西武・そごう武蔵小杉、8月31日閉店-グランツリー武蔵小杉の2階核店舗

武蔵小杉駅前のショッピングセンター「グランツリー武蔵小杉」2階にある百貨店「西武・そごう武蔵小杉」が8月31日で閉店する。

西武・そごう武蔵小杉。

グランツリー2階の核店舗、僅か約2年半で閉店

西武・そごう武蔵小杉は2014年11月のグランツリー武蔵小杉開業に合わせて開店。
グランツリー武蔵小杉はセブンアンドアイホールディングスが運営する
ショッピングセンターで、西武・そごうはイトーヨーカドー、ロフト、アカチャンホンポなどとともに同ショッピングセンターの核店舗となっていた。
また、2015年5月にさいか屋川崎店が閉店して以降は川崎市で唯一の百貨店となっており、2015年6月には全面リニューアルをおこなっていた。

グランツリー武蔵小杉。

そごう・西武の小型店舗群、残るは2店のみに

そごう・西武は、2016年から全国各地の小型百貨店の縮小をおこなっており、残る小型店は「西武三島」(「イトーヨーカドー三島店」内、西武百貨店沼津店の代替店舗)、「西武・そごう柏」(「アリオ柏」内、柏そごうの代替店舗)の2店のみとなる。

そごう・西武柏。

外部リンク:西武・そごう武蔵小杉SHOP
関連記事:そごう・西武、中小10店舗を2017年夏までに閉鎖へ-仙台泉、葛西、上田、松本など
関連記事:イトーヨーカドー、看板を「鳩」に戻す工事はじまる-12年ぶり再登板
関連記事:丸井川崎店、2018年1月閉店-ルフロンの核店舗、売上8割減で 

【PR】【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル