スーパー大栄、旧「丸和」と経営統合へ-2019年3月を目処に

イズミ傘下の食品スーパー「ユアーズ」(広島市東区)は、九州・山口北西部地区の全店舗(旧・丸和の運営店舗、飯塚店を除く)の会社分割と、同じイズミグループに属する「スーパー大栄」への事業承継、店舗運営の移管を2019年3月を目処に行うことを発表した。P1020275-1-1
ユアーズの店舗(広島県)。

イズミ、九州・山口の食品スーパー2社を地域で整理

ユアーズ」は1979年5月に広島県で設立。
2005年には日本初の24時間営業スーパーとして知られた「丸和」(北九州市小倉北区)を、2007年には「アパンダ」を運営していた「石原商事」(北九州市小倉南区、旧スーパーなかのなど)を傘下に収め、最盛期にはグループ全体で100店舗超を展開していたが、2015年にイズミの傘下となった。イズミ傘下となる前から行われていた不採算店の閉鎖により、2018年11月現在は全屋号を併せても40店舗にまで減少している。
イズミ傘下となって以降は、一部丸和店舗の「ゆめマート」ブランド化や販売商品、物流、ポイントサービスの共通化を進めている。
P1030974-
丸和小倉本店。日本初の24時間営業スーパー。


スーパー大栄」は1962年7月創業。最盛期にはショッピングセンター「D&D」、生鮮ディスカウント「フレッシュ8」など60店舗近く展開していたが、2014年1月にイズミの傘下となった。イズミ傘下となる前から行われていた不採算店の閉鎖により、2018年11月現在の店舗数は20店舗まで減少している。
イズミ傘下となって以降は、「ゆめドラッグ」の導入や販売商品、物流、ポイントサービスの共通化を進め、2016年6月には運営する全店舗を「ゆめマート」に転換している。
1462879999873-
ゆめマートに転換したスーパー大栄D&D田川大任店。

今回の「スーパー大栄」と旧「丸和」の分離統合によって、イズミ傘下のスーパーマーケット事業運営会社はイズミ本体の運営店舗を除くと、

  • スーパー大栄」(山口県・福岡県)
  • ユアーズ」(広島県・岡山県)
  • ゆめマート」(熊本県)
  • デイリーマート」(徳島県)

の4社となり、県単位でほぼ「一本化」されることとなる。

関連記事:イズミ、セブンアイと業務提携でイトーヨーカドー福山店を「ゆめタウン」に-ヨーカドー、加古川以西から姿消す
関連記事:西友リヴィン・ザ・モール姫路、2018年5月から7月にかけて閉店-イズミが取得、「ゆめタウン姫路」秋ごろ開店
関連記事:西友・ザ・モール周南、2018年5月から7月にかけて閉店-イズミが取得、「ゆめタウン下松」秋ごろ開店
関連記事:フジ、イオンと資本業務提携-フジはマックスバリュ西日本株を取得、更なる「関係の深化」検討
関連記事:イオン、九州のスーパー3社を2019年9月に経営統合

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加