カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

マルショク佐伯店、2021年5月31日閉店-佐伯市中心部で最後のスーパー、62年の歴史に幕

大分県佐伯市の市立さいき城山桜ホール(寿屋百貨店本店跡)隣接地・新屋敷商店街にある総合スーパー「マルショク佐伯店」が、2021年5月31日に閉店する。

マルショク佐伯店。

佐伯市の中心商店街から「スーパー消滅」

マルショク佐伯店はマルショクグループの佐伯市1号店「丸食佐伯中央店」として1959年10月に開店。のちにマルショク佐伯店となったが、現在も「佐伯中央店」と呼ばれることがある。
現在の建物は1990年に新築されたもの。建物は2階建てで、店舗面積は2,120㎡。無料の平面駐車場を備えている。

佐伯市中心部に立地していた。

マルショクの開店から2年後にはすぐ近くにある「おしゃれの店寿屋」が別館として食品スーパー「寿屋ストア」を開業、1966年には丸食佐伯中央店の隣接地に「佐伯寿屋百貨店」(のち駐車場となった場所)を開業させ、1974年にはその西側に地上9階建・地下1階建ての新館(佐伯寿屋百貨店本館)が営業を開始した。寿屋の成長もあり、マルショクは同店とともに佐伯市中心部を代表する大型商業施設として親しまれた。また、近隣徒歩圏にも「マルマン」「ユーマート」など複数の食品スーパーが出店し、賑わいを見せることとなった。
しかし、寿屋は倒産により2002年に休業(そのまま閉店)、それと前後して近隣のスーパーも全て閉店しており、マルショクは佐伯市中心部で最後のスーパーマーケットとなっていた。
大分県佐伯市は人口約7万人を擁する大分県南部の拠点都市であり、2020年には寿屋跡に「さいき城山桜ホール」が完成するなど中心部の再開発が進む一方で、スーパーマーケットは消滅することとなった。

マルショク近くにあるアーケード商店街「なかまち」。

マルショク佐伯店は駐車場が無料であり、マルショクでの買い物のついでに商店街の店舗を利用する人も居たと思われ、中心商店街にとってみても大きな打撃となろう。
同店の閉店により、佐伯市の中心商店街最寄りのスーパーマーケットは、中心商店街地区から橋を渡った「中の島」にある食品スーパー「マルミヤストア中ノ島店(事実上の本店)」、もしくは玉川家具店の一角で営業するディスカウントストア「ダイレックス佐伯店」となる。

関連記事:アークス・バロー・リテールパートナーズ(マルミヤストア・丸久)、「新日本スーパーマーケット同盟」と銘打つ戦略的な資本業務提携を締結ー2018年12月25日に

平和堂なるぱーく店、2021年9月閉店-旧・イトーヨーカドー鳴海店、開業10年で

愛知県名古屋市緑区のショッピングセンター「なるぱーく」の核店舗「平和堂なるぱーく店」が、2021年9月初旬に閉店する。

イトーヨーカドー跡を再生した「なるぱーく」

なるぱーくの前身「イトーヨーカドー鳴海店」は1997年10月に日立建機鳴海工場跡に開店。
しかし、売上不振などもあり2010年10月17日に閉店し、2011年3月に平和堂・上新電機・くまざわ書店などが出店するショッピングセンター「なるぱーく」として再生された。

なるぱーく。

建物は2階建てで、店舗面積は14,791㎡。3階、屋上、地階は駐車場で、そのほか屋上には庭園「なる彩(いろ)ガーデン」「THE BBQ GARDEN in なるぱーく」などを備える。

核店舗の平和堂、10年で閉店に

平和堂はなるぱーくの核店舗として1階に出店。店舗面積は2,080㎡で、食品・日用品を販売している。
後継テナントなどについては5月時点では発表されていないが、なるぱーくでは2021年3月に100円ショップ「ダイソー」と系列の300円ショップ「THREEPPY」が開店するなど、テナントの入れ替えが進んでいる。
そのため、平和堂跡にも新たなテナントが出店するものと思われる。
追記:後継店として「バロー」が出店する。

関連記事:成城石井SELECT名古屋駅太閤口店、2021年5月6日閉店-成城石井「最小」だった駅ナカモデル店、事実上の店舗統合に
関連記事:名古屋テレビ塔、2021年5月1日から「中部電力MIRAI TOWER」に-ネーミングライツ取得で改名
関連記事:大名古屋ビルSHOPS&RESTAURANTS、2021年4月28日から順次リニューアル開業-伊勢丹跡、高島屋・成城石井など出店

関連記事:ドン・キホーテ栄三丁目店、2021年2月26日開店-松坂屋前のGAP跡に、名古屋栄店は「栄本店」としてリニューアル
関連記事:ビーノ栄、2020年11月6日開業-メルサ前に大丸松坂屋・パルコの新商業施設

MEGAドン・キホーテUNY敦賀店、2021年5月18日開店-ポートン・アピタ跡、嶺南初のダブルネーム業態に

福井県敦賀市のアピタ敦賀店跡に、パン・パシフィク・インターナショナルHD(PPIH)の総合ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテUNY敦賀店」が2021年5月18日に開店する。

港町・敦賀のユニー系ショッピングセンター

アピタ敦賀店は、ユニーと地元組合による共同出資のショッピングセンター「ポー・トン(PORTON)」として1990年11月に開業。建物は地上4階建、営業フロアは1~2階、敷地面積は15,200㎡、店舗面積は13,241㎡、延床面積は35,780㎡。
ポー・トン時代は、福井地場大手の協同組合ハニーに加盟する食品スーパー「プリオマート」とユニーの衣料品・住居関連品専門店「アピタ敦賀店」を核に専門店約30店舗が出店していたが、リニューアルにともない2012年4月をもって全館閉店。同年10月にはユニーが全館の運営を担うサーキット型のショッピングモールとなった。

アピタ敦賀店。

ユニーへの全館運営移行を機に、北陸初となるドラッグストア「ココカラファイン」やワンズオウンのインテリア雑貨店「Aberdeen」、敦賀初となるファストリ系のファストファッションストア「GU」など約40店舗を導入した。しかし、2015年からGUやSUBWAYなど集客の目玉となる専門店が相次ぎ撤退するなど空き床が顕著となったため、2018年11月には2階に「ニトリ」(2,300㎡)を導入するリニューアルを実施、2021年2月7日にはダブルネーム店舗への業態転換のためユニー直営フロアを閉店した。

ドンキ流の売場で“敦賀の世帯層”取込み図る

MEGAドン・キホーテUNY敦賀店の直営売場面積は5,957㎡。ドンキとしては福井県内4店舗目、UDリテール運営店舗(ドンキ・ユニー複合店舗)としては福井県内2店舗目となる。
1階の生鮮4品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)を取扱う食品売場では、アピタ時代から売場面積を1.3倍に拡大。生鮮部門では家族向けの大容量パック「メガ盛り」商品や単身・2人世帯向けの個食対応商品・少量パック商品、一般加工食品部門ではドンキが強みとする“驚安価格”商品を展開。あわせて、子供向けの駄菓子売場を導入するなど、3km商圏(敦賀の世帯層)を意識したフロアに刷新する。

2 階の衣料・住居関連売場では、“アミューズメント性”にこだわったリニューアルを実施。衣料品・化粧品・日用消耗品・家庭雑貨品の拡充に加え、カラーコンタクトレンズ・スマホパーツ・インポートブランド・香水・家電製品などを新たに導入する。
なお、MEGAドンキUNYへの転換にあわせて、Seriaは2階から1階に移転。ニトリやクラフトハートトーカイ、勝木書店KaBoS、namcoといった専門店の多くが営業を継続する。

MEGAドン・キホーテUNY敦賀店

住所:福井県敦賀市中央町一丁目5番5号
営業時間:午前8時~翌午前0時
※5月18日~20日まで営業時間を「午前9時~午後10時」に短縮

関連記事:クスリのアオキ、フクヤを2020年10月に買収-宮津の地場スーパーを子会社化、金沢に続いて
関連記事:MEGAドン・キホーテUNY福井店、2019年12月3日開店-北陸初となるドンキ+ユニー、アピタ跡に

東急ストアパルム武蔵小山店、2021年5月16日閉店-首都圏唯一だった旧・阪急共栄ストア跡

東京都品川区のパルム商店街にある東急ストアの食品スーパー「東急ストアパルム武蔵小山店」が2021年5月16日をもって閉店する。

パルム武蔵小山東急ストア。

首都圏では異色の「阪急が前身の東急」だった

東急ストアパルム武蔵小山店は、阪急百貨店を母体とする阪急共栄物産(1952年8月設立)の食品スーパー「阪急共栄ストア武蔵小山店」として開店。現在の建物「武蔵小山ショッピングセンタービル」は1965年竣工で地上4階建て、店舗面積は991㎡。
同店は長らく阪急グループ系スーパー「グルメマーケット阪急共栄武蔵小山店」として営業。末期には首都圏唯一の阪急系スーパーで、2003年1月の阪急共栄物産5事業分社化後は「阪急ファミリーストア武蔵小山店」に屋号を刷新したが、新会社への運営移行からわずか5ヶ月後の5月31日をもって閉店。6月からは東急ストアが事実上運営を引継ぎ「パルム武蔵小山東急ストア」として営業再開した。
2010年9月の武蔵小山駅ビル東急ストア開店後は、至近距離にあった武蔵小山東急ストア店や同じく中延にある荏原中延東急ストアとあわせてドミナントを形成。都内随一のアーケード商店街であるパルムと共同での割引クーポン配布といった独自の販促を打ち出していたが、18年の歴史に幕をおろすこととなった。

近隣店に事実上の統合

東急ストアは「閉店後は武蔵小山駅ビル店や荏原中延店を変わらず、ご愛顧いただけますようお願いいたします」とコメントしており、地域一帯に多店舗展開していた同社店舗は東急目黒線武蔵小山駅・東急池上線荏原中延駅の駅ビル内店舗のみとなった。

関連記事:ラオックスIMON武蔵小山店、2018年10月28日閉店-ラオックス最後の“家電量販店”、50年の歴史に幕
関連記事:武蔵小山商店街に41階建てマンション、2020年竣工へ-三井不動産「日本一、感じのいいタワマンへ。」
関連記事:東急プラザ銀座、2016年3月31日開業-阪急モザイク跡地に生まれた銀座の新・ランドマーク

イオン南千里店、2021年5月31日閉店ージャスコから33年の歴史に幕、跡地は再開発へ

大阪府吹田市の阪急千里線南千里駅近くにあるイオンリテールの総合スーパー「イオン南千里店」が2021年5月31日をもって閉店する。

開店時はジャスコ最大の店舗、競争が激化していた

イオン南千里店は1987年11月に「ジャスコ南千里店」として開店。地上4階建、売場面積は14,600㎡で、開店時は全国のジャスコ直営店のなかで最大の売場面積であった。建物は中部電力子会社の日本エスコンが所有している。
2021年現在のテナントとしては、家電量販店「エディオン」、アミューズメント施設「モーリーファンタジー」、100円ショップ「セリア」などが出店しているほか、屋上階(5・6階)には「HOS南千里スポーツクラブ」が入居している。

イオン南千里店。エディオンなどが出店する。

ジャスコ南千里店の出店後は近隣に大型店の進出が相次ぐこととなり、約1キロメートル圏内に限っても、北大阪急行電鉄が運営する「アザール桃山台」(1997年開業)、日本エスコングループのエスコンプロパティが運営する「トナリエ南千里」(旧・ガーデンモール南千里、2004年開業)、大和リースが運営する「BiVi千里山」(2015年4月開業)などが開業、競争が激化していた。
2019年には日本エスコンが建物を取得。「将来的には当該地の複合再開発」を行うと発表したため店の先行きが注目されていた。

跡地は複合再開発へ-再出店などは未定

イオンは閉店の理由を「契約満了にともなうもの」としている。
イオン南千里店では3月12日から「完全閉店売り尽くしセール」が行われている。

イオン南千里店の閉店告知。

前述したとおり、跡地は日本エスコンが複合再開発を進めるとみられる。イオングループの店舗が再出店するかどうかは、2021年4月時点は未定となっている。
(撮影:@Yakimeshi113_Miさん)

関連記事:阪急阪神第一ホテルグループ、6ホテルの営業終了を2021年3月31日に発表-大阪新阪急ホテル、再開発へ
関連記事:イオンタウン茨木太田、2021年3月27日開業-東芝跡地、ダイエーを核にユニクロ、ふたば書房など約50店出店
関連記事:みのおキューズモール、2020年4月23日リニューアル開業-イオン以外は開業延期に
関連記事:フレンドリー、2020年秋以降「うどん店のみ」展開に-新型コロナで「ファミレスなど全閉店」
関連記事:千里セルシー、2019年5月31日閉館-47年の歴史に幕、千里阪急とともに再開発検討へ

ファッションセンターしむら、2020年末までに全店閉店-しまむらの中国店舗、コロナ後の再進出めざす

アパレル大手「しまむら」(埼玉県さいたま市)の中国子会社「飾夢楽(上海)商貿有限公司」が中国内で展開するファストファッション「ファッションセンターしむら」(英語表記:Fachion Center Shimala)が、2020年末までに全店閉店した。

しまむらの日本国内の店舗。

しまむら、中国から撤退-最盛期には14店舗

しまむらは2012年に上海市のショッピングモール内に中国1号店を出店。1997年に進出した台湾に続く海外2ヶ国目の展開で、最盛期には14店舗を構えていたほか、2017年にはアリババグループの通販サイト「天猫」にも出店していた。
しかし、ここ最近は店舗網を伸ばすことができず、新型コロナウイルスの感染拡大もあり2020年秋時点は6店舗を残すのみとなっていた。
これら6店舗は全て2020年末までに閉店しており、しまむらは中国から全店撤退することとなった。

コロナ後に「中国再進出」めざす

しまむらによると、しむらを展開していた子会社「飾夢楽(上海)商貿有限公司」は存続させ、本社機能を残す方針。
新型コロナウイルスの収束後、将来的には中国への再出店をめざすとしている。

関連記事:ローソン、中国で「プレハブ」「激セマ」新業態を2020年7月31日から展開-1号店はローソン南京玄武公園店

成城石井SELECT名古屋駅太閤口店、2021年5月6日閉店-成城石井「最小」だった駅ナカモデル店、事実上の店舗統合に

愛知県名古屋市中村区のJR名古屋駅の新幹線改札前にある高級食品スーパー「成城石井SELECT名古屋駅太閤口店」が2021年5月6日をもって閉店する。

成城石井SELECT名古屋駅太閤口店。

成城石井「最小」-駅出店のモデルだった

成城石井SELECT名古屋駅太閤口店は、2015年12月の「名古屋うまいもん通り」増床リニューアルにあわせて開店。売場面積は7.4坪。同年に“狭小フォーマット業態”として復活した「成城石井SELECT」としては豊橋店(JR豊橋駅在来線改札内)に次ぐ2号店であった。
交通の要衝に立地する狭小店舗という特性を活かし、主要客層を駅利用客(旅行者・出張者)に設定。SELECT業態向けの新商品やローカル弁当・飲料・菓子・手土産に特化した店舗づくりを打ち出していた。2021年現在は、首都圏・東海圏の同社大型店舗で製造した弁当・惣菜を導入するなど、売場面積は狭小ながら同社のスケールメリットを活かした店舗となっていた。
成城石井は、この名古屋駅・豊橋駅の店舗をモデルに、その後は亀戸駅や渋谷駅などにも狭小店舗を出店することとなった。

近隣に大名古屋ビルヂング店が開店したばかり

成城石井は、2004年4月に直営店東海地方1号店として名古屋駅キュイジーヌマルシェ驛(現・名古屋うまいもん通り広小路口)に成城石井名古屋駅広小路口店を開店。2015年12月のSELECT名古屋駅太閤口店開店後は、名駅エリア2店舗体制を採っていた。
同社は2021年4月28日に名駅エリア3号店となる大名古屋ビルヂング店(売場面積156.61㎡)を出店したばかり。大名古屋ビルヂングと名駅を挟み対極の位置にある太閤口店閉店との関係については明らかにしていないが、事実上の店舗統合となった。

(資料)成城石井SELECT6店舗の開店日・売場面積
  • 成城石井 SELECT 豊橋店
    (2015年10月開店/売場面積10.5坪)
  • 成城石井SELECT名古屋駅太閤口店
    (2015年12月開店/売場面積6.7 坪→7.4坪)
  • 成城石井SELECTアスティ大曽根店
    (2016年7月開店/売場面積約13坪)
  • 成城石井SELECTアトレ亀戸店
    (2016年12月開店/売場面積約16坪)
  • 成城石井SELECTたまプラーザテラス店
    (2017年3月開店/売場面積約17坪)
  • 成城石井SELECT渋谷東急フードショー店
    (2020年9月開店/売場面積14.6坪(48.1㎡)


関連記事:ドン・キホーテ栄三丁目店、2021年2月26日開店-松坂屋前のGAP跡に、名古屋栄店は「栄本店」としてリニューアル

関連記事:ビーノ栄、2020年11月6日開業-メルサ前に大丸松坂屋・パルコの新商業施設
関連記事:イオンモール名古屋みなと、2021年2月閉店-TOHOシネマズは11月先行閉館
関連記事:名古屋国際ホテル・ホテルナゴヤキャッスル、2020年9月30日閉館-名古屋の名門ホテル、ともに興和が再開発へ
関連記事:久屋大通公園・レイヤードヒサヤオオドオリパーク、2020年9月18日開業-公園内に商業ゾーン、名古屋テレビ塔もリニューアル
関連記事:ベルシュカ名古屋店・GAP名古屋栄店、2020年8月閉店-松坂屋前のファストファッション旗艦店、相次ぎ撤退
関連記事:名古屋ブルーノート、2020年8月15日閉館-世界的ライブハウスの支店、新型コロナ影響で
関連記事:イセタンハウス、2020年8月31日閉店-大名古屋ビルヂングの伊勢丹、僅か4年で

イオンタウン幕張西、2021年秋開業-病院併設のクリニックモールに

千葉県千葉市美浜区幕張西に、病院併設の近隣型ショッピングセンター「イオンタウン幕張西」が2021年秋に開業する。

イオンタウン幕張西。

10年以上計画中だったイオン、病院・ミニスーパー核に

イオンタウン幕張西はかつて「そごう物流センター」等があった場所に10年以上前から建設計画が発表されていたもの。
同店が出店するのは、国道14号線沿いのドン・キホーテやニトリ近くで、「海浜ニュータウン幕張地区」として計画的に整備された多くの公園と閑静な住宅街が広がる地域となる。

イオンタウン幕張西のコンセプトは「ウエルネスタウン MAKUHARI」。病院を核としたクリニックモールとなる。
ショッピングセンター棟は2階建てで、総賃貸面積は3,108㎡。核店舗はイオングループ(元ダイエーグループ)のディスカウントスーパー「ビッグ・エー」が運営する小型スーパー「アコレ」と、同じくイオングループのドラッグストア「ウエルシア」。
そのほかコインランドリー、ベーカリー、クリニックや調剤薬局、美容院などが出店する。
また、病院棟は6階建てで、2022年に医療法人白百合会(本部:千葉県大多喜町)が「幕張病院」を開設。地域の新たな医療拠点を目指すとしている。

イオンタウン幕張西

住所:千葉県千葉市美浜区幕張西4丁目7800番2
営業時間:未定

関連記事:イオンスタイル千葉みなと、2021年4月16日開業-新決済システム導入の食品スーパー
関連記事:イオン、ビッグ・エーとアコレを2021年3月1日経営統合-2025年度に500店舗体制めざす

関連記事:イコアス千城台、2020年7月6日開業-旧・長崎屋ラパーク千城台、ロピア核の新施設に
関連記事:イオンスタイル幕張ベイパーク、2019年4月13日開店-「幕張ベイパーク」街びらき

イズミヤ上新庄店、2021年夏閉店-かまいたち濱家も惜別、47年の歴史に幕

大阪府大阪市東淀川区の阪急京都線上新庄駅近く、関西大学北陽高等学校そばにあるH2Oリテイリング系の大型総合スーパー「イズミヤ上新庄店」が、2021年夏を目処に閉店する。

イズミヤ上新庄店。

“スーパー激戦区”上新庄唯一の大型総合スーパーだった

イズミヤ上新庄店は1974年5月に開店。営業フロアは地上3階~地下1階、売場面積は10,098㎡。東淀川区内の大型店としてはホームセンターコーナン東淀川菅原店に次ぐ規模となっている。
イズミヤ上新庄店は、グループ直営の食料品・衣料品・住居関連品売場を核に、傘下のファンシー雑貨店「ピザッカ」や眼鏡店「メガネの三城」、音通グループの100円ショップ「FLET’S」、アバンティブックセンターの書籍販売店「アミーゴ書店」など複数の専門店が出店。店舗建物には立体駐車場を備えるなど、平日・土日祝日問わず普段から賑わいがみられた。
一方で、築50年近く経っているため老朽化が進んでおり、2017年3月の要緊急安全確認大規模建築物耐震診断結果公表によって耐震性能の不足が明らかとなっていた。

老朽化で耐震不足に-跡地活用や再出店など未定

イズミヤ上新庄店が出店する上新庄駅周辺は、かみしんプラザ(旧・ダイエー/現・平和堂フレンドマート)やメラード南江口(関西スーパー・ナフコ)といった大型商業施設、食品スーパー、ディスカウントストアが10店舗以上出店する関西有数のスーパー激戦区となっている。同店は2005年のダイエー上新庄店閉店後、地域唯一の大型総合スーパーとして営業を続けていたが、先述のとおり、耐震不足により閉店するに至った。
近年イズミヤは老朽化が顕著な総合スーパー業態店舗の刷新とショッピングセンター(カナートモール)や食品スーパー(デイリーカナート)への建替えを進めているが、上新庄店については、跡地活用や再出店などについては2021年5月現時点で未発表となっている。
なお、同店は人気芸人「かまいたち」濱家隆一氏の実家近くにあることでも知られていた。そのため「かまいたち濱家公式ツイッター」でも「ショックすぎる…。」「絶対にお礼言いに行きます。」と惜別の念が述べられている。

関連記事:サボイ豊里味道館、2020年2月20日閉店-旧・豊里センター、57年の歴史に幕
関連記事:バロー淡路店、2019年7月19日開店-大阪市内初のバロー、淀川キリスト教病院跡地に
関連記事:ライフ新大阪店、2019年5月31日閉店-旧ライフ大阪本社・ラヴィーレ新大阪
関連記事:かみしんプラザ、2017年9月15日改装オープン-西松屋、アスビーなど出店

ヴィソン、2021年7月20日全面開業-4月29日1期開業、多気にイオンなど参画の複合商業リゾート

三重県多気町ヴィソンに、複合商業リゾート施設「VISON(ヴィソン)」が2021年4月29日に1期開業、7月20日にグランドオープンする。

ヴィソン。

多気に巨大複合商業リゾート施設-「20年に一度解体」

「VISON(ヴィソン)」は紀勢自動車道の勢和多気IC近くに進出するもので、事業主体はアクアイグニスイオンタウンファーストブラザーズロート製薬の4社によって設立された合同会社「三重故郷創生プロジェクト」。
敷地面積は約119ha、全店舗数は68店で、年間集客目標は約600万人。
すべては、いのちを喜ばせるために。」をテーマに掲げ、式年遷宮をモデルとして、20年に一度木造建築物の一部の建て替えを視野に入れた上で木材を使用して施設を建築するなど、林業を支えることも目指すという。
また、三重県内にて余っている生地を買い取りVISONエコバッグ等に活用、売れ残った魚や野菜市場で余った食材を再利用するなど、環境に優しい施設をめざすとしている。

4街区のうち商業施設「マルシェ」は4月29日開業

敷地内は商業施設「マルシェヴィソン」、温浴施設「本草湯」、飲食街「サンセバスチャン通り」 、宿泊施設「ヴィソンホテルズ」の4街区に分かれる。
そのうち、4月29日には1期部分として「マルシェヴィソン」の大部分にあたる15店と、飲食店としてスイーツヴィレッジの2店、三重県初出店となる猿田彦珈琲の計18店舗が開業。
2期開業6月5日の第2期で温浴施設「本草湯」など6店舗が、7月20日の第3期で「サンセバスチャン通り」 、宿泊施設「ヴィソンホテルズ」などが開業、グランドオープンを迎える予定となっている。

宿泊施設はホテル、ヴィラ、旅籠の3タイプ。

そのうち、4月29日に開業した商業施設「マルシェヴィソン」には産直市場が設けられ、地元の生鮮品を販売する店舗が複数出店するほか、「軽トラマルシェ」「海女小屋」を開設。ここでは三重県内の農水畜産物を取り扱う複数の生産者や事業者が毎日入れ替わりで新鮮な食材が販売される。なお、一般のスーパーマーケットは出店していない。

軽トラマルシェ。

4月29日には伊勢自動車道に「多気ヴィソンスマートIC」が開設され、全国初の「スマートIC直結民間施設」となったほか、7月1日からは三重交通によりバス路線が開設される予定となっている。

VISON(ヴィソン)

住所: 三重県多気町ヴィソン672番1
営業時間:9:00~18:30など(店舗・街区により異なる)
(画像は公式サイトとリリースより)

関連記事:デイリーキング鳥羽店、2020年1月15日閉店-「デイリークイーン」国内最後の店舗、46年の歴史に幕
関連記事:MEGAドン・キホーテ伊勢上地店、2018年6月13日開店-三重県内最大のドンキ、ユニー・ピアゴ跡に