和光市駅ビル、2020年春開業-東武、商業施設とホテルの複合ビルに

東武鉄道は、和光市の玄関口である東武東上線和光市駅に新たな駅ビルを建設する。

東武東上線。

和光市に駅ビル-商業施設とホテルの複合ビル

駅ビルが建設されるのは、東武東上線和光市駅の南口。同駅には東京メトロ副都心線も乗り入れている。
地上7階建てで、1階から3階は商業施設となるほか、4階から7階には東武ホテルマネジメントが出店、東武グループのホテル「(仮称)和光市南口駅ビル東武ホテル」となる。

完成イメージ(プレスリリースより)。

下層階の商業施設の延床面積は7949㎡。テナントについては発表されていないが、約40店舗となる見込み。
ホテル部分の延床面積は4,522㎡、部屋数は158室となる。
2018年8月に着工し、2020年春ごろの開業を目指す。

外部リンク:2020年春、東上線 和光市駅南口直結の駅ビルを開業します!
関連記事:小江戸・川越に「和風スタバ」、3月19日開店-観光名所「時の鐘」近くに

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加