サンリブ瀬高、2018年春までに閉店-JR瀬高駅前・一番街通り商店街の核店舗

福岡県みやま市のJR瀬高駅前にある総合スーパー「サンリブ瀬高」が、2018年春ごろまでに閉店する。

サンリブ瀬高。

JR瀬高駅前で唯一の大型店

サンリブ瀬高は1983年12月開店。2階建てで、売場面積3,189㎡。建物はサンリブが所有する。

商店街側のエントランス。

JR瀬高駅前、瀬高町中心部で唯一の大型店で、一番街通り商店街に立地している。
テナントとしては100円ショップダイソーなどが出店しているが、近年は老朽化が進んでいた。
跡地の活用方法などは発表されていない。

一番街通り商店街。

マルショクサンリブグループでは、大分本社(株式会社マルショク)との経営統合に伴い店舗整理をおこなうことを発表しており、今後も更なる閉店が発表される可能性が高い。

外部リンク:サンリブ瀬高
関連記事:マルショク・サンリブ四日市、2017年10月31日閉店-宇佐四日市商店街の核店舗
関連記事:サンリブ日田、2017年8月閉店-JR日田駅前の顔、54年の歴史に幕

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル