芝のらーめん屋さん、2019年9月30日までに全店閉店-イトーヨーカドーのラーメン店

イトーヨーカドー内を中心に展開されていたファミール(現:セブン&アイ・フードシステムズ)運営のラーメン店「芝のらーめん屋さん」が2019年9月30日までに全店閉店する。

芝のらーめん屋さんの店舗。(弘前店)

永年親しまれたイトーヨーカドーのラーメン店

ファミールはイトーヨーカドーの外食部門「ヨークフードサービス」として1972年に設立。1981年に社名を「ファミール」に改めた。芝のらーめん屋さんはファミリーレストラン「ファミール」の別業態として誕生。その後はイトーヨーカドー店内を中心に100店舗以上を展開し、ファミールは2007年にデニーズジャパンと経営統合された。
一方で、ファミールも閉店が相次いでおり、2019年9月30日を以て全店閉店することが判明していた。

ファミール(弘前店)。


2019年9月30日で全店閉店へ

芝のらーめん屋さんについても近年は閉店が相次いでおり、2019年8月時点では4店舗のみとなっていた。
都商研の取材によると、残る福住、青森、弘前、尾張旭の4店舗についても9月30日の営業を以て閉店することを決めているといい、ファミールに続いて「芝のらーめん屋さん」も歴史に幕を下ろすこととなる。

「まん天丼」も全店閉店

このほか、同じくセブン&アイ・フードシステムズがイトーヨーカドー店内を中心にロードサイド・路面店なども展開していたどんぶり店「まん天丼」も閉店が続いており、8月現在は西新井店(2017年開店)のみとなっていたが、同店も9月16日での閉店を決めており、これで「全店閉店」になるという。

関連記事:ファミール、2019年9月30日までに全店閉店-イトーヨーカドーのレストラン
関連記事:ファミール、2018年中に閉店続く-ヨーカドーでお馴染み、サイゼリヤへの転換相次ぐ

関連記事:イトーヨーカドー・イズミ・ライフ・東急ストアなど「PayPay」導入-2019年9月の 「スーパーマーケット大還元祭」に合わせて
関連記事:7Pay、2019年9月30日廃止-問題相次ぎ僅か3ヶ月で終了、nanacoポイント還元率見直しも検討

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加