日本橋三越本店に「ねこ像」設置-「ねこ・猫・ネコまつり」記念で、5月13日まで

日本橋三越本店(中央区)の新館入口に「ライオン像」ならぬ「ねこ像」が設置され、買い物客の人気を集めている。

日本橋三越本店に設置された「ねこ像」。

ライオン像ならぬ「ねこ像」、5月13日まで

この「ねこ像」は日本橋三越本店で5月2日から開催されている「ねこ・猫・ネコまつり」を記念したもの。
このねこ像は「ネコの夢」と題し、「ライオン像」に憧れていたねこが毎日ライオン像のもとに通いポーズを研究、ライオンの許しを得て同じポーズで「ねこ像」になったというストーリーがあるという。
なお、像が設置されたのは新館の日本橋口だが、この場所にはもともとライオン像が設置されていた訳ではない。
(ライオン像は本館に設置されている)

ショーウインドウも「ねこ・猫・ネコまつり」で猫一色に。

「ねこ・猫・ネコまつり」は日本橋三越本店全館で5月13日(一部の展示は14日まで)まで開催中。
岩合光昭氏による新作写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」(14日まで)や三毛猫とロシアンブルーが主役のショートアニメ「働くお兄さん!」とのコラボイベント(13日まで)など、全館において「ねこ」をテーマにした多彩な企画が行われている。

館内各階ではスタンプラリーも実施。

外部リンク:ねこ・猫・ネコまつり|5月2日(水)ー 5月13日(日)日本橋三越本店 本館・新館 各階
外部リンク:写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2 | 三越 日本橋本店 | 三越 店舗情報
関連記事:三越伊勢丹HDとイオングループ、3月からカード事業で提携へ-「ポイント相互交換」も
関連記事:日本橋附近の首都高、地下化に向けた検討開始-国交省、東京都など
関連記事:日本橋三越本店、2020年までに全面リニューアルへ-歴史的内装は維持
関連記事:日本橋三越本店、重要文化財に-開店343年、築102年

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加