大分パルコ跡地、大分市が取得検討-病院建設中止で

大分市は、JR大分駅前にある「大分パルコ跡地」の購入を検討する方針を発表した。

大分パルコ跡・全景。

病院の経営悪化で再開発断念、売却を発表していた

大分パルコは1974年に九州西武が運営する「西友大分店」として大分駅前の銀行跡地に開業。1977年にパルコの九州一号店「大分パルコ」に業態転換した。 (数年間、西友は地階で営業を継続した)
しかし、福岡パルコの開業(2010年)、大分駅ビルの建設(2015年開業)を受けるかたちで、2011年の賃貸契約満了時に契約を更新せずに閉店。核テナントであったロフトは「トキハわさだタウン」に、無印良品、ヴィレッジヴァンガードは「大分フォーラス」(現在建替え中)に移転するなどしたが、6割ほどのテナントが大分県から撤退することとなった。

大分パルコ。

その後、ビルはカリーノ(旧・ラララグループ寿屋)などが再生させる計画を示したが断念。高層階にホテルが入居しているという特殊な造りであることから再活用も進まず、建物は解体された。
一方、パルコ跡を取得した大分中村病院(社会医療法人恵愛会)は、大分県庁近くにある現在の病院が老朽化しているため新病院の建設予定地として2012年にパルコ跡地を購入。
しかし、5月に経営難から建設を断念することを発表。土地は三井不動産を通じて、再活用方法のコンペを行ったうえで売却する方針を発表していた。

大分市、広場として活用方針-なぜ一等地を市有地に?

大分市は、パルコ跡には建物を新たに建設せず広場として活用する方針も示している。
大分駅前は2015年に22階建ての駅ビルが誕生、2019年にはイオンによる大分フォーラス(→大分オーパ)建替え工事が終了する予定など民間による再開発が進み地価の上昇が続いており、駅北口西側には新日鐵興和不動産などにより高さ100メートルを超える超高層ビルを建設する計画もある。

再開発つづく大分駅前(JRおおいたシティ)。

一方、駅近くにはすでに駅前広場(2015年完成)に加えて若草公園、ジャングル公園、ふないアクアパーク、城址公園など、駅周辺の各商店街を取り囲むように数多くの公園・広場があり、祭りの際などにはそれぞれを会場として各地でイベントが開催されている。仮に駅前に新たな巨大広場が生まれるとなれば、イベント時の大きな集客力を駅前一帯のみに留めるだけになってしまわないであろうか。
民間による再開発が進むなかでの「駅前一等地の市有地化・広場化方針」は今後大いに議論を呼ぶことになるであろう。

外部リンク:社会医療法人恵愛会に対する再生支援決定について
関連記事:アクロスプラザ大分駅南、10月28日開業-大分駅隣接のショッピングセンター
関連記事:ジュンク堂書店大分店、ベスト電器大分ビルに2017年4月移転-コメダ珈琲店との複合店舗に
関連記事:大分フォーラス、2017年2月閉店-建替えで全面リニューアル「大分オーパ」に
関連記事:JRおおいたシティ、1年間の入館者2500万人-予想の倍

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加