ワールド、5ブランド廃止を2020年8月5日に発表-358店閉店、新型コロナで収益悪化

アパレル大手の「ワールド」(本社:兵庫県神戸市中央区)は、グループ内の5ブランドを廃止し、継続ブランドも含めて合計358店舗を近く閉店させることを2020年8月5日に発表した。

ワールド東京本社。

ワールド、5ブランドを廃止-新型コロナで収益悪化

廃止となるブランドは「ハッシュアッシュ(HusHusH)」「サンカンシオン(3can4on)」「アクアガール(aquagirl)」「オゾック(OZOC)」など5ブランドで、これにより214店が閉店。そのほかの店舗を含め、閉店数は全店舗の約15パーセントにあたる合計358店となる。
さらに、40歳以上の200人の希望退職者を募集する。

廃止となる3can4on。

ワールドグループは新型コロナウイルスの感染拡大により収益が悪化しており、2020年4~6月期の連結決算では、売上収益が前年同期比45.0%減の約330億円、純損益が約24億円の赤字となった。

主力ブランドは廃止せず継続

一方で、2020年現在、ワールドグループの主力業態はファミリー「シューラルー(SHOO・LA・RUE)」、レディス「グローブ(grove)」、メンズ「TAKEO KIKUCHI/SHOP TK」、都市型コスメ・雑貨店「イッツデモ(ITS’DEMO)」、雑貨店「one’s terrace」、ローティーン「ピンクラテ」などであり、ここ数年は今回閉店する業態の新規出店は少なくなっていたほか、主力業態への業態転換も進んでいた。

主力ブランドの殆どは継続する(ITS’DEMO)。

先述したとおり、今回廃止される5ブランドは全店舗あわせても同社全店の1割程度であり、影響は限定的なものであるといえるであろう。

関連記事:レナウン、百貨店向けカジュアルブランドの多くを2020年9月頃までに閉店へ
関連記事:大手アパレル「レナウン」再建に黄信号―― 「突然の閉店」相次ぐ実店舗、ブランドごとに切り売りも?(外部サイト)
関連記事:レナウン、2020年7月末前後に多くの店舗が閉店-シンプルライフ・アーノルドパーマーなど人気店も、今後の状況は不明
関連記事:セシルマクビー、2021年2月までに全店閉店-「109系」人気ブランド、新型コロナ影響か
関連記事:レナウン、2020年5月15日民事再生手続き申請-大手アパレル、新型コロナ影響で倒産
関連記事:アイ・ティ・オージャパン、2020年5月7日倒産・全店閉店-百貨店メンズアパレル「バジエ」など展開
関連記事:オンワードHD、2021年2月期までに約1400店舗を閉鎖-全店舗の約半数
関連記事:ローラ・アシュレイ、2020年8月めどに日本国内再出店-「ワールド」傘下、大都市都心部中心に30店体制めざす

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加