微風南山アトレ、2019年1月10日開業-アトレ台湾初進出、台北南山廣場に

台湾・台北市信義区の複合超高層ビル「台北101」横にある「台北南山廣場」(Taipei Nanshan Plaza、台北微風広場)に、JR東日本グループのファッションビル「微風南山アトレ」(Breeze南山atre)が2019年1月10日に開業する。

台北南山廣場と台北101。右下がアトレ棟。

台北世貿2館跡地に誕生した「台北南山広場」

台北南山広場は2018年6月に一部開業。商業棟は地上7階地下2階建、オフィス棟は地上48階地下2階建、高さ272m、エントランス棟は地上3階地下1階建。全館の敷地面積は17,708㎡ 、延床面積は192,891㎡ 。
三菱地所設計により設計、現地企業により施工された。

台北101周辺。

台湾政府が所有する「台北世界貿易センター世貿2館」跡地を、南山人寿保険が借り受け、三菱地所グループと共同で「台北南山広場プロジェクト」(世貿二館地上權開發案)として定期借地方式(50年間)により開発が進められている。

南山広場オフィス棟の全景。

商業棟には台湾のファッションビル大手「微風集団」(長僑投資開發股份)の「微風南山」(専門店数約210店舗、アトレ内51店舗含む)が、オフィス棟には三菱地所の台湾法人「台湾三菱地所」、電通の台湾法人「台湾電通」、大手会計事務所「台湾デロイト勤業衆信聯合会計師事務所)などが入居、ダイヤモンド型のエントランス棟には文化施設芸術文化センター」が開設され、三菱地所グループと共同で「星藝術家の星畫展」といったイベントが開催されている。

芸術文化センター棟(リリースより)。

台湾のアトレ1号店は「微風広場」運営企業と合弁

微風南山アトレは微風南山の2階一部~4階部分に出店、店舗面積は約6,000㎡。アトレインターナショナル(アトレ51%、三井物産49%出資)と長僑投資開發股份(Breeze)の合弁会社「Breeze atre Holding」傘下の特別目的会社(SPC)「微風艾妥列南山股份有限公司が運営を行う。なお「艾妥列」は「アトレ」の当て字である。

微風南山アトレと台北101。

微風廣場は長僑投資開發グループが展開する台湾大手のショッピングセンターで、同地にも隣接して出店している。

台北101近くに出店する微風廣場の「微風信義」。


51店舗が出店-JR東日本の「情報発信カフェ」も

微風南山アトレはコンセプトに「SLOW TIME, SLOW LIFE」を掲げ、館内には回遊を促す「街の小径」のような商業環境を創出。

「Breeze Nanshan atre」キービジュアル。

イベントを実施可能なスペースを13ヶ所を設け、テラスには屋外デッキを設置。大手日系百貨店「新光三越」など周辺のビルと接続される。

デッキで周辺ビルと連結される。右がアトレ棟。

テナントとしては、大手セレクトショップ「BEAMS」「UNITED ARROWS BEAUTY&YOUTH」、アダストリアの「niko and」、モデル・梨花がトータルプロデューサーを務める「MAISON DE REEFUR」、住友商事グループのドラッグストア「Tomod’s」、サードウェーブ系コーヒーの代表格として知られる「Blue Bottle Coffee」、九州屋の海外1号店となるフルーツパーラー「9 Palette Parlor」、九州の素材100%を売りにする「九州パンケーキカフェ」「FRUTA FRUTA Acai café」など51店舗が出店する。ブランドの国別構成比は日本60%、台湾20%、その他20%となり、日本発のブランドが半数以上を占める結果となった。
また、JR東日本グループの訪日台湾人旅行者に向けた情報発信カフェ「JAPAN RAIL CAFÉ」の2号店(1号店はシンガポール)も設けられる。

館内のようす(ニュースリリースより)。

アトレは「台北の赤峰街の街並みのようなデイリーな雰囲気だけでなく、ラグジュアリーな雰囲気も体験できるような商業施設」を目指しているとしており、微風のブランド力、ネットワークを活かして「日常の暮らしをちょっと豊かにする『高感度&デイリーなアトレスタイル』」という風潮を台湾市場で創出するとしている。

館内のようす(ニュースリリースより)。

微風南山は台湾を代表する観光地の1つとして知られる超高層ビル「台北101」(高さ509m)と隣接しており、台北捷運(MRT、地下鉄)の台北101/世界貿易センター駅とも近接しているものの、日本のアトレと同様に「駅ビル」としての展開ではない。
これは2017年に開業したシンガポールのルミネも同様であり、首都圏の駅ビルとして親しまれてきた「ルミネ」「アトレ」が「アジアを代表するショッピングセンター」として認知される日も近いかも知れない。

中文簡介(臺灣)

微風南山atre」(艾妥列)將於2019年1月10日開幕。
JR東日本集團在台灣的第一個大型投資計劃。國際知名品牌51家店鋪(日系品牌60%)進駐。

微風南山アトレ

住所(地̪址):台北市信義區松智路17號
(No.17, Songzhi Rd., Xinyi Dist., Taipei City 110, Taiwan)
営業時間:午前11時〜午後9時30分(日~水曜日)
営業時間:午前11時〜午後10時(木~土曜日)

関連記事:桃園神社、2019年1月2日から長期休業-修復工事で約1年間
関連記事:三井アウトレットパーク台中港、12月12日開業-三井不動産、台中駅近くにもSC建設へ
関連記事:台北三井倉庫、11月1日移築・復原完成-築100年超の大型倉庫
関連記事:西門紅楼、3月1日リニューアルオープン-台北の市場建築、築110年で
関連記事:誠品書店、2019年秋に日本初出店-「コレド室町テラス」に1号店
関連記事:ルミネシンガポール、2017年11月25日開店-ルミネ、海外初進出

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加