梅田オーパ地階、2019年2月28日一時閉店-渋谷系・109系ブランド「完全消滅」

大阪府大阪市北区の「梅田OPA」(梅田オーパ)地下1階が2019年2月28日をもって一時閉店し、4月中旬を目処にリニューアルオープンすることになった。
追記:梅田OPA地下1階には、100円ショップ「ダイソー梅田OPA店」が4月12日に新装開店する。同店は新ロゴ・新CI・新店舗デザイン採用1号店となる予定。新店舗の店舗規模、既存店舗(地下2階)の営業継続は3月現在未定となっている。

梅田OPA。

渋谷系・109系アパレルブランドは完全消滅

梅田OPAは2013年4月19日、ABC-MART梅田ビル(旧・阪急百貨店イングス館)跡の地下1~2階部分に開業。売場面積は約3,200㎡。OPAとしては関西地区15年ぶり、ダイエー完全子会社としては最後の新規出店店舗であった。
開業当初は、ファションモデル松本恵奈プロデュースの「EMODA」、小悪魔ageha専属モデルプロデュースのルームウェアブランド「Rady」、SBYが手掛けるコスメ専門店「WoMANiA」など、渋谷系・109系ブランドの取扱いに定評のあるOPAならではのアパレルブランドを多数導入していたが、梅田エリアの他商業施設より規模が小さく、同じく渋谷系・109系ブランドの取扱いに強みを持つJR西日本グループの「梅田EST」、阪急阪神グループの「HEP FIVE」が隣接するなど競合店が数多く存在したことから運営戦略の見直しを進めていた。

開業当初の梅田OPA、写真の店舗は近隣のESTに移転している。


2015年3月27日には、地下2階を100円ショップ「ダイソー」、ドラッグストア「コクミンドラッグ」、「ファミリーマート」など、生活密着型専門店中心のテナント構成に全面リニューアルしたが、地下1階ファッションフロアの集客性の改善には結び付かなかった。

地下2階は梅田地下街(Whityうめだ)と直結している。

今後は都市型ショッピングセンターに転換か?

OPAはイオンモールの完全子会社となった2016年以降、都市型ショッピングセンター業態の新規出店、既存店の業態転換を推し進めており、梅田OPAも同様の業態になる可能性が高いと考えられる。
また、今回の改装に合わせてイオングループのポイントサービス「WAON POINT」の取扱いを3月31日をもって終了する。

関連記事:ホワイティうめだ・泉の広場、2019年度中に撤去へ-「泉の広場で最後にしたいこと」を募集
関連記事:元祖大阪梅田ミックスジュース、2019年春移転-閉店危機の日本初「駅ナカジューススタンド」存続へ
関連記事:ヨドバシ梅田タワー、2020年春全面開業-高層階に阪急阪神ホテルズ進出
関連記事:「うめきた2期」概要を発表-梅田貨物駅跡に「巨大な公園」、「北梅田駅」も
関連記事:(仮称)梅田曽根崎計画、2022年完成-大阪北小跡、梅田最高層の複合ビルに
関連記事:ザ・パントリールクア大阪店、5月31日閉店-高級食品スーパー間の競争激化続く梅田

関連記事:阪神梅田本店「建て替え第1期棟」6月1日開業-「食」の阪神、スナックパークも復活
関連記事:ウメダフードホール、3月28日開業-阪急三番街北館地下2階を全面改装

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加