ラオックス、リバーウォーク北九州に旗艦店-約1万㎡「購入」、2月開業めざす

大手免税店「ラオックス」が北九州市小倉の中心部にある大型複合施設「リバーウォーク北九州」の約1万㎡を購入し、2018年2月に同社の旗艦店を出店させる。

リバーウォーク北九州。

ダイエー、リバオクの所有床全てをラオックスに売却

「リバーウォーク北九州」は2003年に百貨店「小倉玉屋」とスーパー「ダイエー小倉店」の跡地を再開発して誕生した複合商業施設。売場面積は28,492㎡。キャナルシティ博多を手掛けた地場大手ディベロッパー「福岡地所」が運営・開発を手掛けており、個性的な建物は隣接する小倉城とともに小倉の象徴的存在となっている。
ラオックスが購入したのは、リバーウォーク北九州のダイエー所有床となる地下1階のほぼ全て、約1万㎡弱。
リバーウォークの敷地の一部は先述の通りダイエーがあった場所で、ダイエーは同店を継承するかたちでスーパー「ダイエーグルメシティ」、飲食店街「フードパオ」などを出店していた。
ダイエーは2012年に閉店し、同年跡地には家具大手の「SAKODA」(鹿児島市)が開店。しかし、SAKODAも2017年8月に閉店し、それ以降、地階は広大な空き店舗となっていた。
なお、ダイエー閉店後は長らく食物販機能が貧弱であったリバーウォークであるが、2016年7月には1階に新たな核店舗となるスーパーマーケット「西鉄ストアレガネットキュート」などが出店する「マルシェゾーン」が開設されている。

1階「マルシェゾーン」(福岡地所公式サイトより)。

リバオク、九州最大級の大型免税店に

ラオックスは地階を大型免税店を核とした複合施設として活用する方針で、面積的にはラオックス本店(東京・秋葉原駅前)などをはるかに凌ぎ、九州最大級の大型免税店になるとみられる。
同社の出店を報じた地元紙・西日本新聞によると、まず外国人向けの物販エリア(免税店)を2018年2月までに開業させ、その後、日本文化などの体験を重視した「コト消費」エリアなどを設ける方針だという。
ラオックスは、2017年に千葉市の「千葉ポートタウン」にもこうした複合店舗を出店させている

失敗できぬラオックス、観光客少ない店舗でどう集客する?

小倉では、2017年7月にJR小倉駅に隣接したベスト電器小倉店(あるあるシティ別館)に大型免税店「生活広場」が開設されるなど、外国人観光客向け商業施設の新設が活発化しつつある。
その一方で、現在のリバーウォーク北九州は地元民(北九州市民)向けの商業施設という印象が強く、新幹線停車駅の小倉駅からは少し歩く距離であるうえ、徒歩圏に外国人に人気の観光地が少ないばかりか(小倉城に隣接しているものの、小倉城は鉄筋コンクリートの復原天守閣)、同店にはそれほど大規模な観光バス駐車場もなく、基礎集客力に加えて大型クルーズ船の来訪時にどういった対応を取るのかなどといった課題も多そうだ。

ラオックスはリバーウォーク北九州の床を購入するかたちの出店であるため簡単には退去することは難しく、「失敗は許されない」だけに、同社の手腕が問われることになるであろう。

外部リンク:日本国内最大規模の免税店 ラオックス株式会社
関連記事:SAKODAリバーウォーク北九州店、8月31日閉店-「リバオク」の核店舗、僅か5年で
関連記事:リバーウォーク北九州、大規模改装2016年7月14日完了-目玉は飲食店街と都市型スーパー
関連記事:千葉ポートタウン、ラオックス主導の「体験型施設」に-インバウンド狙い「サバゲー」や「カップ麺専門店」も

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加