筥崎宮の大鳥居、4月末までに解体-老朽化で

福岡市・箱崎地域のシンボルであった「筥崎宮大鳥居」の解体工事が進んでいる。
3月28日からは本格的な解体が開始され、工事現場から鳥居の断片の搬出が始まった。

筥崎宮大鳥居(3月28日)。

老朽化で解体に-再建の予定なし

筥崎宮は921年創建(諸説あり)。筑前國一之宮で、宇佐、岩清水とともに日本三大八幡宮の1つとされる。
現在の本殿と拝殿は1546年に大内義隆が、楼門は1594年に小早川隆景が、一の鳥居は1609年に黒田長政が、石灯籠の一部は千利休らが寄進・建立したもので、それぞれ国の重要文化財に指定されている。

拝殿には「敵國降伏」の文字。元寇に由来するもの。


黒田長政が寄進した一の鳥居。大鳥居はこの形状を模したもの。

ヘテムル

今回解体される大鳥居は1930年に建設。高さは16mもあり、国道3号線からも良く見えることから、箱崎地域のシンボルとして長年親しまれてきた。
地元紙などによると、解体は大地震が来た際に一部が損壊する恐れがあるためだという。解体工事は3月初めから開始されており、4月末まで続く。
大鳥居解体後の再建は、資金面などから今のところ予定されていないといい、90年近くに亘って親しまれた地域のシンボルは姿を消す。

外部リンク:筥崎宮
外部リンク:筥崎宮神苑花庭園・レストラン迎賓館
関連記事:福岡パルコ、2017年冬リニューアルー進む新館の「脱商業」化、ホテル・シェアオフィスも
関連記事:ドン・キホーテ福岡天神本店、11月17日開店-24時間営業、国体道路のツタヤ跡に
エイプリルフール:エレデ博多寿屋空港店、2001年4月28日開業-ラララグループ、21世紀初の大型店で起死回生めざす

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加