ハマプラザビル、2019年中に閉館へ-アニメイト横浜はビブレに移転

神奈川県横浜市西区の横浜そごう隣にある複合ビル「ハマプラザ」が2019年中を目途に閉館する。
すでに大部分のテナントは退去済みで、アニメイトの旗艦店「アニメイト横浜店」と「らしんばん横浜店」は移転する。

ハマプラザ。

ハマプラザ、老朽化で閉館へ-既に大部分は退去

ハマプラザは1974年に横浜駅東口に開業した14階建ての複合ビル。
ヨコハマプラザホテル」を核とし、地階から6階には商業施設や飲食店などが出店していた(地下2階は駐車場)。
開業当時、横浜駅東口は正面機能が西口に移った後で今よりも閑散としていたが「みなとみらい」の開発が行われる頃にはこの辺りも繁華街の一角となった。
建物は2005年に改装されたものの、2011年の東日本大震災では周辺で地盤沈下が発生。近年は建物の老朽化も目立っていた。

ハマプラザのエントランス。


ヨコハマプラザホテルは老朽化を原因に2017年に閉館。
2018年時点では商業施設の核テナントとして1階から4階にアニメショップの「アニメイト」の旗艦店が出店していたほか、アニメショップ「らしんばん」、ネットカフェ「ポパイ」などが出店していたが、ポパイは2018年9月に閉店。アニメイト、らしんばんも近い将来の移転が囁かれていた。

アニメイト、横浜ビブレに移転

アニメイト横浜店は3月19日に閉店(19日は1階のみ営業)。
横浜ビブレ8階のブックオフ隣に移転(ブックオフは減床)し、3月21日に「アニメイト横浜ビブレ店」として新規開店する。

横浜ビブレ。

また、らしんばん横浜店についても近く移転するというが、2月5日時点では移転先が発表されていない。

アニメイトの移転告知(公式サイトより)。

関連記事:ダイエー横浜西口店、2019年2月閉店へ-「サンコー」から51年の歴史に幕
関連記事:「横浜ユナイテッドアリーナ」「横浜武道館」、2024年までに開業へ-横浜文化体育館など建て替えで

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加