三井アウトレットパーク台中港、2018年12月12日開業-三井不動産、台中駅近くにもSC建設へ

台湾2店目となる三井アウトレットパーク「三井アウトレットパーク台中港」が12月12日に開業した。
三井不動産はこのほか、台鐵台中駅近くにも大型ショッピングセンターの出店を発表している。
(「三井(MITSUI)OUTLET PARK台中港」2018年12月12日開幕)

台中港と三井アウトレットパーク台中港(中央)。

三井アウトレットパーク、台湾2号店は台中に

「三井アウトレットパーク台中港」は台中市梧棲区に開業。
台中駅から約20キロほど西側の台中港近くに立地する。人気観光地の高美湿地からは約10キロほど。
三井アウトレットパークとしては台湾2号店となる。

三井アウトレットパーク台中港。

三井アウトレットパーク台中港の敷地面積は約18万㎡、店舗面積は3万5000㎡。
アーバンリサーチ」、「サマンサタバサ」、「セイコー」、「JINS」など日本ブランドも数多く出店するほか、住友系ドラッグストア「トモズ」、地場大手書店・雑貨店「誠品書店・誠品生活」も出店する。総テナント数は約170店舗で、観覧車も備える。

館内のようす。


台湾での店舗展開すすめる三井不動産-台中駅近くにも

三井不動産は2016年に現地法人「台湾三井不動産」を設立しており、2016年に開業した「三井アウトレット台湾林口」(新北市)を皮切りに台湾各地で商業施設の開発をおこなっている。
20151222_01
三井アウトレットパーク台湾林口。

今後、台湾では2020年に台南市に「三井アウトレットパーク台南(仮称)」を、2021年に台北市に「ららぽーと台湾南港(仮称)」を開業させる予定。
さらに、台中市では12月7日には台鐵台中駅東側の旧・帝國製糖跡周辺にある「台糖湖浜生態園区」のうち4.36ヘクタールに「ららぽーと」級の大型ショッピングセンターを出店させる計画を発表している。
(写真以外の画像は三井不動産ウェブサイトより)

三井 OUTLET PARK 台中港

住所(地址):台中市梧棲區台灣大道10段
営業時間:11:00 -21:30(一部異なる)

外部リンク:「三井アウトレットパーク 台中港」グランドオープン(2018年12月12日)
関連記事:三井アウトレットパーク台湾林口、2016年1月27日開業
関連記事:ベスト電器、台湾から撤退-2017年末で、残る海外店舗は3ヶ国に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加