イオンタウン平野、2023年8月31日閉店-マックスバリュ核、専門店街は8月20日に先行閉店

大阪府大阪市平野区のJR平野駅北口近くにあるイオングループ系商業施設「イオンタウン平野」が2023年8月20日をもって専門店フロアを閉店、同年8月31日をもって全館閉店する。

平野駅前の大型店、わずか19年で閉店

イオンタウン平野は2003年12月に開業。店舗面積は7,234㎡。

イオンラウン平野・マックスバリュ平野駅前(公式サイトより)

2023年5月現在は、イオングループの食品スーパー「マックスバリュ平野駅前店」を核に、総合衣料品店「パレット」、靴量販店「ASBee fam.」、100円ショップ「ダイソー」、家具インテリア雑貨店「ニトリ」、書籍・文具・雑貨店「未来屋書店」、飲食店「KFCケンタッキーフライドチキン」「サイゼリヤ」「四六時中」など30店舗が入居する。
平野駅周辺では南口のイズミヤに匹敵する大型店であったが、わずか19年ほどで閉店することととなった。

関連記事:イオンエクスプレス平野駅前店、2022年9月30日閉店-イオンの都市型スーパー、近畿から消滅

 

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加