フジ、ニチエーを2020年3月2日に完全子会社化-福山地盤のスーパー、フジ傘下に

四国地方地場流通大手「フジ」(愛媛県松山市)は、広島県備後地方地盤の中堅食品スーパー「ニチエー」(広島県福山市)を会社分割により、2020年3月2日をもって完全子会社化する。

ニチエーの店舗(松永店)。

ニチエー、2017年には広島市内進出を果たしていた

ニチエーは1959年3月に広島県福山市今津町で「松永主婦の店」として創業。1962年5月に現法人を設立、1970年2月に現在の社名に改称した。2020年1月現在は「ニチエー」「フードガーデンニチエー」「フードグランニチエー」の屋号で11店舗を展開。直近事業年度の売上高は90億1900万円。
同社は2002年以降、既存店の新ブランド(フードガーデン)化を開始。2016年3月には高級路線の新業態1号店「フードグランニチエー三成店」を出店、2017年4月には広島駅南口の「広島エディオン蔦屋書店」に広島市内初となる「フードグランニチエーEKICITY広島店」を出店するなど、店舗の近代化を推し進めていた。

フードグランの店舗(エキシティ広島店)。

フジ傘下入り後も屋号・店名は変わらず

フジは従来、広島地盤の地場食品スーパー「ピュアークック」を引き継ぐ形で2012年11月に設立した「フジマート」(フジ100%出資)を通して、2019年3月に廃業した三和ストアーの一部店舗を取得、フジ運営の小型店舗(フジ洋光台店、ZY東雲店)を運営移管し、小商圏対応地域密着型スーパー13店舗を展開していた。
しかし、今回フジはニチエーと同名の新会社(フジ100%出資)を設立し、ニチエー全11店舗及び関連施設に関わる資産・負債と各種契約及び従業員を承継するスキームで事業一式を取得、ニチエーの社名及び屋号を存続させることを発表した。

ニチエーの社是。

フジは「今後も、地域に根差した営業活動を通じ、お客さまの支持を得られるよう努めてまいります。」とコメントしており、今後も当面、従来と同様の屋号、店舗形態が維持されるものとみられる。
(撮影:だいにちさん廣丸さん

関連記事:フジ、三和ストアーから3店舗を譲受-2019年5月中旬の再開店を目指す
関連記事:三和ストアー、2019年3月15日全店閉店-呉地盤の中堅スーパー、60年の歴史に幕

関連記事:フジ、イオンと資本業務提携-フジはマックスバリュ西日本株を取得、更なる「関係の深化」検討
関連記事:フジ、3月から店舗ロゴを変更へ-創業50周年で、新スローガンも制定

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加