三越伊勢丹HDとイオングループ、3月からカード事業で提携へ-「ポイント相互交換」も

三越伊勢丹ホールディングスとイオングループは、「エムアイポイント」と「WAON POINT」の相互連携サービスを開始するとともに、2018年春から「エムアイカード」のサービスを一新すると発表した。

MIポイント×WAONポイントのイメージ(ニュースリリースより)。

自社カード強化目指す三越伊勢丹、イオンと提携へ

三越伊勢丹HDは2016年5月からカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が主導する共通ポイント「Tポイント」に加盟していたが、2017年4月に就任した杉江新社長による「自社カード事業強化」の一環として、2018年3月末をもってTポイントから離脱することを発表していた。
このTポイントからの離脱にともなって年会費実質無料の新カード「MICARD<スタンダード>」「ミーツ エムアイカード」「ラシック エムアイカード」の会員募集を2018年1月から段階的に開始しており、2018年春からは非接触型決済が可能なVisaプラチナカードを発行することを告知している。
shinjyukuisetan
新宿伊勢丹。

三越伊勢丹HDはイオンとの提携の目的を「お客さまの利便性向上と両グループの企業価値向上」「経営資源の効率活用とお客さまの利便性向上」としている。
提携に伴い、三越伊勢丹HDが運営する百貨店の全店舗に「エムアイカード社&イオン銀行共同ATM」が設置される。
ATMはすでに伊勢丹本店、日本橋三越本店、銀座三越などには導入済みで、3月末までに全店への設置が完了する。

三越に設置されたイオン銀行共同ATM。
(ニュースリリースより)

ポイント相互交換は2018年夏ごろから

また、2018年夏ごろより三越伊勢丹グループの「エムアイポイント」とイオングループの共通ポイントサービス「WAON POINT」のポイントの相互交換が開始される。
交換比率は「1エムアイポイント=1WAON POINT」、交換単位は1,000ポイント毎となる予定だ。
今後は、共同のポイントアップセールなどの販促活動も行っていくといい、第一弾は3月24日(土)~ 4月15日(日)に実施される予定だ。

百貨店カードは一本化-「企業提携カード」推進へ

今回のエムアイカードサービスの一新にともない、系列百貨店で発行される「三越Mカード」「伊勢丹アイカード」「JR MI CARD」「丸井今井クレオクラブカード」「MI CARD(岩田屋三越)」は廃止され、全国共通の「エムアイカード プラス」に一本化される予定だ。
その一方で、「野村不動産グループカスタマークラブゴールドカード(野村不動産グループカスタマークラブ会員向け)」、「VIORO カード(福岡/岩田屋三越近隣商業施設)」、「鹿島神宮カード(神社への寄付)」のような、グループ外企業様とのユニークな提携カードの発行を推進し、今後さらに提携企業を増やしていくという。

外部リンク:三越伊勢丹グループとイオングループがポイントプログラムに関する相互サービスを開始 (三越伊勢丹HD)
外部リンク:2018年春、エムアイカード、エムアイポイントが変わります (三越伊勢丹HD)
関連記事:三越伊勢丹がCCCと業務提携、Tポイント導入
関連記事:三越伊勢丹、「Tポイント」離脱へ-2018年3月末で、共同出資会社も解散

関連記事:台湾・遠東グループ(太平洋そごう等)、訪日客向け「Tカード」発行-6月8日から

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加