オールドネイビー、1月22日に日本撤退-GAP姉妹ブランド、全店閉鎖に

米アパレル大手「GAP」の姉妹ブランド「オールドネイビー」(OLD NAVY)が2017年1月22日を以て日本から完全撤退する。
OLDNAVY AEON TENDO
オールドネイビーの店舗。

進出から僅か4年で撤退に

オールドネイビーは2012年にダイバーシティ東京に日本初出店。日本のみならずアメリカ国外への初出店であった。
 p1090174
ダイバーシティ東京。

キャッチフレーズは「世界一楽しいファッションストア」で、GAPと同じく「アメカジ」をテーマにした店舗でありながらGAPよりも低価格帯であるために話題を呼び、その後は全国のイオンモールなどに出店、53店舗を展開した。
しかし、米GAP本体の営業不振を受け、僅か4年での日本撤退となってしまった。

すでに入り込む余地が少なかった日本市場

オールドネイビーは「低価格」を売りにしていたが、その低価格ゆえにGAPよりも利益率が低かったと考えられる。
そのうえ、日本国内にはすでに「GU」や「ライトオン」など競合する業態の店舗が広く展開され、それらの店舗のほうがオールドネイビーよりも取り扱い品目に幅があり日本人に合った品揃えをおこなっているといえる。そのため、日本市場ではオールドネイビーが入り込む余地が少なく、覇権を握ることができなかったのが撤退の大きな要因だったのではないだろうか。
一方で、GAPグループのメインブランド「GAP」も日本国内で好調であるとは言えず、セールを頻発するという状態が続いており、起死回生の動きは見えていない。

外部リンク:Old Navy:Japan 
関連記事:クリスピークリームの撤退続く
関連記事:ピザハット、”低価格イタリアン”の新業態店を出店-ファミレスにも対抗

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加