姫路モノレールのレール、8月7日より販売開始-大将軍駅から切り出し

老朽化のため2016年8月以降解体工事が進む「姫路モノレール大将軍駅」のカットレールが「甦る姫路モノレール 幻の大将軍駅使用レール」として8月7日から販売されることになった。
himejimono1-
大将軍駅が入居していた公団高尾アパート(解体済)。

大将軍駅のレールを使用

姫路モノレールは1966年に姫路駅-手柄山駅間で開通。
しかし、利用者数の低迷により1974年に運行休止、1979年に廃止となった。
大将軍駅が入居していた公団高尾アパートは高度経済成長期を象徴する斬新な建築として注目を集め、解体直前の2016年8月には見学会が実施されていた。(詳細は前記事

今回販売されるカットレールはAタイプ(450個限定10,000円、メッキ処理、切断幅2cm、桐箱入り)、Bタイプ(1,550個限定5,500円、アクリル塗装、切断幅3cm、紙箱入り)の2種類。
レールにはシリアルナンバーが刻印され、表面研磨、塗装が施される。さらに、大将軍駅の駅銘板を再現したステンレス銘板や記念冊子が付属する。

幻の大将軍駅使用レール見本(姫路市サイトより)

8月1日より特設サイトや往復葉書での購入受付が行われており、8月7日からは手柄山交流ステーション事務所(旧・手柄山駅)での販売(Bタイプ限定50個)や、レール加工を担当したオハラ工芸での店頭受取も行われる。

外部リンク:姫路モノレール 記念レール販売
外部リンク:姫路市|姫路モノレールの記念レール販売について
関連記事:イトーヨーカドー広畑店、3月26日閉店-姫路南部を代表する大型ショッピングセンター
関連記事:旧・姫路モノレール大将軍駅、解体へ
関連記事:キュエル姫路、4月29日開業-神姫バスの新ターミナル
関連記事:
姫路フォーラス跡、不動産会社が購入へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル