾、ギフトを中心とした31ブランドが出店する。

8階。

「海洋堂」や「ポケモンセンター」も登場

9階では「モノ・コトを通して“本物の日本”を世界に向けて発信していくフロア」を掲げ、日本初となる海洋堂フィギュアの展示・販売スペースを併設する「タリーズコーヒー KAIYODO」や関西初となるカフェ併設ポケモン直営店「ポケモンセンターオーサカDX&ポケモンカフェ」、少年ジャンプのグッズ店「JUMPショップ」、スーツケースブランド「ACE BAGS&LUGGAGE」「Samsonite」など8店舗が出店。

ポケモンセンターオーサカ(ショーウインドウ)。


ジャンプショップ。

訪日外国人観光客のインバウンド需要に対応した免税・観光案内・手荷物預かり拠点「海外お客様サービスカウンター」も設けられる。

Pokemon Center OSAKA DX.

10階では「日本の食文化を世界にむけて発信するフロア」を掲げ、老舗大阪寿司店「すし萬」(1653年創業)や京都・八坂通に本店を構える「京都祇園 天ぷら圓堂」「お茶屋バー 近江榮」(1885年創業)、名古屋みそかつ「矢場とん」(1947年創業)、焼肉「叙々苑」、船場吉兆を前身に持つ「日本料理 湯木」、ミシュランのビブグルマンにも選定された大阪・肥後橋の「青空blue」、お好み焼き店・千房の高級業態「ぷれじでんと千房」、大阪初出店となる韓国料理店「美菜莉」、うなぎ料理店「赤坂ふきぬき」など14店舗が出店。

10階・飲食街。

ホームページや店内サイネージで混雑状況がわかるタッチパネル式の順番待ちシステムも導入される。

心斎橋北館、9月15日閉店-2021年にパルコ出店

今回の大丸心斎橋店本館リニューアルに伴い、北館(旧・そごう心斎橋本店)は1階一部ブランドを除き2019年9月15日18時をもって一時休館。2021年春を目途に「心斎橋パルコ」と大丸心斎橋本店の専門店街により構成される新施設に転換し、本館と一体的な都市型ショッピングセンターとなる予定。

旧・そごう心斎橋本店。

J.フロントリテイリングの山本良一取締役兼代表執行役社長によると、新本館を「百貨店改革の集大成」、2021年の全館開業後の新施設を「Jフロントが手掛ける商業施設の到達点」と位置付けてられてるといい、2017年4月に開業した「GINZA SIX」とは異なる商業施設として、大阪ミナミを、そして新時代の百貨店業界を牽引していく役割が期待される。

大丸心斎橋店の夜景。
(撮影:びるまちさん/イメージはニュースリリースより)

大丸心斎橋店本館

住所:大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
営業時間:10:00~20:30(ショップ)
営業時間:10:00~23:00(フードホール)
営業時間:11:00~23:00(レストラン)

関連記事:ドン・キホーテ道頓堀北館、2019年4月18日開店-ドンキ初「インバウンド強化店」
関連記事:なんばスカイオ、2018年10月17日開業-南海難波駅直結、南海本社跡の超高層複合ビル
関連記事:エディオンなんば本店、2019年初夏開店-同社最大の都市型旗艦店、精華小学校跡地に

トキハ別府店、2019年9月6日リニューアル(新規テナント一覧)-「フードホール」「足湯」が登場

大分県別府市の百貨店「トキハ別府店」が2019年9月6日に全館リニューアルオープンする。
前回の記事はこちら

トキハ別府店。

約20店舗が新規出店

今回の改装コンセプトは「ゆのまち百貨店」。プレオープンとなった9月5日は9時30分から記念式典がおこなわれた。
記念式典のなかで、トキハの池辺克城社長は「百貨店は苦しいが豊かな暮らしに貢献したい」「国際観光都市として発展する別府の中核を担いたい」と挨拶。それに続けて、来賓の長野恭紘別府市長が「別府市はトキハに迷惑をかけたこともある、しっかりと協調して繁栄していきたい」(注:当初建物は第三セクター所有であったがバブル崩壊などで経営破綻、土地と建物をトキハに44億円で購入させることで市の負債を返済)と述べたうえで、「時代のニーズ、観光客のニーズも変化してモノからコトへを意識した店になった」と評価した。

ブルーテラス(センタープラザ)・開店記念式典。

巫女舞が披露されたのち、テープカットがおこなわれ開店となった。トキハ店歌「ひまわりロン」が流れるなか、多くの人が店内へと流れ込んだ。

テープカット。

人気を集めるフードホール「湯けむり横丁」

来店客からは若者に人気の大手テナントがあまり出店しなかったことを残念に思う声も聞かれたものの、目玉となった地階のフードホール、フードキッチンは大きな賑わいを見せ「OPA(大分オーパ)よりいいやん」と話す客もみられた。
館内にはまだ空き床があり、今後も改装が進むとみられるため、人気テナントの誘致が期待される。
なお、今回の改装により西館(専門店街)と東館のうち無印良品、セリアの営業時間が10時~21時までへと変更されている。
改装概要についての詳細は前の記事も参照のこと。

目玉テナントなど


東館7階・ぶらり劇場別府座。


東館屋上・フットサルコート。


東館屋上・神社。


西館4階・ナムコ別府あそびめぐり。


東館4階・セリア。


西館2階・専門店街。雑貨、アパレルなど。


東館2階・BEAMS DESIGN・T’s Collection・コムサなど。


西館1階・BEAMSベップニュースタンダード・土産品など。


西館1階・ココカラファイン。


東館1階・無印良品。増床、冷食や靴など取扱開始。
冷食の取扱は九州で2店目。


東館1階・化粧品サロン。資生堂、シャネル、SKⅡなど。


東館1階・大理石のエレベーターホール。


1階センターモール。


東館前・新設された横断歩道。


地階メトロプラザ・足湯。足湯袋は10円で販売。


東館地階・スープストックトーキョー。


東館地階・成城石井セレクションなど。


東館地階・銘菓・ベーカリー。


東館地階・トキハインダストリー。産直マルシェも。


西館地階・フードホール湯けむり横丁。

リニューアル記念イベント・催事を実施

トキハ別府店ではリニューアルを記念して各種イベントが開催される。主なイベントは以下の通り。

  • 9月5日~11日・東館地階催し場
    九州うまいもの物産展
    :岩崎本舗角煮饅頭(長崎)、成功胡椒餅(平戸)、佐世保バーガーBIG MAN、村岡総本舗小城羊羹、天文館むじゃき白くま(鹿児島)など。
  • 9月5日~8日・3階連絡通路
    『手づくるモノ。』~日々のおきにいり~
    :ハンドメイド作家による作品展。
  • 9月5日~8日・東館3階
    イビサ「マスコットワークショップ」
    :イビサの革製マスコット無料制作体験イベント
  • 9月6日~8日・1階ブルーテラス(センタープラザ)
    ブルーテラスマーケット
    :イタリアンシェフによる出張調理、ワインなど。
  • 9月8日14時・東館4階リブロ
    ザ・キャビンカンパニーお話会&サイン会
    :大分県出身の絵本作家「ザ・キャビンカンパニー」来店。
  • 9月8日13時・1階ブルーテラス(センタープラザ)
    大分県警察音楽隊演奏会
  • 9月12日~18日・1階センターモールほか
    秋の美と健康フェア
  • 9月12日~18日・東館地階
    大分ふるさとまつり(物産展)
9月6日までに新規出店したテナント一覧
  • ぶらり劇場(劇場)東館7階
  • ロイブ(ホットヨガ)東館5階
  • 未定(スポーツジム)東館5階→当面は催し場
    :9月21日から11月10日まで紙造形アーティストの関口光太郎氏による横幅25m×奥行き15m の大型オブジェが展示される。
  • ナムコ別府あそびめぐり(屋内遊園地)西館4階
  • トキハ眼鏡サロン(釘宮メガネ・トキハ共同)東館4階
  • 催し場(暫定) 東館4階
  • 地球文化屋(雑貨・アパレル)西館4階:2020年春開店予定
  • 生活実感工房(雑貨)?:2020年春開店予定
  • ジェイオン(レディスアパレル)東館3階
  • BEAMS DESIGN(ビームスのバッグ、9月8日まで)東館2階
  • オーシー・トキハカード(クレジットカード)東館2階
  • grove(レディスアパレル)西館2階
  • AMERICAN HOLIC(レディスアパレル)西館2階
  • T’s Collection(レディスアパレル)西館2階
  • HugHug(ヤングレディスアパレル)西館2階
  • ベルフィール(ミセスレディスアパレル)西館2階
  • ヘアカラーズ(美容院)西館2階
  • ユニバーサルドライブ(雑貨)西館2階
  • zakka eQ(アクセサリー・雑貨)西館2階
  • ストライプデパートメント(9月12~25日予定)2階連絡通路
  • ベップニュースタンダード(BEAMSコラボ土産店)西館1階
  • まめ秀(豆菓子・豊後高田銘菓)西館1階
  • おんせん市場(トキハ直営/銘菓・銘品)西館1階
  • ココカラファイン(ドラッグストア)西館1階
  • zoff(眼鏡店)西館1階
  • OJICO(Tシャツ)(~11月4日まで出店)西館1階
  • ちふれHIKARIMIRAI(化粧品、業態転換)東館1階
  • ちふれ綾花(化粧品、業態転換)東館1階
  • ローソン(コンビニエンスストア)東館1階
  • ブルーテラス(イベントステージ)1階センタープラザ
  • ステラおばさん(クッキー)東館B階
  • 福砂屋(カステラ・長崎銘菓)東館B階
  • 銀座 鹿鳴館(洋菓子・東京銘菓)東館B階
  • 菓匠 清閑院(和菓子・京都銘菓)東館B階
  • 足湯(温泉)B階メトロプラザ
  • おしゃれ工房(洋服リフォーム)東館B階
  • トキハインダストリーフードキッチン内
    :家で食べるスープストックトーキョー(冷凍惣菜)東館B階
    :成城石井セレクション(PB商品売場)東館B階
    :中華菜館(中華惣菜)東館B階
    :タムラチキン(惣菜)東館B階
    :丸勝(惣菜)東館B館
    :東洋食品 味花(惣菜)東館B階
    :米工房(惣菜、再出店)東館B階
    :レストランドリーム(惣菜)東館B階
    :リョーユープルネール(ベーカリー)東館B階
  • 湯けむり横丁(飲食街)西館B階
    :六盛(別府冷麺)
    :レストラン東洋軒(鶏天など)
    うどん政太郎(うどん)
    →機械故障で閉店、「大資うどん」が出店予定
    →出店中止?
    :佐賀関食堂(海鮮丼など)
    :果実の時間(フレッシュジュース・フルーツパフェ)
    :Bon Tea(タピオカミルクティー・チーズティーなど)


西館地階・フードホール湯けむり横丁、東洋軒など。

※成城石井などはコーナーとしての出店であり、単独店舗ではないため各社サイトに記載ない場合あり。

館内構成・主なテナント
東館 EAST SIDE 西館 WEST SIDE
  淺井裕介 屋上画
12   駐車場・展望室
11   駐車場・EV車充電
10   駐車場
神社・展望デッキ 駐車場
フットサルスタジアム・文化教室 駐車場
海の見えるレストラン街・ぶらり劇場 駐車場・身障駐車場
リクルート・ジブラルタ生命 駐車場
ホットヨガロイブ・催し場 駐車場
リブロ・フタタ・Seria・いとや
地球文化屋・トキハ眼鏡サロン
ナムコ・催し場
別府あそびめぐり
婦人服・婦人雑貨・呉服・制服・喫茶 Right-on・カーブス
ABC-MART
紳士服・スポーツ・家庭用品・寝具
コムサイズム・子供服WARAWA
アパレルテナント
雑貨テナントなど
総合案内所・化粧品・ローソン
無印良品・スターバックス
お土産・ココカラ
郵便局・銀行・医院
食品(トキハインダストリー)
全国銘菓・酒・ベーカリー・催し場
フードホール
足湯(温泉)
トキハ別府店

住所:大分県別府市北浜二丁目9番1号
おもな営業時間:
10:00~21:00
:西館ほぼ全て・メトロプラザ足湯
:東館のうち無印良品・セリア
(六盛・東洋軒など11時から)
10:00~19:00(イベント時20:00閉店)
:東館の大部分(地階食品・化粧品など)
2020年3月から
10:00~20:00
:西館・東館(一部除く)
10:00~19:00(イベント時20:00閉店)
:東館のうち2階・3階(婦人服など)
以下は変更なし
11:00~20:00から24:00
(店舗による)
:東館7階~8階(屋上含む)
8:00~21:00
:東館 スターバックス
24時間営業
:東館 ローソン


東館1階・バス停前にはローソンが出店。

関連記事:トキハ別府店、2019年9月6日全館リニューアル-「攻め」の経営で新時代の地方百貨店像描く
関連記事:別府杉乃井ホテル、2025年までに全面リニューアル-九州最大級のホテル、投資額400億円以上で「更に巨大化」へ
関連記事:トキハ本店・ヴィトン跡に「スタバ」、2019年5月4日開店-スタバ、別府公園にも出店
関連記事:中三弘前店マチナカラック、2019年8月開業-上層階を「アウトレットモール」化、地方百貨店の新モデルに

中三弘前店マチナカラック、2019年8月30日開業-百貨店初「高層階アウトレットモール」化

青森県弘前市土手町の百貨店「中三弘前店」に、都市型アウトレットモール「マチナカラック(MACHINAKA RACK)」が2019年8月30日にグランドオープンした。
以前の中三の記事はこちら
p1040572中三弘前店。

2018年5月からリニューアルを進めていた中三弘前店

中三弘前店は1962年11月に開業。現在の建物は1968年4月に新築、1995年4月に増床リニューアルを実施したもので、地上8階地下1階建、売場面積は20,434㎡。
運営会社である中三は2011年に東日本大震災の影響を受けて民事再生手続を開始、日本百貨店協会から退会したが、2012年5月の弘前店への大型書店「丸善ジュンク堂書店」導入を始めとする経営改革により、2015年2月に再建手続を終了。2016年10月からは東北地方を中心に飲食業・医療関連事業を手掛ける「MiK」(青森県青森市)の完全子会社となり、2018年5月からはMiK主導による弘前店の全面改装を進めている。
その後はリニューアルの一環として2018年5月に7階を閉鎖、9月にイタリアンレストラン「カプリチョーザ」及びベーカリーカフェ「HEART BREAD ANTIQUE」を1階に出店、2019年4月に地元弘前市の雑貨店「HOMEWORKS」を3階に出店している。

従来の百貨店の常識を覆す「都市型アウトレット」誕生

マチナカラックは中三弘前店の4階・5階に開業。運営は中三の親会社である「MiK」(青森県青森市)と「StyleAgent」(兵庫県神戸市)が中心となって行う。
マチナカラック

中三は都市型アウトレットモールの実現に向けて取引先各社との連携を推進、統一感のある内装デザインや集中レジの採用といった取組みを進めたとしており、マチナカラックにはセレクトショップ「nano・universe」や109系として知られる「SLY」「moussy」など若年層を対象としたブランドや三陽商会の「SANYO STORE」、ヴァンドーム青山の「VENDOME SELECT」、中三プロデュースの「NAKASAN collection」といった百貨店ならではブランド、「N40°コーヒースタンド」など、青森県内初を含む約80のブランドが2フロア52区画に出店する。

マチナカラック。

N40°COFFEE STAND.

中三の木村中社長は、取材に対し「百貨店が大変厳しいという時代のなかで、我々は広域から、若い人からシニアの方までもう一度客層を横にも縦にも広げる」「(秋田県北部など青森県外から多数問合せがあったことから)超広域から沢山の方が広く弘前に来ていただける」「我々の再生が街の賑わいも引き起こす」とコメント。リニューアルに伴い2018年5月以降閉鎖中の7階フロアについてもアウトレット売場として拡張を検討しているという。
中三では今回のマチナカラック開業に合わせ、8月29日(プレオープン)から協賛セールイベント「中三ビッグフェスティバル」を期間限定開催。8月30日からは金・土曜日の高層階営業時間を1時間延長する。
また、提携駐車場の優待時間も変更される(一例:1000円以上の購入で3時間無料など)。
中三ではこのほか地階の改装もおこなわれており、9月10日にリニューアルオープンする。

マチナカラックに出店するブランド一覧(4階)
  • ROSSIGNOL(アウトドア・スポーツ)
  • SILVERMARK(アウトドア・スポーツ)
  • Millet(アウトドア・スポーツ)
  • SANYO STORE(メンズファッション)
  • DOUBLE STANDARD CLOTHING(メンズファッション)
  • BeBe(キッズ)
  • N40°(メンズファッション)
  • SCOTCH & SODA(メンズファッション)
  • Manuel Ritz(メンズファッション)
  • Levi’s(メンズ・レディースカジュアル)
  • Theory(メンズ・レディースカジュアル)
  • N40°SPORTS(アウトドア・スポーツ)
  • Heal Creek(アウトドア・スポーツ)
  • The Stage(メンズファッション)
  • G-stage(メンズファッション)
  • GALLIPOLI(メンズファッション)
  • nano・universe(メンズ・レディースカジュアル)
  • Denime(メンズ・レディースカジュアル)
マチナカラックに出店するブランド一覧(5階)
  • L’EQUIPE wb(レディースファッション)
  • SANYO STORE(レディースファッション)
  • TOBELLE(レディースファッション)
  • BRADELIS New York(レディースファッション)
  • UGG(アグ)(レディースファッション)
  • JILL STUART(レディースファッション)
  • NATURAL BEAUTY(レディースファッション)
  • ne Quittez pas(ヌキテパ)(レディースファッション)
  • WJKW(レディースファッション)
  • RODEO CROWNS(レディースファッション)
  • SLY(レディースファッション)
  • moussy(レディースファッション)
  • N40°COFFEE STAND(カフェ)
  • John Masters Organics(レディースファッション)
  • NAKASAN COLLECTION(レディースファッション)
  • VENDOME SELECT(アクセサリー)
  • DOUBLE STANDARD CLOTHING(レディースファッション)
  • The Stage(レディースファッション)
  • Ray Cassin(レディースファッション)
  • AVAN LILY(レディースファッション)
  • rienda(レディースファッション)
  • MISCH MASCH(レディースファッション)
中三弘前店・マチナカラック

住所:弘前市土手町49-1
営業時間:10時~日から木19時、土日20時まで

関連記事:中三弘前店マチナカラック、2019年8月開業-上層階を「アウトレットモール」化、地方百貨店の新モデルに
関連記事:紀伊國屋書店弘前店、2019年5月6日閉店-東北初の紀伊國屋、35年の歴史に幕
関連記事:中三青森本店、2019年4月30日閉店-再開発ビル下層階に再出店を検討

関連記事:さとちょう弘前ヒロロ店、2018年8月7日開店-トラブルで閉店の「ルミエール」跡、新たな核店舗に

ニコキッチン六本松店、2019年5月24日開店-イオン九州の新業態小型店

福岡市中央区の地下鉄六本松駅ちかくにイオン九州の新業態小型店1号店となる「ニコキッチン六本松店」が2019年5月24日に開店した。

ニコキッチン六本松店。

イオン九州の新業態「狭小店」

ニコキッチン(nico kitchen)はイオン九州の新業態小型店で、2019年1月からイオン(ダイエー)二日市店内に実験的な店舗を出店していた。六本松店は単独店舗1号店となった。
ニコキッチン六本松店が出店したのは地下鉄六本松駅近く、六本松交差点前に新築された「六本松SKビル」の1階。なお、同ビルの2~3階には医療モールがある。
向かいには官民による再開発ビル「六本松421」が所在する。

六本松421。

ニコキッチンの店内は一般的なコンビニより少し広い程度で、スーパーマーケットで見られるような明るい木目調の内装が特徴。
取扱商品は加工食品・冷凍食品・インスタント食品を中心とした食品、衛生用品などの日用雑貨となる。開店時には生鮮食品、酒類は販売されていなかった。
テナントとして大手惣菜店「クック・チャム」(愛媛県)、阪急系の100円ベーカリー「阪急ベーカリー」(大阪市)が出店するほか、イートインが併設されている。銀行ATMなどは設置されていない。

店舗ロゴ。テナントは2店舗。

新業態のターゲットはいかに…?

イオン九州の都市型新業態ということで注目された「ニコキッチン」であるが、系列他社の「まいばすけっと」「イオンエクスプレス」などの小型スーパーとは大きく異なった趣となった。

人口密集地のビル1階に出店。2~3階は医療モール。

一方で、人口密集地の駅チカにあり通勤・通学需要が見込める立地であるものの、開店時間は朝8時からとその需要を満たすには遅く、また銀行ATMが無いなど、「スーパーとしても」「コンビニとしても」少し不便・中途半端に思う点も少なくない。
今度は他地域にも店舗網を広げていくことになるのだろうか。

ニコキッチン六本松店

住所:福岡市中央区六本松2-3-6
六本松SKビル1F
営業時間:8:00~21:00

外部リンク:天神ショッパーズ福岡、2019年4月25日開業-旧ダイエー、複合商業施設に
関連記事:レイリア大橋、2019年4月26日開業-旧・大橋西鉄名店街
関連記事:福岡ビル、2019年3月末閉館-TSUTAYAはショッパーズに、西鉄本社は博多に移転
関連記事:イムズ(IMS)、2021年度閉店-福岡・天神のシンボル、再開発で32年の歴史に幕
関連記事:六本松421、2017年10月全面開業-九大跡再開発、蔦屋の旗艦店、科学館などで構成