TSUTAYA BOOKSTORE 南港店、2019年12月6日開業-ツタヤ「台湾最大」の大型旗艦店

台湾・台北市南港区の台鐵・高鐵(台湾新幹線)・ 台北捷運(台北MRT)南港駅に直結する潤泰グループ(RUENTEX GROUP)の大規模複合商業施設「CITYLINK南港店」に、TSUTAYAグループの台湾旗艦店「TSUTAYA BOOKSTORE 南港店」が2019年12月6日に開業した。
TSUTAYA BOOKSTORE 南港店。

南港に台湾TSUTAYA「最大」となる大型旗艦店

CITYLINK南港店(潤泰南港駅ビル)は、大手不動産ディベロッパー「三菱地所」と台湾大手企業グループ「潤泰グループ」との共同開発プロジェクト「南港駅前複合開発プロジェクト」の一環として2014年12月に開業。
建物は地上30階建(オフィス棟・ホテル棟)地上14階建(商業施設棟・駐車場棟)、敷地面積は約67,230㎡、店舗面積は約52,400㎡、延床面積は約196,790㎡。
三菱・潤泰系のショッピングセンター「CITYLINK」のほか、冠徳建設系のショッピングセンター「環球購物中心(グローバルモール)」、マリオット系のホテル「Courtyard by Marriott Taipei」が入居する。

CITY LINK南港店。

TSUTAYA BOOKSTORE 南港店は、CITYLINK南港A棟2階のファッション・カフェ関連フロア跡に出店するもので、売場面積は約1652.89㎡。TSUTAYAの地域子会社である臺灣蔦屋股份有限公司が運営する。
TSUTAYA BOOKSTORE(蔦屋書店)は2012年12月に台湾1号店を出店しており、南港店は台湾5店舗目となるが、同業態としては台湾最大規模の売場面積を有する「旗艦店」となる。
TSUTAYA BOOK STORE南港店。


台湾TSUTAYA初キッズエリア、日本コスメコーナーも

南港店ではコンセプトに「他にはない「子どもとの時間」を提案する生活提案型書店」を掲げ、台湾初となるキッズエリアを導入し、児童書の品揃えを拡充する。また、蔦屋書店限定のPB雑貨やTSUTAYAのPB文具ブランド「HEDERA(ヘデラ)」、日本全国のご当地コスメを取扱う「J47 日本選物 九州コスメ」、「MADE IN TAIWAN」のPOP UP売場を展開する。

WIRED CHAYAはWIRED CAFEによる「和」がテーマの新業態

テナントとしては、WIRED CAFEが展開する和スタイルのカフェ「WIRED CHAYA」や台湾地場大手カフェ「路易莎咖啡(LOUISA COFFEE)」、台湾地場ティーバッグ専門店「小草作」の3店舗が出店、日本のTSUTAYA BOOKSTORE(蔦屋書店)と同様にBOOK&CAFEスタイルの空間を構築する。

LOUISA COFFEEは「第三波咖啡(3rd Wave)」業態となる

TSUTAYA BOOKSTOREはこのほかに高雄市の大立百貨店に高雄市旗艦店を出店する計画を発表しており、台湾各地への展開拡大も予想される。

発展著しい南港、さらなる施設間競争の激化も?

高鐵(台湾新幹線)南港駅の開業以来、台北の新都心として開発が進む南港エリアでは、2021年を目処に三井不動産グループによる「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと台湾南港」の開業が予定されている。
CITY LINKはTSUTAYAの導入に合わせて、台湾大手のスーパードラッグ+雑貨店「寶雅(POYA)」や全世界に4,000店舗を展開する雑貨店「MINISO 名創優品」を導入するリニューアルを行っており、今後も地域間・施設間競争のさらなる激化が見込まれる。

TSUTAYA BOOKSTORE 南港店

住所:台北市南港區忠孝東路七段369號 CITYLINK南港店 A棟 2階
営業時間:11:00~21:30(月~木曜日)
営業時間:8:30~22:00(金・土曜日)
営業時間:8:30~21:30(日曜日)

関連記事:京華城ショッピングセンター、2019年11月30日閉館-球体の商業施設、19年の歴史に幕
関連記事:微風南山アトレ、2019年1月10日開業-アトレ台湾初進出、台北南山廣場に

関連記事:台北三井倉庫、2018年11月1日移築・復原完成-築100年超の大型倉庫

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加