京華城ショッピングセンター、2019年11月30日閉館-球体の商業施設、19年の歴史に幕

台湾・台北市松山区の球体型ショッピングセンター「京華城」が、2019年11月30日に閉館する。

京華城ショッピングセンター。

特徴的な球体型商業施設、19年の歴史に幕

京華城は2001年10月に開業、売場面積は76,033㎡。日本統治時代に創業した「唐榮鉄工所」跡地の再開発だった。
当初は特徴的な建物が話題となり賑わいを見せたものの有力な核店舗が出店しておらず、また駅から距離があったこともあり賑わいは続かず、近年は赤字であったという。
2019年現在、大型テナントとして家具「ニトリ」、49元ショップ「ダイソー」、ドラッグストア「ワトソンズ」、職業体験テーマパーク「Baby Boss」、ゲームセンター「湯姆熊」、シネコン「喜満客京華影城」などが出店する。
近隣の松山たばこ工場跡には2010年より松山文創園区が設けられて核テナントとして誠品書店が進出しており、相乗効果が期待されたものの、誠品書店からアクセスしやすい環境ではなく活性化には繋がらなかった。
また、隣接地には数年間から鉄道博物館の開設が準備されているほか、台北ドームの建設も進められていたが、どちらも開業に至ってはおらず、京華城周辺は住宅で囲まれ開発が進んでいない状況にあった。

特徴的な建物は解体へ

建物は箱型の建物と球体型の建物に分かれており回遊性に乏しく、また当然ながら球体側は下層階であっても面積が狭いなど使いづらい状況であることも不振の一因であったと思われる。
運営する威京グループは建物を解体し、オフィスビルを建設する計画だという。

関連記事:微風南山アトレ、2019年1月10日開業-アトレ台湾初進出、台北南山廣場に
関連記事:台北三井倉庫、2018年11月1日移築・復原完成-築100年超の大型倉庫

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加