カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

名古屋市営地下鉄の「サークルK」8店、ローソンに-池下駅店は“ドアラまみれ”

名古屋市営地下鉄の駅構内に、コンビニ「ローソン」8店舗が7月18日に同時開店した。

旧サークルKの8店舗をローソンに転換

今回ローソンが出店したのは名古屋市営地下鉄東山線の高畑駅、中村公園駅、池下駅、鶴舞線の鶴舞駅、桜通線の丸の内駅、御器所駅、桜山駅、久屋大通駅構内の8店舗。
いずれの店舗も3月末までユニー・ファミリーマートHDの「サークルKミニ」として営業しており、新たに駅構内売店の運営事業者となったローソンが店舗を引き継ぐ形となった。
なお、7月18日現在で名古屋市営地下鉄構内で営業する「サークルK」、「サークルKミニ」は10店舗あるが、いずれも順次「ファミリーマート」へ転換されるとみられる。

ローソン池下駅店は“ドアラまみれ”

今回出店した店舗のうち、東山線池下駅構内の「ローソン名古屋地下鉄池下駅店」では、ローソンがオフィシャルスポンサーを務めるプロ野球・中日ドラゴンズのラッピングを採用。
ラッピングはチームのマスコットキャラクターである「ドアラ」が全面に押し出されたデザインとなっており、「ローソンの制服を着たドアラ」や「からあげクンを両手に持ったドアラ」など、ここでしか見られない“レアドアラ”の姿が印象的だ。池下駅店のイメージ。外観に写るドアラが7匹なのに対しドラゴンズ選手は5人(しかも1枚)。比率がおかしい。

(イメージ画像はニュースリリースより)
ニュースリリース:名古屋市営地下鉄内に新たな駅ナカコンビニが誕生 7月18日(火)に「ローソン」8店舗オープン(ローソン公式サイト)
関連記事:KITTE名古屋、4月1日グランドオープン-「名古屋駅バスターミナル」開業に合わせて
関連記事:ポプラ、ローソンからの出資比率引き上げ-東海地方への進出めざす
関連記事:サークルK・サンクス、約1000店を閉店へ-残る店舗はファミマに転換

旧・岸和田高等女学校、解体へ-岸和田を代表する近代建築

大阪府岸和田市の岸和田駅近くにある近代建築「岸和田市立福祉総合センター分館」(旧・岸和田高等女学校校舎)が近く解体される見込みとなった。

岸和田市立福祉総合センター分館。

築80年の元・女学校

岸和田市立福祉総合センター分館は「岸和田高等女学校」の校舎として1937年に竣工。戦後に大阪府立和泉高等学校の一部となったが、高校は1971年に移転し、その後は「岸和田市立福祉総合センター」の一部となっていた。
しかし、近年は建物の老朽化が進行。岸和田市立福祉総合センターの建て替え工事(分館隣接地)が終了したことに伴い、7月に閉鎖されることとなった。
建物は今後解体される予定だという。
なお、新たな福祉総合センターは7月18日に竣工式が行われる。

新・岸和田市立福祉総合センター(同市ウェブサイトより)。

近代建築の残る街・岸和田

岸和田市中心部には近代建築が数多く残っているが、なかでも旧・岸和田高等女学校は規模が大きく、内部の見学も可能であったために比較的有名な存在であった。近年はテレビアニメ「Free!」(京都アニメーション)の舞台である「岩鳶高等学校」のモデルとなったことでも知られ、見学者は増加していたと思われる。
耐震性などの課題は大きかったであろうが、市が所有する建物でありながら「近代建築が残る街」の象徴として活かすことができなかったことは残念である。

岸和田市内には近代建築が多く残る。
(成協信用組合岸和田支店、旧・四十三銀行、1919年築)

外部リンク:福祉総合センターの整備について
関連記事:別府市公会堂(中央公民館)、復原工事が完成
関連記事:大丸心斎橋店本館、12月30日閉館-多くの人に惜しまれた最終日

いわきFCパーク、7月15日全面開業-ジャイキリ話題の“7部チーム”、国内初「クラブハウス+商業施設」

いわき市湯本地区にあるサッカークラブ・いわきFCの複合型クラブハウス「いわきFCパーク」が7月15日にグランドオープンを迎えた。いわきFCパーク。

豊富な資金力の7部クラブ、ジャイキリも話題に

いわきFCは2012年創設のサッカークラブで、現在は福島県社会人サッカーリーグ1部に所属。
2015年より米大手スポーツ用品・アンダーアーマー社の日本代理店である「株式会社ドーム」が実質的なクラブ運営者となり、国内7部リーグ(相当)所属クラブとしては異例ともいえる豊富な資金力を擁している。
6月21日に行われた天皇杯2回戦ではJ1クラブである北海道コンサドーレ札幌を5-2で下し、天皇杯史上屈指の“ジャイアントキリング”を成し遂げたクラブとして注目を浴びた。

「国内初」クラブハウスに商業施設

将来的なJリーグ加盟を目指すクラブの新たな象徴として誕生したいわきFCパークは、チームのクラブハウスに商業機能を複合した国内初の施設。
6月10日に4店舗が先行オープンを迎え、飲食店など新たに5店舗が出揃った7月15日に全面開業となった。

クラブハウス内に浅草今半、矢場とんなどが出店

いわきFCパークの建物は地上3階建てで、延べ床面積は4,360㎡。
3階レストランフロアには浜通り初の「浅草今半」や東北初の「みそかつ 矢場とん」といった老舗飲食店など5店舗が出店。
そのほかにも、アンダーアーマー社の直営店「UNDER ARMOUR FACTORY HOUSE いわき」や、親会社である株式会社ドームのトレーニングジム「DOME ATHLETE HOUSE IWAKI」などクラブと関わりの深い施設も入居する。

UNDER ARMOUR FACTRY HOUSE いわき(公式サイトより)。

いわきFCパーク

住所:福島県いわき市常磐上湯長谷町釜ノ前1-1いわきFCパーク
営業時間:テナントによる

(画像はニュースリリース・公式サイトより)
ニュースリリース:いわきFCクラブハウス(仮称)概要発表 ~名称 及び 開業時期決定のお知らせ~(いわきFC公式サイト)
外部リンク:いわきFCパーク
関連記事:イトーヨーカドー平店、2020年までに閉店へ-老朽化で、所有者は建替え目指す
関連記事:小名浜名店街・タウンモールリスポ、2018年1月閉館-老朽化で、イオン開業も影響か
関連記事:イオンモールいわき小名浜、8月着工-2018年夏開業目指す「防災拠点モール」

ヴィレッジヴァンガード渋谷本店、7月14日開店-ブックファースト跡に

JR渋谷駅近くに書店・雑貨店「ヴィレッジヴァンガード渋谷本店」が7月14日に開店した。

ヴィレッジヴァンガード渋谷本店(公式サイトより)。

「ヴィレヴァン本店」、旧宇田川店を移転-記念イベントも

ヴィレッジヴァンガード渋谷本店が出店するのは、「SHIBUYA109」前にあるみずほ銀行地下1~2階で、6月まで「ブックファースト渋谷文化村通り店」があった場所。
ブックファーストは2007年10月開店。1998年に開店した旧・渋谷店のビル建て替えに伴う移転による出店だったが、競争激化などにより閉店していた。

旧・ブックファースト。

ヴィレッジヴァンガードは、渋谷センター街の旗艦店「渋谷宇田川店」(2011年開業)をビル建替えのため2017年3月に閉店させたばかりであった。同店の閉店によりヴィレッジヴァンガードは渋谷区から姿を消しており、近隣に新たな出店地を探していたという。
新店舗は店名に「本店」を冠し、同社の旗艦店になるという。

「りぼん」とのコラボコーナー(公式サイトより)。

開店を記念し、7月14日以降、以下のとおり記念イベントが実施される。

  • 7月14日(金): 愛☆まどんなさん×コバルト爆弾αΩライブペイント
  • 7月15日(土):でんぱ組.inc夢眠ねむさん&たぬきゅん来店イベント
    ※夢眠ねむさんは7月14日が誕生日
  • 7月16日(日):虹のコンキスタドール+ベボガ!(虹コン黄組)
ヴィレッジヴァンガード渋谷本店

住所:東京都渋谷区宇田川町23番3号
渋谷第一勧銀共同ビル地下1階~地下2階
営業時間:10:00~23:00

※VVの画像は公式サイトより。

外部リンク:ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
外部リンク:ヴィレッジヴァンガード渋谷本店(ツイッター)
関連記事:ルミネマン渋谷、7月31日閉館-ルミネ唯一のメンズ館
関連記事:MEGAドン・キホーテ渋谷本店、5月12日開店
関連記事:ニトリ渋谷公園通り店、2017年6月30日開店-丸井・シダックス跡に「都心初」単独旗艦店

イオンスタイルumie、7月14日開店-ハーバーランドの新たな核店舗、食品売場は「関西最大級」

神戸駅前のショッピングセンター「神戸ハーバーランドumie」の新たな核店舗として総合スーパー「イオンスタイルumie」が7月14日にオープンする。
umie_kobeharborland1
神戸ハーバーランドUmie。

2013年からイオングループの運営だった

神戸ハーバーランドumieは1992年に総合スーパー「ダイエーハーバーランドシティ」、会員制ディスカウント「Kou’s」、百貨店「神戸阪急」、専門店街「モザイク」により構成された複合商業施設として開業。
ダイエーの経営悪化や阪急百貨店の撤退に伴い、2013年以降イオンモールが「Umie」として施設の一体的な管理運営を行っている。
ハーバーランドの詳しい歴史については前記事を参照

約9,000㎡で”充実の食”

イオンスタイルumieは2016年7月に撤退したイズミヤ跡(売場面積10,097㎡)に出店。その殆どが食品売場となる。
店舗面積は約9,300㎡で、「AEON umie Dining~楽しく、便利な「食」スタイル」を」をコンセプトとして、ハーバーランドの客層を意識した生活提案型の売場づくりを目指す。
新鮮素材からデリカまで揃う「マルシェダイニングゾーン」(地階)では、惣菜部門に新鮮な魚を使用した海鮮丼や天ぷらなどを提供する「シーフードデリ」、神戸牛コロッケなど肉を使用した惣菜を提供する「ミートデリ」を導入する。
また、魅せるライブ感を提案する「ライブキッチンゾーン」(地階)には、旧マイカル系のベーカリー「カンテボーレ」、イオン直営初の厚切りステーキ専門店「ガブリングステーキ」、生パスタの店「ペルグラーノ」、近畿エリア初のチョップドサラダ専門店「サラダビッツ」を導入、約300席のイートインでランチからディナーまで幅広い需要に対応。イオンリカーにはバーコーナー「ウミバル」も設置される。
イオンスタイルカフェ・スイーツゾーン」(1階)には、自然派志向のチーズケーキ・パフェ専門店「美人百菓 by patisserie natura」(神戸)、えきそばで知られるまねき食品のバームクーヘン専門店「Hi! me Cafe」(姫路)、ミニカップケーキ専門店「JiJi cupcakes KOBE」(神戸元町)、「アンドリューのエッグタルト」(大阪道頓堀)など関西発・神戸発の人気スイーツ店が多数出店。兵庫の地酒、神戸ワインなどの地元名産品を取扱う「こだわり食材・ギフト・リカーゾーン」(1階)と合わせて、地元の食をアピールする。

食品関連以外としては、1階にはイオンの美容コーナー「グラムビュティーク」が設置されるほか、パレモが運営する雑貨店「イルーシー300(illusie300)」、ワッツが運営する雑貨店「Buona vita(ブォーナ・ビィータ)」、花店「ルボゼフルール」なども出店する。
なお、イオンの直営売場は食品・生活雑貨、化粧品・美容関連などのみで、衣料品売場は設置されない。
これには、至近距離にある「イオンモール神戸南」(中央市場駅前)との競合を避ける狙いもあると思われる。

テナントを強化、シンボル「DinDon」の再稼働も

神戸ハーバーランドUmieでは今回のイオンスタイル開店に合わせて「無印良品」「Francfranc」の導入や「GLOBAL WORK」の移転増床などテナントの強化、地下1階入口の統合、連絡通路新設による回遊性向上など施設面の強化を目指すべくリニューアルをおこなっている。
また、ハーバーランド開業以来のシンボルとしてUmie館内に設置されていたボールマシン「DinDon」も改修が終わり、再稼働が行われた。
P1100737-
リニューアル前のDinDon。

外部リンク:神戸ハーバーランドUmie
外部リンク:イオンスタイルumie
外部リンク:~この夏、神戸ハーバーランドumie(ウミエ) ノースモールが新しくなります~ウミエに食品スーパー『イオンスタイルumie』がオープン 7月14日(金)10:00リニューアルオープン
関連記事:三宮OPA2、2月24日開業-ダイエー神戸三宮店に、現「OPA」は数年以内に閉店へ
関連記事:ダイエーグルメシティ住吉店、1月31日閉店-50年の歴史に幕、震災の面影のこす店舗
関連記事:イオンスタイルumie、2017年夏開店-ハーバーランドのイズミヤ跡に

イオンモール直方、7月14日リニューアル-百貨店「井筒屋」など導入

福岡県直方市北部にある「イオンモール直方」が7月14日に全面リニューアルオープンする。

イオンモール直方。

「石炭カラー」に-井筒屋のサテライトショップなど導入

イオンモール直方は2005年4月に開業、延床面積は約168,000㎡、売場面積は42,000㎡。直方市で唯一のシネマコンプレックスを備え、大きな集客力がある。同店の開店により、直方市中心部からは2016年までにスーパーマーケットが姿を消した。
イオンモール直方では、2017年春より「変新・直方が変わるんジャー」を掲げ、外装や施設を全面改修、テナントの入れ替えを実施。リニューアルコンセプトは「地域の皆さまの「愛着度NO.1」モールへ進化する“毎日に楽しみの場をご提供“」で、外壁も産炭地をイメージする黒へと塗り替えられた。

館内では、核テナント「イオン直方店」が改装され、「イオンスタイル直方」としたほか、直方市で2店舗目となる「井筒屋」のサテライトショップ、「studio CLIP」、「212キッチンストア」といった有力ファッションブランド、雑貨専門店が導入される。(一部テナントは8月以降オープン)
また、イオンスタイル直方の隣接エリアには、食品グロサリー「わくわく広場」や柿安の和菓子専門店「口福堂」、ベーカリーカフェ「ヴィ・ド・フランス」などのテナントにより構成される食物販ゾーン「Nogata Marché」を新設、直営食品売場との相乗効果創出を狙うとしている。

外部リンク:7月14日(金)AM9:00「イオンモール直方」リニューアルグランドオープン
関連記事:JR折尾駅、1月2日より鹿児島線を新ホームに-高架化進む折尾駅、”日本最古の立体交差”見納めに
関連記事:スペースワールド、2017年12月末閉園へ
関連記事:サンリブのおがた、11月1日開店-旧店から移転、井筒屋も出店
関連記事:西鉄・田川後藤寺バスセンター、2016年9月30日閉鎖

福島駅前通り商店街、全面リニューアルへ-アーケード撤去、2018年春完成予定

JR福島駅前にある「福島駅前通り商店街」が全面リニューアルされることになり、それに伴って長年に亘って駅前通りのシンボルであった片屋根式アーケードが撤去されることになった。

福島駅前商店街のアーケード(中合福島店)。

アーケードを撤去して歩道拡幅へ

福島駅前のアーケードは1960年代に設置されたもの。設置時はまだ駅前に福島交通の路面電車が走っていた(1971年廃止)。)

アーケード内のようす。

駅前通りのリニューアルは2008年より検討されており、その目的は「快適・安全でゆとりある人にやさしい歩行環境の形成」「沿道店舗等と道路空間が一体となって賑わいを創出すること」。
福島を代表するシンボルロードとすべく、歩道を広げるとともに車道を少し狭くして歩行者が快適に歩けるようにする。車道は型押しカラー舗装、歩道はタイル舗装となる。

駅前通りに掲げられた完成予想図。

また、これに伴いアーケードは撤去されるほか、新たに荷捌き場、駐輪場、地下道屋根の設置などがおこなわれる。
工事は2016年末より着工されており、全ての工事は2018年3月に完了する予定である。

工事が完成しつつあるAXC(旧長崎屋)前。

外部リンク:福島駅前通りリニューアル整備
関連記事:JR只見線、”上下分離”で復旧へ-豪雨被害で長期不通、JRと福島県が合意
関連記事:中合福島店二番館、8月31日閉館-旧・山田百貨店、築44年で老朽化

豊洲市場「千客万来施設」、運営主体の万葉倶楽部が撤退方針

豊洲市場に設けられる予定の観光施設「千客万来施設」の運営主体である「万葉倶楽部」(神奈川県小田原市)が、運営から撤退する方針であることが分かった。

豊洲市場の概略図(都商研作成)

当初の「すしざんまい」から「万葉倶楽部」に

「千客万来施設」とは、現在の築地場外市場のような物販・飲食機能に加えて、温浴・宿泊施設も備えた大型の複合商業施設。
東京都の公募の結果、当初は「喜代村」(「すしざんまい」運営企業)と「大和ハウス工業」により運営される予定であったが、条件が折り合わなかったとしていずれも2015年に撤退。再公募の末、2016年3月に、全国で温浴施設を運営する「万葉倶楽部」の運営となることが決まった。

「千客万来施設」(豊洲市場6街区)完成予想図(東京都中央卸売市場プレスリリースより)。
概略図中の「環状二号線」の文字がある辺りから見たかたちと思われる。

万葉倶楽部では、千客万来施設の運営コンセプトを「豊洲江戸前市場」と定めており、江戸の街並みを再現した飲食街と物販施設(合わせて200店舗前後の規模)、そして24時間営業の温浴・宿泊の機能も兼ね備えた建物を新築する予定で、国内外から年間193万人の来場者を見込んでいた。

館内には江戸の街並みが再現されたオープンモールも設置される予定(東京都中央卸売市場プレスリリースより)。

「築地のテーマパーク化」競合懸念-都側に違約金発生か

万葉倶楽部の撤退を報じたNHKによると、撤退を決めた要因は小池知事が豊洲に移転したあと築地を食のテーマパークとして再開発する基本方針を示したことを受け、築地と豊洲に同様の施設ができれば互いに客を奪い合うことになり、事業の前提条件が崩れたためだという。
今後、東京都側には多額の違約金が発生する可能性もある。
現在、豊洲市場本体の工事がほぼ終了しているのに対し、千客万来施設は運営者再公募の時点で開業が延期されたうえ、豊洲市場の供用開始延期により工事着工も再延期されており、更地のままとなっている。

更地のままの「千客万来施設」用地(豊洲市場5街区)。
奥に見えるのは豊洲市場「青果棟」。

関連記事:東京臨海部BRT、会社設立延期へ-築地市場の移転延期で環2線開通できず

 

JR東日本、秋田港貨物駅まで特別列車運行-大型客船発着時の本格運転目指す

JR東日本秋田支社・秋田県・秋田市の3者は、JR東日本秋田駅とJR貨物の秋田港駅(貨物専用)を結ぶ特別列車「秋田港クルーズ列車」の運行を8月3日から6日まで行う。秋田港のシンボル「ポートタワーセリオン」。

クルーズ船乗船客向け、秋田〜秋田港間を直通

秋田港駅は1907年に開設された貨物専用駅で、普段はJR貨物と秋田臨海鉄道が乗り入れる。
今回運行される「秋田港クルーズ列車」は、8月3日から6日まで行われる「秋田竿灯まつり」開催期間中に秋田港へ寄港するクルーズ船乗船客向けの特別列車。
運行区間は秋田駅〜秋田港駅の8.9kmで、所要時間は約15分。秋田〜土崎間はJR東日本の「奥羽本線」、土崎〜秋田港間はJR貨物の「奥羽本線貨物支線」であるため、2社間の直通運転となる。運行区間の位置図。(JR東日本公式サイトより

運行スケジュールは8月3日と4日は朝夜の1往復、5日は昼夜の1往復、6日は朝夜の2往復。
運行車両は気動車4両で、貨物駅のため乗降設備の無い秋田港駅では仮設のタラップを設置して乗降を行う。

2次交通課題の秋田港、将来的な本格運行を目指す

秋田港では、秋田県が2016年度より実施する「クルーズ拠点を生かしたまちづくり」の効果もありクルーズ船の停泊数が増加傾向にあるが、下船後の移動はバスやタクシーなどが中心となることから、乗船客向けの2次交通に輸送力不足が生じていた。
また、鉄道輸送においても秋田港に最も近い旅客駅である土崎駅までは徒歩30分前後を要する一方で、貨物駅である秋田港駅はフェリーターミナルから歩いてすぐの距離にあるため、貨物線を通じた秋田駅への旅客輸送の実現は交流人口拡大を目指す秋田県や秋田市にとって非常に大きな一歩となった。秋田港に最も近い旅客駅の土崎駅。港までは徒歩30分前後かかる。

クルーズ列車のトライアル運行を行う3者は、8月の運行実施後に課題を整理し、2018年度以降の本格運行の可能性について検討を行うという。

ニュースリリース:秋田港クルーズ列車 トライアル運行について(JR東日本秋田支社公式サイト)
関連記事:JR東日本、東北・新潟地区に新型気動車導入へ-キハ40系など置換えか
関連記事:秋田フォーラス、2017年2月閉店-全面リニューアルで「秋田オーパ」に
関連記事:JR秋田駅西口に「店舗棟」「駐車場棟」建設

イオンスタイル東神奈川、7月7日開店-旧・ニチイで初の「スタイル化」

JR東神奈川駅前のショッピングセンター「イオン東神奈川店」(旧「東神奈川サティ」、「ニチイ東神奈川ショッピングデパート」)が全面改装され、イオンスタイル東神奈川として7月7日にリニューアルオープンした。

イオンスタイル東神奈川。

築40年を前に全面リニューアル

ニチイ東神奈川ショッピングデパートは1978年9月開業。
「東海アルミ箔」の跡地に建設された「トーカイプラザ」への出店であったが、現在建物は銀行所有となっている。
売場面積は16,191㎡。売場は1~4階まで。開店時には松崎しげる、サーカスらが訪れるなど、当時のニチイとしても非常に力を入れた店舗であった。
なお、この数日後にはニチイ横浜ショッピングデパート(現:横浜ビブレ)も開店している。

ニチイの文字が残る看板。

ニチイ初のスタイル化、カンテボーレは新業態に

イオンスタイル東神奈川のキャッチフレーズは「あなたの毎日をハレヤカに」で、改装は全館に亘っている。
 1階食品売場の目玉は生まれ変わったベーカリーコーナー「カンテボーレ」。70席のイートインコーナーにはコンセントも設置されたほか、100円ドリップコーヒーも提供される。

イートイン併設のカンテボーレ。

惣菜コーナーには、他のスタイル店でも好評の直営新業態「リワードキッチン」を導入。新たに小田原干物・練り製品コーナーが設けられるなど、地元産品の品揃えも充実された。

リワードキッチンには「横須賀海軍風カレー」も。


農産品産直コーナー。

衣料・生活用品コーナーでは、2階にビューティーコーナー、ヘルスステーションを、3階に子供靴「クツラ」、4階に家具・ホームファニシングコーナー「ホームコーディ」などを新設。
既存テナントの100円ショップ「トップ」、「福家書店」などもリニューアルされている。

明るく生まれ変わったビューティーコーナー。


新導入の「ホームコーディ」。

イオンでは、採算性の高い店舗を中心に新業態「イオンスタイル」への転換を進めているが、イオンスタイル東神奈川のように築40年を迎える店舗の全面改装は非常に珍しく、とくに旧・ニチイの店舗では当店が初のイオンスタイル化となった。

外部リンク:イオンスタイル東神奈川
関連記事:イオンスタイル新茨木、6月3日全面リニューアル開業ー関西初の「G.G.対応店舗」
関連記事:イオンスタイル碑文谷、12月18日開店-ダイエー碑文谷店跡