メルペイ、Origamiを2020年2月に子会社化-「オリガミペイ」は「メルペイ」に統合

フリマアプリや電子決済サービスを展開する「メルカリ」(本社:東京都港区・六本木ヒルズ森タワー18階)は、子会社で電子決済サービスを展開する「メルペイ」が、電子決済サービス「オリガミペイ」(Origami Pay)を展開する「オリガミ」(Oigami、本社:東京都港区・六本木ヒルズ森タワー31階)の全株式を2020年2月に取得することを発表した。

両社が本社を構える六本木ヒルズ森タワー。


地方展開に力を入れたオリガミペイ

オリガミ(Origami)は2012年2月に設立、2013年4月にサービス開始。2016年5月に「Origami Pay」の名称で電子決済サービスに本格参入した。「折り紙」の名称は「海外に知られている日本らしい名称」として採用したという。
2018年9月には「信金中央金庫」(信用金庫)と資本業務提携。
日本独自の電子決済サービスとして、地方や中小事業者のキャッシュレス環境の整備推進にも深く関わっていることで知られる。

メルカリとともに成長したメルペイ

一方のメルペイはメルカリの子会社として2017年11月に設立されていた。
当然ながら大手フリマサイト「メルカリ」と深く関わりがあり、メルカリの売上金を決済に利用できることも特徴で、そのためメルカリの成長とともに利用者数を増やしていた。

オリガミペイはメルペイに統合

今後、オリガミは2月25日にメルペイに全株式を譲渡。今後、オリガミはメルカリグループ(メルカリの孫会社)となる。
また、オリガミペイはメルペイにサービス統合されることになる。

関連記事:イトーヨーカドー・イズミ・ライフ・東急ストアなど「PayPay」導入-2019年9月の 「スーパーマーケット大還元祭」に合わせて

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加