ショッピングタウンパレット、3月31日閉館-老朽化で解体へ

金沢市笠舞の老舗ショッピングセンター「ショッピングタウン パレット」が
3月31日に閉館する。

パレット(公式サイトより)。

金沢のショッピングセンターの先駆け的存在だった

ショッピングタウンパレットは1976年11月に「赤坂プラザ」として開業。
翌年開業したユニー金沢店(現:ユニーアピタ金沢店)とともに、金沢市の郊外型ショッピングセンターの先駆けとして多くの客を集めた。

パレット開業時(公式サイトより)。

その後、1993年の全面改装の際に「ショッピングタウンパレット」に改称している。同年は長崎屋ラパーク金沢、平和堂アルプラザ金沢など多くの競合店舗が開店した年であった。
2018年現在は核店舗であるスーパーマーケット「アルビス」のほか、ゲオ、マクドナルド、カラオケBANBANなどが出店する。
売場面積は6,711㎡、建物は赤坂ビルが所有している。

ヘテムル

老朽化のため解体へ

閉館は建物の老朽化による耐震性不足が明らかになったため。
建物は築42年が経過しており、閉店後に解体される見込みであるが、跡地の活用方法などは発表されていない。
なお、別棟の医療館である「パレットクリニックセンター」は今後も営業を続けるという。
(画像は「パレット」公式サイトより)

外部リンク:ショッピングタウン パレット
関連記事:東急ハンズ金沢店、2016年秋開店-東急スクエアに
関連記事:イオンモール新小松、2017年3月24日開業-北陸最大級のイオン、福井県も商圏に

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【2018サマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加