カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

ダイエー栂店、7月31日閉店ーガーデンシティ、近く再開発へ

大阪府堺市南区の泉北高速鉄道栂・美木多駅前にある総合スーパー「ダイエー栂店」(とが店)が7月31日に閉店する。

ダイエー栂店。

ガーデンシティ栂の建て替え計画に伴う閉店か

ダイエー栂店は1974年に財団法人大阪府泉北センターにより開発が進められたショッピングセンター「サンクールとが」の核テナントとして出店。売場面積は5,094㎡で、ダイエー部分の建物はダイエーが所有する。
2003年には専門店街の管理運営がミキシング(広島マリーナホップなど運営、倒産)と日商岩井不動産(双日新都市開発)の運営に移行し、「ガーデンシティ栂」に一新された。
テナントとしては100円ショップ「ダイソー」、人気ハンバーガーチェーン「ドムドム」、中華料理「餃子の王将」などが出店していたが、2016年以降はガーデンシティ内の専門店、銀行、郵便局などの多くが閉店、もしくは移転しており、再開発が近いことを伺わせられる状況となっていた。

競合激化で客足減-「閉店」するも新施設の概要見えず

近隣の泉ヶ丘駅前にはジョイパーク、泉北髙島屋などが、光明池駅前にはダイエー光明池店・コムボックス、サンピアなどがあるほか、2016年にはダイエー栂店から1kmほどの距離にある「クロスモール堺」が全面改装されドンキホーテが出店(栂・美木多駅からのシャトルバスも運行)。
有力な専門店を持たなかったガーデンシティ・ダイエー栂店は客足が減っていたうえ、築40年以上を経て老朽化も進んでいた。
donki_crossmallsakai
改装されたクロスモール堺(公式サイトより)。

今後、ガーデンシティ・ダイエー栂店は新施設に建て替えられる方針だが、その一方で具体的な再開発計画や再開発後の街づくりの青写真はまだ提示されておらず、ダイエーの閉店後、再開発が完了するまで栂・美木多駅周辺は長期に亘って不便な状況となってしまうであろう。

外部リンク:ダイエー栂店|大阪府|ダイエー店舗情報
外部リンク:ガーデンシティ専門店会
外部リンク:栂・美木多駅前活性化 土地利用構想(案)(堺市)
関連記事:クロスモール堺、全面改装6月24日完了-ドン・キホーテ出店
関連記事:エヌクラス泉大津、3月16日開業-泉大津駅高架化で生まれた新商業施設

ドムドムハンバーガー、ダイエー系列離脱-レンブラントホテルに売却で

ダイエー子会社で飲食店を経営する「オレンジフードコート」(江東区)が、7月に「ドムドムハンバーガー」事業を売却することが分かった。
ドムドムハンバーガーはダイエー系列を離脱することになる。

ドムドムハンバーガー小平店。

日本初のハンバーガーチェーン、復活なるか

ドムドムハンバーガーは1970年に東京都町田市に1号店を出店。
「ドムドム」とはダイエー創業者・中内功氏によるダイエーのキャッチフレーズ「良い品をどんどん安く」に由来する。
 マクドナルドの日本展開前の創業であり、全国初のハンバーガーチェーンとして知られるが、ダイエーの事業縮小に伴い店舗の約9割が閉店していた。

旧CIの店舗(城野店、閉店済み)。
こちらのほうがなじみ深い人も多いであろう。

ドムドムハンバーガーの事業を引き継ぐことになるのは「レンブランドホールディングス」(厚木市)。
レンブラントホールディングスは厚木市、町田市、大分市、鹿児島市などで「レンブラントホテル」を、都内などで「ベストウエスタンホテル」の一部店舗を、御殿場市でゴルフ場などを運営する。
また、2017年にはベトナムに「メーパールシーサンホテル」を開設している。

レンブラントホテルの旗艦店舗・大分店。
(GoogleMapより)

最盛期に比べて店舗数が大幅に減っていたドムドムハンバーガーであるが、レンブラントグループになることで今後はホテル内飲食店などへ出店する可能性もあり、再び店舗網を増やしていくのかどうか注目される。

外部リンク:ドムドムハンバーガー
関連記事:ダイエー、大きいサイズの紳士服店「グランバック」をタカキューに移管-整理すすむダイエー系企業、ドムドムも縮小へ 
関連記事:ダイエー、2016年3月30日までに110店舗の「イオン化」完了-9県のみで展開するローカルスーパーに

西武・そごう武蔵小杉、8月31日閉店-グランツリー武蔵小杉の2階核店舗

武蔵小杉駅前のショッピングセンター「グランツリー武蔵小杉」2階にある百貨店「西武・そごう武蔵小杉」が8月31日で閉店する。

西武・そごう武蔵小杉。

グランツリー2階の核店舗、僅か約2年半で閉店

西武・そごう武蔵小杉は2014年11月のグランツリー武蔵小杉開業に合わせて開店。
グランツリー武蔵小杉はセブンアンドアイホールディングスが運営する
ショッピングセンターで、西武・そごうはイトーヨーカドー、ロフト、アカチャンホンポなどとともに同ショッピングセンターの核店舗となっていた。
また、2015年5月にさいか屋川崎店が閉店して以降は川崎市で唯一の百貨店となっており、2015年6月には全面リニューアルをおこなっていた。

グランツリー武蔵小杉。

そごう・西武の小型店舗群、残るは2店のみに

そごう・西武は、2016年から全国各地の小型百貨店の縮小をおこなっており、残る小型店は「西武三島」(「イトーヨーカドー三島店」内、西武百貨店沼津店の代替店舗)、「西武・そごう柏」(「アリオ柏」内、柏そごうの代替店舗)の2店のみとなる。

そごう・西武柏。

外部リンク:西武・そごう武蔵小杉SHOP
関連記事:そごう・西武、中小10店舗を2017年夏までに閉鎖へ-仙台泉、葛西、上田、松本など
関連記事:イトーヨーカドー、看板を「鳩」に戻す工事はじまる-12年ぶり再登板
関連記事:丸井川崎店、2018年1月閉店-ルフロンの核店舗、売上8割減で 

イオンタウン長与、5月27日開業

長崎県長与町北陽台にショッピングセンター「イオンタウン長与」が5月27日にグランドオープンする。

イオンタウン長与(ニュースリリースより)。

長与町中心部近くのニュータウンに出店

イオンタウン長与は長崎本線高田駅北側のニュータウン「北陽台」入口に建設されたもの。
長与町中心部に近く、すぐそばには生協「ララコープ」があるほか、かつてはコープと長与川を挟んだ場所に総合スーパー「ラララグループ寿屋長与店」が出店していた(時津寿屋の大型ショッピングセンター化に伴い閉店)。
また、イオンタウンの東側には2017年4月に「長与中央橋」が開通しており、この橋を渡れば長与町役場に行くことができる。

イオンタウンから長与中央橋を渡った地点。
左側の茶色いビルが長与町役場。

34店が出店-浜屋、石丸文行堂、若竹丸など地元老舗も

イオンタウン長与の総賃貸面積は約9,000㎡で、核店舗は「マックスバリュ長与中央店」。
そのほか、物販店としては、長崎市に本店を置く百貨店「浜屋百貨店」の小型店(旧・長与サロンから移転)、同じく長崎市に本店を置く文具店「石丸文行堂」、家電大手「エディオン」、100円ショップ「ダイソー」などが出店する。

浜屋百貨店(ニュースリリースより)。


石丸文行堂(ニュースリリースより)。

また、飲食・銘菓では、洋菓子大手「シャトレーゼ」、和食ファミレス「庄屋」が運営する和食店「百菜」、地元寿司店「若竹丸」などが出店。
さらに6月から7月にかけては医療モールとなるクリニック棟も開業する。
総専門店数は34店舗となる。

イオンタウン長与

住所:長崎県西彼杵郡長与町北陽台一丁目1-1
営業時間:マックスバリュは9:00~23:00

外部リンク:イオンタウン長与
外部リンク:石丸文行堂長与店
関連記事:東急ハンズ、アミュプラザ長崎に2016年4月21日開店
関連記事:西友諫早店、2015年4月30日閉店

カメラのキタムラ、CCC(TSUTAYA)が筆頭株主に-約3割取得

TSUTAYAを運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」(CCC)は
5月15日に大手写真・カメラ店「カメラのキタムラ」を運営するキタムラ(高知市)の株式を取得し、筆頭株主になることを発表した。

カメラのキタムラ本店(高知堺町店)。

関係を強めてきた「TSUTAYA」と「キタムラ」

カメラのキタムラは1934年に高知市堺町で創業。
同業の「カメラのドイ」「カメラのきむら」、写真館「スタジオマリオ」を買収するなどして規模を拡大、出店エリアを全国に広げた。
その一方で、CCCとの業務資本提携を進めており、2004年にCCCが主導する共通ポイントサービス「Tポイント」に加盟したほか、2005年にはキタムラ本体の社外取締役にCCC創業者の増田宗昭氏が就任、キタムラ子会社で九州地区を中心にレンタルビデオ店「BOM」を展開していた「ビコムキタムラ」の店舗をTSUTAYAのFC店舗に転換、さらにCCCからの出資を受け入れるなどしていた。

ビコムキタムラの店舗(別府大学駅前、GoogleMapより)。

また、近年はCCCが運営する生活提案型商業施設「T-SITE」「蔦屋書店」を中心にスマートフォン販売、apple製品正規サポート部門を併設した新業態店舗を出店しており、縮小が続く写真プリント事業のテコ入れを図るべく関係を強めていた。
CCCは、6月1日付でキタムラが実施する第三者割当増資を引き受けるなどし、キタムラ株式の29.7%を取得するという。

外部リンク:フォトライフの提案力強化に向けた株式会社キタムラとの資本業務提携に関するお知らせ(CCC)
関連記事:CCC、創業の地の枚方に”蔦屋百貨店”「T-SITE」、5月26日開業
関連記事:多賀城駅前に市立”ツタヤ図書館”-真価問われるツタヤ図書館事業
関連記事:エキシティ・ヒロシマ、4月14日開業-核店舗は「エディオン蔦屋家電」

関連記事:レクト、4月28日開業-イズミの新業態、「カインズ」「T-SITE」広島初出店

西友小金井店、7月31日閉店-築52年、近く再開発か

JR武蔵小金井駅北口にある大型総合スーパー「西友小金井店」が7月31日を以て閉店する。

西友小金井店。

築52年、近く再開発で解体か

西友小金井店は1965年開店。売場は地階~8階で、売場面積は6,818㎡、建物は地元企業が所有している。開店当初は地域随一の高層ビルであった。
テナントとしては、無印良品、ダイソー、三井住友銀行などが出店しているほか、最上階のレストランからは駅周辺を一望できる。
 
最上階の中華レストラン「魯吃房 」。

西友小金井店の周辺一帯では再開発の計画があるため、同店も去就が注目されていたが、新築から52年を経て老朽化も深刻で、再開発開始よりもひと足早く閉店することになったとみられる。
再開発後の再出店などに関しては5月時点では発表されていない。

再開発すすむ武蔵小金井、南口にタワーマンションも

武蔵小金井駅周辺では北口、南口ともに再開発計画が進行中で、7月には新たに南口(イトーヨーカドー南側)に野村不動産の分譲マンションを中心とするツインタワーの超高層再開発ビル(26階建て、720戸予定)が着工されるほか、西友に隣接する「長崎屋MEGAドンキホーテ小金井店」(1963年開店、現在のビルは1971年新築)も再開発にともない近い将来閉店する可能性が高く、武蔵小金井の商業地図は一変することになる。

長崎屋・MEGAドンキホーテ小金井店。

外部リンク:西友小金井店
関連記事:ル・シーニュ、7月14日開業-府中駅南口再開発”43年越し”完了へ
関連記事:立飛、立川にアリーナ建設へー立川最大級、2017年秋完成予定

ル・シーニュ、7月14日開業-府中駅南口再開発”43年越し”完了へ

京王線府中駅南口で建設が進んでいた複合商業施設「ル・シーニュ」(Le SIGNE)が7月14日にグランドオープンする。

建設進む「ル・シーニュ」。

府中駅南口の再開発、計画から43年越しの完成

ル・シーニュは「府中駅南口第一地区第一種市街地再開発事業」として開発が進められていた複合商業施設。
建物は地下2階、地上15階建て、延床面積は約57,100㎡で、商業ゾーンの店舗面積は約13,000㎡。
1974年に計画発案された府中駅南口の再開発計画では、これまでに百貨店「伊勢丹府中店」を核とする商業施設「フォーリス」(売場面積:40,403㎡、1996年開業)や、商業住居複合施設「くるる」(売場面積:5,830㎡、2005年開業)といった施設が建設されてきたが、今回の「ル・シーニュ」の完成により、府中駅南口再開発は「43年越し」の完了を迎えることになった。
ル・シーニュ完成予想図(ニュースリリースより)。

商業、公共、住居の3ゾーンで構成

ル・シーニュは大きく分けて、商業ゾーン、公共施設ゾーン、住居ゾーンに分かれており、商業ゾーンは「SHOP PODS」(地下1階〜地上4階)、公共施設ゾーンは観客席定員284人の「バルトホール」、会議室などが入る府中市市民活動センター「プラッツ」(5~6階)と4つの音楽練習室を備える「府中市立府中の森芸術劇場分館」(地下2階)、「住居ゾーン」は野村不動産の分譲住宅など138戸の「プラウド府中ステーションアリーナ」(7〜15階)となる。

フロアマップ(ニュースリリースより)。

商業ゾーンに100店舗、一大商業集積築く府中駅前

施設の核となる商業ゾーン「SHOP PODS」には、地階にスーパーマーケット「京王ストア」(屋号未定)、「成城石井」が出店するほか、大手雑貨店「無印良品」、無印良品が運営するカフェ「Café&MealMUJI」、和食器・和雑貨「吉祥寺菊屋」、インナーウェア「チュチュアンナ」、スポーツ関連品「ファイテンショップ」、眼鏡店「Tokyo Glass Company」(TGC)、まつ毛サロン「Eyelash Salon Blanc」、金券ショップ「チケットエンジェル」、イタリアンカフェ「テラコッタ」、牛丼・松屋のカレー店「マイカリー食堂」、「あおぞら耳鼻咽喉科」、「あすなろ小児科」など約100店舗が集結。伊勢丹・フォーリス、くるると合わせると、総店舗数300店を超える一大商業集積が誕生することになる。
(テナント正式発表前のため出店店舗や店舗の屋号・業態などは変更される場合があります。)

伊勢丹・フォーリス、くるるとともに一大商業集積を築くル・シーニュ(手前右)。

ル・シーニュ

住所:東京都府中市宮町一丁目100番地

ニュースリリース:商・公・医・住 一体型の複合施設「ル・シーニュ」誕生!!「まちびらき」は2017年7月14日(金)に決定!(PR TIMES)
外部リンク:ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。府中市市民活動センター「プラッツ」及び府中市立府中の森芸術劇場分館の施設案内パンフレット (PDF)(府中市)
関連記事:ライフつつじヶ丘店、4月2日閉店-旧・忠実屋、クロスガーデン調布に移転で
関連記事:ビックカメラ調布駅前店、2017年秋開店-京王調布駅再開発の核、シネコンも出店
関連記事:ココリア多摩センター、3月20日の三越閉館で専門店街拡大-多くのテナントが営業継続へ

日本郵政、野村不動産の買収を検討

日本郵政が、収益力強化のため不動産大手の「野村不動産ホールディングス」(新宿区)との業務資本提携、もしくはTOBによる買収をおこなう検討に入ったことが分かった。

不動産の収益化めざす日本郵便

野村不動産は1957年に野村証券の不動産部門から独立するかたちで設立。現在も野村証券が株式の3分の1を保有している。
本社は西新宿の新宿野村ビルに置かれており、近年は分譲マンション「プラウド」シリーズに力を入れていることでも知られる。

野村不動産が運営する商業施設「ボーノ相模大野」。

日本郵政は、郵便局などを中心に全国の一等地に多くの土地を保有しており、野村不動産を買収することで不動産の有効活用をはかり、収益化させたい考えだ。

日本郵便が運営する商業施設・KITTE。

外部リンク:野村不動産
関連記事:浜松町・東芝本社周辺、大型再開発へ-野村不動産、3500億円投じる

2017年度開店予定の都心型商業施設・西日本編

2017年度開業予定の都心型商業施設(3)
-西日本

2017年度中に開業予定の、都心型商業施設(西日本)を抽出しました。

2017年1~3月、2017年度の開店情報
関連記事:2017年度開店予定の都心型商業施設・東日本編
関連記事:2017年度開店予定の都心型商業施設・東京編
関連記事:2017年度開店予定の都心型商業施設・西日本編
2016年の開店情報
関連記事:2016年に開店予定の都心型商業施設・東日本編
関連記事:2016年に開店予定の都心型商業施設・東京編
関連記事:2016年に開店予定の都心型商業施設・西日本編
関連記事:2016年度に開店予定の主な郊外型SC
関連記事:2016年度末までに開店予定の主なイオン系SC
閉店予定の店舗
関連記事:2017年度に閉店予定の主な商業施設
関連記事:2016年1月-3月に閉店予定の主な商業施設
関連記事:2016年度に閉店予定の主な商業施設

お知らせ:情報が出次第、順次更新いたします。
※中部地方は東日本の区分に入れております。ご了承ください。

2017年2月

エキシティ・ヒロシマ


住所:広島市南区松原町
立地:駅前
開発:広島駅南口Cブロック市街地再開発組合
運営:エディオンなど
事業費:約322億円
業態:複合商業施設
先行開業:2017年2月10日
全面開業:2017年4月
延床面積:約99,970㎡
核テナント:エディオン蔦屋家電
専門店:食品スーパーなど
都商研記事リンク:エキシティ・ヒロシマ、4月14日開業-核店舗は「エディオン蔦屋家電」

2017年4月

Ittenほりかわ
(日南市岩崎3丁目優良建築物整備事業)


住所:宮崎県日南市岩崎3丁目
立地:商店街
開発:日南まちづくり
業態:複合商業施設
開店予定日:2017年4月8日
都商研記事リンク:Ittenほりかわ、4月8日開業-日南中心部の再開発複合ビル

ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)
ヴィアインあべの天王寺

住所:大阪府大阪市阿倍野区旭町1丁目1番3号
立地:駅前
業態:複合商業施設(ディスカウントストア+ビジネスホテル)
開業:2017年4月21日
売場面積:2,059㎡(ドン・キホーテ)

SENRITOよみうり(イオンSENRITO専門館)


住所:大阪府豊中市新千里東町1丁目1番の3
立地:駅前
開発:読売新聞大阪支社、読売テレビ放送、関電グループ
運営:イオンモール(第2期専門店街)
業態:複合商業施設
開店予定日:2017年4月21日
敷地面積:約12,239㎡
建築面積:約10,353㎡
延床面積:約110,859㎡
商業床面積1期:約13,710㎡
商業床面積2期:約10,367㎡
都商研記事リンク:SENRITOよみうり・イオン専門館、4月21日開業-千里中央、イオンの寡占進む

ココサ下通(下通NSビル)


住所:熊本県熊本市中央区下通1丁目3番
立地:商店街
運営:プライムプレイス
開業:2017年4月27日
敷地面積:3,114㎡
延床面積:約18,700㎡
駐車台数:約370台
核テナント:マックスバリュ九州新業態「COCOSA B1」
専門店数:約40店舗
詳細:ダイエー熊本下通店(旧・熊本大洋デパート)跡地
都商研記事リンク:ココサ下通、4月27日開業-ダイエー跡に大型ファッションビル誕生

2017年5月

ゆめタウン江津

住所:島根県江津市嘉久志町2306番地30
立地:駅前・中心部
開発:イズミ
運営:イズミ
業態:ショッピングセンター
開店予定日:2017年5月2日
敷地面積:約22,600㎡
延床面積:約16,400 ㎡
店舗面積:約10,100 ㎡
核テナント:イズミ
専門店:30店舗
(ABCマート、宮脇書店、モーリーファンタジーなど)

2017年6月

イオンスタイルUmie

住所:兵庫県神戸市
立地:駅前
開発:イオンモール
運営:イオンモール
業態:ショッピングモール
開店予定日:2017年6月
都商研記事リンク:イオンモール神戸南、7月15日着工-中央市場駅前、2017年9月開業目指す

イオンモール神戸南


住所:兵庫県神戸市
立地:駅前
開発・運営:イオンモール
業態:ショッピングモール
先行開業:2017年6月(イオンスタイル)
全面開業:2017年9月
都商研記事リンク:イオンモール神戸南、7月15日着工-中央市場駅前、2017年9月開業目指す

2017年7月

アクロスプラザ古島駅前

住所:沖縄県那覇市銘苅1丁目70番地1号ほか
立地:駅前
運営:大和情報サービス
業態:ショッピングセンター
開業:2017年7月19日
核テナント:リウボウストア古島店
専門店:しまむら、保育園など

2017年夏

平和堂フレンドマート浜大津店

住所:滋賀県大津市長等2丁目2-18(西友時代)
立地:商店街
運営:平和堂
業態:食品スーパー
開店予定日:2017年夏
建築面積:約2,119㎡
敷地面積:約3,093㎡
詳細:西友大津店跡地

ダイエー瀬田店

住所:滋賀県大津市一里山1丁目3-1(ヒカリ屋時代)
立地:駅前
運営:ダイエー
業態:スーパー
開店:2017年夏
詳細:グルメシティヒカリ屋瀬田店の建替

(仮称)近江鉄道守山駅前複合商業施設

住所:滋賀県守山市勝部1丁目1番16号
立地:駅前
開発:近江鉄道グループ
業態:複合商業施設(専門店+ホテル)
開店予定日:2017年春→2017年夏に延期
敷地面積:約1,305㎡
建築面積:約1,082㎡
延床面積:約6,157㎡
外部リンク:「(仮称)近江鉄道守山駅前複合商業施設」店舗決定のお知らせ |近江鉄道テナント・貸店舗

2017年12月

(仮称)小林市複合ビル


住所:宮崎県小林市
立地:商店街
運営:小林まちづくり
業態:複合商業施設
事業費:約6億6000万円(行政補助:2億2000万円)
開業:2017年12月
核テナント:松栄ストア
詳細:スーパー江南創業地跡地
都商研記事リンク:スーパー江南小林店跡地に再開発ビル、1月22日着工-松栄ストアー出店へ

2017年度中/それ以降

JR岸辺駅ビル・ビエラ岸辺(仮称)


住所:大阪府吹田市岸部南1丁目
立地:駅
開業予定:2018年秋
運営:JR西日本不動産開発
業態:駅ビル
延床面積:約27,019㎡
都商研記事リンク:

福岡市東部市場跡地商業施設(仮称)

住所:福岡県福岡市東区下原4丁目2-1
立地:近郊
開業:1982年7月(旧東部市場)
閉鎖:2016年2月(旧東部市場)
開業予定:2018年?
運営:大和リース
業態:複合商業施設
外部リンク:「福岡市東部市場跡地事業提案」の公募型プロポーザルにおいて、当社が事業予定者に選定されました。(大和リース)

ドンキホーテ延岡店(郊外)

2017年度開店予定の都心型商業施設・東日本編

2017年度開業予定の都心型商業施設(1)-東日本

2017年度中に開業予定の、都心型商業施設(東日本)を抽出しました。

2017年1~3月、2017年度の開店情報
関連記事:2017年度開店予定の都心型商業施設・東日本編
関連記事:2017年度開店予定の都心型商業施設・東京編
関連記事:2017年度開店予定の都心型商業施設・西日本編
2016年の開店情報
関連記事:2016年に開店予定の都心型商業施設・東日本編
関連記事:2016年に開店予定の都心型商業施設・東京編
関連記事:2016年に開店予定の都心型商業施設・西日本編
関連記事:2016年度に開店予定の主な郊外型SC
関連記事:2016年度末までに開店予定の主なイオン系SC
閉店予定の店舗
関連記事:2017年度に閉店予定の主な商業施設
関連記事:2016年1月-3月に閉店予定の主な商業施設
関連記事:2016年度に閉店予定の主な商業施設

お知らせ:情報が出次第、順次更新いたします。
※中部地方は東日本の区分に入れております。ご了承ください。

2017年3月

柏の葉T-SITE

住所:千葉県柏市若柴227-1
立地:駅前
運営:CCC
業態:複合商業施設
開店予定日:2017年3月2日
核テナント:代官山 蔦屋書店

ウニクス浦和美園


住所:埼玉県さいたま市岩槻区美園東2丁目17番13
立地:駅前
運営:ピーアンドディコンサルティング・ウニクス
業態:ショッピングセンター
開業:2017年3月9日
商業施設面積:4,752㎡
核テナント:ヤオコー
専門店:ダイソー、くまざわ書店、浦和レッズショップなど
都商研記事リンク:ウニクス浦和美園、3月9日開業-「浦和レッズ」ショップも出店

水戸オーパ


住所:茨城県水戸市宮町1丁目7番33号(水戸サウスタワー)
立地:駅前
運営:OPA
業態:ファッションビル
開業:2017年3月18日
総賃貸面積:約12,500㎡
都商研記事リンク:水戸オーパ、2017年春開店-ヤマダ電機LABI水戸跡
都商研記事リンク:水戸オーパ、3月18日開業-JR水戸駅前、ガルパンショップも出店

イオンモール新小松


住所:石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内、三田町
立地:近郊
運営:イオンモール
業態:ショッピングモール
開業:2017年3月24日
敷地面積:約128,000㎡
延床面積:約83,000㎡
総賃貸面積:約63,000㎡
核テナント:イオンスタイル新小松
専門店:めいてつエムザ黒門小路、H&M、イオンシネマなど
都商研記事リンク:イオンモール新小松、3月24日開業-北陸最大級のイオン、福井県も商圏に

2017年4月

フレスポ土崎

住所:秋田県秋田市土崎港北7丁目77-1
立地:郊外
運営:大和ハウス工業
業態:ショッピングセンター
開業:1996年(土崎ポートスクエア)
先行開業:2017年4月6日
全面開業:2017年秋
敷地面積:8,593.30㎡
延床面積:2,157.55㎡
専門店:ツルハドラッグ、やまや、はなまるうどん、ドコモ
外部リンク:Frespo フレスポ土崎[秋田県秋田市]日常生活の暮らしに便利なショッピングセンター

ハレノテラス

住所:埼玉県さいたま市見沼区島町393番地
立地:近郊
運営:西松建設
業態:ショッピングセンター
先行開業:2017年4月12日
敷地面積:16,551.49㎡
延床面積:9,819.07㎡
総賃貸面積:8,849.56㎡
核テナント:ヨークマート
専門店:TSUTAYA、マツモトキヨシ、Seria、セントラルスポーツ
外部リンク:ハレノテラス | 何気ない毎日が、きらきら輝く一日に変わりますように。
外部リンク:さいたま市見沼区に地域の生活拠点を創出“「ひと」「まち」を繋ぐ生活提案型SC”4月12日(水)グランドオープン(西松建設)

JRゲートタワー(タカシマヤ ゲートタワーモール)


住所:愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−3
立地:駅
業態:複合商業施設(百貨店専門店街)
先行開業:2017年4月7日
全面開業:2017年4月17日
延床面積:約260,000㎡
専門店:ビックカメラ、三省堂書店など
都商研記事リンク:JRゲートタワー、4月17日グランドオープン-髙島屋の専門店モールを核に「リニア駅」計画も

ドン・キホーテ下館店(旧・コジマNEW下館店)

住所:茨城県筑西市西谷貝813
立地:近郊
業態:ディスカウントストア
開業:2017年4月19日
売場面積:2,124㎡

アルコ越谷
(旧・MrMax越谷ショッピングセンター)

住所:埼玉県越谷市越ヶ谷1丁目16-6
立地:駅前・中心部
業態:ショッピングセンター
開業:2017年4月21日
売場面積:3,070㎡(カスミ)
都商研記事リンク:ミスターマックス越谷ショッピングセンター、2017年1月15日閉店-越谷駅前の大型店

アバッセたかた


住所:岩手県陸前高田市高田町館の沖10番地
立地:BRT駅前
運営:
業態:ショッピングセンター
全面開業:2017年4月27日
売場面積:4,640㎡
核テナント:マイヤ、しまむら、ツルハドラッグ
都商研記事リンク:アバッセたかた、4月27日開業-陸前高田、土地嵩上げ地区で初の大型店

キャッセン大船渡


住所:岩手県大船渡市大船渡町字野々田10-3
立地:BRT駅前
運営:キャッセン大船渡
業態:複合商業施設(ショッピングセンター)
先行開業:2016年6月
全面開業:2017年4月29日
売場面積:5,522㎡
核テナント:マイヤ、川徳
都商研記事リンク:キャッセン大船渡、4月29日グランドオープン-大船渡駅前の復興施設、川徳も出店

2017年5月

MEGAドン・キホーテ渋谷本店


住所:東京都渋谷区宇田川町28-6
立地:中心部
運営:ドン・キホーテ
業態:ディスカウントストア
開店予定日:2017年5月12日
売場面積:5,522㎡
都商研記事リンク:MEGAドン・キホーテ渋谷本店、5月12日開店-現・渋谷店は5月7日閉店

2017年6月

エスパル仙台東館


住所:宮城県仙台市青葉区1丁目1-1
立地:駅
運営:仙台ターミナルビル
業態:駅ビル
開店予定日:2017年6月1日
店舗面積:1,300㎡
専門店:成城石井、トモズ、タリーズコーヒー コミュシティなど
都商研記事リンク:エスパル仙台東館、6月1日増床オープン-目玉は東北初の「成城石井」

2017年夏

(仮称)イオンタウン吉川美南17街区

住所:埼玉県さいたま市岩槻区美園東2丁目17番13
立地:駅前
運営:イオンタウン
業態:ショッピングセンター
開店予定日:2017年夏
敷地面積:約15,000㎡
建築面積:約8,000㎡
延床面積:約15,000㎡
駐車台数:約280台
専門店:未定
詳細:イオンタウン吉川美南開発計画第2期

2017年秋

高崎オーパ


住所:群馬県高崎市八島町
立地:駅前
運営:OPA
業態:ファッションビル
開業予定日:2017年秋
売場面積:
都商研記事リンク:高崎オーパ、2017年秋開業-高崎駅前・ビブレ跡

イオンモール東松本

住所:長野県松本市中央4丁目1371番地22他
立地:近郊
運営:イオンモール
業態:ショッピングモール
開業:2017年秋
敷地面積:約62,500㎡
延床面積:約97,000㎡(立駐棟を含む)
総賃貸面積 約49,000㎡
核テナント:イオンスタイル東松本(仮称)

プライムツリー赤池


住所:愛知県日進市日進赤池箕ノ手土地区画整理事業地内11街区
立地:駅前
運営:セブン&アイクリエイトリンク
業態:ショッピングセンター
開業:2017年秋
店舗面積:約43,600㎡
核テナント:イトーヨーカドー
店舗数:約180店舗
都商研記事リンク:プライムツリー赤池、2017年秋開業-セブンアイのショッピングセンター、東海地方初出店