横須賀リサーチパーク、「食品館あおば」が大型商業施設出店へ-京急の土地売却で

京急電鉄は、同社が所有する横須賀リサーチパーク(YRP)の商業施設用地を食品スーパー「食品館あおば」などを運営する「ビッグライズHD」(横浜市)に7月27日付で売却したことを発表した。

横須賀リサーチパーク(京急リリースより)

情報通信技術の研究拠点として知られるYRP

YRPは情報通信技術の研究開発拠点として電電公社の研究施設跡地に1997年に開設。最寄り駅は京急電鉄久里浜線のYRP野比駅。
施設の管理運営は第3セクター「横須賀テレコムリサーチパーク」が、基盤整備は京急電鉄が行っており、NTTグループを始めとする企業研究所や東大や京大などの大学研究室の進出により、ICT関連に特化した研究機関の一大集積地となっている。

「あおば」のビッグライズHDが取得-YRP初の大型店に

今回、京急電鉄がビッグライズHDに売却するのは横須賀市光の丘にあるYRP内の商業施設用地で、敷地面積は32,618㎡。
ビックライズHDは神奈川県を中心に近郊型ショッピングセンター「RISE MALL」(ライズモール)、食品スーパー「食品館あおば」を29店舗展開しているが、横須賀市内は未出店エリアとなっていた。出店時期は未定だが、ライズモールとしての出店が見込まれる。

ビッグライズは神奈川県、東京都で店舗を展開している。
(写真は食品館あおばが出店する聖蹟桜ヶ丘スクエア)

従来、YRP内にはコンビニ(ポプラ)や研究員向けの食堂、和食店しか商業店舗がなく、周辺住宅地にも小型スーパーしかなかったため、今回のビッグライズHDによる大型店進出は、施設従事者や周辺住民にとって待望の結果となったと言えそうだ。

外部リンク:YRPの利便性がさらに向上します!YRPに大型複合商業施設を誘致
関連記事:旧・横浜ブリッツ北側に大型オフィス着工-清水建設、2020年2月完成めざす

関連記事:セキチュー横浜みなとみらい店、8月13日閉店-アルカエフの核店舗、近く再開発へ
関連記事:みなとみらいに大型音楽アリーナ、2020年春開業-ぴあ運営、1万人級
関連記事:スリーエフ、店舗の大半を「ローソン・スリーエフ」に転換-スリーエフ単独店舗は消滅へ
関連記事:ヤオコー、エイヴイを買収-250店体制目指すヤオコー、神奈川の店舗網強化
関連記事:京急久里浜駅ビル「ウィング久里浜」、10月7日改装オープン
関連記事:京急、リラックマとコラボ-京急久里浜駅は「リラッ久里浜駅」に

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加