日本郵政、野村不動産の買収を検討

日本郵政が、収益力強化のため不動産大手の「野村不動産ホールディングス」(新宿区)との業務資本提携、もしくはTOBによる買収をおこなう検討に入ったことが分かった。

不動産の収益化めざす日本郵便

野村不動産は1957年に野村証券の不動産部門から独立するかたちで設立。現在も野村証券が株式の3分の1を保有している。
本社は西新宿の新宿野村ビルに置かれており、近年は分譲マンション「プラウド」シリーズに力を入れていることでも知られる。

野村不動産が運営する商業施設「ボーノ相模大野」。

日本郵政は、郵便局などを中心に全国の一等地に多くの土地を保有しており、野村不動産を買収することで不動産の有効活用をはかり、収益化させたい考えだ。

日本郵便が運営する商業施設・KITTE。

外部リンク:野村不動産
関連記事:浜松町・東芝本社周辺、大型再開発へ-野村不動産、3500億円投じる

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加