MEGAドン・キホーテ市原店、2020年3月17日開店-アピタ跡、千葉県内初のMEGAドンキUNYに

千葉県市原市のアピタ市原店跡に、パン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH)の総合ディスカウント「MEGAドン・キホーテUNY市原店」が2020年3月17日午前8時に開店する。

MEGAドン・キホーテUNY市原店。

千葉県内最大のアピタとして開業

アピタ市原店は1998年11月に開業。建物は地上4階建。
アピタ市原店は、ユニー直営総合スーパーを核に、テナントとして同社の呉服部門として創業した「さが美」や中堅書店チェーン「ブックスワールド」、アミューズメント施設「ハローズガーデン」が入居するなど、市原市内では「ユニモちはら台」「アリオ市原」に次ぐ規模の大型店であったが、ドンキへの業態転換のため2020年1月3日をもってユニー直営売場を閉店、一部専門店のみ営業を継続していた。

千葉県内初となるMEGAドンキUNYに

MEGAドン・キホーテUNY市原店の建物は地上4階建、営業フロアは1~2階、直営売場面積は10,589㎡。当初、ユニーの100%子会社として設立されたUDリテールが店舗を運営する。
ドンキとしては千葉県内21店舗目(ピカソ1店舗除く)で、ユニー・ドンキ双方のブランドを冠したダブルネーム店舗としては千葉県内初となる。
アピタ時代と同様に1階では生鮮食品を取扱うほか、2階では若年層を対象としたブランド品やコスメなどを取扱う「トレンド・ファッションゾーン」、ニューファミリー層を対象とした玩具やキッズ衣料を取扱う「キッズ・アミューズメントゾーン」、スポーツ用品やフィットネス、アウトドア用品などを取扱う「スポーツコンセプトゾーン」を展開。モバイルフードコートやゲームコーナーも併設する。

MEGAドン・キホーテ市原店

住所:千葉県市原市青柳北1丁目 1番
営業時間:午前8時~翌午前0時

関連記事:ドン・キホーテ八千代店、2020年1月26日閉店-インテリアカーサ跡、わずか4年で閉店
関連記事:MEGAドン・キホーテ船橋習志野店、2018年8月31日開店-コジマ×ビックカメラと「同居」

 

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加