image

イトーヨーカドー厚木店、2017年2月閉店

小田急本厚木駅前の総合スーパー「イトーヨーカドー厚木店」が、2017年2月での閉店を検討していることがわかった。
image-9
イトーヨーカドー厚木店。

本厚木駅前の顔、開業41年で老朽化

本厚木駅西口から徒歩5分の距離にあるイトーヨーカドー厚木店は1975年5月開店。地下1階、地上7階建てで、売場面積は13,690㎡。そのうちイトーヨーカドーが11,781㎡を占める。建物は厚木市内の企業が所有する。
イトーヨーカドーは2020年までに不採算等40店舗の閉店を発表しており、同店は近隣のイオン、海老名市の商業施設との競争の激化に加えて開業41年を経過し老朽化も進んでいるため、2017年2月ごろの閉店が検討されることとなったと考えられる。

熾烈な本厚木VS海老名の駅前商業戦争

イトーヨーカドー厚木店は、長崎屋厚木店やダックシティ厚木(ダックシティは現在のさくら野百貨店。厚木店はビブレ→サティ→現・イオン厚木店)、小田急本厚木ミロード、厚木パルコなどとともに本厚木駅前の商業を支えてきた。
しかし、2002年4月に隣接する海老名市・海老名駅前に丸井を核とした大型ショッピングセンター「ビナウォーク」が開業。その煽りを受け、厚木市では長崎屋が2002年に、パルコが2008年に撤退し、本厚木駅前の地盤沈下が進んだ。
本厚木の衰退に危機感を覚えた厚木市はパルコ跡地を買い取り、2014年に複合商業施設「アミューあつぎ」をオープン。
しかし、翌年2015年には海老名駅前に大型ショッピングセンター「ららぽーと海老名」が開業。一方の本厚木駅前では、厚木市も参画するかたちで2016年9月にイオン厚木店の専門店街「ガーデンシティ厚木」が全面リニューアルしている。
image-7
 本厚木駅前。ヨーカドー近辺の商店街。

イトーヨーカドー厚木店跡地の活用方法は、10月現在発表されていない。
40年以上にわたって市民の消費を支えたヨーカドーの撤退により、本厚木駅前のさらなる地盤沈下が懸念されるなか、アミューやガーデンシティのような厚木市による「テコ入れ」は再びなされるのか、注目が集まる。

関連記事:イトーヨーカドー、1号店の千住店など閉店へ-来春までに20店舗
関連記事:イトーヨーカドー・ザ・プライス東松山店、10月30日閉店
関連記事:イトーヨーカドー川越店、10月30日閉店-本川越駅前、ヨーカドー都外本格進出1号店
外部リンク:イトーヨーカドー厚木店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル