イケア、原宿駅前に2020年春出店-同社都内初の「都心型」店舗

家具大手「イケア」(IKEA、本社:オランダ)の日本法人「イケア・ジャパン」(本社:船橋市)は、2020年春に東京都心初となる店舗を原宿駅前に出店させることを発表した。

原宿駅から徒歩1分の「イケア」誕生

イケアが出店するのはJR原宿駅から徒歩1分の場所に建設中の「原宿駅前プロジェクト」(仮)。
この場所にはかつて原宿アパートメンツ、原宿第一マンションズなど複数のビルが立地しており、「ICI石井スポーツ」などが出店することでも知られていたが、再開発のため2016年前後に解体されていた。

右側のビルにICI石井スポーツなどが入居していた。
原宿駅から徒歩1分の場所となる。

イケアが出店する「原宿駅前プロジェクト」(仮)はNTT都市開発が開発する地上10階、地下3階建ての複合ビル。
低層階は商業施設や飲食店などに、高層階はマンションとなる。

イケアが出店するのは低層階の商業施設部分で、面積は約2,500㎡。
郊外店よりも規模は小さいものの、イケアにとって東京都心初の店舗となる。同社はパリ中心部でも出店を計画するなど、世界各地で都心型店舗の開発を進めつつある。
店舗のコンセプトなどについては今後発表するとしている。

原宿駅前プロジェクト完成予想図。
(ニュースリリースより)

ヘテムル

ニトリや無印良品などの競合他社が都心エリアでの攻勢を強めるなか、将来的にこうした「都心型イケア」が首都圏各地、そして全国へと拡大していくのかどうかが注目される。

ニトリは2017年に渋谷に旗艦店を出店。
無印良品は2019年に銀座に旗艦店を出店予定だ。

関連記事:イケア熊本、7月31日閉店-僅か3年で
関連記事:WEGO原宿本店、近く閉店へ-道路拡幅で立ち退きに

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加