サンリブシーモール店、7月31日閉店-改装進める「下関の顔」、新店舗誘致へ

改装を進めているJR下関駅前の大型ショッピングセンター「シーモール下関」の核店舗の1つ「サンリブシーモールエスト店」が、7月31日午後8時をもって閉店した。

シーモール下関(公式サイトより)

下関の顔「シーモール」のサンリブ、7年で閉店

シーモール下関は1977年10月開業。売場面積は54,052㎡。市内に本社があるサンデン交通、山口銀行、下関信金、下関大丸などの共同出資による「下関商業開発」が保有・運営する。
当初は百貨店「下関大丸」と総合スーパー「ダイエー下関店」、そして専門店街の2核1モール型ショッピングセンターとして、山口県内のみならず、北九州エリアからも多くの買物客を呼び込んだ。2018年現在も館内ではほぼ毎月有名芸能人や地元アイドルを招いたステージが行われるなど山口県最大の商業施設として支持を集めており、北九州市内でも広告看板を見かけることがある。

JR小倉駅に設置される広告看板。

サンリブシーモールエスト店」は、2010年9月に閉店したダイエー跡に設けられた専門店街「シーモールエスト」の核テナントとして2010年11月に開店。食料品や家庭用品、日用雑貨、ペット用品に特化した店舗であった。なお、直営衣料売場が設置されていない代わりにユニクロ、しまむらなどが出店している。
サンリブは北九州市に本社を置く大手スーパーだが、下関市でスーパーマーケット1号店を出店した過去がある(創業地は別府市)。

ヘテムル

改装進める「シーモール」、新たな店舗の誘致へ

シーモールは2014年のJR下関駅ビル「リピエ下関」開業と周辺整備に合わせて、映画館「シネマサンシャイン下関」(8スクリーン)の導入や大丸の駅直結玄関の新設を含む改装を行っていた。
開業40周年を迎えた2017年からも「ちょっと先の未来」をテーマに段階的リニューアルを進めており、2018年3月にはロゴマークを一新。「シーモール専門店街」と「エスト専門店街」が一体化され、ファストファッション「H&M」や紳士服店「洋服の青山」、子供・ベビー用品店「西松屋」、子供向け屋内遊園地「Kid’sUS.LAND」、フードコート「KITCHEN448」などを新たに導入、屋上エリアには医療モールも開設された。

新たなロゴタイプ。

また、大丸も2017年より改装を進めており、ロクシタンや地元質店の導入をおこなったほか、シャネル、クリスチャンディオール、資生堂などをリニューアル。大丸の屋上広告塔も建て替えられた。
今回のサンリブ撤退もリニューアルの一環とされており、今後は新たな店舗を誘致する予定だという。
下関の玄関に相応しいテナントが期待される。

追記:サンリブ跡にはマックスバリュ西日本が出店する。

外部リンク:シーモール下関
外部リンク:サンリブシーモール | サンリブ グループ
関連記事:グループ統合決めた「マルショク・サンリブグループ」-その将来像は
関連記事:井筒屋、コレット井筒屋・黒崎井筒屋・宇部井筒屋・飯塚井筒屋の4店を閉店-2019年5月までに
関連記事:イオンモール、スペースワールド跡地の開発を発表-2021年開業、イオン最大級に
関連記事:ラオックス、リバーウォーク北九州に旗艦店-約1万㎡「購入」、2月開業めざす

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加