さくら市場館府中フォーリス店、2020年11月30日閉店-さくらグループのスーパー全店閉店、60年超の歴史に幕

東京都府中市のさくらグループ系食品スーパー「さくら市場館府中フォーリス店」が2020年11月30日午後6時をもって閉店する。
さくら市場館の閉店により、さくら食品デパートから続く60年超の歴史に幕をおろすこととなった。

府中の地場大手企業だった「さくらグループ」

さくらコマースは、1951年3月に東京都北多摩郡府中町(現・府中市)で朝鮮半島出身の全演植・全鎭植氏によりパチンコ店「さくら遊技場」として創業。
創業以来、同社を中核企業とする「さくらグループ」として商業施設の管理・運営や飲食、福祉、馬主事業に経営領域を拡大。1972年9月に立ち上げた高級朝鮮料理・焼肉チェーン「モランボン(牡丹峰)」は、韓国・朝鮮料理に強みを持つ大手調味料メーカーとして発展することとなった。
しかし、さくらグループは2000年代以降、大型複合施設「さくらサンリバー」を閉館(のち解体)、丸正食品チェーン総本店ビル内の「モランボン調理師専門学校」を廃校したほか、新宿・伊勢丹会館を始め都内近郊に多店舗展開していたレストラン事業を大幅縮小。
さらに、2018年にはグループ各社の本社機能を併設する複合商業施設「さくら三番館(旧・忠実屋府中店)」を閉館し「さくら食品館(高橋ビル)」をはじめとする府中駅周辺のビルに分散移転させるなど、経営規模を縮小していた。

減少続くさくらのスーパー、全店舗が営業終了

さくら市場館は1958年に「さくら食品デパート」として創業。最盛期には京王線府中駅前の大型スーパー「さくら食品館」(現在は食品売場を廃止)を始め、都内近郊に食品スーパーやドラッグストアなど10店舗ほど展開していたが、2013年2月に昭島市の「さくらコマース昭島魚河岸店」、2017年9月に車返団地の「さくら市場館くるまがえし店」(丸正食品チェーンを経て閉店)を相次ぎ閉店。1996年4月に再開発ビル専門店街の食品核として開店した「さくら市場館府中フォーリス店」1店舗を残すのみとなっていた。

フォレストサイドビル専門店街フォーリス。

さくら市場館府中フォーリス店は、2015年3月から4月にかけて直営総合弁当・惣菜売場「e-kitchen」や直営韓国食品・韓国食材店「韓国市場」を導入する大規模リニューアルを実施。e-kitchenの弁当は、全国スーパーマーケット協会主催のお弁当・お惣菜大賞2020(のり弁部門)で優秀賞を受賞するなど、グループの強みを活かした弁当・惣菜の開発で競合店との差別化を図った。
一方で、2017年7月にはフォレストサイドビル隣接地に新たな再開発ビル「Le SIGNE(ル・シーニュ)」が開業。Le SIGNEの食品核として京王府中駅ビルから京王ストアが移転、成城石井が新規出店するなど競争が激化した。
こういった背景もあり、さくら市場館では2020年10月1日に11月末での閉店を発表。店内各地のフォトスポットやメッセージボードには、地元客のみならず、さくらコマースと縁の深い競馬ファンからも閉店を惜しむ声が寄せられた。

さくら市場館府中フォーリス店。

府中フォーリス店の閉店により、さくらコマース運営食品スーパー全店が閉店することとなる。

伊勢丹・さくら市場が閉店、核店舗失うフォーリス

府中フォーリスでは、核店舗であった百貨店「伊勢丹府中店」が2019年9月に閉店。伊勢丹跡は2021年中に家電量販店「ノジマ」を核店舗とした商業施設となることが決定しており、新たなスーパーの導入が検討されている。
%e5%ba%9c%e4%b8%ad%e4%bc%8a%e5%8b%a2%e4%b8%b9-1
府中伊勢丹営業当時のフォレストサイドビル。

フォーリス専門店街は伊勢丹閉店後も営業しているが、専門店街の核店舗であったさくら市場館の閉店により、さらなる集客力の低下は否めないであろう。

関連記事:伊勢丹府中店・伊勢丹相模原店、2019年9月30日閉店
関連記事:ル・シーニュ、2017年7月14日開業-府中駅南口再開発”43年越し”完了へ
関連記事:とらのあな出張所inオリオン書房アレア店、2020年9月11日開店-書店インショップで立川再出店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加