カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

徳山駅前の銀南街アーケード一部撤去-駅ビル解体も始まる

JR徳山駅近くの商店街「銀南街」の大部分でアーケード撤去と商店街リニューアル工事が開始された。
1965年に建築された銀南街防火建築帯ビルとなっている部分のアーケードは撤去されない。
1435285788004-1
 アーケード撤去作業中の銀南街。既に一部は撤去されている。

核店舗「近鉄松下」も閉店-しかし空き店舗は減少

銀南街はJR徳山駅近くにあり、JR線・ピアモール銀座商店街(旧山陽道)と並行する商店街。
かつては周辺に多くの大型店が立地し、山陽新幹線開通後は山口県内で最も賑わう商店街の1つとなっていたが、近鉄松下百貨店など周辺の大型店は高額な駐車料金が倦厭され2013年までに全て撤退していた。
1435285803944-1
2階建商店街となっている防火建築帯ビル部分のアーケードは残る。

P1090645
銀南街防火建築帯ビル全景。

 1435285806811-
2013年に撤退した近鉄松下百貨店跡。みなみ銀座商店街に立地。

その一方で、銀南街にはかつての大型店内のテナントや百貨店のサテライトショップが相次いで出店、7月末には近くの西京銀行跡にカフェや書店などが入居する商業ビル「bloom&dream」が開店するなど、空き店舗は減少傾向にある。
銀南街のアーケード撤去工事とリニューアルは本年度内に終了する予定。
なお、近くの近鉄松下百貨店跡は一部が2016年より市役所の仮庁舎として活用されることになっている。
1435285801469-1
銀南街ビルに出店した北九州市の百貨店「井筒屋」のサテライト店。
この部分のアーケードは残る。

徳山駅ビルも解体

また、8月からはJR徳山駅ビルの解体工事も本格化する。
徳山駅ビル(徳山民衆駅)は1969年に開業、第三セクターの商業ビル「トークス」となっていたが2000年に閉店。
その後は一部が公共施設として使われたのち、2015年3月に全館閉館していた。
すでに駅舎は橋上化されており、2018年までにTSUTAYAが運営する市立図書館を核とした新しい駅ビルが開業する。
P1090590
解体工事が開始されたJR徳山駅ビル。

外部リンク: (仮称)新徳山駅ビルの整備イメージについて(周南市)

帯屋町チェントロ、2015年7月31日完成-旧ダイエー高知店跡再開発

高知市帯屋町商店街の再開発ビル「帯屋町チェントロ」が7月31日完成した。
P1070497-1
建設中の帯屋町チェントロ。

帯屋町チェントロが立地する場所は、高知市で最も繁華な商店街である帯屋町商店街の旧ダイエー高知店跡。
2005年のダイエー閉店後は長年に亘って活用策が検討されてきたが、2013年に地元の医療法人などが事業主体となるかたちで再開発ビルが着工された。
P1070378-1-のコピー
帯屋町チェントロ。建設現場に設置された看板より。

帯屋町チェントロは14階建てで、1階は地場書店「金高堂書店」を核とした商業施設、2階は医療機関と飲食店、3階はオフィスとなっている。4階から14階は賃貸マンション。4階には防災設備を備えたテラスも備える。
また、隣接して建設中の3階建ての商業棟「ピッコロ」は今年9月に開業予定。
こちらはベーカリー・カフェが核となる。2つの再開発ビルの総事業費は約22億円。
P1070583-
アーケード内に建設されている帯屋町チェントロ(左)。建設中の姿。

一方で、隣接地に高知県と高知市によって建設中の公立図書館は、東洋ゴム工業の免震ゴム偽装問題により完成が大幅に遅れる見込みとなっている。
kurashi_image01-
建設中の新図書館。
国土交通省四国地方整備局ウェブサイトより引用。

千葉パルコ、2016年11月閉店へ

千葉パルコが40年の歴史に幕を下ろす。
ファッションビル大手の株式会社パルコは「千葉パルコ」(千葉市中央区)を2016年11月に閉店させることを決定した。parco_chiba_1-
千葉パルコ。

開業から40年-地場百貨店跡への出店だった

千葉パルコは火災による経営悪化で閉店した地場百貨店「田畑百貨店」のビルに1976年開店。
 「タワーレコード」、「島村楽器」、「キャンドゥ」、「ユザワヤ」、「ライトオン」、「WEGO」などが入居するほか、地階にはかつてパルコと同じセゾングループであった「西友」が入居している。
後継店舗などは発表されておらず、築年数が高いために解体も予想される。

パルコは千葉パルコ閉店にともない、2016年度第二四半期に約19億円の特別損失を計上する。
(担当記者:W&H)

外部リンク:千葉PARCO

西新エルモールプラリバ(旧岩田屋)7月31日閉店-超高層ビルに

福岡市の副都心である西新駅前の大型商業ビル「エルモールプラリバ」が2015年7月31日に閉店する。
P1210090
西新エルモールプラリバ

旧西新岩田屋、34年の歴史に幕

「エルモールプラリバ」は、西新エルモールが百貨店の岩田屋を核店舗として1981年に開店。
2003年の岩田屋閉店後は東京建物が買収、「サニー」、「ユニクロ」、「無印良品」、「リブロ」などが入居する都市型ショッピングセンターとなっていた。
RIMG2268
西新中央商店街側エントランス。商店街にも面していた。

西新地区最高層の超高層ビルに

プラリバの跡地は東京建物が再開発し、約100メートル超(30階建)の高層ビルになる予定。下層階はショッピングセンターやオフィス、高層階は分譲マンションとなる。
福岡市中心部は福岡空港に近いことから高層建築物が少なく、建替え後は福岡市中心部近隣で最も高いビルとなる。
新施設の開業は2018年を予定している。
(担当記者:W)

外部リンク:西新エルモールプラリバ

サンメディラック飯塚、2015年7月25日開業-バスターミナル複合ビル化

飯塚バスセンタービル(エマックスイイヅカ)跡の再開発ビル「サンメディラック飯塚」が2015年7月25日に開業した。
DSC00192_original
サンメディラック飯塚。

DSC00219_original
サンメディラックのロゴ。一部は壁面緑化されている。

新時代のバスセンターは住医共存

「サンメディラック飯塚」は飯塚市中心部に立地し、1階はバスターミナルとローソン、2階から4階は飯塚市と飯塚医師会が運営する医療機関と看護学校、5階から11階は分譲マンションとなっている。
飯塚2フロア
全フロア案内(西鉄ウェブサイトより)

既にマンション部分は全戸完売済み。なお、隣接してショッピングセンター「あいタウン」があるために大型の商業テナントは入居していない。
かつてこの場所には西鉄飯塚バスセンターと、ターミナルビル「エマックス・イイヅカ」が営業していた。
P1090127
建替え前の旧飯塚バスセンター・エマックスイイヅカ。

施工主は西鉄などの地権者による吉原町1番地区市街地再開発組合、総工費は37億円。公共的役割も強いため、総工費の約半分を飯塚市が負担した。
DSC00178_original
吉原町交差点側から見たバスセンター。

P1090135--
東側に隣接するあいタウン。

1日130本が発着する大型バスターミナル

新しい西鉄飯塚バスターミナルはビル内に3つ、ビル外に2つの乗降場を設けている。出札窓口の営業時間は7時30分から19時まで。
DSC00165_original
発着ホーム。

西鉄によると、1日のバス発着本数は約130本で、利用客は約4,000人を見込んでいるという。
DSC00144_original
特急バスが発着する3番のりばの案内。

DSC00146_original
出札窓口。

DSC00167_original
ローソンが入居する。

DSC00190_original
あいタウン側の入口。

再開発が進む飯塚市中心部

福岡市の通勤圏である飯塚市中心部ではマンション立地が進んでおり、中心商店街においても各地で再開発やリニューアルが進められている。
今回のバスターミナルビルの新設も、中心部に住む住民の利便性向上と中心市街地の賑わい創出に一躍買うことが期待されている。
 P1080996-
飯塚市の中心商店街(本町商店街)。

飯塚バスターミナルのリニューアルに伴い、隣接するショッピングセンター「あいタウン」では7月31日まで記念セールを実施している。

外部リンク:サンメディラック飯塚、グランドオープン(PDF) (西鉄)
取材協力:停留所めぐり。

サピア日南SC、ダイレックス入居で7月24日リニューアル

宮崎県日南市中心部にあるショッピングセンター「サピア日南」が、核店舗にダイレックスを迎えて7月24日にリニューアルオープンした。
marushoku_nichinan-1
サピア日南ショッピングセンター(マルショク時代)

サピア日南は日南市最大の大型店で、「寿屋」と「日南ショッピングセンター」が運営するショッピングセンターとして1995年に開店。
百貨店の日南山形屋や中心商店街などがある日南市中心部に立地しており、2002年の寿屋経営破綻後は2005年までプラッセ大和が、2015年4月30日までマルショクが核として出店していた。なお、マルショクは当店の閉店で都城市以南から完全撤退となった。
現在の売場面積は約11,000㎡で、カリーノ(旧寿屋)と日南ショッピングセンターが運営。専門店街には約20店舗が出店するほか、寿屋時代から設置されている日南市行政サービスコーナーも存続する。
これまで核店舗(生鮮品売場)が出店していたエリアは寿屋時代からあまり改装されていなかったが、開業から20年を機に店内も一新された。
 サピア-
改装後のサピア日南(公式サイトより)

サピア日南では専門店街も含め、7月28日までリニューアル記念セールが実施されている。
(担当記者:W)

外部リンク:サピア日南ショッピングセンター

テラッソ姫路、7月24日開業-関西初の体感型シネコンも

国内最大級の体感型シネマコンプレックスを備える大型商業施設「テラッソ姫路」が7月24日、姫路駅前にオープンした。terasso_himeji_150628
グランドオープン直前のテラッソ姫路。

テラッソ姫路は姫路駅周辺地区総合整備事業計画(キャスティ21)の核となる施設として、2年前から開発が進められてきた。
地場映画興行会社であるエミス株式会社(旧・山陽企業、姫路フォーラスで映画館を運営)が開発主体となり、東京建物グループのプライムプレイスが施設を運営する。

核となるシネマコンプレックス「アースシネマズ姫路」は12スクリーン2000席。
モーションシートや演出装置が搭載された関西初の体感系ライド型シアター「4DX」や、姫路発祥の産業用光源メーカー大手「ウシオ電機」が開発を手掛けた「ウシオプレミアムシアター」が導入される。

テナントは、全30店舗のうち13店舗が姫路初出店。
大型クライミングジム「グラビティリサーチ」を併設した「好日山荘」、ニトリの小型雑貨店「ニトリデコホーム」、そのほかに「マックスバリュ」、「ABCマート」、「しまむら」などが入居する。
_GQXcZzt-
しまむら、ニトリなどの都市型店舗は地域初出店。

開業当日は姫路城をモチーフにした市のゆるキャラ「しろまるひめ」や、姫路のローカルアイドル「KRD8」が登場する記念式典が行われ、開業から数日間は記念プレゼントの配布などのイベントを予定している。

姫路駅周辺では再開発事業が進められており、隣接地に進出予定の都市型ホテル(マルイトグループ)や専門学校とはデッキを通じて接続される計画もある。
(担当記者:H)

外部リンク:テラッソ姫路
外部リンク:アースシネマズ姫路

博多郵便局跡の商業施設「KITTE博多」に-丸井が出店

日本郵便は、博多駅前に建設中の商業ビルの名称が「KITTE博多」に決まったと発表した。kitte_hakata_prKITTE博多(完成予想図)。

KITTE博多、核店舗は丸井

「KITTE博多」はJR博多駅に隣接する博多郵便局跡に建設中で、2016年4月に開業する。
核店舗は丸井グループ九州初出店となる「博多マルイ」で、売場面積は約15,000㎡の予定。その他には結婚式場や福岡大学の医療施設などが入居する。
また、KITTE博多の隣接地ではJR九州と日本郵便が共同で「新博多ビル(仮称)」の建設を進めており、そちらも2016年4月に同時開業する予定。
2つの新しいビルは、阪急百貨店などが入居する博多駅ビル「JR博多シティ」と接続される。
P1030831s
建設中のKITTE博多(2016年2月写真追加)。

※追記:グランドオープンは2016年4月21日となる予定。

外部リンク:2016年春開業予定・大型商業施設 博多駅前の新たなランドマーク「KITTE博多」に名称決定(日本郵便)

新たな再開発始まる秋葉原-駅東側・昌平橋ビル・石丸跡

JR秋葉原駅の周辺で3つの新たな大規模再開発計画が進行している。
P1000365-縮小
万世橋交差点。

秋葉原駅東口に超高層ビル

1つは秋葉原駅中央口向かい(東側)、ヨドバシカメラの北側にあたる神田練塀町(ねりべいちょう)。
現在は日本通運などがあるが、ここには住友不動産が事業主体となり高さ112メートルの高層ビルが建設されることになった。秋葉原練塀町再開発地5-縮小
秋葉原駅東側(練塀町)の再開発地区。

再開発ビルの下層階は商業施設と事務所、高層階は住宅(34世帯)となる予定。
駅前であることから南側(ヨドバシ寄り)には公共広場を整備、区道の付け替えと電線の地中化も行い、景観に配慮する。
総事業費は222億円、2018年10月の竣工を予定している。 
20p6m400_04-
練塀町再開発ビルの完成予想図。

昌平橋ビル解体、再開発へ

そして、もう1つは昌平橋交差点東側、東京都住宅供給公社昌平橋ビルの再開発。
秋葉原昌平橋ビル5-縮小
昌平橋ビル。

昌平橋ビルはパセラリゾーツ(パームス、旧石丸電気2号館)やラジオ会館2号館(旧石丸電気レコード館)などがある昌平橋通りの大型ビル。
東京都住宅供給公社の物件であり、4階まではオフィス、 5~10階は公社賃貸住宅(42世帯)となっている。
アニメ「ラブライブ!」で矢澤にこさんの自宅となっていることでも有名。
P1160075-
左側にあるのが昌平橋ビル。©2013 プロジェクトラブライブ!

CCI20150722_00002-1のコピー1-1
 この昌平橋ビルは耐震性が低いと診断され、前の道路が緊急輸送道路であることから、2015年度末までに解体が開始されることとなった。解体後の活用方法はまだ未定。
公社物件であるために再開発には東京都が関与すると思われる。
企業事務所なども多く入居しているが、既に一部では退去が始まっている。
P1000330-1
神田川から見た昌平橋ビル。

ヤマギワ跡の解体も進む

また、外神田一丁目では現在解体中の石丸電気・ヤマギワ跡再開発計画も進行している。現在は三井住友建設により解体工事が進行中。
こちらについてはまだ具体的な計画は発表されていないが、好立地であるために高層ビルが建設される可能性も高い。
秋葉原石丸(右手)・ヤマギワ(左手)跡地-縮小
解体が進む石丸電気・ヤマギワ跡。

昨年はラジオ会館の再開発などが行われた秋葉原界隈。
今後も目が離せない地区となりそうだ。
P1010475-
2014年に再開発された新・ラジオ会館。

外部リンク:神田練塀町地区市街地再開発組合の設立認可について(東京都)
外部リンク:神田練塀町(かんだねりべいちょう)地区第一種市街地再開発事業(東京都都市整備局)

大丸心斎橋店本館、建て替えのため2016年に解体へ

歴史的建造物として知られる大丸心斎橋店本館が建替えのため本年度内にも営業を終了することになった。
現在の本館は2016年に解体。新しい店舗は2019年の開業予定で、現在の建物の意匠を活かしたものになる予定。
IMG_1040--3-の縮小
大丸心斎橋店本館。

保存を求める声も

現在の大丸心斎橋店本館は米国の有名建築家であるヴォーリズによる設計で、「docomomo 日本におけるモダン・ムーブメント建築」にも選定されており、保存を求める声が多くある。
一方、大丸心斎橋店を運営する大丸松坂屋百貨店は「現段階ではまだ建て替えは決まっていない」としている。
(担当記者:W)

【7月25日追記】大丸は12月30日で現店舗を閉店することを正式発表した。

参考:ヴォーリズ設計「心斎橋大丸」建て替えへ(産経新聞)
外部リンク:本日の一部報道について(大丸心斎橋店)