イオンフードスタイル瓢箪山店、2020年3月30日開店-ダイエーグルメシティ、医療モール「瓢箪山センター」1階に移転

大阪府東大阪市の近鉄瓢箪山駅前、ジンジャモール瓢箪山(イナリ前商店街)に新築された「瓢箪山センター」に、ダイエーの食品スーパー「イオンフードスタイル瓢箪山店」が2020年3月30日午前9時に開店する。

イオンフードスタイル瓢箪山店。

瓢箪山のダイエー、イオンフードスタイルに

イオンフードスタイル瓢箪山店の前身となる「ダイエーグルメシティ瓢箪山店」は1971年6月に、ダイエーグループの総合スーパー「サカエ瓢箪山店」として開店。グループ経営再建の過程で進められた運営会社再編の一環で、2007年に「グルメシティ瓢箪山店(グルメシティ生鮮市場瓢箪山店)」に改称、2015年のダイエー直営化を機に「ダイエーグルメシティ瓢箪山店」に改称していた。建物は地上5階建、売場面積は2,297㎡。
ダイエーは開店以来、ジンジャモール瓢箪山随一の大型店、地域の商業核としての役割を担っていたが、店舗建物の老朽化に伴う近接地への移転のため、2020年3月26日をもって閉店していた。
営業を終了したダイエーグルメシティ瓢箪山店。

ダイエーは「食」に特化、医療モールとの複合施設に

イオンフードスタイル瓢箪山店が出店する新・瓢箪山センターは、2012年に閉店した市場を前身に持つ食品スーパー「キッチンハート(旧・瓢箪山センター、小川ビル)」跡地に建設されるもので、建物は地上2階建、ダイエーの売場面積は約889㎡(269坪)。
1階のイオンフードスタイルでは、精肉売場を従来比1.3倍、鮮魚売場を約1.7倍に拡大、約30品目を取扱うインストアベーカリー「ディーズベーカリー」やキッチンサポートコーナー「dai-docoro」を導入するなど、中食商品の充実化を目指す。
2階の「瓢箪山クリニックモール」は、地元の医療法人「小川クリニック」が手掛ける医療モールとして、5院が入居する予定。
なお、ダイエー旧店舗時代の有力テナントであった総合衣料品店「ファミスタ」及び100円ショップ「ダイソー」は、新店舗に移転せず瓢箪山駅周辺から撤退する。

イオンフードスタイル瓢箪山店

住所:大阪府東大阪市瓢箪山町4番24号
営業時間:8時~23時

関連記事:ダイエーグルメシティ瓢箪山店、2020年3月26日閉店-旧・サカエ、イオンフードスタイルとして70m南に移転へ
関連記事:イトーヨーカドー東大阪店、2019年2月17日閉店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加