カテゴリー別アーカイブ: 都商研ニュース

延岡駅前複合商業施設「エンクロス」開業延期-開業直前、新市長の方針で

JR延岡駅前に建設中の複合商業施設「エンクロス」の開業が、新市長の方針で延期されることになった。

建設中のエンクロス。

市が設置、蔦屋書店など出店予定-市長「費用対効果検証」

「エンクロス」はJR延岡駅に隣接して建設されるビルに出店する複合商業施設で、延岡市が設置、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となっている。
CCCは、核店舗として地域最大級の大型書店「蔦屋書店」を出店させるほか、カフェ「スターバックスコーヒー」、図書閲覧室(蔵書2万冊と小規模のもの)を開設。さらに、「NOBEOKA100マイルプロジェクト」と題した特産品販売施設、市民の活動スペースなども設けるとしており、2階建ての建物は4月1日の開業に向けてほぼ完成状態となっていた。
また、JR九州もこれに合わせて延岡駅舎の全面改装をおこない、駅舎内に新たにコンビニエンスストア「ファミリーマート」を開業させていた。

エンクロスのエントランス。

1月28日におこなわれた延岡市長選で初当選した読谷山洋司市長は、2月20日の記者会見で「エンクロス」の企画・運営に当たるCCCへの年間委託料が1億3500万円(光熱費除くと約1億円)であることを明らかにしたうえで、2月27日に開会する定例会に開館を延期する条例改正案を提案すると発表。費用対効果を検証して今後の方針を決めるとしている。
施設の開業時期については完全に未定だという。

東西連絡通路。こちらは予定通り供用開始される。

地域おこし、子育て拠点施設、博物館再整備も見直し

延岡市長はこのほかに、前市長時代からおこなわれてきた大分県佐伯市と共同でおこなう食をテーマとした観光振興策「東九州バスク化構想」、養護学校跡に子育て支援の拠点「子どもの城(仮称)」を作る計画、建て替えのため休館中の市立博物館「内藤記念館」を再整備する事業も見直しを含め検討するとしており、延岡市政は「事業見直し」「緊縮」へと大きく舵を切るかたちとなりそうだ。

佐伯市と延岡市は海産物が有名で、共同で観光振興策を行っていた。

待望の新ビル、当面は「ほとんど閉鎖」か

延岡駅前にはかつて「アヅマヤ百貨店」と「延岡寿屋百貨店」という2つの大型店があったものの、両店ともに経営破綻により閉店、民間再開発ビルの「ココレッタ」も空き店舗が目立つ状態で、さらに改装前のJR延岡駅は駅舎も古く、「駅を降りても休息する場所がない」と言われてきた。
それだけに、久々の新施設となる「エンクロス」に期待する市民は多かったものの、新駅は待合室など一部施設以外は閉鎖された状態での開業となる見込みだ。
(伊勢海老以外の写真は2017年12月に撮影したものです)

外部リンク:エンクロス(延岡市)
関連記事:MEGAドン・キホーテ延岡店、11月28日開店-ドンキ、宮崎県北初出店
関連記事:新・徳山駅ビル「蔦屋図書館」、2月3日開業-「駐車場1時間無料」で活性化に期待

エブリボウル広尾店、2月21日開店-リンガーハット新業態の1号店

リンガーハット(品川区/長崎市)は、渋谷区広尾駅前に新業態店舗「エブリボウルEVERY BOWL)」の1号店を2月21日に出店した。

エブリボウル広尾店。

「ワンボウルで野菜たっぷり」の新業態

エブリボウルは女性を主なターゲットとし、コンセプトは「one-bowl meals, for every day, for every one.」で、特徴は麺、ソース、デリや季節の野菜などを自分で選んでワンボウルに盛り付けるというセルフスタイル。
麺は「五穀」・「国産小麦」、「グルテンフリー」から、ソースは6種類から選択可能。メインの具材は日替わりで、デリメニューにはグラタンやマリネなども取りそろえる。
また、メニューはテイクアウト可能で、動物性食材を使用していないヴィーガン対応のメニューも用意している。

盛り付け例。

価格は税別980円からでリンガーハットよりも客単価は高めとなっている。
リンガーハットは「エブリボウル」を2020年までに主要都市に20店舗を展開する考えだという。

EVERY BOWL 広尾店

住所:東京都渋谷区広尾 5-5-1
時間:11:00〜22:00

(画像は公式サイトより)
外部リンク:EVERY BOWL(エブリボウル)
関連記事:幸楽苑HD、「いきなりステーキ」をFC展開へ-2017年12月から、ラーメン店転換も
関連記事:山田うどん、居酒屋新業態「県民酒場ダウドン」展開-1号店、清瀬駅前に12月4日開店
関連記事:ジョイフル、台湾初出店-5年間で100店舗目指す

イオンモール、スペースワールド跡地の開発を発表-2021年開業、イオン最大級に

イオンモールは、テーマパーク「スペースワールド」(北九州市八幡東区)の跡地を再開発するための仮契約を土地所有者の新日鐵住金(一部は新日鉄興和不動産が所有)と結んだことを2月18日に発表した。

スペースワールド。

イオン最大級、2021年開業めざす

スペースワールドは1990年4月に新日鐵八幡製鉄所の一部敷地を利用して開園。開業当初は新日鐵、地元財界、自治体などが共同出資していた。
2005年からは北海道を中心にリゾート開発・再生を手掛ける「加森観光」(札幌市)傘下での運営となっていたが、2017年12月31日に閉店。
2月現在、遊具の解体がおこなわれている。
なお、同園の大店法上の売場面積は3,403㎡だった。

スペースワールドのエントランス。

イオンモールはスペースワールドの跡地を「(仮称)八幡東田プロジェクト」として開発する。総敷地面積は約27万㎡で、開業予定は2021年。
すでに隣接地には「イオンモール八幡東」が出店しており、スペースワールド跡地を合わせた敷地面積は約33万7000㎡。
これはイオンのなかで最大の敷地面積である「イオンレイクタウン」(越谷市、総面積:337,357㎡)とほぼ同規模で、イオン最大級の店舗となる。
(参考:イオンモール幕張新都心の敷地面積は約192,000 m²)

開発地の概要(ニュースリリースより)。

イオンモールは同地の開発に当たって「ショッピング」機能のみならず、「エンターテインメント」、「カルチャー」、「食」を融合した施設を計画するとしているが、開発の具体的な内容は発表されていない。

(仮称)八幡東田プロジェクト

住所:福岡県北九州市八幡東区東田4-1-101外

外部リンク 「(仮称)八幡東田プロジェクト」の出店について (イオンモール)
関連記事:スペースワールド、2017年12月末閉園へ
関連記事:ラオックス、リバーウォーク北九州に旗艦店-約1万㎡「購入」、2月開業めざす
関連記事:JR九州、「821系」「YC1系」の概要発表-省エネ・ハイブリッドの「次世代型鉄道車両」

ライザップ、ワンダーコーポレーションを子会社化-「ワンダーグー」「新星堂」を展開

フィットネスクラブ「ライザップ」(RIZAP)を運営するライザップグループ(新宿区、旧・健康コーポレーション)は2月19日に、CDやゲームなどを販売する「新星堂」、「ワンダーグー」(WonderGOO)を展開する「ワンダーコーポレーション」を買収し、連結子会社化することを発表した。

ワンダーグーの店舗。

カスミ傘下のCD店、「新星堂」を傘下におさめていた

ワンダーコーポレーションは1988年にスーパーマーケット「カスミ」(つくば市)が運営する「カスミ家電」として設立。2000年に現社名となった。
現在はCDやゲームなどを販売する「ワンダーグー」の展開を主力事業とするほか、2013年には大手CD店「新星堂」を連結子会社化、2016年に吸収合併している。

新星堂の店舗。ワンダーグーと異なり都市型・ビルインが多い。

ライザップグループは2月より株式公開買い付け(TOB)を開始、ワンダーの筆頭株主であるカスミが保有する株式の43.1%を取得する。

CD店×フィットネスで相乗効果、結果にコミットできるのか?

ライザップは来期にワンダーコーポレーション店舗内にライザップ関連事業20店舗を出店、ライザップグループの商品の取り扱いを開始するなどし、ライザップ関連事業来期計画「売上高前期比150%以上」の確実な達成に繋げたい考えだという。

ニュースリリースより。

ライザップは2016年に雑貨店「パスポート」を、2017年にアパレル店「ジーンズメイト」を買収するなど、M&Aによる企業規模の拡大を図っている。

ニュースリリースより。

外部リンク:  株式会社ワンダーコーポレーションとの資本業務提携契約の締結並びに公開買付けの開始及び第三者割当増資の引受けに関するお知らせ
外部リンク:  (訂正) 株式会社ワンダーコーポレーションとの資本業務提携契約の締結並びに同社株式に対する公開買付けの開始及び第三者割当増資の引受けに関するお知らせ
外部リンク:  株式会社ワンダーコーポレーションとの戦略的提携方針のお知らせ
関連記事:ライザップ、ジーンズメイトを子会社化
関連記事:タワーレコード錦糸町店、2月12日閉店-「イベントの聖地」もついに陥落 

マルエツ立川駅北口店、2月25日閉店-撤退相次ぐ「フロム中武」、ニトリも閉店

かつて“サブカルの聖地”として親しまれた JR立川駅前の商業施設「フロム中武」(ふろむちゅうぶ)からテナントの流出が相次いでいる。
フロム中武の新たな核店舗であった地下1階の食品スーパー「マルエツ立川駅北口店」が2月25日に閉店。3階の「ニトリデコホームフロム中武店」も2月12日に閉店している。
P1040354
フロム中武・マルエツ立川駅北口店。

かつての「サブカルの聖地」、2015年に一旦幕

フロム中武は中武ビルディングが運営する専門店ビルで、店舗面積は12,552㎡。 1962年に「中武デパート」として開業し、1984年の全面リニューアルを機に現在の施設名となった。

フロム中武には2002年11月にアニメショップ最大手「アニメイト」が進出して以降、フィギュア専門店や中古同人ショップ、アイドルカフェなどサブカル系のテナントが相次ぎ出店。一時は「ももいろクローバーZ」がライブ拠点の1つとしていたほか、正面看板などに掲げられた立川に関するユニークなキャッチコピー(現在も不定期で実施)が一躍注目を浴びたこともあり、立川を代表する「サブカルの聖地」として一時代を築いていた。
しかし、施設の老朽化に伴う耐震工事のため2015年4月から約1年間一時閉店し「サブカルの聖地」としての歴史に幕を下ろした。

リニューアルから僅か2年…撤退相次ぎ岐路に立たされる

2016年5月に全館リニューアルを迎えたフロム中武であったが、改装休業中にアイドルカフェ「ハーツ劇場」や「アニメイト」などが周辺ビルに完全移転していたこともあり、サブカル系テナントを呼び戻すことはできずに大幅な路線転換を実施。
改装後は食品スーパー「マルエツ」(売場面積:895㎡)、紳士服「サカゼン」、100円ショップ「ダイソー」、生活雑貨「ニトリデコホーム」など、大型専門店を中心とした商業施設となった。
_MG_3591
リニューアルオープンしたころのフロム中武。

しかし、好調な立川エリアの近隣商業施設とは裏腹に、リニューアルの目玉であった大型スポーツショップ「ギャラリー2」(7階)が2017年7月に、「ニトリデコホーム」(3階)が2018年2月に相次ぎ撤退するなど苦境に立たされており、新店舗の誘致もままならない状況が続いている。
P1040350
僅か1年半で撤退したニトリデコホーム。
高島屋立川店へのニトリ大型店進出が閉店の原因とみられる。

今回フロム中武から撤退する「マルエツ立川駅北口店」は、開店前は立川駅北口では数少ない食品スーパーになるとして期待を集めていたが、生鮮食品や惣菜部門の強化を打ち出した「MEGAドン・キホーテ立川店」(2016年1月開店、旧ダイエー跡地)や業務用食品スーパー「肉のハナマサ立川店」(2016年10月開店)が同時期に開店したこともあり、競争力が低下していた。
マルエツの閉店により、フロム中武は地階の全体、3階の殆ど、6階の半分が空き店舗となる(7階は大部分が改装中)。

7階は「医療モール」に-新たな核店舗はどうなる

フロム中武は打開策として2018年2月1日以降に7階全区画を医療モール「立川北口メディカルモール」に転換する大幅リニューアルを進めており一部区画には医療機関が開業している。
しかし、依然として多くのフロアで空き区画が目立っているうえに集客の要であった食品スーパーも失うことから、近隣の大型商業施設と差別化可能な有力テナントの早期誘致が期待される。

外部リンク:フロム中武
関連記事:立川高島屋に都市型最大「ニトリ」、11月15日開店-高島屋直営売場は実質4フロアに
関連記事:立飛、立川にアリーナ建設へー立川最大級、2017年秋完成予定
関連記事:立川タクロスにヤマダ電機新業態「LABI LIFE SELECT」11月18日開業-旧第一デパート跡地
関連記事:フロム中武、2016年5月26日全面改装-消えたサブカルの聖地

アルピコプラザ、2月15日開業-旧・アリオ松本、松電バスターミナルビルに

JR松本駅前にあったイトーヨーカドーのショッピングセンター「アリオ松本」跡(松電バスターミナルビル)に新たな商業施設「アルピコプラザ」が2月15日にグランドオープンした。

アルピコプラザ。

「松電バスターミナルビル」、開業から40年目の再出発

「アリオ松本」は1978年4月に「イトーヨーカドー松本店」として開業。
松本電鉄(2011年に「アルピコ交通」に改称)が建設した「松電バスターミナルビル」への出店で、1階にはアルピコ交通のバスターミナルが設けられている。
イトーヨーカドーは1996年にショッピングセンター業態の「エスパ松本」に、2011年には「アリオ松本」となったが、核店舗としてはイトーヨーカドーが開店以来継続して出店していた。しかし、イオンモール松本の開店を前にした2017年9月に閉店。その後は所有者のアルピコ交通と商業施設コンサルタントの「やまき」(東京都港区)がリニューアルの準備を進めていた。

「アリオ松本」時代。

建物は地上7階、地下1階建で、全体の売場面積は13,178㎡。 

核店舗はアルピコグループ「デリシア」-土産店も

アルピコプラザには新たに10数店舗が出店した。
地階の核店舗となったのは、アルピコグループのスーパーマーケット「デリシア」(旧・松電ストア、アップルランド、約1,750㎡)。
このほか、地階にはバスターミナルという立地を活かして土産店「松本のおみやげ屋さん」が開設されるほか、箸専門店「にほんぼう」、銘菓「藤屋」、マッサージ店が出店している。

信州の酒も取り揃えられる。

1階の半分は以前と同様に「アルピコ交通松本バスターミナル」が入居。ターミナルは改装されており、以前より明るい雰囲気となった。このほか、花店、クリーニング店が出店するが半分は空き店舗となっている。

バスセンターもリニューアルされた。

2階は一部に美容院、ネイルサロンが出店するが、殆どが空き店舗。このほか、3月に健康椅子チェーンが出店する予定である。
3階には「バースデイ」、「アベイル」、そして4階には「ファッションセンターしまむら」、「ディバロ」のしまむらグループ4店舗が出店する。これらの店舗はグランドオープンを前に12月28日に先行開業している。
5、6階は未活用。
 7階はアルピコグループが運営しているため今回は改装されておらず、以前と同様にレストラン街、100円ショップなどが出店している。

3、4階にはしまむらグループが出店する。

多い競合店、少し淋しいグランドオープン

アルピコグループとやまきは「2018年春までに約60のテナントを誘致する」計画としていた。
しかし、7階は以前からアルピコグループの管理であり改装されていないためそのまま、また地階と1階の大部分はアルピコグループが活用しており、結局のところ目立った新規出店テナントは3階、4階のしまむらグループのみ。メインエントランスである1階の半分、そして2階の大部分、5階全床、6階全床はテナントが入っていない状態で、全テナント数(7階含む)も20数店舗に留まるという淋しい船出となった。
周辺には「松本パルコ」、「井上百貨店」、丸善を核とした「コングロM」、駅ビル「MIDORI」など多くの商業ビルがあるほか、2017年9月に開業したばかりの「イオンモール松本」ともそれほど離れておらず、多くの競合店がある。
また、郊外にはアリオ松本に出店していた「ロフト」や「アカチャンホンポ」の移転先となった「イトーヨーカドー南松本店」をはじめ、複数のショッピングセンターも立地する。

イオンモール松本。

アルピコプラザは今後も新規テナントの誘致を進めるとしているが、そうした競争のなかで有力テナントを出店させ、空き床を埋めることができるのかどうかが注目される。

なお、アルピコプラザでは開業を記念して2月28日まで2階の空き床でNゲージ運転会などをおこなう「鉄道パーク」が開催されている。

2階で開催される「鉄道パーク」。

アルピコプラザ

住所:長野県松本市深志一丁目2-30
営業時間:店舗により異なる。
しまむらは10:00~20:00、デリシアは9:00~21:00。

外部リンク:ALPICO PLAZA -アルピコプラザ- – 長野県松本バスターミナルビル内にあるショッピングセンターです。
関連記事:イオンモール松本、9月21日開業-カタクラモール跡地に3館170店が集結
関連記事:アリオ松本、2017年9月10日閉店-アルピコ松本バスターミナルの核店舗

ドン・キホーテ西新井駅前店、3月2日開店-ドンキ集中出店の足立区、約1キロ圏内に3店舗

足立区の東武線西新井駅西口に、ディスカウントストア「ドン・キホーテ西新井駅前店」が3月2日に開店する。

ドン・キホーテ西新井駅前店。(イメージ画像)

東武西新井駅前、パチンコ店跡地に出店

ドン・キホーテは西新井駅西口のパチンコ店跡地に開業。
売場は地下1階〜地上3階で、売場面積は989.2㎡。
商品構成は食品、酒、日用消耗品、家庭雑貨品、化粧品、ブランド品、家電製品、衣料品、 玩具・バラエティなど。
1階にはおにぎりやお弁当、ペットボトル飲料などを備え、出勤前や帰宅時間帯の買い物需要に対応する。
内観には西新井名物「草団子」をほおばるマスコット「ドンペン」の装飾を使用する。

約1㎞圏内に3店舗、ドンキ集中出店の足立区

足立区では既に2店のドン・キホーテ(竹の塚店、MEGA環七梅島店)が出店しており、西新井駅前店は区内3店舗目。
これら3店舗は約1km圏内に出店しており、郊外エリアとしては非常に高密度な店舗網が形成される。
なお、足立区梅島にはドン・キホーテの小型店「驚安堂 梅島駅前店」が出店していたが、2017年11月30日に閉店している。

ドン・キホーテ西新井駅前店

住所:東京都足立区西新井栄2-3-14
営業時間:24時間

(イメージ画像はニュースリリースより)
ニュースリリース:2018 年3月2日(金) 『ドン・キホーテ西新井駅前店』オープン!(ドン・キホーテ公式サイト)
関連記事:MEGAドン・キホーテ環七梅島店、12月1日開店-3年ぶり復活、店舗面積4倍に
関連記事:イトーヨーカドー千住店、「食品館」で2019年春に復活-ヨーカドー創業店、マンション下層階に

梅田ジョイポリス、5月6日閉館-セガの関西旗艦店、20年の歴史に幕

大阪・梅田の阪急系ファッションビル「HEP FIVE」8階・9階に出店する大型屋内型アミューズメント施設「梅田ジョイポリス」が5月6日をもって閉館する。

梅田ジョイポリスが入居する「HEP FIVE」。

セガの関西旗艦店、2017年より中国企業主導になっていた

梅田ジョイポリスはセガ直営屋内型アミューズメント施設「ジョイポリス」8号店として1998年11月に開業。
セガの関西地区における旗艦店として、最先端の演出システムや自社コンテンツを売りにした体感型アトラクションを数多く導入していたが、ジョイポリス事業の不振に伴い売却。2017年1月からは、東京ジョイポリスとともに中国企業「華夏動漫形象有限公司」(チャイナ・テーマパーク社)主導の経営体制に移行していた。同社はセガと提携関係にあり、中国で「ジョイポリス」を運営している。

東京ジョイポリスも中国企業の傘下となった。


ウェブサイトには閉館告知が。

梅田ジョイポリスが閉館する5月以降、国内で営業を続けるジョイポリスは、チャイナ・テーマパーク社系のCAジョイポリスが運営する「東京ジョイポリス」と、現在もセガエンタテインメントが運営する「岡山ジョイポリス」の2施設のみとなる。
P1070848
岡山ジョイポリス。大型ライド設備撤去、直営部門縮小が行われた。

外部リンク:梅田ジョイポリス
関連記事:バルチカ、12月19日増床リニューアル-ルクア地下2階、2018年春に「阪急オアシス」も出店へ
関連記事:うめきた地下道、12月19日閉鎖-梅田のレトロ地下道、90年の歴史に幕
関連記事:ヨドバシ梅田とJR大阪駅、「架橋」で6月30日接続-愛称は「淀橋」
関連記事:タイトーステーション梅三小路店、5月26日開店-ソフマップ跡に歴代”電車でGO”集結
関連記事:阪急梅田駅高架下「阪急三番街」4月27日リニューアル-古書のまちも移転

関連記事:SEGAジョイポリス、「チャイナ・テーマパーク」傘下の運営に

じゃんぼスクエア富田林店、2月28日閉店-旧・西友

大阪府富田林市の富田林駅前にあるショッピングセンター「じゃんぼスクエア富田林」が2月28日に閉店する。

じゃんぼスクエア富田林

西友時代から45年半の歴史に幕

じゃんぼスクエア富田林は「ジャンボスクエア富田林・西友富田林店」として1972年11月に開業。建物は4階建てで、大阪市浪速区の不動産会社・賛栄商事が所有する。
西友の撤退後も賛栄商事直営の食品スーパー「じゃんぼ食鮮館富田林店」をはじめ、時間料金制アミューズメント施設「フジヤマランド」(レジャッパを経て2010年閉店)、「カラオケレインボー」(1月31日閉店済)、100円ショップなど複数のテナントが出店しており、「ダイエー富田林店」(現・コノミヤ)と並ぶ富田林駅前を代表する大型店として営業をおこなっていた。

エントランスのようす。

食鮮館などの閉店により、2月末を以て建物は空き家となる。
閉店の理由は明らかにされておらず、店舗跡の活用方法も現時点では未定となっている。

関連記事:ダイエー富田林店、8月31日閉店 – 39年の歴史に幕

セブンイレブン、金秀と提携して沖縄初出店へ-2019年度までに1号店

セブンイレブンは、沖縄大手のスーパーマーケット(ディスカウントストア)「かねひで」を運営する金秀商事(西原町)とFC契約を結び、セブンイレブンを出店させることが分かった。

かねひでの店舗(沖縄市)。

2019年度までに沖縄1号店-全47都道府県制覇へ

かねひでとの提携は地元メディアが報じたもの。金秀グループのガソリンスタンドなどの跡地も活用することで出店を後押しするという。
沖縄県は全国で唯一の「セブンイレブン空白県」となっていた一方、セブンイレブンは近い将来の同県への進出を目指して2017年10月に「セブン-イレブン・沖縄」を設立していた。
セブンイレブンは現在、地場企業「沖縄食糧」と提携して工場の開設準備を進めており、2019年度までに沖縄県1号店を出店させるとみられている。

沖縄のコンビニ業界、地場スーパーの「代理戦争」に

沖縄では、県内流通大手のリウボウグループが「ファミリーマート」を、同じく県内流通大手のサンエーグループが「ローソン」を展開。親会社が運営するスーパーにおいてもそれぞれ「ファミマコレクション」や「ローソンセレクト」が販売されているのも特徴だ。

サンエーの店舗(北谷町)。

セブンイレブンもこうした地場流通大手との提携による進出が予想されており、どの企業との提携となるかが注目されていた。
セブンイレブンがリウボウ、サンエーのライバルである金秀との提携を決めたことで、沖縄のコンビニ業界はますます地場スーパーの代理戦争の様相を呈することとなる。

関連記事:セブンイレブン、2018年1月に国内2万店舗達成-国内小売業で史上初 
関連記事:セブンアイ、米コンビニを買収-1100店、約3700億円で

関連記事:那覇オーパ、2018年秋ごろ開業-撤退から5年で復活