アスナル金山、営業期間を2028年まで延長-再開発で「近く閉館予定」だった

再開発で近く閉館する予定であったJR・名鉄・地下鉄金山駅(金山総合駅)北口の複合商業施設「アスナル金山」(名古屋市中区)の営業期間が2028年2月末まで延長されることになった。

アスナル金山。

営業期間延長で「大規模改装」も

営業期間の延長は、アスナルを管理する名古屋市の外郭団体「名古屋まちづくり公社」」(旧・名古屋都市整備公社)が9月1日に発表したもの。
アスナル金山は名古屋市の副都心である金山地区の中心的存在で、金山総合駅と直結。 館内には成城石井、マツモトキヨシ、スターバックスコーヒーなどが出店しているほか、1階の中央ステージでは多くの有名アーティストやアイドルなどのイベントが開催されていることでも知られている。

1階・中央ステージ。

アスナル金山は将来的な再開発を前提として、「名古屋まちづくり公社」が名古屋市から15年間の期間限定で土地を借り上げて運営している。そのため、2020年3月を目途に閉館するとみられていた。
アスナル金山についての詳細は前記事を参照
アスナルでは今回の営業期間の延長に伴い、2020年春に全館の大規模リニューアルを実施。テナントの大幅入れ替えなども行う予定だという。

外部リンク:名古屋まちづくり公社
外部リンク:アスナル金山
関連記事:名古屋市営地下鉄の「サークルK」8店、ローソンに-池下駅店は“ドアラまみれ”
関連記事:JRゲートタワー、4月17日グランドオープン-髙島屋の専門店モールを核に「リニア駅」計画も

関連記事:イオンモール長久手、2016年12月9日開業-激化する「長久手の商戦」

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加