イオンモール、スペースワールド跡地の開発を発表-2021年開業、イオン最大級に

イオンモールは、テーマパーク「スペースワールド」(北九州市八幡東区)の跡地を再開発するための仮契約を土地所有者の新日鐵住金(一部は新日鉄興和不動産が所有)と結んだことを2月18日に発表した。

スペースワールド。

イオン最大級、2021年開業めざす

スペースワールドは1990年4月に新日鐵八幡製鉄所の一部敷地を利用して開園。開業当初は新日鐵、地元財界、自治体などが共同出資していた。
2005年からは北海道を中心にリゾート開発・再生を手掛ける「加森観光」(札幌市)傘下での運営となっていたが、2017年12月31日に閉店。
2月現在、遊具の解体がおこなわれている。
なお、同園の大店法上の売場面積は3,403㎡だった。

スペースワールドのエントランス。

イオンモールはスペースワールドの跡地を「(仮称)八幡東田プロジェクト」として開発する。総敷地面積は約27万㎡で、開業予定は2021年。
すでに隣接地には「イオンモール八幡東」が出店しており、スペースワールド跡地を合わせた敷地面積は約33万7000㎡。
これはイオンのなかで最大の敷地面積である「イオンレイクタウン」(越谷市、総面積:337,357㎡)とほぼ同規模で、イオン最大級の店舗となる。
(参考:イオンモール幕張新都心の敷地面積は約192,000 m²)

開発地の概要(ニュースリリースより)。

イオンモールは同地の開発に当たって「ショッピング」機能のみならず、「エンターテインメント」、「カルチャー」、「食」を融合した施設を計画するとしているが、開発の具体的な内容は発表されていない。

(仮称)八幡東田プロジェクト

住所:福岡県北九州市八幡東区東田4-1-101外

外部リンク 「(仮称)八幡東田プロジェクト」の出店について (イオンモール)
関連記事:スペースワールド、2017年12月末閉園へ
関連記事:ラオックス、リバーウォーク北九州に旗艦店-約1万㎡「購入」、2月開業めざす
関連記事:JR九州、「821系」「YC1系」の概要発表-省エネ・ハイブリッドの「次世代型鉄道車両」

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加