カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

宇都宮オリオンスクエア、全天候型広場に改修へ-109跡地、2020年度までの完成目指す

宇都宮市中心部にあったファッションビル「109 UTSUNOMIYA」跡地の多目的広場「オリオンスクエア」が、2020年度までに全天候型広場に改修される。地元紙・下野新聞が報じた。オリオンスクエア。

109跡地の多目的広場-稼働率は増加傾向

オリオンスクエアは、宇都宮市中心部のアーケード商店街「オリオン通り」にある多目的広場。
同地ではかつて東急系のファッションビル「109 USUNOMIYA」(山崎百貨店→ams宇都宮跡の居抜き)が営業していたが、業績不振により2005年7月に閉店。その後建物は解体され、2006年11月からはオリオンスクエアが供用を開始した。
広場の稼働率は年々増えており、16年度の利用者数は約25万6千人を記録したという。

現在の屋根は一部のみ、全天候型でイベント開催増加へ

報道によると、宇都宮市は2018年度の一般会計当初予算案で、広場を覆う全天候型の屋根設置の設計費用など約1,600万円を計上。屋根は2020年度までの完成を目指すという。
現在、オリオンスクエアでは扇型の屋根が一部に掛かっているものの、屋根の無い場所では日差しや雨に当たってしまうため、イベント開催の支障となっていた。小雨時のイベントの様子。屋根の外には出店が出ていない。

全天候型の広場となれば荒天時のイベント中止が減るとともに、開催されるイベントの幅も広がると考えられるため、中心市街地活性化の大きな貢献材料となりそうだ。

外部リンク:オリオンスクエア
関連記事:「宇都宮ライトレール」まもなく着工!-日本初の「新設LRT」、その計画概要は?(ハーバービジネスオンライン様提供記事)
関連記事:「ライトレール」に期待懸ける宇都宮市中心部――「タイムリミット」はすぐそこに(ハーバービジネスオンライン様提供記事)

イオンモール堺北花田、3月20日リニューアル完了-阪急跡に「世界最大級の無印良品」

大阪市営地下鉄北花田駅前にある「イオンモール堺北花田」が2017年春から行ってきた大規模リニューアルが全面完了し、3月20日にグランドオープンする。

自社内競合で集客力低下、阪急撤退でリニューアルに

イオンモール堺北花田は新日鐵社宅跡の再開発によって建設された「ダイヤモンドシティプラウ」として2004年10月に開業。売場面積は55,000㎡。

阪急百貨店営業時の「イオンモール堺北花田」。

開業以来、イオン(ジャスコ)と阪急百貨店の2核1モールであったが、2016年3月には約5キロほど西側に「イオンモール堺鉄砲町」の出店後は自社内競合が発生、2017年7月には核店舗の1つだった阪急百貨店(堺北花田阪急)が閉店していた。
aeonmall_sakaiteppocho
イオンモール堺鉄砲町。


かつてあった阪急百貨店。

阪急跡、目玉は「無印良品旗艦店」-無印で生鮮販売も

2017年春から秋にかけて行われた第1期・第2期のリニューアルでは、レストラン街とウェルカムコートを中心に新規30店、移転改装39店のリニューアルを実施。
仕上げとなる第3期のリニューアルは、ウエストモールの阪急百貨店跡の全面改装に取り組んだ。

リニューアル区画図(ニュースリリースより)。

阪急百貨店跡のうち、1階には「無印良品」が出店。館内からの移転となるが、売場面積(カフェ含む)は移転前の約10倍となる約4,300㎡で世界最大級の店舗となる。同社初の「『素材』の魅力を 大切 にした食の専門売場」とし、無印良品で青果、精肉、鮮魚など生鮮食品の販売も実施するほか、インストアベーカリー、ビュッフェスタイルの「カフェ&ミールMUJI」も併設する。

売場イメージ(写真は有楽町店)。

2階には「ユニクロ」(約2,500㎡)、「ジーユー」(約2,000㎡)が出店。いずれも国内屈指の大型店となる。
3階には「エディオン」を核に、ドラッグストア「ココカラファイン」、「食堂カフェpotto×タニタカフェ」などが出店、「ヘルス&ウェルネス」のフロアとする。

外装リニューアル、AI案内システムも導入

リニューアル完了に合わせてモール南側の外壁をモノトーンデザインに刷新するほか、館内のデジタルサイネージに「AI対話型案内システム」を導入。画面に表示されたAIキャラクターに問いかけると、客の質問を認識し最適な案内を行う。AIキャラクターの案内システム(イオンモール松本)。

3期にわたるリニューアルプロジェクトにより、新規50店、移転14店、改装32店と、全店舗数の半数以上の96店が刷新されることになる。リニューアル後の全店舗数は約170店舗。

モールの外壁デザインも刷新される(ニュースリリースより)。

なお、イオン食品売場に隣接する一部区画のリニューアルは2018年6月まで続けられるほか、今回の一連のリニューアルでは核店舗の「イオン堺北花田店」はイオンスタイル化されておらず(一部改装は実施)、今後の更なる改装も予想される。

イオンモール堺北花田

住所:大阪府堺市北区東浅香山町4-1-12
営業時間
専門店:10時~21時
レストラン街:11時~22時
イオン堺北花田店:9時~23時
(一部除く)

外部リンク:~大規模リニューアルが完成~「イオンモール堺北花田」3月20日(火) リニューアルオープン!
関連記事:堺北花田阪急、2017年7月31日閉店-イオンモール堺北花田、改装へ
関連記事:イオンモール堺鉄砲町、3月19日開業-旧ダイセル工場も一部活用
関連記事:阪堺電車天王寺-阿倍野間、12月3日に新線移行-関西初の芝生軌道に

ゲオGAMESアキバ店、2月10日開店-ゲオ、秋葉原に「ゲーム販売旗艦店」

ゲオ(名古屋市中区)は、秋葉原電気街の外神田一丁目にゲーム専門店「ゲオGAMESアキバ店」を2月10日にオープンさせる。

ゲオGAMESアキバ店(ニュースリリースより)。

ゲオ最大のゲーム専門店、千石電商跡に

ゲオGAMESアキバ店が出店するのは、AKIBAカルチャーズZONE裏にある毛利ビル1~2階。
出店先の毛利ビルにはかつて秋葉原の老舗として知られる電子部品店「千石電商」の本店があったが、2017年4月に千石通商2号店を本店に、3号店を2号店とする改装をおこなったうえで閉店し、営業規模を縮小していた。

「千石通商本店」だったころの建物。

ゲオGAMESアキバ店は中古ゲームソフトの総在庫数が約23,000本と、全国約1,200店舗のゲオのなかで最も在庫が多い店舗となる。
店内には限定版商品のコーナー、試遊機コーナーなども設置。今後、ゲームの体験会や対戦会などのイベントも積極的に行っていくという。

オープニングではGEOアイドル部が出勤

2月10日にはオープニングイベントとして、GEO契約社員のアイドルグループ「GEOアイドル部」が出勤。2月16日まではオープニングセールが開催される。

GEOアイドル部(公式サイトより)。

ゲオGAMESアキバ店

住所:東京都千代田区外神田1-8-5 毛利ビル1F2F
営業時間:10時~23時

外部リンク:ゲオ史上最大在庫数を有するゲーム専門店サブカルチャーの聖地に「ゲオGAMESアキバ店」誕生2018年2月10日(土)グランドオープン
関連記事:秋葉原・外神田一丁目に超高層ビル着工-旧ヤマギワ・石丸跡、2019年夏完成めざす
関連記事:秋葉原パーツ街に「アパホテル」8月28日開店-ヲタ系ショップ閉店相次ぐ「ジャンク通り」
関連記事:ビックカメラ秋葉原店、2017年6月22日開店-ソフマップ秋葉原本館を業態転換

驚安堂あきる野店、2月1日開店-ドンキのディスカウントスーパー、都内2号店

ドン・キホーテの新業態となる生鮮ディスカウントスーパー「驚安堂」の都内2号店「驚安堂あきる野店」が2月1日に開店した。

驚安堂あきる野店。

ドンキグループの小型スーパー都内2号店

驚安堂はもともと2013年から同社のコンビニ業態の屋号として使われていたが、2015年までに小規模の既存店を閉店、もしくは一部店舗を「ピカソ」業態などに転換した上で、それ以降はドンキ子会社の「ライラック」が運営する小型スーパーマーケットの屋号として使われている。
なお、驚安堂各店ではドン・キホーテグループの電子マネー「マジカ」を使用することができない。

驚安堂あきる野店は拝島駅の西側、約2kmほどの場所にある「業務用スーパーICIBA!あきる野店」跡地に出店。
驚安堂は福生店に続き東京都2店舗目となる。建物は平屋で売場面積は597.8㎡。

館内構成。

「生鮮スーパー」を謳っているが、実際に店舗を見たところ青果・精肉はテナントを導入しているものの、鮮魚部門では生魚・刺身の取り扱いは行われておらず加工品(冷凍・干物・塩辛など)のみの販売となっている(2018年2月現在)。

天井には「安さ」をアピールする旗が並ぶ。

菓子、飲料などはダンボールのままカットケース陳列をおこなっており、ローコスト運営を実現。飲料などを中心にダンボール、ケース単位での販売もおこなう。
また、狭い店内ながら食品以外にも生活雑貨、台所用品も取り揃えられている。

都内2店目となった「驚安堂」。今度ドンキ新業態として店舗の拡大が進む可能性もある一方、生鮮は他社頼みであるため店舗網拡大には「パートナーの存在」を欠かすことが出来ず、生鮮を扱う他社とのさらなる連携などがあるのかについても注目される。

驚安堂あきる野店

住所:東京都あきる野市小川東3-9-10
 営業時間:9:00~21:00

外部リンク:驚安堂あきる野店
関連記事:ドンキとユニーのダブルネーム店舗、屋号は「MEGAドン・キホーテUNY」に-2018年春から展開へ
関連記事:ドンキ、渋谷に超高層ビル建設-旧店周辺、300室規模の大型ホテルに
関連記事:MEGAドン・キホーテ渋谷本店、2017年5月12日開店-現・渋谷店は5月7日閉店

セブンイレブン、2018年1月に国内2万店舗達成-国内小売業で史上初

セブン-イレブン・ジャパン」は、1月31日までに日本国内店舗数が2万店舗を突破したと発表した。

44年で2万店体制に-国内小売業で史上初

セブンイレブンは1927年にアメリカで創業、1946年には営業時間に因んで屋号を「セブンイレブン」とした。
日本ではイトーヨーカドーとのライセンス契約のもと、1974年5月に1号店(江東区豊洲)が開店し、1976年5月に100店舗、1980年11月に1,000店舗、2003年8月に10,000店舗を達成。この間、1991年には日本法人が米セブンイレブンを傘下に収めた。
日本国内の小売業で2万店を超えたチェーン店は史上初となる。

セブンイレブンの店舗網(ニュースリリースより)。

2018年2月現在、全国46都道府県に出店しているほか、世界で約64,000店舗を展開している。また、店舗のない沖縄県には2019年度までに1号店を出店する予定となっている。

外部リンク:セブン‐イレブン国内店舗数2万店を突破~生活インフラとしてのさらなる進化を目指してまいります~ 
関連記事:セブンアイ、米コンビニを買収-1100店、約3700億円で
関連記事:イトーヨーカドー、看板を「鳩」に戻す工事はじまる-12年ぶり再登板

岩波ブックセンター信山社跡に「神保町ブックセンター」、4月開店-小田急グループが運営

2016年11月に経営破綻し閉店した神保町の「岩波ブックセンター信山社」の跡に新たな複合書店が誕生する。
小田急グループのUDSは、同店の跡地に、複合書店「神保町ブックセンター with Iwanami Books」を2018年4月に開業させることを発表した。

「神保町ブックセンター」が入居する建物。

神保町のランドマーク的存在だった「岩波ブックセンター」

「神保町ブックセンター with Iwanami Books」は、書店・イベントスペース・コワーキングスペース・喫茶店の機能を持つ複合書店。
出店先の「岩波書店アネックスビル」には信山社が運営する「岩波ブックセンター」があり、岩波書店との資本関係は無いものの岩波書店を中心とした多くの文庫、新書、学術書などを取り揃え、神保町のランドマークとも言われ親しまれてきた。
しかし、2016年10月に会長が逝去、同年11月に経営破綻し、閉店していた。

閉店から約1年半、小田急運営の「新業態」で復活

「神保町ブックセンター with Iwanami Books」を運営するのは、小田急電鉄のグループ会社で街づくりや店舗開発などを手掛ける「UDS」。
書店のコンセプトは「未来の自分の種をまく。」。アドバイザーにはブックコーディネイターの内沼晋太郎氏を迎える。

神保町ブックセンターの1階イメージ(ニュースリリースより)。

1階の書店スペースは落ち着いた雰囲気で、信山社が運営していた時代と同様、岩波書店を中心とした書籍を取り揃えるほか、喫茶店(ブックカフェ)を入居させる。2階は会議室、3階はサービスオフィスやパーソナルデスクとなり、著者を招いた各種イベントなども開催される予定となっている。
なお、同ビル内に同居する他の古書店などは現在と変わらず引き続き営業をおこなうと思われる。

神保町ブックセンター with Iwanami Books

住所:東京都千代田区神田神保町2-3-1 
岩波書店アネックス1~3階
営業時間:未定

外部リンク:本と人との交流拠点「神保町ブックセンター with Iwanami Books」 2018 年 4 月神保町に開業(小田急グループ)
関連記事:ドン・キホーテ神保町靖国通り店、10月13日閉店-わずか半年ほどで
関連記事:書泉ブックマート(神田神保町)跡にABCマート、2015年11月28日開店
関連記事:阪急梅田駅高架下「阪急三番街」4月27日リニューアル-古書のまちも移転

東北大・雨宮キャンパス跡地に「イオンモール」、6月着工-市中心部近く、2019年秋の開業目指す

仙台市青葉区堤通雨宮町の「東北大学雨宮キャンパス」跡地で、大型商業施設「イオンモール」(名称未定)の建設工事が2018年6月に着工される。施設は2019年9月頃の開業を目指す。
建設されるイオンモール。(イメージ)

旧・東北大雨宮キャンパス跡地を開発-市役所も徒歩圏

イオンモールが建設されるのは、仙台市地下鉄南北線・JR仙山線北仙台駅から南に500m離れた「東北大学雨宮キャンパス」跡地の一部(約3.5ha)。仙台市中心部に近く、市役所から徒歩10数分の距離だ。
雨宮キャンパスに入居していた農学部は2016年に青葉山へ移転し、建物は既に解体されている。
旧キャンパス(約9.3ha)の土地は2013年にイオンモールが約220億円で落札し、2018年2月中の引渡しが予定されている。

かつての東北大雨宮キャンパス。

イオンモールは商業棟と駐車場棟で構成。商業棟は地上4階建てで、延床面積は約50,000㎡。敷地内には4ヶ所の広場、旧雨宮キャンパスの樹木を用いた緑化空間も設けられる。
2018年6月に着工し、2019年9月頃の開業を目指す。
旧キャンパスの樹木を使った緑化空間も設けられる。(イメージ)

モール隣には病院、住宅が建設予定

イオンモールが取得した約9.3haのうち、商業施設以外の残りの用地には病院機能と住宅機能がそれぞれ設けられる。
病院用地には「仙台厚生病院」を運営する一般財団法人厚生会(仙台市青葉区)が医療福祉施設を建設予定。住宅用地の計画は2018年2月現在明らかになっていない。いずれも建設時期は未定。

(イメージ画像は仙台市公式サイトより)
外部リンク:雨宮キャンパス跡地利用計画に係る環境影響評価書を縦覧しています(仙台市公式サイト)
関連記事:JR仙台駅東口に仮設飲食街「EKITUZI」、11月10日開業-旧ZEPP跡、再開発までの暫定で
関連記事:ザ・モール仙台長町、10月19日リニューアル-トイザらス新業態など22店舗が新規出店
関連記事:六本松421、2017年10月全面開業-九大跡再開発、蔦屋の旗艦店、科学館などで構成

武蔵小杉東急ストア、2018年2月28日閉店-東急ストア1号店、耐震工事で

東急東横線武蔵小杉駅の高架下にある「東急ストア武蔵小杉店」(武蔵小杉東急ストア)が2月28日で閉店する。同店は東急ストアの1号店であった。

武蔵小杉東急ストア(写真右奥、高架下)。

東急ストア1号店、62年の歴史に幕

東急ストア武蔵小杉店は東急ストアの前身である「東横興業」が運営するスーパーマーケット1号店として1956年11月に武蔵小杉駅北口に開店。
その後、屋号は東興→東光を経て1975年に東急ストアとなり、さらに東横線の高架化に伴って店舗を武蔵小杉駅の高架下へと移転した。
2013年4月には隣接して駅ビル「武蔵小杉東急スクエア」が開業している。

武蔵小杉駅と東急スクエア。
東急ストアは高架下左側に出店する。左端はららテラス。

閉店理由は「高架橋の耐震化工事」-再出店するかは未定

東急ストア武蔵小杉店の閉店は店頭の掲示にて発表されたもので、閉店理由は東横線高架橋の耐震補強工事実施によるもの。現在24時間営業の同店であるが、2月24日からは24時間営業も取りやめ、2月28日は19時で閉店する。
東横線高架橋の耐震化工事は以前から行われているもので、同じく高架下に出店しており東急ストアに隣接する「紳士服のコナカ武蔵小杉店」も工事の影響で3月4日に閉店することを発表している。

スーパー激戦区となっている武蔵小杉駅前であるが、東急ストア1号店として、そして東急スクエアの実質的な核店舗として長年に亘って人気を集めて来た同店だけに、早期の再出店が望まれるが、同様の理由で2016年10月に閉店したマクドナルド武蔵小杉駅前店周辺の耐震化工事が2018年2月現在も継続しておこなわれているなど、工事は長期間に亘ることが予想され、2018年2月時点は再出店を行うかどうかについても発表されていない。

外部リンク:武蔵小杉東急ストア
関連記事:西武・そごう武蔵小杉、2017年8月31日閉店-グランツリー武蔵小杉の2階核店舗
関連記事:アトレ川崎、2月17日増床グランドオープン-「東急ハンズ」など96店出店

関連記事:109MEN’S、「マグネットbySHIBUYA109」に業態転換へ-2019年春全館開業、渋谷文化の発信基地に

ローラ・アシュレイ、2018年秋までに日本撤退へ-日本法人を運営するイオンの撤退で

イオングループは、イギリスに本社を置く家庭用品・アパレルブランド「ローラ・アシュレイ」(Laura Ashley)を東アジア各地で展開する「ローラ・アシュレイ・ジャパン」事業から撤退し、2018年9月までに全店舗を閉店する方針であることを2月2日に発表した。
ローラ・アシュレイは日本から撤退となる可能性が高い。

 ローラ・アシュレイの店舗(仙台市)。

英国の家庭用品ブランド、ポップな花柄で人気に

ローラ・アシュレイは1968年にイギリス・サウスケンジントンに1号店を出店。1985年に日本初出店を果たした。1986年にはジャスコグループ(現:イオングループ)主導のもと、イギリス「ローラ・アシュレイ」社との共同出資で「ローラ・アシュレイ・ジャパン」を設立。ポップな花柄をモチーフとしたデザインの家庭用品やホームウェアなどのアパレル商品は広く受け入れられ、全国の百貨店や駅ビルを中心に、グループの利を生かしてイオングループの大型店への出店もおこなっていた。
また、近年はサンリオとのコラボレーションも行ったことも話題となった。

サンリオとのコラボ商品。
(サンリオのニュースリリースより、© Laura Ashley 2015、©1976, 2015 SANRIO CO.,LTD.)

2018年1月現在の国内店舗数は110店(1月中に2店閉店)で、店舗が存在しない百貨店などでも直営の家庭用品売場で商品が販売されている事例が多く、イオン傘下でありながら百貨店の「定番商品」となっていた。

日本法人は「イオン」運営-「百貨店不振」も影響か

イオングループは、2018年9月にイギリス「ローラ・アシュレイ」社との契約満了を迎えるのに伴い、契約を更新しないことを発表。日本国内の108店舗は全て閉店させる方針。従業員についてはイオングループが引き継ぐという(一部従業員については入居する百貨店などが引き継ぐと思われる)。
また、同社が運営する台湾や香港の店舗も閉店する可能性が高い。

近年はイオングループ内への出店が多かったローラ・アシュレイであるが、今回の事業撤退は長らく「ローラ・アシュレイ」が主戦場としてきた都心型商業施設や百貨店業界の不振も影響していると思われる。
その一方で、ローラ・アシュレイは現在も人気ブランドであることには変わりなく、将来的には英法人など別会社による店舗の継承や日本再進出も考えられる。

外部リンク:ローラ アシュレイ事業の終了について(イオン)
関連記事:オールドネイビー、1月22日に日本撤退-GAP姉妹ブランド、全店閉鎖に
関連記事:FOREVER21原宿店、10月15日閉店-日本1号店の旗艦店、僅か8年の歴史に幕

西友リヴィン・ザ・モール姫路、2018年春~夏ごろ閉店-イズミが取得、「ゆめタウン姫路」秋ごろ開店

姫路市の大規模ショッピングセンター「ザ・モール姫路」が5月~7月ごろに閉館し、閉館後の建物にイズミ(広島市)が「ゆめタウン姫路」として出店する。
※閉館日の正式発表後に更新する予定です。

ザ・モール姫路。

旧「姫路西武」、西日本唯一の「LIVIN」だった

ザ・モール姫路は1994年4月に開業。建物は地下1階、地上7階建てで、売場面積は18,488㎡。隣接する面白山と橋で接続されるというユニークな構造が特徴であった。

面白山に掛けられた陸橋。

核店舗は「西友リヴィン」(LIVIN、12,206㎡)で、開店当時は百貨店業態の「西友姫路西武店」(姫路西武)だったが、その後、西友が西武セゾングループから離脱したことに伴い「リヴィン」に改称していた。2006年のリヴィン宝塚店閉店以降は西日本で唯一のリヴィン業態となっていた。
テナントとしては無印良品、スポーツクラブNAS、JTBなどに加え、兵庫県発祥の喜久屋書店、西松屋、「姫路のえきそば」で知られるまねき食品など約55店舗が出店する。

フロア案内。

姫路はイオングループの基となった企業の1つである「フタギ」発祥の地であり、もともとイオングループの力が強い地域であった。
それだけにザ・モール姫路は激しい競争に晒されており、2017年には姫路市唯一のイトーヨーカドーであった「イトーヨーカドー広畑店」も撤退している。

2017年に閉店したイトーヨーカドー広畑店。

また、2015年の西友高砂店閉店以降は姫路市周辺に西友系列の店舗が無く(最寄は神戸市の新長田店)、物流面などからも非効率であったと思われる。

イズミに売却-「ゆめタウン姫路」に

「ザ・モール姫路」は経営権をイズミ(広島市)に売却。イズミは同店を改装し、2018年秋ごろより大型ショッピングセンター「ゆめタウン姫路」(仮称)として営業を開始する方針だ。改装期間が短いため、開店後も改装を進めていくという。
イズミは西日本最大の流通グループで、九州・中国・四国地方を中心にショッピングセンター「ゆめタウン」、スーパーマーケット「ゆめマート」、インポートショップ「エクセル」などを展開。兵庫県では2店目のゆめタウンで、姫路エリアは初出店となる。また、6階まである売場は、現在の同社の店舗において最高層となる。
イズミはあわせて「西友・ザ・モール周南」(山口県下松市)を購入し、「ゆめタウン下松」とすることも発表しており、大型店2店の開業は同社が目指す「1兆円企業」への大きな足掛かりとなるであろう。

ヤマトヤシキ閉店、メガドンキ出店-変わる姫路の商業地図

姫路市では、2016年1月にイオン系ファッションビル「姫路フォーラス」が老朽化のため閉店・解体、2017年3月に「イトーヨーカドー広畑店」が閉店、そして2018年2月には老舗百貨店「ヤマトヤシキ姫路本店」が閉店することが決まっている。

2年前に閉店した姫路フォーラス(解体済み)。
老朽化に加え駅ビル「ピオレ」開業の影響を受けたものだった。


ヤマトヤシキ本店は2月28日に閉館する。

また、2018年2月16日にはイトーヨーカドー跡にディスカウントストアの「メガ・ドン・キホーテ姫路広畑店」が開業することも決まっており、僅か数年間で市内の商業地図が一変することになる。
 
外部リンク:ザ・モール姫路(西友)
外部リンク:「ゆめタウン下松(仮称)」「ゆめタウン姫路(仮称)」新規出店に関するお知らせ(イズミ)
関連記事:ヤマトヤシキ姫路本店、2018年2月末閉店-ラオックス傘下入りに向けた店舗整理か
関連記事:MEGAドン・キホーテ姫路広畑店、2018年2月16日開店-イトーヨーカドー跡に
関連記事:姫路モノレールのレール、8月7日より販売開始-大将軍駅から切り出し
関連記事:西友・ザ・モール周南、2018年春~夏ごろ閉店-イズミが購入、「ゆめタウン下松」秋ごろ開店 
関連記事:西友・ザ・モール小倉、2015年8月31日閉店-小倉唯一の西友、20年の歴史に幕