ミグランス、2月15日開業-全国初「市役所+ホテル」の複合施設

近鉄大和八木駅前に、大型複合施設「ミグランス」が2月15日に開業した。

ミグランス。

全国初となる「市役所+ホテル」の複合施設

ミグランスは地上10階建てで、延床面積は15,720.85㎡。高さは橿原市最高層の45mで、これは奈良県内でもJR奈良駅前の「ホテル日航奈良」(46m)に次ぐ高層ビルだ。
施設名の「ミグランス」は全国から公募された名称であり、橿原市章にも起用されているトビの学名「ミルヴス ミグランス」から名付けられた。

大和八木駅前の街並みとミグランス。

 ミグランスは全国初となる「市役所(分庁舎)」と「ホテル」の複合施設となっており、1階から4階には橿原市役所分庁舎やコンベンション施設、観光案内所、レストランが入居。5階から10階には核テナントの「カンデオホテルズ奈良橿原」が入居している。
10階の一部は展望フロアとして市民や観光客に開放されており、橿原市の街並みや大和三山を見渡すことができる。

ミグランスのエントランス。

 奈良県内では外国人観光客の増加により「ホテル不足」が問題となっていた。
その一方で、周辺店舗からは「公共施設が宿泊費の安いビジネスホテルや飲食店をテナントに入れるとは民業圧迫だ」との声も上がっているという。

外部リンク:ミグランス 橿原市役所新分庁舎 | 大和八木駅から徒歩五分、中南和地域の観光・イベント情報・宿泊案内
外部リンク:【公式】カンデオホテルズ奈良橿原|2018年2月15日グランドオープン
外部リンク:複合施設「ミグランス」 – 橿原市
関連記事:旧・奈良監獄、7月15・16日に最後の見学会-2020年の「ホテル化」目指す
関連記事:イトーヨーカドー奈良店、9月10日閉店-旧・奈良そごう、2018年春の再生目指す

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加